YC&AC

YC&AC EVENTS

ACCESS MAP


今晩は、Hot Rod Nite!明日は、Crown Picnic!

こんにちは、Hot Rod Custom Showの締切を過ぎ、ドキドキが増してきたMOONEYESの 松井です!今年も昨年を上回るエントリーで会場はパンパンです。必死にレイアウトしてますので、 エントリーして下さったもう少しお待ちください!今年は、VWのエントリーが昨年集まったカークラブの 台数を越え、単一車種でこんなに集まったのにはびっくりです!また、Deuceが80周年! 37 Fordが75周年という事で、集結します!

昨年は当日券売り場に長蛇の列!入場までにかなりの時間が掛かったと聞いています。ご来場 される方は、前売り券をご利用ください!

さて、前置きが長くなりましたが、今晩は、Hot Rod Nite! 秋の夜長を楽しみましょう! 早い方は、19:00頃から集まりだし、21:00頃にArea-1を出発します!天気もよさそうなので、今から楽しみ!

どんな夜になるのかなぁ?楽しみです!

そして、翌日(明日10/28)はCrown Picnicです!自分も初めての車がCrownだったので、かなり気になるイベント! 天候が少し不安ですが、お昼までは持つかな・・・?どちらにせよ、参加される方も見に来る方も早い時間がおススメ!  御存じ、ワイルドマンデザインのT-Shird& Sweatを会場限定で販売します!毎年売り切れになってしまうので、早めにGetして下さい!

そして、僭越ながらマイ フェイバリット マガジン、Fly Wheelに出させて頂きました。

しかも、表紙!「うおぉぉ、まじかぁ~!!!」カメラマンのお陰で、普段の自分では無いみたいです。 Area-1でも販売してますので、MIMと合わせて、ぜひお買い求めください。

という事で、今晩、Hot Rod Niteお待ちしております!

MACHINE GUN BLUES

こんにちは、END です。

新刊のご紹介。

CAST IRON #2

こちらはフランスの雑誌。

MOON BOOK の著者としてもお馴染み、

フランスのライター Laurent Bagnard (ローレント バグナード)氏の発行する雑誌の第2弾。

Hot Rod・Chopper・Art・Music・Race・Pin-Up が1冊に凝縮された、

見ごたえのあるカルチャーマガジン。

’60 Merc. FaceのKoolな ’59 El Camino や PANHEAD が出ていたり、

Artistic な Girl や Art も。

そして今号は、昨年末の・・・

第20回ヨコハマ ホットロッド カスタム ショー 2011 が大特集!!な ワケです。

さて、フツウの雑誌のご紹介ならこれだけで充分かもしれませんが、そうは問屋が卸しません。

コチラです。ドラムマガジンのセットされた

TOMMY (Continue reading…)

At The Library

こんにちは、ENDです。

皆様、もうご覧いただけましたか?

第20回ヨコハマ ホットロッド・カスタム ショー 2011 DVD

第20回を迎えますます盛り上がったショーの模様に加え、USA取材、搬入・搬出の情景、OFF SHOT、

そして長年ショーに携わった方々などのインタビューなども交えて、ショーがある、観に行く、参加する

楽しさまでも伝えたDVDとなっております。

個人的にはとくに搬出時の流れるような映画みたいなカメラワークが「夢のような世界・一日」という感じが

しましたね。また今回はDVD始まって、冒頭一発目で海外Guestたちの横浜クルーズ・シーンから始まると

いうのが新鮮でした。走行シーンというのはやっぱりいいですね、何か観てると走りたくなりますね。

中華街とか街中も走ってますが、ベイブリッジもやっぱりヨコハマですね。

今まで何度も通ったベイブリッジも、こうして観ると何かいいですね。海外Guestにとっては初めて渡る橋。

楽しいでしょうね。ナゼか橋渡るって気分がいいですよね。

 

さてさて HOT ROD Custom Show 2011 DVD と

合わせて皆様にお楽しみいただきたいのが、

MOON ILLUSTRATED Vol.8 (略称;MIM Vol.8)

Vol.8 には、今回の海外Guestたちが美しい写真とともに掘り下げて紹介。

まだ観てないって方は必見ですよ。改めて振り返るとまた楽しいですよ、たった一日のショーでしたが、

いつまでも楽しみましょう。そしてこの号には、

相方 Kid Rockerくんの Hot Rod復帰作戦の記事もあります。

このBlogでも昨年末はチョクチョクこの HOT ROD ネタは登場しましたが、

隠されたストーリーはこちらの MIM Vol.8 に収めてあったので読んでいただけると

(Continue reading…)

BACK IN BLACK !

ご無沙汰です、ENDです。

先週末はついにThe 20th Annual YOKOHAMA HOT ROD Custom Showが開催、

皆様のおかげで無事に盛大に開催されました、有難うございました。

さて、我らがKid Rocker松井君のHot Rodは・・・

<木曜日>

再びルイ君と走行テスト。

しっかし、

なかなかグズって始動せず。

あれやこれやTRYしてようやく始動!

発進!

ところが・・・

グズったMotorを廻し続けたせいで水温は急上昇!

Cooling Fanは、位置関係とPartsの問題で取り付けていないので当然ですが・・・

オーバーフロー・ホースから盛大に蒸気噴出!

キュニョーの蒸気自動車みたい!?走ってるトコ見た事ないですが、きっとこんなでしょう。

Show開催まで2日、実際は搬入日まで残り1日。ヤバイね・・

<金曜日>

この日はグズりの原因でもあったキャブを、Kid君が予備で持っていたリビルト済のスペアに交換。

ようやくすんなり始動・アイドルを確認。Radiator Capの圧力などを見直して、なんとかイケそうな

気配はするものの、この日は雨でテスト走行は出来ず。いったいホントに大丈夫か!?

