YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

Camaros, My Hero!

h01s_00430年来の車友達とカマロ2台で鈴鹿で開催されたカーショーに参加してきました。彼の車は1968年カマロ、そのままドラッグレースを走っても 12秒台を出す車です。私は1969年カマロ Z-28、2人ともカマロになぜか縁があり25年前もお互いに69年カマロに乗っていました。そして今もカマロです。歳もとったので昔よりは少し程度のい いカマロです。

個人的には67-69年のカマロがスマートだと思ってます。その中でも69年のラリースポーツこれが最高ですね。と言う自 分の車が69年のラリースポーツなんです、それもZ28。25年前は69年ラリースポーツにZ28のエンブレムを付けてZ28のフリをしてましたがやっと 本物に乗れるようになりました。 Z28に入っているモーターはUSA車のくせにトルクが無く、重たいカマロを走らせるのは面倒ですが、一度高速道路に乗ってしまうとその走りは快適そのも のです。これがUSA車のモーターなのって感じの回り方です。

50歳になるシニアに一歩足を突っ込んだ我々ですがカマロ2台で走る高速道 路は最高に気持ち良かったです。 30年来の友ですからお互いの走り方や癖は良く理解しているので一緒に走っていてまったく疲れません。ちょっと想像してみてください 2台のカマロが走っている姿を、カッコイイでしょ。

ところが途中USA車を見かけたのはほんの数台、高速上は沢山のトラック&国産車と沢 山の沢山のメルセデス&BMWでした。なぜUSA車は受け入れられないのでしょう?

From Yokohama, I went to Car Show in Suzuka on 2 Camaros with car friend lasting 30 years. His car is 1968 Camaro, which can run 12 sec. on Drag Strip. My car is 1969 Camaro Z28. Both of us have fate with Camaro as we had both owned 1969 Camaro 25 years ago. And now still drive Camaro. Got old and got better Camaros than before.

Personally think ’67 to ’69 Camaros are best. Especially ’69 Rally Sports is my favorite. 25 years ago, I had Z28 emblem on ’69 Rally Sports but finally got real one. Motor on Z28 has not much of torque for USA car. Its not easy to drive heavy Camaro on the street but once on highway it runs very smooth and makes you wonder if it is an American motor.

Though we have turned 50 and became “seniors” still feels great to drive 2 Camaros on highway. As we knew each others for 30 years we know how each other to drive together. Try imagine 2 Camaros on highway, isn’t that nice.
But what we have seen while on the highway was few USA cars and many truck and domestic cars, Mercedes and BMWs. Why doesn’t USA cars be popular in Japan.

1960 Toyota Crown

速く走る ODC (*注)の2回目はやはり 1960 Toyota Crown Sedan。

この車は北 California で見つかった貴重な輸出観音クラウンです。ですから TOYOPET でなくてTOYOTA です。 購入後南 California の MOONEYES USA へ回送されて来ました。
日本にそのまま送るか、それともしばらく Californiaに置いておくか、いずれにしてもちょっと邪魔だったのでガレージにしまいに行く途中、ある Street Rod Shop に立ち寄った事がきっかけでこの様な姿に生まれ変わりました。

シャシーとボディーは別々にされフロントには Mustang II の足回り、リアは Ford 9″ デフをそれぞれ移植し、エンジンは Chevy ZZ3 350 (5.7L) モーターに MOONEYES オリジナル Cross Ram マニフォールド、本来は Weber サイドドラフトと行く所ですがこの車は EFI を装着しました。トランスミッションは TH350AT、国産の皮を被った USA 車です。軽いボデイーと Chevy V-8 の有り余るパワーから加速感は怖さを感じるくらい暴力的です。ODC のこんな楽しい乗り方あるの知ってました? 古い車のままでは今の道路事情について行くのは危険が一杯ですから 新しいエンジンや足回りに変更すれば周りに迷惑も掛けず乗り回せますし、いざと言う時はアクセルをポンと踏めば急加速で追い越しも可能です。セルシオのドライブトレインを丸テールクラウンに移植したらきっとイージードライブが可能でしょうね。

こんなの楽しいとは思えませんか?
*注: ODC = Old Domestic Cars CROWN-CLASSICS.COM

The 2nd generation, "fast" Old Domestic Cars (ODC) is a 1960 TOYOTA Crown Sedan.
This rare 4dr Export Crown was found in Northern California. So its not called a "Toyopet" which is the original name of Toyota in Japan until it changed officilally to Toyota, but export model were always Toyota. After the purchase of this sedan, the car was transported to MOONEYES USA in Santa Fe Springs, California. Either sending car to Japan or keeping it in California, car had to be moved out from the warehouse, so it was dropped off at a Street Rod Shop was the beginning of this project began. The car went through a body-off restoration with an addition of a Mustang II IFS front and Ford 9" rear. The motor was a Chevy small block, ZZ3 350 (5.7L) with MOONEYES Cross Ram Manifold and EFI instead of the classic sidedraft Webers. The TH350AT was selected for the transmission. As a result, it was an American Car under the Japanese Domestic exterior. Overall, a light body and strong Chevy V8 power makes aggressive acceleration which is pretty scary with the short wheelbase.

