YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

第15回 ストリート カー ナショナルズ 札幌

15回目のストリート カー ナショナルズ 札幌へ行ってきました。
まだまだ気温は高かったですが湿気が少なくて何と過ごしやすいのでしょう。強い日差しとすっきりした空気は、場所によってはCaliforniaの様な感じになったり、また違う所ではHawaiiのようだったり、北欧のようだったり、空の大きさと雄大さが大陸的な北海道、カッコイイですね。
ストリート カー ナショナルズ 札幌も今年で15回目、関東と同じく数年ごとに開催場所を移動し、昨年から会場は千歳空港の近くになりました。会場は針葉樹で囲まれ大きな空と、澄んだ空気、強烈な紫外線、クルマが一番綺麗に見える環境が羨ましい限りです。

150台近いエントリーの中からMOONEYES Awardに選ばれたのは、小池君の1931 Ford モデルA。写真は朝会場へ向かう際の写真ですが朝陽が眩しいくらい光ってます。厳寒の北海道では勿論冬は乗りませんよね!?

北海道も北欧のように夏に思いっきりクルマに乗って、冬はガレージでゆっくりクルマを作る環境なのでしょうか?北欧では冬はクルマ作りのシーズンと多くのカーガイはここぞばかりガレージにこもるそうです。きっと近い将来、北海道から素晴らしいカスタムカーが誕生するでしょう。

でも国産旧車の宝庫と呼ばれる北海道で、国産旧車が少なかったのは今回残念でした。

“The 15th Street Car nationals in Sapporo Japan”
I went 15th Street Car Nationals in Sapporo, far North in Japan.
Sapporo was still hot but with less humidity it was far more comfortable than central part in Yokohama Japan.
With strong Sun Shine and less humid air, it was like being in California in some part of Sapporo and some other places were like being in Hawaii or some where in Scandinavia. Sapporo is so continental and cool with grandeur and open sky.
It was 15th year for Street Car Nationals in Sapporo, like in Kanto, place of event has been changed in every couple years and from last year event was held near by Chitose Air port.
Event place was surrounded by conifer huge sky clean air and strong sunshine. It was best condition for best cars appearance which I envy.
Out from 150 entry 1931 Model A owned by Mr.Koike was chosen for MOONEYES award. This picture was taken on the way to the show, see that sun was shining so blightly.
Guess they don’t drive in ice cold Hokkaido (Northern continent of Japan) Winter. Like in Scandinavia, guess in Hokkaido people drive their car in summer and build them in garage during Cold Winter. Winter is time for making cars for car guy there and they spend most time inside garage in Scandinavia. Nice Custom car should be released from Hokkaido in near future.
But it was disappointing that I didn’t get to see lot of Japanese Old Domestic Cars in Hokkaido where it is said lots of them are still left in there.

Dragmaster シャーシー

4月に仙台でMOONEYES Dragsterでアクシデントを起こし、Dragsterを大破させてしまったのはご存知の方も居ると思います。
その後、車は修理の為すぐUSAのDragmaster シャーシーに戻され、シャーシー修復を試みましたが、ダメージは思ったよりひどく、また、シャーシー自体1957年製と古い為、安全を考え新たにシャーシーを作る事になりました。
幸い、シャーシー以外の部分はダメージは少なく、多少のリペアで再使用可能なので助かりました。
当初の予定では、9月終わりにCalifornia Bakersfieldで開催されるNHRA主催 California Hot Rod Reunion(CHRR)までに完成予定でしたが、出来上がったのはウチのDragsterではなく、このTwin Motorの”Two Thing”と呼ばれるDragsterでした。
Dragmaster シャーシーのオーナー、Dode MartinとJim Nelsonの2人が1961年当時走っていた車を復元したのです。
このDragsterでDodeは今年のCHRRに参加するそうです。それが終わらない事にはMOONEYES Dragsterには手が付けられないと言うか、作るのはDode一人ですから、仕方ありません。
1950年代後半から60年代初頭に彼らは300台以上のシャーシーを販売し、また2人とも自らハンドルを握るレーサーでもありました。70才を越しリタイアした2人ですがDrag Raceに対する情熱は一向に冷める事なく、Dodeは今だに自宅のガレージでこの”Two Thing”を組上げ、また注文に応じてDragmasterシャーシーを製作しています。彼の仕事は今はDragmasterではなく”Dode’s Hobby Shop”となり、リタイア後の生活を楽しんでいるようです。当時のオーナーが自ら作り上げる2005年製、1957年型のシャーシーです。

シャーシーが出来たら、MOONEYESに持ち帰り、エンジンとかデフとかを取り付けし、MOONEYES Dragsterが走れるようになるのは来春でしょうか、その頃には体の痛みも消えているでしょう。

“Dragmaster Chasis”
I suppose most people know that I drive MOONEYES Dragster and crashed in April at Sendai, north of Japan.
The car was taken back to USA at Dragmaster chasis and tried to repair chasis but damage was worse than I thought and as it was made in 1957, decided to make new safer chasis this time.

