WILDMAN ISHII "EUROPEAN PINSTRIPING TOUR"
Wildman 三都物語、ヨーロッパでヨッパラったぜ!! Part.I

Guten Tag!! このたび不肖 Wildman は仕事にかこつけて?
ヨーロッパ旅行じゃなくってヨーロッパ・ツアーに行って参りました、何と3週間も!!

mooneyes
昨年の秋はイタリアの Kustom Kulture Art Show に参加致しましたが
それに続いての旅行じゃなくって、出張となりました。
今回の旅はですね、ドイツとスイスとイタリアの3ヶ国でそれぞれ
開催されるイベントに参加するもので、
日本代表5人組フィンガー5の一人として行って参りました。

メンバーはですね Kustom Kulture の伝道師の異名を持つ Nash 氏、
招き猫でおなじみの愛知は M&K Custom Signs の Makoto 君、Tiki
Artといえば福岡の Mr,G 君、Daruma Art が浸透してきた東京の
Ghost 君、そして不肖 Wildman の5人組みでした。

mooneyes mooneyes mooneyes
さて KLM オランダ航空での出撃となりましたが、まったくもって
バゲージの重量、大きさの規定が厳しくってスーツケース1ヶ、23キロまでという事なのでしたが、
私のは23,2キロという感動的な数値を叩き出し、あっさり却下されました・・・・
いいじゃん200グラムくらい、ケチ!!

そんなこんなでみんなの荷物もすったもんだありましたが、
何とか上手くもぐり込み KLM 機はいざヨーロッパへと飛び立ちました。

mooneyes
mooneyes mooneyes
機内食はですねアムステルダムのホテル・オークラ製でして、
これは結構いけてました、少しイメージ回復!!

mooneyes mooneyes mooneyes
mooneyes mooneyes
今回は乗り継ぎがあり、まずはオランダはアムステルダム空港に到着、
そしてそこからちっちゃな Cityhopper 機に乗り換えて
最初の目的地であるドイツはデュッセルドルフ空港にたどり着きました。
とっても長旅でありました・・・・
荷物が出てくるのを待ってると、マニアを一人発見!!
盗撮したのはビンテージなナイキ・フォレストヒルズであります。
ドイツ連邦共和国にも同志がいて嬉しかったです。

mooneyes mooneyes mooneyes
そして AVIS レンタカーを借りまして、マクドナルドにてお食事、
ich liebe es とは i' m lovin' it のドイツ語バージョンでしょうか・・・
そして深夜に目的地である BOTTROP(ボトロップ)に到着致しました。

mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
mooneyes mooneyes mooneyes
最初のドイツのお宿は Alter Giebel というとってもかわいいホテルで、
建物の前にはこれから参加する " BOTTROP Kustom Kulture 2010 "
のイベントポスターが無造作に貼ってありました。
ちなみに真ん中の写真が今回のヨーロッパ巡礼マシンVW Golf Caddyであります。

mooneyes mooneyes mooneyes
ボトロップは基本的には工業地帯なのですがホテルやイベント会場周辺は
このように緑豊かな風景が広がるほのぼのした所でした。
イベントは2日間に渡っての開催でしたが、両日とも快晴となりスーパー雨男の私が
ここにいることを忘れさせるような天気でした。

mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
アーティストのブースはテントの中となり、日本やアメリカ、ヨーロッパ各地から
多数のアーティスト達が集まってとってもにぎわっておりました。
でもバイクやクルマへのペイントは結局炎天下となり、
私も他の皆様もこんがり日焼けモードとなったのです・・・

mooneyes mooneyes
私は最初にこのサイドカーに SignとStripe を入れさせて頂きましたが、
おかげさまで首まわりが2日間ヒリヒリでありました・・・・

mooneyes
mooneyes

mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
会場にはこういった数々の(推定300台?) Hot Rod や Motorcycle 達が
集まって Live もあったり、2日目には Drag Race も開催されて大変な盛り上がりを見せました。
フラッグを振るお姉さんも雰囲気抜群で素晴らしい
パフォーマンスを見せ、Street Car NationalsでのBurn Out デモの旗振り王、
内田君を彷彿させておりましたよ。
mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
表彰式も終えて無事に2日間のイベントも終了し、お疲れ様となりました。
それにしてもヨーロッパは日が長い!!
夜の10時でこの有様ですから本当に感覚がおかしくなってしまいます・・・

mooneyes
このコワモテの方がイベントの主宰者のマイケルさんなのですが、
バリバリの Tattoo とは裏腹にとっても優しい方でした。
実は10年くらい前のアメリカの Rat Fink Reunion 会場にて
マイケルさんの自転車に私がPinstripeを施していたのでした!!!
彼に言われてそのことを思い出し、
日本に帰ってから必死にその写真を探しました、
8分15秒で見つかりましたがこの写真がその時に描いたものです。
まったく10年なんてついこの前だぜ!!

mooneyes mooneyes
ドイツでのお食事はソーセージやハムみたいなのが多いのですが、事あるごとに
ビールのお出ましです、まずは一杯っと・・・あれ、お酒飲めたっけ??

