YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

MOONEYES Dragster

MOONEYES Dragster と言っても 1960年代に米国 Revell社 から発売された MOONEYES Dragster のプラモデルです。
MOONEYES Dragster, in 1/24 scale plastic model kit form, released from Revell Inc., USA.

当時 Dragster の中で名声を博した MOONEYES Dragster は MOON Equipment Company のハイパフォーマンスパーツの開発・テスト用に Dean MOON により製作されました。新品パーツの開発だけに留まらず、実際のレースでも数々の記録を作る名車となり、後に Revell 社 の宣伝活動でヨー ロッパを廻った MOONEYES Dragster は今でも現地で語り継がれる Dragster の一台です。
Dean MOON made MOONEYES Dragster for development trial of high performance parts by MOON Equipment Company, called Quarter Mile Test Bench and MOONEYES Dragster was most famous among the dragsters at that time. It has became a legend as not just for development of new parts but also the fact that MOONEYES Dragster became famous for breaking records of racing and later traveled around Europe with Revell Inc. promotion.

このプラモデルは当時人気絶頂の MOONEYES Dragster と 23年 Sanitary T’Bucket の 2台セット、沢山のオプションパーツの中から色々な組み合わせで作れる夢のあるキットでした。 当時はどんな人がこのキットを作ったのでしょうか?この当時の Revell のキットには Mickey Thompson の Attempt 1 とか Ed "BIG DADDY" Roth’s Outlaw & Beatnik Bandit 等、楽しい車が沢山ありました。
一部 キットは復刻再販されてますが MOONEYES Dragster は残念ながらありません。だから余計に貴重なのです。
This 1/24 plastic model is a package of MOONEYES Dragster and ’23 Sanitary T’Bucket. It came with many option parts to combine to create your own and had dream. This kit even had Japanese instruction and was sold in Japan. I wonder who had bought and built them back them. Revelle 1/24 plastic model series had many fun car like Micky Thompson’s Attempt 1, Ed Roth’s Outlaw and Beatnik Bundit etc. Some of kits are reproduced but MOONEYES Dragster is not and that why its rare.

1963年 に MOONEYES Dragster キットが発売され、1995年に Kenji Okazaki の MOONEYES Funny Car が同じく Revell から発売されました。どちらも今では入手不可能な貴重品です。 MOONEYES の名前はこの Dragster から来ました。
In 1963 MOONEYES Dragster kit was first sold and in 1995 Kenji Okazaki’s MOONEYES Funny Car was also released by Revelle. Now both kit is not easy to get and very rare item. That’s where name of MOONEYES came from.

MOONEYES のレア物紹介

h01s_002今回は商品でないMOONEYES物をご紹介しましょう。

20年目を迎えているMOONEYES、今迄いったい幾つMOONEYESのロゴ付き商品作ったのでしょうか?話している私も分かりません、20年前の商 品を持っているだけでも大変貴重です。また一般に販売される事なく、沢山の人も目に触れる事も無かった製品もMOONEYESは沢山あります。

題して「MOONEYESのレア物紹介」

1997年頃、色々な過程を経て誕生したG-ShockのMOONEYES版です。結局販売用として市場に出回る事が無かった 幻のアイテム。当時、MOONEYES スタッフに配布された物です。その数はたったの50個、まず見ることのない超レア物と言える1品だと思います。数が足りなかったので勤続年数の長いスタッ フから配ったので、残念ながら全員に配布できませんでした。

MOONEYESのレアアイテムをこれから少しずつご紹介して行こうと思います。

h02s_003

“Introduction of the MOONEYES Rare Items, “G-Shock”
This issue, will introduce rare MOONEYES Product that was and is not for sale.
How many items with MOONEYES Logo have we made in these twenty years? Even I as I speak have no idea. I think It’s just as rare to have 20 years old item. Also there are many items that were not for sale or which didn’t appear to many people as only few were made or sold.

So this issues title is “Introduction of the MOONEYES Rare Items”.

G-Shock watch by MOONEYES was made about 1997 after going through various kind of process. This item is a truly phantom like, rare as it ended up not to be sold on market. Only they were given to staff of MOONEYES. That Quantity is just 50. It is one of the very rare items that hardly has chance to see the item. Quantity was not even enough for all the staff, so it went to 50 from the longest with company.