Luckily, damage was not bad on parts other than chasis and can be repaired. First, was plan to run at NHRA – California Hot Rod Reunion(CHRR) in California Bakersfield, USA on October, 2005. But it was not our cars finished in time but this Twin Motor Dragster called “Two Thing”.
Dragmaster chasis owner Dode Martin and Jim Nelson restored what they drove in 1961. Dode will go to CHRR with this Dragster and after that Dode will work on our Dragster. It can not be fasten as he is the only one who can make the Dragster.

During late 50s to early 60s they sold more than 300 chasis and raced. They retire after 70 but still into Drag Race and making Dragster “Two Thing” at home. Dode work as “Dode’s Hobby Shop” and enjoying retired life.

Same owner will make 2005 – 1957 model chasis. When chasis are done will take it to MOONEYES USA Shop and assemble with Motor and Def. May be MOONEYES Dragster will be running in next spring. May be my pain will be gone too.

USA車でUSAをドライブ

前回、「USA車でドライブ」は1987年 El Caminoで仙台に行った話をしましたが、今回は「USA車でUSAをドライブ」。当たり前のようですがここCaliforniaでは結構珍しくなってます。

と言うのもCaliforniaでは日本車を筆頭に、ドイツ車に代表される欧州車の台頭が目立ち、また韓国車も多く見かけるようになり、USA車の存在(特にパッセンジャーカーは)が薄くなって来ているように思えます。Pick UpやSUVも日本車、特にNISSANでカッコイイのがありますね。

FWY(フリーウェイ)を走りながら「今USA車を買うとしたら何を買う?」なんて自問自答しても、思いつく車はマスタングかマリブ(これは決してカッコ良くない)、それくらいです。

え、「C300やマグナムもある」ですね。それはそれとして、やはりマスタングかな?


そんな事を考えながら1969年型 El CaminoでFWYを走っているとガンガン高年式車に抜かれて行きます。1978年当時、1968年のEl CaminoでFWYを走っていても周りのスピードに同調できましたが27年後の2005年に1969年型 El CaminoでFWYを走ると周りとスピードが合わず大変疲れを感じ、無事Shopに着くとホッとする感じです。イベントやクルーズでたまに乗るのはいいですがこの年式をDaily Driverに使うのはCaliforniaでも使い辛くなってきたようです。
そんなEl CaminoをNewのMustangに交換しようかなと心が揺れています。USA車でUSAをドライブするのも辛い今日この頃です(注:年式次第ですが)。
>> El Camino Real.com

“Drive USA car in USA”
Last “Drive USA car” was driving 1987 El Camino to Sendai in Japan. On this issue is “Drive USA car in USA”. Sounds normal but it is getting to be rare as in California.

Import cars like Japanese, German Euro cars, Korean cars are taking major increase in numbers and USA car(especialy passenger cars) are loosing its major ratio. Even Pick Up and SUV, some Japanese like Nissan has cool new ones out.

While driving FWY(free way) asked myself “What USA cars would I buy now?” and I could only think for New Mustang or Malibu(This is not coolest). Sure someone will say “C300 and Magnums” but thats that, so, may be Mustang?

And meanwhile driving 1969 El Camino on FWY, every newer car pass by. In 1978, 1968 El Camino managed to run with other cars on FWY, but 27 years later in 2005, 1969 El Camino cannot keep up with other cars speed on FWY. Its tiring to drive on FWY and feel relieved when I finally reached my shop. It’s good on event or cruise but it’s getting harder to use as a daily driver even in California.

I am thinking about changing El Camino to Mustang. It’s hard to drive USA cars in USA these days(up to its year of the car).

