YC&AC

YC&AC EVENTS

ACCESS MAP


車検取得への道!

こんにちは、なんだかんだで順調にダイエットが進んでいる松井です。

立春と言えどもまだまだ寒い日が続きますね!早く暖かくなって欲しいです。

さて今回は、自分の車の車検を取る為に(本当は1月中に取りたかった・・・。) まずは書類集め!!

印鑑証明・住民票・車庫証明・・・・・。やっぱり、区役所・警察署に行くのはなんかめんどくさく 感じてしまいます。

近所の山手警察署に車庫証明を受け取りに行くと・・。ちょうど皆さん食事中でして、 係の方がMOONEYESのMug Capを使って下さっていました。さすがに写真は取れませんでしたが、 ありがたいです!

希望ナンバーの申し込み・振込みもしたのでこいつともおさらばです。 これで準備OK!Engine スタート!!と思ったら・・・・・。

「ブルンッ・・ブブッババン・・・・」

ハイライズのインテークはこの時期大変です。

「キュルキュルッ ババババババァン・・・・・」

あれ?なんかおかしい・・・・。調べてみると・・。プラグが3本完全に死んでいました・・・・・。 エンジンがFordなので、やはりここはAutoliteで!

と言う事で、MOONEYES USAにオーダー!!

入荷したので、付ける前に写真を取ってみましたが・・・。「新品なので綺麗です」くらいしか書けません。 誰が考えたか知りませんが、プラグってカッコイイ形ですね!

早速、プラグ交換です。ワッシャーが軽く潰れた感触をレンチ越しに感じながら、8本交換! そしてエンジン スタート!!!!

「ブボォォォォ!ブオン!ブオン!」

絶好調!

でも、車がほこりまみれ・・・・。

なので、寒空の下洗車しました。

車検はまだですが、クルマは少し綺麗になりました・・・・。

そんな自分をよそに朝から「おい!見ろよコレ!俺ってついてるなぁ~」と モーニングコーヒー中の幸せ者です。

次週 (Continue reading…)

HOT ROD CUSTOM SHOW 2011

こんにちは、TPPの参加・不参加のニュースをようやく理解できた松井です。

今年は、地震・原発・TPP・洪水など世界中で色々な事が起きていますが、 なんとか今年も12月4日にパシフィコ横浜にて「Yokohama Hot Rod Custom Show」 を開催いたします。

今年は、エントリーの集まりが早く、特にCar Show・Car Club Plaqueのエントリーが 多く、今からShow当日が楽しみです。

逆にエントリーをお断りさせて頂いた方、本当に申し訳ございません。当日、 一緒に盛り上がりましょう!そして、来年のエントリーは早めにお願いします。

と言うことで、あと1ヶ月程となった「Yokohama Hot Rod Custom Show」ですが、 今回のゲストはRealなHot Rodderがたくさん来ます!!!!

まずは、10年ぶり(?)の来日となるShiftersのメンバーのMarky! 自分をこの世界に 引きずり込んだCar Clubのメンバーです。 もちろん彼の作ったPPEと共に来日します。 このクルマ見た目も強烈ですが、走りと排気音も強烈です!当日のライドインは必見です!

続いて、So-Cal Speed  Shop のJimmy Shine!彼の34 Ford Pick Upはかっこいいですよね! そんな彼が作ったBike“SO-CAL MILER”(2011 Triumph)と共に来日します!

そして、日本ではまず観ることが出来ないであろう、Land Speed Racerと共に来日してくれるのが、 Bean BanditsのJulio・Dan・Fabian・Tomが来日!記録に挑戦し続ける彼らのマシンを観て、 エンジン音を肌で感じてみて下さい!

Show当日の夜は、Bean Bandits主催のPartyも行われる様なので是非こちらも参加してみてください!

もちろん、恒例となったDice Partyも12/3 行う様です!

(Continue reading…)

HONMOKU CALLING

こんにちは、Endです。

ここ最近のArea-1近況です。

まったく暑い日々が続いておりますが、暑い平日の昼日中にイカしたHot Rodがご来店。

いやー暑い最中ですが、こういうクルマがフラっとやって来るといい意味で熱くさせられますね。

オーナーが長年コツコツ造り上げて、走り出したHot Rod!素晴らしい!

MOON Fuel BlockにMOON Breather、それにFinned Aluminum Partsの数々。いいですね。

このWildな雰囲気も好きだけど、5 Spoke WheelにMetal Flake Steeringとくればギラギラ・シャイニーな

Paintを施して60’s Show Rodになった姿を想像してもカッコいいですね!勝手に迷ってしまいます。

この日はChopとバイザーで信号が見えないそうでTraffic Light Viewerをゲット、必需品ですよね。

お気をつけて!