I would like to introduce some of the MOONEYES Rare Items from now on.

Dry Lake Speed Trial

htopsEl Mirage(エルミラージュ)Dry Lake(乾湖)へ行って来ました。
湖の水が干上がってできた広大でフラットな場所 Dry Lake。路面は土です、カチカチの土です。

この上で最高速が何マイル出るかを競う Speed Trial が開催されています。 Speed Trail はユタ州 Salt Flat で開催される Bonneville が有名です。Bonneville は干上がった塩湖の上を走るので、車は雪の中を走ったみたいに車の下から上から塩だらけになりますが、こちらは土埃だらけになります。

New Beetlefの写真を見て下さい。とんでもない状態です。また細かい土埃はちょっとした隙間にも侵入し てきます。

でも土埃は洗えば何とかなりますが、塩はそうは行きません。車に残った塩はそのまま車を侵食し、ある日錆が発生しそして穴があいてしまう、まさに塩害で す。レンタカー会社によっては Salt Flat へ進入を禁止しているところもあるそうです。  自分の車は大切なので Salt Lake にはレンタカーでないと行かないと言う人も居るくらいです。
h02s-2

Dry Lake での Speed Trial は戦前から開催され、まさに Hot Rod のルーツと言えるレースで、多くの日系レーサーも当時活躍していたそうです。

大変嬉しい事に Speed Trial レースでは、今でも MOON Disc 装着車を沢山見る事ができます。50年以上経っても需要がある製品はそんなにありませんね。日本ではカスタムパーツの MOON Disc もここでは新しい車でも古い車でも、最高速を1マイルでも早く走る為に必要なレース部品なのです。MOON Discを履いた車がまたカッコイイのです。

Dean MOON も自らレースカー MOON Beam のハンドルを握り、他界するまで参加していたのがこの Speed Trial です。
Dry Lake、それは Hot Rodder 達にとって特別な響きを持つ場所です。 地球上にこんな場所があるなんて信じがたいですね。

h03s-2Went to “The El Mirage” Dry Lake.
Vast Flat land “Dry Lake” made by dehydrated lake, Surface is land, hard sand and Flat. Speed trial race a race to mark fastest speed is carried on top of this land.
Famous speed trial is the Bonneville at salt flat in Utah. At Bonneville, cars race on top of salt flat dried out of salt lakes and cars are covered from bottom to top by Salt like snow, but in here cars are covered by sand.

Take a look at picture of New Beetle, its outrageous.

These fine sand invade through little gaps. Sand can be washed out but salts, they won’t. These sand can be solved by washing car, but not salts. Remained salt will one day eat off cars and one day will have rusted out hole, truly salt crisis. Some rent-a-car company denies service for driving to salt lakes. Some people only go to salt flat by rent-a-car just to save own car from salt. Dry Lake Speed Trial started before War II and is a root of Hot Rod with many Japanese American racers were playing active part of race.

Its very pleasing to see MOON DISC used on many race cars at Speed Trial races and how rare that product can be necessary and demanded for over fifty years. MOON DISC is used as custom parts in Japan but here in races MOON DISC is necessary parts on new or old car to make that extra 1 mile faster. And the cars are really cool with MOON DISC on. Speed Trial is the race which Dean MOON himself raced on race car MOON Beam until he has passed away. Dry Lake is place with very especial meaning for Hot Rodder. It is hard to believe there is place like this on earth. Happiest place on the earth.

MOONEYES USA Open House

h01s_007
先週土曜日は、年に一度の Open House が MOONEYES USA で開催されました。

h03s_003
オープン ハウスと言うと新築ハウスの展示販売のようですが、Shop 開放日とでも言いましょうか、この日は普段立ち入りが出来ないマシン ショップ内にも一般の人が入れたり、Parking では Junk Parts の販売や Hot Rod Trio Live のライブがあったり、ガレージでは ZAP の Hot Rod Gallery が開催され、NASH もバーンナウトの販促で参加してくれています。

今年は The Dynotones (バンド)メンバーの Dan (MOONEYES USA のスタッフ)が DJ を行い、、聞いた事がある曲だなと思うと懐かしの GS サウンドや、ユーゾー カヤマが音量目一杯で掛かっていたり、世代の違いを感じてしまいました。

h04s_003
ランチは Free BBQ、Free Drink 言い換えれば日本で言うお客様感謝 Day のようなMOONEYES を見てもらおうと言う感じの催しです。 当日は MOONEYES USA の Parking は勿論、外でも小さな Car Show 状態となり昼過ぎまで盛り上がりました。

日本ではなかなか難しい趣向のイベントですが是非 MOONEYES Area-1 で開催してみたいと思っています。>> DYNOTONES WEBサイト

h06s
Last Saturday, Annual Open House was hosted by and at MOONEYES USA.