mooneyes mooneyes
で、イベントが終わった後は大変な距離の移動があるのですが、
その間をぬってドイツ観光にも繰り出しました。

mooneyes mooneyes
デュッセルドルフはライン川が流れ、美しい街並みで素敵な所でしたが、
街中でこのような方々を発見!!!真面目でお堅い国といったドイツのイメージが 一気に崩れ去りました。
ああ、アキバもビックリでございます・・・

mooneyes mooneyes
そしてアウトバーンでベルリンへ移動となりましたが、
凄いですね速度無制限のアウトバーンていうのは・・・
もちろん区間によってはスピード制限がありますが、それ以外のところは
皆様速く走るのが大変お好きなようで、140km/hが基本の巡航速度という感じで、
そんなスピードじゃどんどん抜かれてしまいます。
小排気量車もアクセル全開で追い越し車線を走ってますが、
皆様飛ばす事に慣れているらしくキビキビと走っていて、
よっぽどサンデードライバーがのたうちまわる
日本の週末の高速道路よりも安全な気が致します。

mooneyes mooneyes
又、ドイツの公衆トイレはですね、ほとんどが有料となっておりまして、
このように入口にお金を置くか、機械に入れるかとなっていて、慣れるまで大変でした。

mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
ベルリンでは当然「ベルリンの壁」なのでその手のエリアを散策し、
旧東ドイツの「失われた過去」の象徴であるトラバントにもあって来ました。
ひどいクルマでした・・・・

mooneyes mooneyes
日本では見られないチェコのシュコダも結構走っていて感動しました。

mooneyes mooneyes
でも旧車とよべるようなクルマは本当に少なくて空冷のビートルなんて
殆ど遭遇せず、イベント会場以外で見た Type II はこれ一台きりでした。
日本の方がよっぽど目にしますね・・・・

mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
昨年行ったイタリアでも驚きましたが、ドイツにもこのようなグラフィティアートが結構あって、
お堅いイメージが又もや崩れて行きます・・・
ベルリンでは人生初のスケートボードを体験致しましたが、
2度とやることはないでしょう、スケボー怖えー・・・・

mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
その後ブルツブルグという街にも繰り出しました。こちらには W & W という
Motorcycle の Parts を扱うお店があり、皆で訪れました。
あまりの巨大な規模に驚きましたが、ここでは Minako-san という日本人の方が、
旦那様の Nobbi-san と一緒にスタッフとして働いております。
Minako-sanは日本の Motorcycle のイベントや Dice Magazine 等でも
見かけたことがあると思いますが、今回はお二人に街の案内や博物館見学をアテンドして頂きました。
本当に有難うございました!!

mooneyes mooneyes
これはちなみに Minako-san の通勤用愛車であります、凄いですね・・・・

mooneyes mooneyes mooneyes
ブルツブルグは歴史を感じさせる街で、
このようにまさにヨーロッパといった風景が広がっております。

mooneyes mooneyes
おっ、リスを発見!!

mooneyes mooneyes mooneyes
そして今日もご飯をおいしゅう頂きました。あれ、またビールが!!
ワインもあるよ!! フランケン・ワインというそうでこの地方のお酒だそうです。
まずは、一杯っと・・・ウーン、フルーティ・・・あれ、お酒飲めたっけ??
なんか酔っ払ってきた・・・

mooneyes
mooneyes mooneyes
ドイツにはポルシェやメルセデスを始め色々と自動車関連の博物館がありますが、
今回は Minako-san に " Museum Sinsheim " という所を案内してもらいました。
飛行機と自動車がメインの博物館です。
何と言っても目玉はコンコルドであります!!
初めて見ました、感激致しました。
Korean Air のロゴを描いてこれに乗って日本に帰りたくなって来ました!!
機体は斜めに設置されているので傾斜がきつく、機内に入って気を抜くと
そのまま転げ落ちそうになってしまいます。
mooneyes
mooneyes mooneyes mooneyes
エールフランス機と旧ソ連 CCCP 仕様がありましたが、エールフランスの
方が内装が豪華でした。でも機内はとっても狭くて快適とは言えない感じですね。

mooneyes
mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
mooneyes
そして自動車の方もとっても面白くて、こんなのが並んでおりました。
ブラジルの英雄エマーソン・フィッティパルディのコパスカー、
御存じ6輪のタイレル P34、ニキ・ラウダのサインといった
70年代 F-1ファンにはたまらない物がありました。
アレッ、こんな所に右京さんが・・・

mooneyes
mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
ランボルギーニ・ミウラ、DKW 3=6ゾンデルクラッセ、
力道山先生の愛した300SL、MVアグスタ750S、カワサキAR80等々
変態を楽しませてくれます。
おおっと、これはハイル・ヒ○ラー・・・・

mooneyes
うおっ、何なんだ!この青いクルマとバイクの2ショットは!!!
これに関しては Wildman's Blog にて語らさせて頂きますのでお楽しみに!!!

mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes mooneyes
さらに Wildman 好みのこのような珍車たちも多数生息しておりました。
マニアの皆様はぜひご自分で車名とヒストリーを調べて下さいな。

mooneyes mooneyes mooneyes
この博物館でコンコルド並みに感動したのがこちらの " Blue Flame " 号であります!!!
ついこの前の1972年、小学校2年生の時に図鑑で見て以来ずっと憧れていた、
ブルーフレーム号がドイツにあったとは!!!
ボンネビルで当時最速のレコードである 1001,452km/h を記録した
あの車が実際に見れるとは!!!
日本から来た変態は生きてて良かったと思いました・・・・

とここまで書きましたが、三都物語はまだ何とまだ一都しか終わって
ないじゃありませんか!!なんか酔っ払って来たぞ!!
こりゃ大変だということで、次回Part.II に続きます。Tscheus!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Part.2 はコチラから→
Part.3 はコチラから→

MOONEYES
| Wildman's Blog | Shop MOONEYES

MOONEYES Signs & Pinstriping Studio


MOONEYESの無料メールマガジンに登録しませんか?
海外レポートがいち早く読むことが出来ますよ。
簡単な登録はコチラから MOONEYES Mail Magazine


Copyright (C) 2010 MOON OF JAPAN, INC. All Rights Reserved.