バイザーといえば、

以前このBlogにてご登場頂いたVW T-Ⅲのお客様もご来店くださり、

前回ご来店時には無かったバイザー & Air Deflectorsが追加されたご様子。

いい雰囲気でステキです。

そしてこんなおクルマも!

ロータス・ヨーロッパ!!このクルマ、昔初めて実車を観た時、意外な程のコンパクトさと低さに驚いたヨナー、

2000GTもそうだったけど。やっぱり素敵ですね。

暑い最中ですが、いろんなクルマがやってくると楽しいですね。

先日の日曜日にはSide Walk Saleが開催。この日も暑かったですがたくさんのお客様に、常連の方々も

ご来店くださいました。

ハコスカ!って、違いますね。以前日本車好きのアメリカ人の方が来店された時に異常に熱心に写真

撮ってましたっけ。。。Do you know ”マー坊” ??

(Continue reading…)

come out and play

こんにちは、ENDです。

先週末の土曜日はクルーズナイト”HOT ROD NITE”を開催しました。

天気は、雨予報。そして夜にかけてどんどん天候は怪しくなり、すでに雨が降り出した地域もあった

そうですが、横浜・本牧はかろうじて天気はもっていました。

とはいえ、状況が状況だけに「もしかしたら誰も来ないかも!?」と思っていたのですが、

意外や意外、ギャラリーの方も含めてぞくぞくとお集まり下さいました。有難うございます。

追ってMoonternetにて正式Reportが公開されますが、チラっとご紹介。

まずはコチラ。

雨予報にもかかわらず、当日一番乗り?でお越しのRoadster!!なので当然屋根ナシ、Great!!

4月のSCNにもエントリーくださっておりましたが、クルーズは初参加なので気合?入ってました。

クルーズ対策でGreen LEDでライトアップまでして!でも、

ちょっと当日は天気のせいでお好みのV8のOld American が少なめで、寂しそうでしたが、

Muscle Cars相手に「Race!Race!!」と連呼。。。トホホ

そんなHot Rod Guyはその晩、Bandの練習があるそうでクルーズの終点・横浜某所の駐車場にて

早々にお帰りになりました。どんなBandなのかちょっと気になりますね。

基本、クルーズナイトはそれぞれのスタンスで楽しむ場です。途中まで参加して帰路につかれた方も

けっこういらっしゃいましたが、駐車場でダラダラのんびり談笑してたら、

何気にどんどんクルマがやってきてました。

なーんか来るぞーっと排気音が遠くから聞こえてくるのが楽しいですね。

一段と弾ける音がしたと思ったら、こちらのHot Rod!

Roadsterと2台並んで欲しかったなー

そしてさらに、

HCSやSCNでもお馴染、TDK・MERC 9もご登場!

このところ各地のイベントに精力的に出撃中ですが、Hot Rod Niteにも襲来。

Show & Go、そしてキレイなコンディションを維持しつつも、

何気に少しづつ進化を続けているご様子。といっても、いろいろ愉しんで走るための実戦的な改良のようで、

Shifterを変えたといってもLooksの為ではなく、空転中(!?)のShift Upを確実にする為だったりして。

この日も、Side Pipeが以前のRound Hole(丸穴)から

(Continue reading…)

Tomorrow The World

ハイ、皆さんコンニチハ!Endです。

またまた唐突に始まるDisc Reviewのお時間。

今回はDVD、音楽ドキュメンタリー映画のコチラ!

