久しぶりに Storm の中でのオープニングとなった第8回 オール オッズ ナショナルズ。朝方は激しい雨風、昼頃からは青空が顔を出すといっためまぐるしく変わる天候。思い起こせば Storm にぶつかってしまったのは1999年に レインボータウン 東京で開催した第13回ストリート カー ナショナルズ(MOON NOOZ No.43 に掲載)以来なので(HCS はインドア カーショーなので除いています)、久しく Bad Weather にはご対面していなかったことになります。
それでもエントリーされた方はほとんど来られて、一般入場された方も昨年と変わらず大勢の方がご来場といつもと変わらないオール オッズ ナショナルズを開催出来た事に感謝の気持ちでいっぱいです。さて、第8回となったオール オッズ ナショナルズのフィーチャーカーはDatsun 510。ご存じ NISSAN が誇る名車です。年式は1967年から1976年まで36台が集合しました。やはり Race で活躍するクルマなので、エンジン自慢の方が多いのが特徴。素晴らしいコンディションで会場に続々登場しました。
オール オッズ ナショナルズでは、フィーチャーカーの中から1台アワードを進呈しているのですが、今回は悩みました。が、会場を歩いていて ALL ODDS に相応しい1台を発見!それが今回 アワードを進呈した 1971年 Datsun 510 、オーナーは Mr. Akaike。Wheel は Steel の当時オプション物を装着して当時のファイアーストーン パネリージョーンズ ホワイト レタータイヤを履いている他、外観はオリジナルなんですが、エントリーされた 510の中で唯一の雰囲気が今回の受賞理由です。
1970年代は、細いホイールのリムを2本合体(いわゆる合わせリムです)するのが一般的でしたが、このホイールはこのままでオプションの設定があったんですね。まさに ODDS なクルマでした。そしてもう一つのアワードが Long Distance。北海道からエントリーの 1984 Crown Wgn. Mr. Nakamura に進呈。途中、雨に降られる事は無かったようですが、帯広から会場までは陸路(函館から青森はフェリー)で約1日かけて来られたとのこと。帰りも無事に1日かけて到着したそうです。本当に有り難うございます。そしてお疲れ様でした。来年は朝から晴天の中、素晴らしいカーショーにしたいですね。フィーチャーカーは何にしましょうか。年式も回を重ねる毎に層が厚くなっている(当然ですが)ので、全ての年式の国産車が楽しめる様にしたいですね。国産車ファンの皆さん See you next year. Thank you.

Happy Birthday !!
Mr. Tokita
(Vannuys Automotive)


MOONTERNET Top
Copyright (C) 2005 MOON OF JAPAN, Inc. All rights reserved.