Did you know fun way to enjoy Old (Japanese) Domestic Cars (ODC) like this? It’s too dangerous to drive a bone stock old car on today’s streets, although this might be over the top… still the ODC powertrain from back in the day are too weak today. With a new motor and proper suspension, you can drive stress-free and accelerate without failure. If you take a Lexus drivetrain and drop it into a 1964 Toyota Crown, look out! What do you think? Fun!?
CROWN-CLASSICS.COM

1957 Triumph Speed Twin 500 – California Bobber

夏が来ると乗りたくなるのがモーターサイクル、僕だけでなくきっと誰でもそうですよ ね。 TriumphはBobber Styleが一番似合っていると決め込んでます。 Triumph、BSA等の英国バイクから想像できるのはRockers, ロンドンのエースカフェあたりに集まってくるLeathersのバイクとも 少し違うテイストのBobber Style. 早く走る為に必要の無い物はどんどんはずしちゃってすっきり細身のBobber Styleは、やはり早く走る為にフェンダーやボンネットを外してしまったHot Rodに共通していると思います。 そもそもこのTriumphは比較的しっかりしたオリジナルだったのですが、知り合いが車に追突、フロント周り がグッシャリなってしまったのがきっかけでカスタムは始まりました。 光る所は光る、Paintの所は綺麗に輝く、そんな感じでリジットフレームは ブラックのパウダーコート、タンクとリアフェンダーはブラックペイントの上に クリヤーペイントにゴールドのメタルフレーク(ラメ)を入れて仕上げました。 太陽の下ではキラキラです。タンクはノーマルのまま、細身のスタイルに大きなタンクのアンバランスさがこのTriumphの特徴です。 オリジナルは後輪にTriumph特有のハブクッションとシートのスプリングでリジットから 発生する後輪のショックを吸収するそうですが シートが高い位置にあると カッコ悪いのでシートもリジットにしたら乗り心地は最悪、ただでさえ 振動が多いOld Twinの衝撃がダイレクトにお尻に伝わってきます。 シートがどの位低いかでこの手のバイクのスタイルは決まりますので 見た目を優先、走る時は我慢です。

そして振動より大きな問題は右足チェンジ・左足ブレーキです。 右足がブレーキを踏むように30年以上慣れ親しんできたのですから これにはなかなか慣れません、とっさの時は確実に不測の事態になりそうです。 このTirumphを壊した人はそうは言ってませんがまず壊れ方を見ても 右足でブレーキ(本当はシフトレバー)を踏んだまま 車に突っ込んだと想像できます。 そう言う僕も30年数年前、友人のKawasakiで右足でシフトレバーを 思いっきり踏んだままタクシーに突っ込んだのを今だに覚えています。 信号で停まろうとすると左足が出てるんです。分かります?この現象が何を物語っているか?  危ないですね。
その危険を知らせるテールランプは後続車もおもわず微笑むブタの顔 をしたHog Tail Lampと呼ばれるMOONEYESオリジナルなんです。ブタが光った時が要注意です。
ところでスピードメー ターが付いていないと違反だって知っていました?!

Summer makes me want to ride Motorcycle, I am sure I am not the only one.
I think Bobber Style best suits Triumph. I can imagine Rockers, Leather at Ace Cafe in London and Bobber Style from English bikes like Triumph and BSA.

Bobber Style is like Hot Rod as they both took off fenders and hood to run faster in simple and slim style. This Triumph used to be a good original but turned to custom as some one crashed front end.
Good chrome and shining paint was the theme. Ridged frame was black powder coated. Tank and rear fender had black paint with clear coat and layer of gold metal flakes. Really shines under the sun.
Tank is left normal, narrow style with big tank makes this Triumph unique. Original rear end has hub shocks and seat springs to ease shocks from ridged from. For better looks, high spring seat was changed to low ridged seat. But most uncomfortable with direct vibration of old twins through hip. This kind of bike style depend on seats are low. So chosen looks over comfort. And bigger problem is the right foot change and left foot brakes. Over 30 years of brakes on right foot, makes hard to change. Can be very dangerous in emergency. One who broken this Triumph didn’t admit but crashed into car with no brakes and right foot on the shift lever. But I remember I crashed friends Kawasaki into cab with right foot on shift lever some 30 years ago. Left foot reach the ground when stopping for red light. Can you see how dangerous it can be?!

