YC&AC

YC&AC EVENTS

ACCESS MAP


Head Light・Tail Light

コンニチワ、ENDです。

クルマやバイクの顔と言えるFrontまわりの表情を決めるのにヘッドライトが重要なら、

後姿を決めるのはテールライトでしょうか?

コレ、まだサンプルなんですがRAT FINKTail Lensです。

今までAssembly(テールランプまるごと)での商品はありましたが、

コチラは’33 to ’36 Tail Lamp(↓)の交換用です。

こんな感じにでもMotorcycleに使いやすいテールです。

ちなみにこのテール、もともとは’33-’36 FordのPassenger Carのテールランプ、

Lens自体は’48-’52 Ford F-1 P/Uとかとも共通だったりします。

さて、サンプルをさっそく装着です。

まずは、とりあえずバラします。

バラしてみてチョット疑問。

このベゼル、アタマ大きいネズミさんに入るのかしら??

なんて事ないですね、耳から先に通してあげればいいんですから。

やれば解決。アタマでっかちはイケマセン。

ところが・・・

このランプ底面の「R.F.」部分。入れる時はただブっ込めばいいんですが、

逆にベゼルを取りはずす時はちょっと引っ掛かって、はずしづらい(はずれない??)

(レンズやベゼルの多少の個体差も影響するけどね)

そんな時は干渉する部分をヤスリで削ってしまいましょう。レジン(樹脂)製なんで削ってもOKですよ。

切削キズが気になるなら、耐水ペーパーの番手を上げながら磨けばよい。

ちなみにこの種のレジン製レンズはハンドメイドなので、いい意味でNostalgicな荒さ・味があります。

OldschoolなM/Cにはいい感じですが、ビッカビカのNewschoolや新車に使う時は荒さが気になるかも?

市販のプラスティックレンズ・クリーナーやコンパウンドで磨きあげればツヤツヤになりますよ。

さて、いよいよ装着ですが注意点が、レンズの位地決め↓

取り付けビス位置を、レンズの「ビス逃げ」の部分の真ん中に来るようにしないといけません。

ビスがレンズにぶつかるような位置で固定してしまうと、そこからヒビ・割れてしまう恐れがあります。

レジン・レンズはその心配は少ないですが、オリジナルのガラス・レンズの場合は十分注意してください。

ハイ、付けました。

インパクトありますね~、飛び出すR.F.!ウケるな、これ。

それにしてもスゴいですね、こんな立体のレンズが出来るんですからね!

シンプル・渋いM/Cのワンポイントでも、バッキバキのM/Cにトドメ刺すも良し。

使い方はアナタ次第。Image is Everythingでございます。

ご紹介のレンズはまだ詳しい入荷時期・価格未定ですが、近々発表になる予定です。

首を長くしてお待ち下さい。

それではまた次週をご期待ください?

-END-

Comments are closed.