Open house sounds like a real estate sales in Japan but this was like open to public to see the machine shops which usually is not open to see, junk parts sales, Hot Rod Trio Live, Hot Rod gallery at Garage and Nash brought BURNOUT Magazine for sales.

Dan(MOONEEYS USA employee) who is member of The Dynotones (band) did DJ and played old school music.
Lunch was free BBQ, free drink. Its like welcoming customer day in Japan and made for customers to take a good look at MOONEYES. On that day until about noon, not only at MOONEYES USA parking lot but also at outside hear by parking spaces, cars gathered like small car show.
>> DYNOTONES WEB SITE

MOONEYES USA #2

今回はMOONEYES USA Tourにお連れします。
写真の右側がマシン ショップです。この建物は1962年に建てられたようです。

h01s_008

この中ではあの有名なムーン ディスク、フュエル タンク、バルブ カバー、タイミング チェーン カバー等、 そしてムーン カムシャフトが作られています。建物も古ければ工作機械も当時のまま、カムは手作業で削られ、ムーン ディスクも一枚一枚手で作られ、一切コンピュターの無い原始的工場です。

h02s_004

このマシン ショップの最新オフィス機器と言えば今だに電話だけです。 そう MOONEYES USA で作られた製品は、今では数少ない Made in USA なのです。

h03s_002

こちらは今は Warehouse として使っていますが、その昔 COBRA の1号車が作られたのがこの倉庫です。当時は完全なガレージとして使用されていました。ここから生まれた物のなかには AVS シャドウや、NISSAN R381のMOTOR もあります。 そして MOONEYES Dragster, MOONbeam & MOONliner 等のレースカーもここで整備されました。

そしてここが一番古い建物、ガレージです。

h04s_002

h09s
1950年代、MOON が Open した当時の写真にありますからすでに50年以上も前の建物になります。今は Hot Rod ギャラリーとして、ZAP の Hot Rod 写真の展示、Old MOON Products などのレア Hot Rod アイテムを展示。 隣も創業当時からの建物で店舗 – Shop として使っています。
Made in USA の MOON Products が Hot Rodders そして全世界からのお客様をお待ちしています。

h08s

最後にFront Officeです。
MOON を引き継いだ当時はシンボルのアイボールは天高く(?)そびえていましたが、今は地上に降りています。Santa Fe Springs 市の指導の下、MOON Equipement Company の象徴である Front Office を立て直す事となり今の Office になりました。
旧 Front Office についていた MOON Equip. Co. ロゴは今は東京恵比寿の MOON Equipped Shop 内に飾られています。

古い物をできるだけ残したい、Dean MOON の残した物をそのまま受け継ぎ次の世代へ繋げるのが我々 MOON Staff の使命です。 どんなに不便でもこの形で営業して行きたいと思っています。あ!勿論 Office には Computer はありますよ。
MOONEYES USA Tour でした。

This issue, will take you to MOONEYES USA Tour.
At the right side of a picture is the machine shop. It was built in 1962.

In here, famous MOON Discs, Fuel Tank, Valve Cover, Timing Cover and MOON Cam Shaft are made. Machine is old as building. Cam is grind by hand, MOON Disc is made by hand. No computer in this primitive machine shop.

Newest office equipment is telephone. The product made in MOONEYES USA is real made in USA which is rare now days.

This building is now used as Warehouse but it is where 1st cobra was made. it was used as garage and various famous cars were born here. Such as AVS Shadow, Nissan R381 Motor, Race Cars like MOONEYES Dragster, MOONbeam and MOONliner were also maintenance at the shop.

