YC&AC

YC&AC EVENTS

ACCESS MAP


Come as you are

コンニチハ、END デス!

先週末は HOT ROD Razzle Dazzle でした。

当日早朝。

ちょっと早起きして、

Morning Coffee を流し込み、

イザ!Area-1 を目指します。

到着。

続々と集結。

少々ウダウダした後、Hill Top へ出撃!

恒例 ちょっと遠回り道クルーズして、会場へ突入!

丘を上がる時って、ワクワクしますよね。

(参加したコトある方なら共感できるでしょ??)

ま、我々は基本一番乗りなので閑散としてますがね。

でもすぐに皆様やって来られます。

さあ、これからどうなるのか??

続々とやって来ます。

毎度、このワシャワシャ感にテンション上げられます。

そして地を這うように悠然とやってきた ’62 Chevy

朝4時出発なのだそうで、誠にアリガトウゴザイマス!

(Continue reading…)

Stranger than Fiction

こんにちは、END です。

 

ボクの住処の冷蔵庫。

かれこれ10年以上現役 続投中。

小さいですがボクの暮らしには 必要にして充分。

買い物に行ったのでバッチリ、 リロード完了。戦闘準備 完了!

ま、既にお気づきでしょうが、

完全に「飲み明かす」ことを前提にした布陣。その他 やる気ナシ。

一応、ドレッシングやケチャップなんかの調味料は配備してますが・・・

ふと、 「そーいえば、コレ使ってないな・・」

何気に取り出した未開封のワサビ。

Wow !!   2008年に賞味期限切れ!!

アンビリ~バボ~!丸4年以上! ウソだろ、コレ。

きっと異次元からやって来たに違いない。。。

さて、

与太話はこれ位にして、月日が経つのはホントに早いもので、

もうすぐやって来ますよ、1年に一度のあの日が!

恒例・冬の陣、13th Hot Rod RAZZLE DAZZLEです。

2月17日(日)10:00~14:00開催!

場所は毎度お馴染みHONMOKU Hill Top ParkのParking、

マイカル本牧・5番街裏手の本牧山頂公園の公共駐車場。

1段目と2段目があるのですが、2段目(丘の上)が会場です。

念のため、おさらい。

Hot Rod RAZZLE DAZZLEとは??

Rod & Customで ただ集まって、みんなでのんびり非日常を楽しみますか!という安易な企画デス。

一応、「’69迄のUSA車と’79迄の国産車のHot Rod (Continue reading…)

MACHINE GUN BLUES

こんにちは、END です。

新刊のご紹介。

CAST IRON #2

こちらはフランスの雑誌。

MOON BOOK の著者としてもお馴染み、

フランスのライター Laurent Bagnard (ローレント バグナード)氏の発行する雑誌の第2弾。

Hot Rod・Chopper・Art・Music・Race・Pin-Up が1冊に凝縮された、

見ごたえのあるカルチャーマガジン。

’60 Merc. FaceのKoolな ’59 El Camino や PANHEAD が出ていたり、

Artistic な Girl や Art も。

そして今号は、昨年末の・・・

第20回ヨコハマ ホットロッド カスタム ショー 2011 が大特集!!な ワケです。

さて、フツウの雑誌のご紹介ならこれだけで充分かもしれませんが、そうは問屋が卸しません。

コチラです。ドラムマガジンのセットされた

TOMMY (Continue reading…)

At The Library

こんにちは、ENDです。

皆様、もうご覧いただけましたか?

第20回ヨコハマ ホットロッド・カスタム ショー 2011 DVD

第20回を迎えますます盛り上がったショーの模様に加え、USA取材、搬入・搬出の情景、OFF SHOT、

そして長年ショーに携わった方々などのインタビューなども交えて、ショーがある、観に行く、参加する

楽しさまでも伝えたDVDとなっております。

個人的にはとくに搬出時の流れるような映画みたいなカメラワークが「夢のような世界・一日」という感じが

しましたね。また今回はDVD始まって、冒頭一発目で海外Guestたちの横浜クルーズ・シーンから始まると

いうのが新鮮でした。走行シーンというのはやっぱりいいですね、何か観てると走りたくなりますね。

中華街とか街中も走ってますが、ベイブリッジもやっぱりヨコハマですね。

今まで何度も通ったベイブリッジも、こうして観ると何かいいですね。海外Guestにとっては初めて渡る橋。

楽しいでしょうね。ナゼか橋渡るって気分がいいですよね。

 

さてさて HOT ROD Custom Show 2011 DVD と

合わせて皆様にお楽しみいただきたいのが、

MOON ILLUSTRATED Vol.8 (略称;MIM Vol.8)

Vol.8 には、今回の海外Guestたちが美しい写真とともに掘り下げて紹介。

まだ観てないって方は必見ですよ。改めて振り返るとまた楽しいですよ、たった一日のショーでしたが、

いつまでも楽しみましょう。そしてこの号には、

相方 Kid Rockerくんの Hot Rod復帰作戦の記事もあります。

このBlogでも昨年末はチョクチョクこの HOT ROD ネタは登場しましたが、

隠されたストーリーはこちらの MIM Vol.8 に収めてあったので読んでいただけると

(Continue reading…)