Rose Hill

Rose Hillに眠るDean MOONのお墓参りに行って来ました。
Shopから数分の所にあるRose Hillは大きな墓地ですが、太陽を燦々と浴びるCalifornia、日本の様な湿っぽさがなくていいです。
ここRose HillにDeanとWifeのShirelyは眠っています。

Deanに初めて会ったのは1983年、まだMOONEYESをOpenする前でした。そのDeanの人柄に魅せられてMOONEYESを始めたと言っても過言ではありません。それまでは車関連の仕事をしようとは思ってませんでしたから。

そのDeanとの実際にあったStoryを一つ。彼の自宅に泊めてもらったある晩の事、リビングルームで2人でTVを見ていると玄関の外で何か物音が、Deanに「ちょっと表を見て来い」と言われ玄関から出て表を一回り、何事も無かったのでドアを明けて中に戻ろうとすると、イスに座ったDeanが何と僕に向かって拳銃を構えているではありませんか。ビックリなんてもんではありませんでした。そしてDeanは「シゲ、人の家に入る時はノックをするもんだ」。

なるほど、ごもっとも。極めて日本人的な考えの私と、極めてアメリカ的な行動のDean、危なく撃たれるところでした。

“Rose Hill”
I went, to Rose Hill visit to Dean MOON’s grave.
Rose Hill is big grave yard, only few minutes from shop and its better than humid grave yard in Japan with California’s sunshine. In here at Rose Hill, Dean and his wife Shirely is resting.

I met Dean in 1983 before I opened MOONEYES. I started MOONEYES because of him. I never wanted to do car business before.

Here is story with Dean. One night I stayed at Dean’s house. Some noise came from outside, Dean asked me to look outside. I went out and looked around doors but nothing there. I opened the door to go inside the house. And Dean MOON was pointing the gun at me. I was so surprised. Then Dean told “Shige, knock before you come in”.

Very Japanese way of thinking by myself and very American way of action by Dean. I almost got shot.

かるーく カッコ良くしませんか?

カスタムカーやUSA車に乗っている方、セカンドカーは何を乗ってますか?
カッコ良い車を持っているのにセカンドカーが手抜きの方多くありませんか?

「足車だから何でもいいや」って感じですが、しょっちゅう乗る足車だからこそちょっとは気を使ってほしいのです。でも決して高額車や、凄い車の話をしている訳ではありません。持っている車をちょっとひとひねりして自分の車にしてほしいと言うことです。車は何でもいいのです。

このクラウンもかるーくひねってますが良い感じでしょ。

日常使う車ですから何も大改造をする必要はありません。ホイル、ミラー、車高、この3点で決まってしまいます。この3点なんですが、ホイルをどこかの中古センターで形はともかく、安いのがあったから入れちゃったとか、ミラーも適当なのがあったから付けちゃったではいけません。たとえ足に使う車でも カスタムカーを作るのと同じ考えで部品は選んで下さい。それがしっかりしていると街を走って「オッ!」って言われるさりげない一台になるはずです。

カスタムは窓際の一瞬芸です。まずは手元の車で楽しむのが一番です。

“Make it slightly cool “
For owner of custom and USA cars, what is your second car.
Don’t you think many cool car owners have second car that is not so cool.
May be because it’s daily driver but one you drive the most. you may want to take care. But no expensive of extremes are necessary. Slight custom will make it your car.

This TOYOTA Crown has slight custom and look cool too. No extremes is necessary for daily driver. Wheel, mirror, ride height, is the 3-keys.
Don’t put cheap wheel you bought near your house, or put mirror you found in pile of parts in your room. Even for the daily drivers, please choose your parts like your custom car. If that’s well chosen your will get a lot of attention on the street.

Custom is one short show by the window. First enjoy with your car.

仙台で見つけた感じの良いもう一台 New Beetle

仙台で見かけた感じのいい車の最終回は New Beetle です。

リアホイルとフェンダーの感じが最高にいい感じですね、20インチだそうです。
フロントは18インチとの事ですが、「できれば19インチが」ってオーナーも言っていましたがこのホイル残念ながら19インチは無いのですね。
New BeetleをCalifornia風にカスタムしたいい感じの一台でした。

New Beetleって沢山走っていますが、いじっている車は少ないような気がします。形が特徴的ですから余りいじらなくてもいいのでしょうか?
空冷VWとはまったく違う層の方々がオーナーなのでしょうか?特にUSA的カスタムは極端に少ないですね。空冷Beetleの卒業生がNew Beetleに乗るというのはないのでしょうか?

カスタムのベースとしては大変楽しい車だと思いますし、部品も豊富にあります。決め手はホイルのチョイスですね。ちなみにこのホイルは MOONEYES オリジナル LS Hoop というホイルです。
“Nice looking car found in Sendai, New Beetle “
Last of nice looking on this issue is New Beetle.
What they did on Rear fender arch and rear wheel looks really nice. It’s a 20 inch. 18 inch on front. Owner wanted to have 19 inch, but this wheel don’t come in 19 inch. It’s a New beetle with nice looking California style custom.