This is the oldest building, Garage.
It’s at least 50 years old as its in the picture of opening photos taken in 50’s. Now is used as gallery of Hot Rod Picture by ZAP, old MOONEYES products and rare Hot Rod items. Next building was also there from opening and is used as shop. Made in USAs products are waiting to welcome all Hot Rodders and customer from all over the world.

Last is front office. Symbol the EYEBALL used to be on top of tower but now its down on the ground. By the Santa Fe Springs City Enforcement, symbol of MOON Equipment Company front office had to be renovated to current office. The original logo of MOON Equip. Co. logo is now displayed inside MOON Equipped Shop in Ebisu TOKYO.

Trying to keep as it was, taking what Dean MOON left to the next generation as is the task of MOON staff. Though it may not be practical, will continue to run business as it is. But of course we do have computers at office. Thats’ it for MOONEYES USA Tour!

MOONEYES USA #1

h01s_012
MOONEYES USA に来ています。

Dean MOON が南California、City of Santa Fe Springs に Shop を建ててから50年以上の月日が経ってますが、昔と同じ内容、同じ建物でやっています。今では同じロケーション、同じ建物でやっている会社は殆どありませ ん。会社が大きくなって他の場所に移転したり、或いは既に商売を止めていたり、50年以上同じサイズでやっていられる会社も珍しいと思います。

ダウンタウン ロスアンジェルスからは約30分、ロスアンジェルス 国際空港からも約30分、ディズニーランドからも約30分、大変便利なロケーションのSpeed Shopです。 Cobraの1号車が製作されたり、NISSAN R381のエンジンもここ MOON から供給されました。その歴史的建物をほぼ当時のままの姿で使用しています。夕暮をバックにしたShopの外観、この建物は50年は経っています。

そしてこれが僕のデスクです。このデスクは Dean MOON が使っていた物をそのまま使ってます。椅子は張り替えて綺麗にしました。もちろんこれも Dean MOON のお古です。新しい物が少ないのが MOONEYES USA の最大の特徴です。
今日から3回に渡り MOONEYES USA を紹介するつもりです。
h02s

I’m at MOONEYES USA now.
More than 50 years went by since Dean Moon started shop in City of Santa Fe Springs, Southern California and MOONEYES USA INC is still doing same old business at same old place. Most company does not stay in same location and in same building. Some may get bigger and move for more room or some may be even closed. Its just rare for company to be in same size business for more than fifty years.

Speed Shop is at very convenient location as about 30 minute from downtown LA, about 30 minute from LAX and about 30 minutes from Disneyland. The first Cobra was build and Nissan R381 Motor was supplied from here at MOON. That historical building is still used as is. The building in the picture of the out side of Shop with sunset at the back is about 50years old.

This is my desk on the other picture. It was Dean MOON’s desk and I use it as it was. This chair used to be Dean MOON’s too. I have redone the Chair cloth. Characteristics of MOONEYES USA is that it has only few brand New things.
I will introduce MOONEYES USA INC on next 3 issues.

Drag Raceway

僕は大のドラッグレースファン、そしてドラッグレース以外 のレースはまったく興味が無いので何を言われてもチンプンカンプン、レーサーの名前も車も分かりません。ですから僕に他のレースの話はしないで下さい。唯 一多少分かるのは60年代の Indy とか Can Am とか Trans Am レースです。
密かに日本に完璧なドラッグレース場が出来る 事を心待ちにしている一人でもあります。
米軍立川基地でのドラッグレースが無くなり28年が経ち、その間米軍関東村跡地で出来るとか、横田で出来 るとか、最近も色々噂は出ますが現状では仙台だけです。

ここに1枚の航空写真があります。僕の大事な資料です。
これは10年程前ハワイ島で火山観光、ヒロの街見学ツアーでヘリコプターに初めて乗った際、ヒロ近郊のドラッグレース場上空を偶然通りかかり撮影に成功し ました。

h01s_011
と 言っても、まず旅行に行く先々にドラッグレース場があるかどうか必ず下調べをするのでヒロ近郊にドラッグレース場がある事は知っていました。心の中で密か にヘリコプターがその上を飛ばないか期待していたら本当に真上を通過したのです! そんな事が本当に起きる事もあるのですね。火山とかは二の次、これが見 れただけで大満足のハワイ島旅行だったのです。

