7th Annual ALL ODDS NATIONALS
第7回 オール オッズ ナショナルズ
2004年で7回目を迎える ALL ODDS NATIONALS(以下 AON)は 「ヘンな国産車集まれ」をキャッチフレーズに98年から開催し、東京、東扇島 と会場を移動、今年は5月に開催した MOONEYES Street Car Nationals と同じくホーム タウン ヨコハマでの開催!

でも、雨に降られてしまいました。 AON はどんなに前日の天候が悪かろうと晴れることが多かったのですが、、2004 AON は南から接近する台風の影響で、前線が活発化して朝からポツリ、ポツリと雨模様。

せっかくのヨコハマでの開催に水を差さないで!と言わんばかりの天候。そんな思わしくない天候でも、Car Show 211台、Swap Meet 42件は7回開催した AON の中でも上位の Entry 数。当日会場には朝早くから Entry Cars が集まり始め、8:00am には会場が ODDS でいっぱいになりました。
さて、2004 AON のフィーチャリング カーは Lefty、左ハンドルの国産車。聞くからに ODDS な匂いがしてきませんか?MOONEYES が使う "ODDS" は、アメリカン カスタムが基本となるわけですから、Lefty は格好の ODDS Base となるわけです。

さてそんな Lefty が50台集合した中に、ODDS なクルマを発見!Lefty とはいっても Y30Wagon です。ODDS な匂いがプンプンします。確か、北米への輸出はないはず、、、
と思ったら、ナント南アフリカからの帰国子女。今回の AON から、Car Show でのDriver の飲酒を無くそう! をもう一つのテーマとして掲げ、Bumper Sticker をEntry された方に1枚プレゼントしたのですが、早速この帰国子女のリアに貼られているのを発見。その横には沖縄仕様のCedric。

そんな Surprise が会場の入口に用意されているのだから、会場の奥にはもっと ODDS がいるはずと進んでいくと、、いました!プリンスクリッパーのコマーシャルカー

梅の木の下で子供の部屋になっていた不動車を AONに向けて動くようにしてきたとのこと。この後どのように変化していくか楽しみなクルマです。


Swap Meet にも ODDS な Parts が並べられて、何に使うのかな?と思ってしまうものもチラホラ。今回は我々も ODDS Parts Service を出店。簡単に言ってしまえばJunk Fair です。その中で Crash した Glory Rod のFront Fender & Bumper などもあり、MOONEYES の決して Shop では出てこない宝物達(一部の人にはですが)を販売しました。会場に来られた方は Lucky でした。この機会を逃した方もご安心下さい。Junk Fair は奇数月の第一日曜日に MOONEYES Area-1 前で開催していますから、そちらにアナタだけの宝物が出てくるかも知れませんよ。Junk Fair は予定が変わることもあるので、MOONEYES Official Web Site "MOONTERNET"(www.mooneyes.co.jp)をこまめにチェックして下さい。

あいにくの天候の AON は時間の経過とともに、より雲は厚くなりますます天候悪化の兆し。こうなってしまうと表彰式を雨が降っていない合間に済ませてしまいたいので、予定より1時間早く表彰式をスタート。今回は、Long Distance、Best Lefty と特別にWildman's Pick、フルーチ's Pick の計4つの Award をご用意しました。

まずはLong Distance Award。岩手県 盛岡市から Entry 頂いた1987 プレジデント/Mr. 利府 でした。同じく盛岡市からは Entry が多かったのですが、厳正な審査で Mr. 利府に決定しました。そして、フルーチ's Pick、フルーチ's Pick って何?と思われる方もいらっしゃるかと思います。Street VWs Magazine 編集長であり、Cruisin'Magazine 編集、Truck Trends 編集にも携わり、ネオ クラシックを愛し、VW を愛し、今回 1978 TOYOTA クレシーダ で Entry してくれた Mr. フルーチからの Award がフルーチ's Pick。その、フルーチ's Pick に選ばれたのは1972 ミニカ Pick Up/Mr.大野。このクルマ、ナント VW のシャシーに VW Eg. その上に ミニカのボディーが乗った、外見はミニカ Pick Up、中身は VW という ODDS なクルマでした。次にWildman's Pick は1981 ミニカ バン/Mr. 野島。このクルマ Wildman が15年前にPinstriping を手掛けたクルマで、その時から変わりの無い姿に Wildman も感激してAward の受賞となりました。そして 2004 AON のフィーチャリング カー Lefty の中から選ぶ Best Lefty は、1977 620 Pick Up/Mr. 滝口。Lefty の中で一番キレイだった Lefty に Award を進呈しました

。会場に来られた皆様の中から、「こっちの方がいいクルマだ」「この方が好みだ」なんて声が聞こえそうですが、そんな方々、2005年、また開催しますよ。今度は510 Day です。もっと、もっと ODDS なクルマ、エントリー下さい。アピールして下さい。もっと沢山の人を仲間にしちゃいましょうよ。ODDS=アメリカン カスタム の枠に捕らわれない。ものすごくカッコイイ クルマをお待ちしています。その前に 11月の CROWN Picnic、12月の YOKOHAMA HOT ROD・Custom Show もお忘れなく。

DSC_0009 DSC_0096 DSC_0055
DSC_0087 DSC_0185 DSC_0223
DSC_0273 DSC_0375 DSC_0333
DSC_0369 DSC_0324 DSC_0280
DSC_0390 DSC_0394 DSC_0379
DSC_0401 DSC_0402 DSC_0410
DSC_0474 DSC_0484
DSC_0499 DSC_0506 DSC_0573
DSC_0548 DSC_0604 DSC_0573

Copyright (C) 2005 MOON OF JAPAN, INC. All rights reserved.