To caution that danger to cars behind bike is Hog Tail Lamp by MOONEYES. Caution when the Hog Lights on. By the way, did you know its illegal to not have speed meter on bike in Japan!

1960 Toyota Crown Pick Up

なんだこれは!
1960年型 観音開きクラウンの しかもピックアップ。それだけでも十分驚くのに左ハンドルで V-8 が入ってしかもデフはナロー化され、何やらリアサスペンションは4リンクの様で太い Drag スリックタイヤが収まっている本格的ドラッグレース用レースカーです。もうビックリですね。
またカラーリングがいいではありませんか、フード上のスクープも時代を感じさせます。輸出用のクラウン ピックアップはピラーの幅が国内モデルよりか若干広くなっているのが見えます?え、国内モデルも見たことないから違いが分からないって?!めったにお目にかかれない観音クラウンのピックアップ、カッコいいですね。この姿から想像するとかなり早そうな車です。ノーマ ルなら4気筒1800cc & 4輪ドラムブレーキ。とてもじゃありませんが今の街を走るのは大変です。 でも ODC (Old Domestic Cars) に Update な強力エンジン積み、足回りも強力に変更すれば、今の車もビックリ。皮は旧車、中身は今風、これはこれは楽しいではありませんか。 製作費用はメルセデスが買える位になるのは間違ないから、やはりメルセデスにしますか? それともやってみます?
いつでもご相談下さい。 CROWN-CLASSICS.COM

What is this!
1960 TOYOTA Pick Up! Very rare by itself but, Drag Race Racecar with left handle, V8, narrowed def, 4 Link rear suspension with wide Drag Slick Tire. Very surprised. The color is nice too, with hood scoop to match the days. Export Crown Pick Up has wider pillar than the domestic model. You can’t tell as you don’t know the original ones. Its cool and very hard to see them.
Imagine the car is fast by the look of it. Original has cylinder 1800cc & 4 wheel drum brakes. Can’t drive on today’s street. But if you update ODC(Old Domestic Cars) with powerful motor and fight suspension, it will surprise today’s car.
New drive train with old look. But you can buy Mercedes to build one.
Do you want Mercedes? or build one? Please feel free to ask. CROWN-CLASSICS.COM

Hot Rod Bikes?

5月末、Paso Robles(通称パソ)へ行ってみました。皆さんご存知の様に車のHot Rod&Kustomが主体のイベントです。 そんな中、台数は少なかったですがMotorcycleがカッコ良かったです。クルマのイベントに集まるMotorcycleは 何か違うテイストがしま す。まずワイルドでは無いですね。そして大変シンプル、必要最低限の装備しか付けてません、実にスッキリしてます。これがHot Rod Bikeなんでしょうか? 一般的にBlack Primerに赤ホイル&ホワイトリボンタイヤのバイクがHot Rodバイクと思われてますが、これは分かり易すぎますね。何ともうまく表現できませんけど、やっとHot Rod業界のバイク像がぼんやりとですが見えてきたような気がします。どうですか?

Went to Paso Robles (Paso) in California on end of May.
As you know its Event mainly for Hot Rod & Kustom. There were some Cool Motorcycles at the show. Motorcycles at car show has different taste. Its not Wild. Very simple, minimum equipped and clean cut. May be this taste is Hot Rod Bike. Common opinion in Japan for Hot Rod Bike means Black Primer Paint, Red Wheel and Whitewall tires, But think its too stereo type. Its hard to explain and express but gradually Hot Rod industries Bike style has became visible and able to be identified.
What do you think?

ODC(Old Domestic Cars)は楽しい

クラウンのダブルピックって知ってますか?
最近ではダブルピックもそうですがピックアップ自体を街で見かける事が無くなってしまいましたね。背の 高い Mini Van やワンボックスの方がはるかに使い易く便利ですが、ピックアップの手軽さは捨てられません。買い物に行っても荷物を荷台にポンと置けるし、何を積むにも手 間が掛かりません(雨の日を除けばですが)。
そ もそもクラウンのピックアップ自体珍しいのですが、それもダブルピックとなると尚珍しい。シングル ピックアップはそれなりに残っていますがダブルピックは商業車の匂いがプンプン。今ひとつ人気もなくイベントなどでもあまり見かけなくなってしまいまし た。今こうして改めて見るとダブルピックもカッコいいですね。呼び方もUSAのようにクルーキャブなんて呼ばれ方をしていたらもう少し残っていたかもしれ ません。
商 業車ですから4ドアの方が使い勝手はいいと思いますが、4ドアにしたら4ドアセダンのトランクを外したのと見た目が同じになってしまうので2ドアにしたの でしょうか?6人乗りの働く車がなぜ2ドアなのか疑問です。
Old Domestic Cars(ODC)は楽しいですね!
CROWN-CLASSICS.COM

Think ライセンス フレーム!