オアフ島は勿論、マウイ島にもドラッグレース場があるハワイです。日本もハワイと同じ島なのにナゼ、ドラッグレース場が出来ないのでしょうか?写真で見るよ うに長い直線とピットエリアがあればいいので、平らでウナギの寝床みたいな土地で十分です。「土地ならあるぞ~」と言う方いませんか?
ビギナーか ら簡単に参加できるレースですが、日本ではまるで認知されないレースがドラッグレース、アメリカンレースは日本では駄目なのでしょうか?
h02s_002

I am a big fun of Drag Race. I don’t know any thing like names and cars for other races. So please don’t ask me about other races. The only races I will know a little about are ’60s Indy or Can Am or Trans Am races.
I am one of the fun who hopes and waiting to have perfect Drag Raceway in Japan.
It has been 28 years since US Tachikawa Air Base Drag Raceway has been gone. Rumors were out that other US Base Camp in Tokyo or Yokota will have but only Drag Raceway available now is at Sendai.

Here is a picture, its my own picture an very important one. It was taken about 10 years ago when I visited Hawaii Island. I went on the helicopter tour for volcano and Hilo Town sight seeing and the helicopter flew over the Hilo Drag Raceway. I knew that there was a Drag Raceway in Big Island, as I always search before I go. But not expected to actually fly over the Raceway. Things like this really happens. It was a best treat for me in trip to Hawaii.

There are Drag Raceway in Oahu, Maui Island in Hawaii. Why is there no Drag Raceway in Japan even its same “Island”. All you need is long land like on picture for straight Raceway and pit area. Any body with extra “land to spear”.
It’s easy race and even beginner can join, but Drag Race is not recognized in Japan. Is Drag Race, American Race not good in Japan?

HONDA CB750 “Elegant Four”

Honda CL350 のガソリンタンクに細身のカスタムシート、フロントリムは21″に変更、スリムなタンク&シートにドーンと張り出した4気筒が迫力の Honda CB750K です。

h01s_003
フ ロントネックを寝かせ、スイングーアームを延長、リアショックのコイルスプリングをカットしシートも薄くしてかなりLoweredなCB750になりまし たが、低すぎるのとエキゾーストパイプの取り廻しもあり、カーブを曲がろうバイクを傾けると2・3番のエキゾーストパイプが地面につき転びそうになってし まいます。 カッコは良かったのですが完全な失敗でした。乗りたくて作ったはずが今では置物となっているCB750でした。

誰かバイクを傾けずカーブ や交差点を曲がる方法教えて下さい!

Honda CL350 Gas Tank with Narrow custom seat, front rim is changed to 21″. Slim tank & seat versus wide 4 cylinder stick out makes power full Honda CB750K.

Lie down the front neck, rear swing arm, cut rear shock and seat to make CB750K lowered profile.
But its too low and with how exhaust pipe run, #2 and 3 exhaust pipe hits the ground when inclined to make a turn. It looked good but was a failure. I made it to ride but now its an ornament.

Can somebody Tell me how to turn bike with out incline. Yes, it’s for sale now.

ODC (Old Domestic Cars) その6 Morning Cruise

h01t
昼 間は水温が気になったり、渋滞中のStop & Goが苦手な車のオーナーの方、車の為にも、また健康の為にも、家庭の為にも、早朝に愛車で集まるモーニングクルーズは大変健康的な集まりです。

早起きして仲間と午前中を過ごし、午後はファミリーと過ごす、或いは用事を済ませる等、一日を有意義に使えるモーニングクルー ズは夜型の日本社会に体が慣れてしまっている我々には少々きついですが、朝早ければ水温も上がらず、道はガラガラ、 ODCオーナーにとっては最高のドライブ環境です。まさに早起きは三文の徳です。
▶ホビダス管理人【秋元一 利】のWEB写真日記

横浜本牧の MOON Cafe 駐車場で奇数月の第2日曜日、9時から11時までODC対象のモーニングクルーズを開催しています。この日は何時までも寝ていないで早 起きし MOON Cafe でブレックファストです。目玉焼き、ソーセージ、トーストにコーヒー、天気の良い日曜日、早起きのドライブ、余裕のブレックファストは至 極の一時です。

我々日本人は午前中を有効に使うのが上手で無いように感じます。「もうお昼?!」ってよく耳にしますよね!それって朝が遅 いからではありませんか?
h01s_005

For your car, your health and for your family as Morning Cruise meet in early morning, it is very healthy for ODC (Old Domestic Car) owners.