TOO TOUGH TO DIE :A TRIBUTE TO JOHNNY RAMONE

2006年/アメリカ映画

ざっと内容をご紹介しますと、

Punk Rock Band RAMONESの生誕30周年と、当時闘病中だったラモーンズの

ギター、ジョニー・ラモーンのために、2004年9月12日にハリウッドで行われた

トリビュート・ライブの模様と、インタビューなど交えて綴ったドキュメンタリーです。

残念ながらこのライブの3日後にジョニー・ラモーンは他界。追悼メモリアル式典の模様

まで収められているのですが、友人&ファンとして俳優/ニコラス・ケイジもスピーチして

いました。

さて、このドキュメンタリーの核となるのはなんといってもRAMONESを敬愛する

アーティストたちのスペシャルライブ!様々な世代のバンドが出演し、RED HOT CHILI

PEPPERSなどがラモーンズの曲を演ったりしますが、ボク個人がとくにグッとくるのは

ライブの中盤以降にRAMONESメンバーのマーキー(ドラム)&CJ(ベース)と、ダニエル・

レイ(RAMONESのプロデューサーだった方なんだけど、若干ジョー・ストラマー似の

雰囲気があって、ギターもかっこよかったりする)に加えて、様々なバンドのメンバーが

入れ替わりプレイし始めた場面からでした。

THE MIGHTY MIGHTY BOSSTONES(歌い終わってDive!)、そしてRANCIDの

ティムも歌えば、エディー・ヴェーター(PEARL JAM)の”I believe in miracles”の

ボーカルは魂入ってて最高でした。この曲のときのティムのギタープレイもカッコ

よかったし、以前このBlog(3/24参照)でもご紹介した

BAD RELIGION/ブレット・ガーヴィッツ(右端)も気迫のギタープレイでした。

そしてこの後、尚もシビれたのが、スティーブ・ジョーンズ(SEX PISTOLS)と

ヘンリー・ロリンズ(BLACK  FLAG)!の競演!気合入ってて、最高!

 

と、こんな具合で本編を盛り上がって見終えて、エンドロールです。

(Continue reading…)

Here we are now,

コンニチワ、Endです。

皆様ご存じかと思われますが、MOONEYES Area-1限定の25th Anniversary企画が開催されております!

お祝いのお花を頂戴し(有り難うございます)、ガレージ内には歴代の製作車両のパネルが展示されておりますが、

個人的に思い出深いのはやはり、こちら。

東京・恵比寿にて、2000-2005の間にあったMOON Equipped Shop。

実は家に眠っていた、1冊のアルバムがあります。

恵比寿時代に撮った写真(見つからない写真も多いですが)をまとめた思い出のアルバム。

「写るんです」等でカンタンに撮った写真が多く、しっかりした写真が少ないものの、貴重な記録?かな。

今回のBlogは、

25th Anniversary企画のOut take(番外編)と銘打って、”Heat of TOKYO, We were there !”です。

2000年・初頭のArea-1・Parkingでの1枚。まだこの頃はガレージがありませんでした。

MOON Equipped Shop、そして”CHOP STICKS”の始まりです。

(後ろに写るVWデリバンにもご注目!この後MOON Equippedバージョンに変身する直前の姿です)

そして、TOKYO 恵比寿 にて。

Kustom Krownが雪の中、YOKOHAMAへと帰路につくところです。

燃えるFlamesと雪のコントラストがイカしてます。

いろいろなHot RodやKustom 、VWデリバンなどで東京と横浜を往復してましたね。

自分のクルマでも時々。

2001年、まだ乗り始めて半年くらいの頃かな?

お次はわりと晩年のショットですが・・・

このBlogの相方・Kid Rocker松井/’29 Ford Roadster P/Uと。

(Continue reading…)

Kids are Alright !

ありゃりゃ、MOON Cafeブログか!?

いえいえちゃんとArea-1ブログですよ!こんちにわ、Endです。

コレ、Moon CafeのKidsメニューです。

Kids Burgerのほか,Kids Dog、Kidsナゲットなどなどいろいろございますが、

クルマ好きとしては、やーっぱり食べ物の乗っかったクルマの方が気になりますね。

このペーパークラフト・カー、メニューやその時のタイミングによっていろいろ車種が

かわるのですが、’57 Chevy、’55 Chevy、’48 Chevy Woody、’64 1/2 Mustang、

などムカシからあるのですが、最近は’66 Ford P/U、 Busなども加わりました。

しっかしこのBus、ベースは何でしょ!?デザインでビミューに顔が変えてあるけど、

手前のヤツはベンチレーターやライトがVW レイトバス風だけど、??