それでもこの日は日付が変わる頃まで皆で最終の準備。。。

<土曜日;搬入当日!>

12/5 Set-up Day

当日早朝、会場でボクは設営をして、Area-1 開店の為本牧へ。

Kid君は通常通りのShow設営業務で忙しく会場居残りです。この日は本降りの雨でした。

Kid Rocker’s HOT RODはどうしたもんか?と思っていたもんでしたが、

午後になると雨が止み、晴れ間が覗く・・・

Garageに人影。

そうルイ君です!設営で多忙なKid君に代わってHot (Continue reading…)

お待たせしました!

こんにちはMOONEYESの松井です!

今回は、お待たせしていたHot Rod Custom ShowのDVDがようやく入ってきたので紹介させて頂きます。

海外からのゲストの事前インタビューを含め、100分!あの日の感動が蘇ります!行けなかった人は、これを見て、 行った気分になって下さい。

そして、このDVDと2010MOONEYES Xmas Party DVD を購入いただきますと、Xmas Party DVDを50%OFFと なりますので、この機会に是非お買い求め下さい!

 

会場に行けなかった方!次回は来て下さいね!

4月24日のストリートカーナショナルズは予定どうり開催しますので、みなさん遊びに来て下さい!

-松井-

 

 

 

 

 

 

(Continue reading…)

Discography

みなさんコンニチワ、Enです。

今週ご紹介するAlbumは、コチラ!

(注;唐突にDiscography(音楽レビュー)が始まりました)

BAD RELIGION / Stranger Than Fiction

バッド・レリジョンは、結成30年を越すバンド、

とりわけアメリカ西海岸の多くのPunk Rock Bandにも影響を与えております。

このバンドが’94年に発表したアルバムが、この「stranger than fiction」です。

このアルバムジャケットの右端の人物に注目!

ギターのブレット・ガーヴィッツ氏が、MOON Eyeball Logo T-shirtsを

着ているのです!

’94年、当時高校生であったボクはとても驚いたのを憶えており、よく聴いたアルバムのうちの1枚でした。

この当時いろいろたくさん聴き漁ったし、いろんないい曲・いいバンドを探していました。

 

さて、続いての1枚はコチラ。

 

SOCIAL DISTORTION / Sex,Love and Rock ‘n’ Roll

ソーシャル・ディストーション、Orange County出身で、こちらも結成30年を越すバンド。

やはり多くのバンドから尊敬されており、、L.A. Punkの代表と称されたりもしますが、Country、Rockabilly

そしてBluesなどの影響を受けた音楽性がよかったりします。

先ごろNew AlbumがDropされたばかりですが、ご紹介するのは2004年リリースの通算6枚目の前作。

アルバム製作中に急逝したメンバーに捧げた作品。

ジャケット・中央のギターにご注目!

そう、Clay Smith CamsのDecalです。

ちょっとわかりづらいかな?

SOCIAL DISTORTIONのweb.にはギターを手にしたVo./Gのマイク・ネス氏の写真がバッチリ出ていたりもします。

アルバム発売当時、ボクは恵比寿に勤務してましたが、Clay Smithのステッカーを探して買いに来られる

方々がいらっしゃったのを憶えてします。さらに思い出すのは、

2000年に出版されたHOT (Continue reading…)

Cruise

先週の休みにチョロっとCruiseしてきました。

このS-10、見覚えある方多いと思いますが、

昨年のHCS2010のSlammed Zoneに展示され、見事Best Mini Truck Awardを受賞、

今年のSCN2011のポスターにも掲載されたMr. TakikawaのTruckです。

彼はMini Truck Club ”No Regrets (NR)”(HCS2010ゲストの”Green Inspiration”

Mr. Steveが所属)のMemberです。ボクは埼玉県出身なのですが、Mr. Takikawaとは何気に

実家から近いということが判明し、「じゃあ、今度さいたまで軽く流しますか!」ということになって、

Mini Cruiseです。まずはNRのMr. Takujiも同郷さいたまなので、彼のガレージを急襲!

素敵なガレージです。夢のガレージの為に長年頑張ったそうで、あぁボクも頑張らねば。。

このMRD Folding Chair、懐かしいぞ! 実車だけでなく、

ミニカーもカスタム中。ロッカー切って、チャネって、・・・Hoodはどうする!?

しばらくうだうだお邪魔した後、街を流しました。

それにしてもToyotaの尋常じゃない低さ、それにS-10の妖しいこと!

Show会場で観た時は、落ち着いた渋いオトナな仕上げと勝手に思っていましたが、夜の街では

いろんな灯りに照らされて如何わしいくらいギラギラ。昼と夜とで見せる顔が違う、このFlake Paintの

醍醐味でしょうか。コレ狙ってたんですね、夜のStreet に照準合わせてたのか!?

いやぁ、楽しかったですね。一緒に流すのは初めてですが、お互い何かと走り馴れていますから、

道が開ければ並走したり、抜いたり抜かれたり。適当に他人様のご迷惑にならない程度に

楽しんで走りました。

車種もジャンルも違うといえば違いますが、基本クルマ好き・クルマを走らせるのが好きなのは同じなわけで、

意気投合して流せば、やっぱり最高に楽しいですね。それにお互いいろいろ新たな刺激を受けて影響しあう

ってのもいいですね。有り難うございました。

しっかし、こう3台並ぶと車高高いな我が愛車。。もうこれ以上はフツーには下がらないんだけどなー。

こうなるとBody Dropか!?どーしよ。

うーん、やっぱりCruiseやCar Showって、何かと焚きつけられますね。

しかし、、Truckいいな、欲しいな。

(Continue reading…)