Morning Cruise can make a good use of a Sunday, Wake up early so you can spend time with your friends in morning and than with your family or for things you had to do in afternoon. It may be little hard like a jet lags for typical late night nocturnal society life in Japan. Morning is great for driving condition as it has benefit of cool temperature keeping lower water temperature and road is empty with out traffic. The early bird catches the worm.

At parking area of MOON CAFE in HONMOKU, YOKOHAMA, from 9am to 11am on every 2nd Sunday of ODD month Morning Cruise for ODC is held.
So don’t keep on sleeping till whenever, wake up early and have breakfast at MOON CAFE. Sunnyside up, sausages, toast and coffee, beautiful weather Sunday, Early morning drive and have time to spare for great breakfast, its excellent quality time.

Seems we Japanese are not so good about using morning effectively. Often hear people say “Already Lunch time?” isn’t that because of late start in morning?

ODC (Old Domestic Cars) その5 “MOONEYES Style”

h01s_009
横 浜元町商店街のパーキング メータを独占し、ズラっと並んだクラウン。
前の2台は1970年型 RS56、3台目は1966年型 MS46 そして4台目が1970年型 MS52、ノーマル状態のステーションワゴンです。まだこの頃はトヨタ協販から新品部品も沢山出たので先頭のピックアップはバンパー、グリルなど殆ど新品 部品で仕上げる事ができました。

前回のブログではクラウンピックアップの散策を書きました が、当時は商業車のクラウンピックアップを取り上げる雑誌も少なく、情報は耳と運しか無い時代。雑誌でもまったく見ることの出来ない商業車を特集していた のがカーマガジンで、何時の何号かは忘れましたが緑の46系ピックアップの特集を覚えています。雑誌等に掲載され「こんな車があるんだ」と人の目にでも触 れなければ人の記憶に残りませんから、クラウンピックアップは当時、見つけようと思っても簡単には見つけられない車だったのです。

でもこ の写真の頃になると情報は豊富になり、クラウンピックアップも珍しいと言っても決して見つからない車では無くなり出した1989年、1962年~1970 年のクラウンピックアップ、バン & ステーションワゴンを対象にした第1回目のクラウン ピクニックを開催しました。 ナゼ対象がこの年代に限られたかと言うと、自分の好きな年式だったと言う何とも自分勝手なイベントですが、昨年は観音クラウンからクジラクラウン、それに セダンを追加し15回目を開催しました。 私達が開催するイベントの為、ノーマル車は少なくカスタムされた車が殆ど。最近はヤレたと言うと聞こえは悪くありませんが、疲れたままの車も多くなり、 「車は綺麗でこそ車」と言う事は通じなくなってきたようです。

MOONEYES Style=California の香りがする綺麗な車です。

そんな California の香りのする国産車が集まる Event、第8回 All Odds Nationals「変な国産車集まれ!」は 9月25日(日)に川崎市東扇島で開催、Crown だけのピクニック、第16回 Crown Picnic は11月13日(日) 横浜プリンスホテルで開催予定です。
貴方の記憶の底に残っている Old Domestic Cars をカスタムしませんか?!

Along the street side parking meter of Yokohama Motomachi shopping arcade in 1988, 1st and 2nd Crown are 1970 RS56, 3rd Crown is 1966 MS46 and 4th Crown is 1970 MS52 Original Station Wagon. About 17 years ago, the brand new parts were still available from TOYOTA Parts Dept., so the 1st Crown were able to build with brand new bumpers, Grills and other for front end.

On previous issue I wrote on “Search of Crown Pick Up”, which was true story on about 23 years ago. It was rare to see issues about commercial vehicle like Crown Pick Up on magazine. Only magazine issues I remember is an issue on commercial vehicle by “Car Magazine”. I recall seeing Green Crown 46 Pick Up on that issue. Since there was no exposure of Crown Pick Ups on magazines, most people didn’t know the existence of the Crown Pick Ups. As information was limited to hearing rumors and found by luck. Finding a Crown Pick Up wasn’t easy at that time.