ライセンスとかいろいろ大人の事情があるんでしょうね、オトナって大変ですね。

このペーパークラフトカーはオトナもついつい欲しくなってしまいますが、Kidsメニュー

はお子様だけの特権。かつてボクはMoon Cafeに居たこともあるのですが、

そう!入社1年目とその後数年間は週末はCafe勤務だったんですよ。今でこそArea-1

常駐ですが、かつては平日は恵比寿にあったMOON Equipped ShopとWarehouse

(本社倉庫)での発送業務、週末はCafe勤務と、海兵隊ばりに常に最前線の激戦地に

送り込まれておりました。HCSみたいなイベントの時は、時間帯で勤務地が変わったり

して行く先々で同じお客様に見つかり、「どこにでもいますね!?」ってお言葉を頂き、

「双子です」や「人違いです」といい加減な返答を連発しておりました。

さてWildmanばりに話が逸脱しましたが、このペーパーカーはオトナのお客様からも

せがまれることが多く、「大人はダメなの??」や「ボクおっきい子供です」と言い張る方

もいらっしゃり、「早く結婚して子供産んでください」とこれまたいい加減な返答(模範

解答?)を連発していたのを憶えています。

かつては、Kidsだけの特権だったのです。

あれから月日が流れ、今ではペーパークラフトカー自体がArea-1で販売されて

おります!素晴らしい!しかもカートにこんもり。

1台\315也。車種はいろいろあるけど、その時のお楽しみですね。

飾りにしてもいいし、小物入れにしてもいいし、VanやWoody みたいな箱型は

プレゼント用のGift Boxにしてもいいかもね。

とりあえず何かいっぱい集めて並べると楽しい!

(Continue reading…)

Japanese Cars & Trucks,still alive

東北地方太平洋沖地震 で被災された方々へ 心よりお見舞い申し上げます

こんにちわ、Endです。

大変な事態になっておりますが、いち早い救援・復興のためにもできることを頑張ってやっていかなければならないと思います。直接ではなくとも働くことも社会貢献ですよね。働くことで誰かの役に立つし、収入を得て、お金を使えば、誰かの生計が成り立ち、収めた税金で社会や国が成り立ちます。モノやお金の流通がないと経済が破綻してしまいますよね、そうなったら誰も暮せなし、誰も助けられません。復興のためにもなるべく早く普通に社会生活を送らないと。東日本はなかなかそうはいきませんが、その他の地域で生活してる方にはね。日本、頑張らないと。

さてこんな時、何を話題にしていいか悩んでしまいますが、

昨年USA出張した際に街で見かけた普通に「活躍する日本」車を特集しますね。

近年トヨタの屋台骨といえば

プリウス(このプリウス自体については2/5のBlogをご覧ください)ですが、

やっぱり代表格はカムリ、というイメージが強いです。この型もまだ走ってますよ。

カローラだって。このステッカーの雰囲気とTeenager?満載の様子は

さしずめ以前の空冷VWの後継みたいな感じも漂いますね!?

北米にしかないセリカ・クーペ。しかも2台縦列!

この型の次のセリカクーペは、日本版はお顔を替えてカレンってクルマでしたっけ??

いまでいうと、xBとルミオンみたいな関係か?

セントラ!(サニーの北米版2drセダン)B12(右)とB13(左)

しかしB13すごいですね、まだまだ頑張ってます。

スタンザ!(U12ブルーバード)

懐かしい?存在ですね。頑張れ!

比較的高年式だって、Infiniti I30/I35(セフィーロ)。頑張れ日産!

ストックのTOYOTAの奥に、潔い落としっぷりのインプレッサ!

と思いきや、MAZDA  Protege5(ファミリアS-ワゴン)

Family Carとして普通にスーパーの駐車場にて。

Pick-up Truck!

Vanも!(TOYOTA Van;マスターエース)

Truckだって!(Mitsubishi)

HINOも遭遇したけど写真撮り逃しちゃってます。。。

UD !

AAA(日本のJAFみたいな組織)のTruckでした。

日本車、頑張って活躍してますね!

いかがでしたか?

頑張りましょう。

MOONEYES Area-1、

(Continue reading…)

Area-1 Blog Start!!!!!!

まいど!

今日から何の前触れもなく唐突に始まるこのブログ。 Area-1 Blogというタイトルなのは、Area-1勤務のEnことEndと、Kid Rocker 松井が, 交代で担当するからというだけの、ストレートな命名です。

なーんか小ネタを日常拾って(思いだして?)書き綴りますんでどうぞ何かお役立てください。

MOONEYES USA X’mas Show & Drag 2010で見かけたCustom P/U。

かわったお顔立ちしているなーとGrillをよーく見ると、なんとエキゾーストパイプ製作によく使われるConvoluted Tubing(SS29-3430)!!

コイツをそれぞれ適度な長さにして、エンド部を塞ぎ、キレイにクロームをかけて並べてセット!

これでカスタム・グリルの一丁上がり!

グリルのCustomは、他車の流用・SwapやレアなPartsに目が行きやすいですが、 身近なAuto Partsをアイディアで活かすのも楽しいし、オリジナリティーありますね。

しっかり手間暇かけて、キレイに仕上げてあるのもPointです。アメージング!

あ、しっかりGrill中にはRod Lites(FWBL69A)がFlasherとして控えめに鎮座してます ね。

このPartsもCar & Trucks,それにM/Cでも活躍してくれそうなPartsですね。 Image is everything!右脳を使いましょう。

(Continue reading…)