UNITY

こんにちは、 END です。

先日は毎年恒例・寒中 Hot Rod Razzle Dazzle でございました。

いつものように本牧Area-1から会場へ。今年はようやくKid Rocker号も一緒に出撃。

さて、早朝(というほど早くも無い)にライドインしましたが、

当然の如く、我々だけのオンリー・ロンリーです。

ハトポッポも日常通り平和にお散歩。静かな朝です。

しばしのどかな朝を満喫していると、V8のエクゾーストノートが聞こえてきました。

この日のEarly Birdの飛来です。

いや~やって来られましたね、いったいこれからココはどんな世界になるのでしょうか。

しかし、ここからもしばらく静かな朝は続き、

近所をパトロール中の犬のおまわりさんとしばし談笑。

「いや~スんゲーなぁ~」おじさんは興味深々。

お犬様はまったく興味無し。「早く行こうじぇ~」

そうこうしていると、

続々とやって来られ始めました。

いやー素敵です。後ろ姿に惹かれます、やっぱり見返り美人ですね。そして

’58 BISCAYNE 越しに眺める ’58 IMPALA

このTail Lamp、Hot Rodderにも隠れた人気あったりして。

そして続々とやって来ましたよ。

この朝のワシャワシャ感が何だか序所にテンションあげてくれます。

続々とご来場。Motorcycle達もやってきました。当初2輪車は入れないって話でしたが、この日はナゼかOK。

事前情報で混乱させてしまった方がいらっしゃいましたら大変申し訳ございません。でも意外と普通に皆さん

お越しで、例年通り Car (Continue reading…)

If the Kids are United

今年も もうすぐやりますよ、

新春(真冬?)恒例Hot Rod RAZZLE DAZZLEです。

2月19日(日)10:00~14:00開催!

場所は毎度お馴染みHONMOKU Hill Top ParkのParking、

マイカル本牧・5番街裏手の本牧山頂公園の公共駐車場。

1段目と2段目があるのですが、2段目(丘の上)が会場です。

Hot Rod RAZZLE DAZZLEとは??

Rod & Customで集まって、みんなで非日常を楽しみますか!という安易な企画デス。

一応、「’69迄のUSA車と’79迄の国産車のHot Rod & Custom」というレギュレーションがあります。

ですが、目的は「日常では味わえない世界を、非日常をみんなで楽しみたい!」ってことなので、

それらしいクルマならだいたいOKです。

というわけです。

敷居が高い感じがする方もいらっしゃるかもしれませんが、早い話こういう世界が好きで、

そーゆう者同士で仲良く出来る方はWelcome!!

仲間とワイワイ出陣するも良し、ひとりでフラっとやって来るもまた良し。

Car Showではありません、気張らずに気軽にご参加ください。やっぱり愛車をDriveして出かけたいし、

行った先にいっぱいイカしたクルマがいたら最高でしょ?

それがHot Rod Razzle Dazzleです。

モチロン、規定外でお越しになってもOKですが、なるべく本筋の参加者のために場所を

空けるためにも会場ではなく、1段目の駐車場をご利用いただけると助かります。

入口発券機を出て、右手が1段目。真っ直ぐ坂をあがると2段目の会場です。

Hot Rod Razzle Dazzleの会場は、公共の一般有料駐車場です。

4輪車専用の駐車場となります。

そこに各自で駐車料金を支払って駐車して集まる形式なので、キチンと駐車場の枠内に

収めてParkしなければなりません。一般の方も利用する場所です。マナーを守りましょう。

また近隣の住民の方のためにも、騒音や運転に気を付けてください。

(Continue reading…)

HONMOKU CALLING

こんにちは、Endです。

ここ最近のArea-1近況です。

まったく暑い日々が続いておりますが、暑い平日の昼日中にイカしたHot Rodがご来店。

いやー暑い最中ですが、こういうクルマがフラっとやって来るといい意味で熱くさせられますね。

オーナーが長年コツコツ造り上げて、走り出したHot Rod!素晴らしい!

MOON Fuel BlockにMOON Breather、それにFinned Aluminum Partsの数々。いいですね。

このWildな雰囲気も好きだけど、5 Spoke WheelにMetal Flake Steeringとくればギラギラ・シャイニーな

Paintを施して60’s Show Rodになった姿を想像してもカッコいいですね!勝手に迷ってしまいます。

この日はChopとバイザーで信号が見えないそうでTraffic Light Viewerをゲット、必需品ですよね。

お気をつけて!

バイザーといえば、

以前このBlogにてご登場頂いたVW T-Ⅲのお客様もご来店くださり、

前回ご来店時には無かったバイザー & Air Deflectorsが追加されたご様子。

いい雰囲気でステキです。

そしてこんなおクルマも!

ロータス・ヨーロッパ!!このクルマ、昔初めて実車を観た時、意外な程のコンパクトさと低さに驚いたヨナー、

2000GTもそうだったけど。やっぱり素敵ですね。

暑い最中ですが、いろんなクルマがやってくると楽しいですね。

先日の日曜日にはSide Walk Saleが開催。この日も暑かったですがたくさんのお客様に、常連の方々も

ご来店くださいました。

ハコスカ!って、違いますね。以前日本車好きのアメリカ人の方が来店された時に異常に熱心に写真

撮ってましたっけ。。。Do you know ”マー坊” ??