By the time this picture was taken, there were more information and Crown Pick Ups was still rare but not impossible to find. 1989 was the first year of MOONEYES hosting “Crown Picnic” for Crowns Pick Up, van and station wagons from 1962 to 1970. It was limited to 1962-1970 because these were the years that I like. Still selfish event but last year hosted 15th Crown Picnic with years from 1959 to 1973. Because we host event, entry cars are mostly custom and not originals. Common sense of “Car must be clean to be a car” is no longer accepted as warned out, beat up or tired vehicles have increased.

“MOONEYES STYLE” is “Clean car with taste of California”.

All Odds Nationals“, event for Domestics with taste of California will be hosted “Odd Domestic Cars get together” at HIGASHI OUGIJIMA on Sunday September 25th. “Crown Picnic” for Crowns only at YOKOHAMA PRINCE HOTEL on Sunday November 13th. Try on waking up and custom your Old Domestic Cars from your old memory.
CROWN-CLASSICS.COM

その4 幻のクラウンピックアップ

前回はトヨタクラウンのダブルピックを紹介しましたが、今回はシングルピックです。


常 にクランピックアップを探していた20数年前、なんとなく観ていたTVでは各地の大根特集をやっていました。特別興味も無くボーと画面を眺めていたその 時、畑作業をする老夫婦の横にいきなり1970年型クラウンピックアップが見え隠れしたのです。そのバックには見覚えある私鉄電車が走っています。
TVですから詳しい住所等出るはずがありませんが、大根、私鉄電車、 大体の地名、それと画面に出た周囲の雰囲気、持っている情報はそれだけ。このチャンスを逃したら絶対に巡りあえないと思い、地図を頼りに散策を開始し数週 間、画面で映った畑を発見、そして遂にTVでちらっと映ったクラウンピックアップを探す事に大成功したのです。

その時「俺は天才だ」と自画自賛、なぜ天才と思ったんだ?!

早速老夫婦にお願いし車を見させて頂きました。仕事に使っているワンオーナーカーです。程度はほどほどですが大切にされているのはひしひしと感じました。 もうほしくてほしくて仕方なかったのですが、いきなり「売ってください」は失礼なので何度か足を運んだある日、遂に意を決して「譲って頂けませんか」と切 り出しました。答えはあっさり「NO」。理由はまったく同じ車を持ってくるなら売ってもいいと、つまり他のトラックでは代用にならないとの事でした。

その時の僕の車は1980年型のハイラックス(4WDではありません)だったのでこっちの方が新しいし、クーラーも付いていて乗り易いですよと強調しても 答えは「NO」、散々探し回ってやっと会えたクラウンピックアップでしたが縁がなかった事と諦めました。 車の購入は縁が取り持つ何かと思っていますので 無理な買い方は しないように心がけています。全て「縁」ですね。残念ながら縁がなかったのです。

確かにピックアップでクラウンピックアップに勝る車は国産ではありません。クラウンの装備、足周り等、クラウンセダンと大差ないのですから他のトラック、 トラックしたトラックでは比較にならないのは十分理解できるにも関わらずトラックトラックのハイラックスと交換しようなんて虫のいい話が通るわけないよ な、と独り言を唱え諦めてトボトボ家路についたのでした。

残念ながら写真も撮っていないのです。常にカメラを持ち歩るいていたはずですがこの車は撮っていないので、まさに幻のクラウンピックアップ、もしかしたら TVから始まって探し当てるまでもクラウンピックアップ欲しさの夢だったのかもしれません。
*注:ODC-Old Domestic Cars CROWN-CLASSICS.COM

An illusion of TOYOTA Crown Pick Up
Previous issue was about Double Pick Up, this issue is about Single Pick Up.
When I was searching for Crown Pick Up twenty years ago, I saw a program on TV about Various Radish farmers in different areas of Japan. Program was not even interesting but boring I was just watching it for no reason. Just then I saw that TOYOTA Crown Pick Up in back ground. TV program didn’t show address. There was a railroad running at background and it was some where in Tokyo. As I thought I will never have 2nd chance to find Pick Up, my search to find the farmer with TOYOTA Crown Pick Up begun and with map and few weeks I found that farmer.

I thought I was a genius! Though now I don’t know why I thought I was genius. I asked farmer politely to show me that TOYOTA Crown Pick Up and he accepted. Pick Up was one owner working car. It was in a fair condition but I could tell that owner was taking a really good care of the car. I wanted car so bad but tried to be nice and avoid asking to sell on the first sight. After visiting few times I finally asked if I could buy the Pick up. The answer was “NO”. Reason was that No other truck can substitute and only if I could bring the same car to trade.