There are many New Beetle on street in Japan but only few are custom. May be the unique shape makes custom unnecessary. It’s different kind of owner from Air cooled VW. The USA customs are extremely few. May be Air cooled VW graduate doesn’t drive New Beetle. It’s fun base car for custom and there are many after parts available. The key is the wheel choice. By the way this wheel is MOONEYES Original Wheels called LS HOOP.

USA車でドライブ

前回ブログで2回に分けてご紹介した仙台トラックマスターズへは、この1987年型 シボレー エル カミーノで行きました。
1987年と言うと、僕の中ではまだ新車に近い年式ですが、もう18年前の車です。そうエル カミーノの最終型です。永らくMOONEYES USAで通勤用に使っていましたがオリジナルの305エンジンが調子悪くなり、キャブレター仕様の350 ZZ3エンジンに換装したら今度はCaliforniaのSmog検査をパスできなくなり、Californiaで乗る事が不可能になったので日本に持って来たのです。
二年に一度のCaliforniaのSmog検査は厳しいですね。日本の車検とかの話ではありません。
’78-’87年のエル カミーノはCaliforniaでも使い勝手のいい大きさでしたが、日本でもGood サイズです。3人乗りですから少子化の今の時代にぴったりですし、装備は普通乗車並みですからまったく不便を感じる事がありません。長距離ドライブも苦にならないUSA車です。ドイツの車も良いと思いますが、エル カミーノもいいですよ。
>> El Camino Real.com
“Drive on American Car”
The last 2 issue was about Truck masters event at Sendai and this issue is about 1987 Chevrolet El Camino which I drove to there. 1987 is new car for me but already 18 years old. It’s the last model. It was a daily driver in MOONEYES USA but when the original 305 was replaced by 350 ZZ3 with carb, it didn’t pass the California smog test. Since it cannot be driven in California we moved it to Japan.

California smog test is strict than inspections in Japan. ’78-’87 El Caminos are easy to use size and is in Japan too. El Camino fit 3 people which suits only child generation and options features are good as ordinary cars so very convenient. No stress while taking a long drive. German cars may be good but El Caminos are good too.

なんとなくいい感じのクラウン

今回も仙台 トラック マスターズ での写真です。
ショー会場には沢山、綺麗な車やカッコイイ車がいますが、駐車場でも結構いい車を発見できます。
そんな会場 駐車場で見つけたのが、比較的 高年式のクラウンです。Enkei 5 スポークが似合ってますね。大径ホイルを見慣れ過ぎているので、14インチ位のホイルに高さのあるタイヤが逆に新鮮に見えます。タイヤ、ホイル、ミラーの交換、車高を少し下げて、これだけで車はカッコ良くなるので、皆さんもとりあえず日ごろ乗っている車の車高だけでも下げてみませんか?感じ変わりますよ!

“TOYOTA Crown that looks cool some how.”
This issue is also picture from Truck Masters in Sendai.
There are many beautiful cars and cool cars in Show cars entry space but usually there are some cool cars in parking lot too.
Here we found fairy late model crown. Enkei 5 Spokes looks good on it. Seeing too many huge rims makes fresh to see 14inch wheels with tall tires. Just by Tires, wheels, mirrors and lowering makes cars looks cool, so please try lowering your everyday car, surely will change its appeals.

Truck Masters Car Show

8月7日 日曜日、仙台でトラック マスターズと言うトラックだけのイベントがあったので参加してきました。
トラックと言っても大きなトラックではなく、ミニトラックを主にシボレー、ダッジ等のフルサイズピックアップも参加する USA 的イベントです。
その会場で MOON Disc をスマートに履いたサニートラックを発見しました。シルバーペイントにメッキのモールがスマート。MOON Disc は艶々、しかも通常3本のネジで留めるところネジを6本使い Bonneville 仕様、車高の具合いといい久しぶりに MOON Disc が最高に似合っている一台に出会いました。

Sunday August 8th, Went to Truck only event called “Truck Masters” in Sendai Japan.
Truck means not huge truck but mini trucks and some full size like Chevrolet, Dodge. It was just like event held in USA.

In that event, there was a Nissan Sunny Truck that smartly had a set of Moon Disc on. Truck had Chrome Molding on Silver paint which was smart looking, had clean MOON Disc on using 6 screw instead of 3, just like in Bonneville And it was lowered enough to make that great look. I have come cross with truck that matched great with MOON Disc which I had not for a while.