白地に緑文字の日本のナンバープレートって味気ないですよね。品川、横浜、湘南ナンバー等がカッコイイと言って も違いは地名だけで、日本中どこに行こうと地域の名前が変わるだけです。最近ご当地ナンバープレートを増やす計画があるそうですが、それなら Idaho プレートに「Famous Potato」とかあるように横浜ナンバープレートなら下部に「シューマイ」とか入れる方が地域名を増やすより特徴があって面白いと思いませんか?
それとは別に味気ないナンバープレート自体を飾るのがライセンスフレームと呼ばれるナンバープレートの枠です。USAでは付いていない車を探す方が大変な くらいポピュラーなこのライセンスフレーム。企業の宣伝から、車ディーラーの物や、Dog 好きオーナーの「I love my Dog」とか、「私の息子は学校で一番」なんて息子を自慢しまくっていたり、ライセンスフレームに書かれたフレーズを読むだけでも楽しい単純にしてアピー ル度の高いライセンスフレーム。日本ではまだまだポピュラーではありません。
好きな言葉のライセンスフレームを装着してもっと自分をアピールしましょう。
信号待ちで同じ車 が隣に来てもライセンスフレームだけで違いを表現するには事足ります。家業が魚屋さんなら「●●鮮魚店」なんて描いて、下部に電話番号でも入れればもう最 高。友人は「新鮮高級果実」なんて入れたライセンスフレームを装着しています。
どうですヒラメキましたか?そうです今すぐ外に出て自分の車を眺めて下さい。白くて大きいぼやけたプレートがあなたの愛車を台無しにしてません か?そう思ったらライセンスフレームを取り付けましょう。車の顔も後姿も引き締まりますよ!今、日本を走っている車に足りないのはナンバープレートのお しゃれです。

皆で Go! ライセンス フレーム

国産車を California 風に乗ろう!それには国産旧車にまず乗ろう!

h-s19回目のMOONEYES Street Car Nationals(以下 SCN)は埃は凄かったですが 雨も降らず無事開催できました。当日来場してくれた多くの皆様ありがとうございました。

色々なクルマが車種に関係なく集まれるのがSCN の楽しい所です。また旧友に会えるのもSCN。まさにReunion(同窓会)と言う感じですね。その中で今回は昔からMOONEYESが提唱している 「国産車をCalifornia風に乗る」と言うクルマも増えてきたのか、さりげなくカスタムされた国産車が沢山いたように思えます。ボーと見ていると何処がカッコイイのか分からない、何をカスタムしたのか分からない、雰囲気の分からない人にはなんだか丸で分 からないのがMOONEYESの提唱してるこのカスタムです。目立つ為のカスタムでないので、見た目のインパクトは少ないですが、「何か雰囲気が違うな」 と言う車がいいですね。

個人的にはMOONEYES Awardを取ったMS40 Crownなんて最高でしたね、まさに国産旧車も知っている USAカスタムも知っているって感じのカスタムです。知り尽くしているから出来るのが「国産車をCalifornia風に乗る」です。「あれの何処が」っ て思う人は色々な雑誌をみて勉強しましょう。

フェンダーミラーに代表されるように「国産車を日本風に乗る」が多くなりつつある最近、まだMOONEYES風の楽しみ方を覚えていてくれた人がいたのは 嬉しかったです。430ワゴンも何となく雰囲気良かったし、521Pick UpもCalinforniaでした。ま、分かり易く言えば 車高落として、ミラー換えて、タイヤ・ホイル換えるだけなのですが、たったそれだけの事が簡 単に出来ないのが「国産車をCalifornia風に乗る」なんです。

カスタムはお金が掛かると言いますが唯一お金が掛からないのが「雰 囲気」。でもこれはお金で買える物じゃありませんから、大変なんです。

夏は皆で雰囲気良く国産車をCalifornia風に乗りましょ!

天気の良い日はOld Domestic Cars

2 16_02h
陽気も良くなり国産旧車には良いシーズンになって来ました。
そんな天気の良さに誘われ最近は1970年型クラウンMS50スーパーデラックスに毎日乗っています。街を走っていて気が付いたのですが35年も前の古い クラウンセダンが以外にも人気があるのです。 ドライバーも歩行者も沢山の人が「何て言う車だろう」って 感じで眺めているのです。
クルマっぽい四角いクルマが今では珍しいのでしょうか?そう思って改めてクラウンを見ると良いデザインしてますね。
古い車に乗っていると必ず聞かれるのが「不便ありませんか?」「通勤で使えますか?」「エアコン効きますか」 こんな方は 最初から乗ろうなんて思わないで下さいね。不便を承知で古い車に乗りましょう! Shige 菅沼