I offered my 1980 TOYOTA Hilux 2wd Mini Truck, told him that it was like new with AC and easy to drive But still answer was “NO”. Even though I walked miles to find, I came up with conclusion that I had no “Fate” and gave up. I believe buying a car is lead by fate and try not to buy by force. All by fate. Its too bad but had no fate.

There is no Pick Up better than TOYOTA Crown Pick Up in Domestic Japanese cars. Even though it’s a Pick Up, it comes with features, suspensions that are not much different than of Top grade sedan of TOYOTA “Crown Sedan”. Even though I knew that TOYOTA Crown Pick Up is not really a truck truck. I asked to make deal to swap with my Hilux. which was really a truck like a truck. I said to myself that was not really a good deal for him to say yes and headed home.

To my regret, I didn’t take any picture. I had camera with me all the time but some how I didn’t take picture of this one. A true illusion of TOYOTA Crown Pick Up. May be it was all in my dream from TV to finding, in just my wish to have and own one.
CROWN-CLASSICS.COM

MOON Breather


信号に停まるたびにエンジン付近から煙がモクモク、臭いしカッコ悪いし、旧車オーナーの方で エンジンのブローバイガスに悩まされている方は多いと思いま す。

MOON Breatherをカムカバーに取り付けた所、煙はすっきり、信号待ちも恥ずかしく無くなりました。 旧車オーナーの方、是非お試し下さい。効果ありますよ。

Every stop at the light, smoke comes up from around engine. It’s not cool and smells bad. Sure many old Japanese car owners have blow by gas problem.
Fixed MOON Breather on Cam Cover and smoke is gone! No more embracement at the light. I recommend to try for old Japanese car owners. Definitely has good effect.

Pinstripe ピンストライプ

ピンストライプと言うと USA のビジネスマンスーツってイメージですが、実は車にも関わりが大変あります。古い車をレストアする際ボディーに引かれた細い線、それがピンストライプです。欧州車、USA車、国を問わず昔からストライプは車には必須のアクセントでした。その修復に手こずってませんか?
マスキングで描くのが一般的ですがマスキングではラインの縁が不自然になり、またマスキングに時間が掛かりますね。筆で描くピンストライプは滑らかな線が描け、自然な仕上がりになり、またマスキングの手間も省けます。
先日、戦前Ford の工場が横浜にあった時のビデオを観ていたら、なんと日本人(勿論ですが)がピンストライプを1931年型フォードに描いているシーンがありました。当
時の車には必需品のアクセントでした。職人にしか出来ない技です。
またモーターサイクルのタンク等、再塗装でステッカーを剥がしたがステッカーがもう手に入らない、どうしようと思ったらレタリングで描く事も出来ます。
レストアでピンストライプ、レタリングでお困りの方、MOONEYES Signs & Pinstriping Studio(Phone:045-242-9008)までご連絡下さい。全国へ出張もしています。
ライン一本ですが、当時と同じ方法で入れてこそレストアです。
Word “Pinstripes” may have image of an American business suits but has lot to do with automobile.
A thin line drawn on the body in restoring of old cars, that’s Pinstripe. European, American or in any country, Pinstripe was the key accent on the automobiles.

Is that restoration giving you a hard time? Masking is one popular ways but it leaves unnatural finish on the edge of lines and masking takes lots of preparing time. Pinstripe drawn by hand gives smooth line with natural finish and saves preparing time for masking.

I was watching the video of prewar time Ford Plant at Yokohama Japan, surprisingly there was a seen of Japanese man drawing pinstripe on 31 Ford. It was the must item for accent on the car which only the craft man can do. 1934 Ford Phaeton on above was built at Ford Yokohama Plant in Japan.
Also while restoring tanks on motorcycle with new paint and if that original decals on the tanks were not available any more, Tanks can be restored by “lettering”.

For any inquiry regarding “Pinstripe” and “lettering”, please call to MOONEYES Signs & Pinstriping Studio(Phone: 045-242-9008) will travel to your place if requested (in Japan). Just one line, but done by the original way is the restoration.