(Continue reading…)

KING OF KUSTOMS

こんにちは、Endです。

King of Kustom(Kustomiers)といえば、Barris Kustoms

やっぱりバリスですね。”K”のカスタムの張本人、そしてHirohata Mercなど、

とくにMercuryのカスタムに興味があるならば、その名を知らぬ者はいないでしょう。

 

カスタムに興味あるならば、大なり小なり影響受けるものがあると思います。

もし、Kustomにはあんまり興味はないって方でも名前ぐらいは聞いたことがあるかな?

たとえ名前を知らなくとも案外知らず知らずバリスに魅了されているかも?

1冊の本、”Barris TV & Movie Cars”

コレ、10年位前に店で買った本。(ムカシはArea-1でもたくさん本がありました)

いろいろBarrisやKustomへの興味の延長線で購入したものです。

バリスは純粋な?カスタムカーだけでなく、映画や音楽関係の車両製作もしているのは

なんとなくは知っていました。「バットマン」の”Bat Mobile”や「The Munstors」、それに

ビーチボーイズのLil’ Deuce Coupeなどは有名ですが、

ほんとにいろいろたくさん製作していらっしゃるのを、この本で知りました。

このクルマ、プラモデルありましたね。

アレ!?「ジュラシック・パーク」も!!

「ナイトライダー」です!!コレもBarris!、スゴイよ、バリス・・・

’80-’90年代、日本でも放映されてましたから、今でも根強い人気がありますね。

このKNIGHT2000、KITTに影響された方はきっといっぱい居るんでしょうね。

Custom order plateの注文で、Cal.ブループレートで”KNIGHT”の文字の注文って

今まで何度もありました。”KARR”って文字も1回あったかな?

さて、この本で知って一番ボクがビックリしたのはコチラ。

“THE CAR” ’77 年アメリカ映画

たぶん多くの方は知らないであろう映画だと思いますが、驚きました。

この映画、ボクが確か小学1年くらいの頃かな?、TVの10チャンの「日曜洋画劇場」で

観たことがあったのです。ただし、まだ子供でしたから映画全部観る時間まで起きて

いられず、翌朝ハナシの結末を母親に聞いた「幻の」映画でした。(ムカシはHDD録画とか

(Continue reading…)

Utility Mat! 

こんにちは!最近なぜか日焼け願望がある松井です。

さて、今回はユーティリティーマットの使い方!で御座います。

クルマのリアシートの足元・玄関・台所・お部屋の入口に敷くのが一般的ですが、今回は、ぶら下げちゃいます!

まずは正体不明のプレート登場!それに合わせて、穴を開けます。

 

そして、取り付けるのは・・・・・・。ここ!↓

 

そうです、ボクとあちこち走り回っている積載車!

反対側も同様に取り付けます!こういった場合のアイシェイプの向きは内側がオールドスクールです! (ちなみにフロントフェンダーや三角窓に貼るDecalは進行方向がGOOD!です。)

反対側もバッチリ閉めて!完成です!

どうです?サイズもピッタリ!

気持ちよく付いたので、これで鈴鹿まで走ってきます!そうです、明日はストリートカーナショナルズ!GO SUZUKA!

きっと、駐車場ににひっそりと停まっていると思います。

(Continue reading…)

Here we are now,

コンニチワ、Endです。

皆様ご存じかと思われますが、MOONEYES Area-1限定の25th Anniversary企画が開催されております!

お祝いのお花を頂戴し(有り難うございます)、ガレージ内には歴代の製作車両のパネルが展示されておりますが、

個人的に思い出深いのはやはり、こちら。

東京・恵比寿にて、2000-2005の間にあったMOON Equipped Shop。

実は家に眠っていた、1冊のアルバムがあります。

恵比寿時代に撮った写真(見つからない写真も多いですが)をまとめた思い出のアルバム。

「写るんです」等でカンタンに撮った写真が多く、しっかりした写真が少ないものの、貴重な記録?かな。

今回のBlogは、

25th Anniversary企画のOut take(番外編)と銘打って、”Heat of TOKYO, We were there !”です。

2000年・初頭のArea-1・Parkingでの1枚。まだこの頃はガレージがありませんでした。

MOON Equipped Shop、そして”CHOP STICKS”の始まりです。

(後ろに写るVWデリバンにもご注目!この後MOON Equippedバージョンに変身する直前の姿です)

そして、TOKYO 恵比寿 にて。

Kustom Krownが雪の中、YOKOHAMAへと帰路につくところです。

燃えるFlamesと雪のコントラストがイカしてます。

いろいろなHot RodやKustom 、VWデリバンなどで東京と横浜を往復してましたね。

自分のクルマでも時々。

2001年、まだ乗り始めて半年くらいの頃かな?

お次はわりと晩年のショットですが・・・

このBlogの相方・Kid Rocker松井/’29 Ford Roadster P/Uと。

(Continue reading…)