Hula

この写真がどう言う状況か分かりますか?
綺麗なハワイアンレディーが手を差し伸べてますね。誘われているのは間違いありません。
6月、Artist, Pinstriper, Fiberglassのオーソリティー、日本でも人気の高いJimmy Cの誕生会が彼の自宅で開催されました。そんなサプライズパーティーにNash(Burnout誌発行人)が一緒に行こうと誘ってくれました。TikiやらHulaやら来場者は皆レイを掛け、ハワイアンスタイル満点、プールサイドではフラダンスを踊るダンサーも登場し、パーティーのボルテージは一気に上昇、そうなると勿論、パーティー参加者を交えてのフラダンス、お決まりのコースです。
ダンサーが主役のJimmy Cを誘いに来たのでその瞬間を撮ろうと思ってシャッターを切ったつもりが、じつは彼女の手は僕にも向いて来たのです。つまり自分がフラダンスに連れて行かれる瞬間を撮影してしまったと言う事です。

その後はプールの廻りでJimmy Cとフラダンスを踊りました。
と言う写真でした。

Can you see what is happening here?
This beautiful Hawaiian lady is giving hand to me. NO doubt she is asking.

In June, The Authority of Artiest, Pinstriper and fiberglass very famous in Japan too, Jimmy C’s Birthday Party was held at his house. Nash (publisher of Burnout Magazine) has invited me to go to that surprise party. With Tiki, Hula and Ray on every one there, it was 100% Hawaiian Style, even Hula dancer danced by the pool side and party voltage was reaching the maximum point. Than it was so natural to see the happy gathered people dancing Hula Dance.

I was taking picture when Hula dancer came to take Jimmy C for a dance and with other hand she was taking me too. Yes, I was taking picture of myself being invited for Hula Dance.

I was dancing Hula Dance with Jimmy C after that.
That’s the story of this picture.

MOON シューズ


Dean MOON and his 34
MOON 生地で作られたデッキ シューズです。
MOON Equipped Logo は1960年代後半まで、1970年代に入ると黄色の MOON ロゴがポピュラーになってきたので、それから推測すると1960年代後半の製品でしょうか?かわいいシューズですね。
当時の MOON 商品は大変 Made in Japan が多く、このシューズももしかすると Made in Japan 物だったのかもしれません。当時の日本は Labor も安く、また$1が360円の時代、USAに取っては何でも安かったのでしょう。
Made in Japan の MOON 商品を集めるのは USA で静かなブームになっていますが、Tシャツやシューズのようにソフト物が多いのであまり残っていないようです。昨年、九州のイベントで Made in Japan の MOON カンバッチを売っているの見つけ分けもらいました。
ついでですがこの MOON Logo 入りテンガロンハットは(カウボーイハットを当時はこう呼んでいました)、日本では MOON ロゴ と言うとプラモデルのステッカーかこのテンガロンハットかと言うくらい1960年代後半はポピュラーでした。僕も兄貴達が軽自動車に乗り、この帽子を被っていたのを覚えています。当時は似合う似合わないに関わらず、テンガロンハットは凄い人気だったのです。流行ってそんなもんですね。
話はそれましたが1986年 MOONEYES を始めた際の最初の商品の一つは MOON Equipped ロゴとイエロー MOON の生地です。なぜなら自分で MOON ロゴ のシャツやシューズがほしかったのですね。その生地を使い USA の VANS 社に特別注文し製作したのがこの MOONEYES/VANS シューズです。当時は生地を VANS Shop に持って行けば大変少量からでも製作してくれたのでこの様なシューズが生まれました。勿論そんな少量ですから海外で作るわけでは無く Made in USA の VANS シューズです。
Mens, Ladies, Kids用まであったのですが、手元には数足が残るのみ。レアレストレアなMOONEYES/VANSシューズです。


また作りたいのですが、今は数が多くてとても作れません。

This is a deck shoes made of MOON Fabric.
MOON Equipped Logo was used until late 60s, in 70s Yellow MOON Logo start to get popular, so from that fact it may be late 60s item, isn’t that pretty shoes? There were many MOON items that were made in Japan at that time. May be this shoes too are made in Japan items. Japan than was still cheap labor to USA with 1$ being traded at 360 yen.

Collecting MOON items that were made in Japan has become a little boom in USA. Items like T’shirts and Shoes with soft material were made in Japan and they are not many left there. Found some MOON can badge that were made in Japan in the event held at Kyushu in Japan last year and was able to get some.

On addition to that, this cowboy hat with MOON Logo was so popular in the late 60s as either MOON Logo sticker on the plastic models or on this cowboy hat in Japan. I remember my brother and friends used to wear this hat and drive the small car (360cc). It wasn’t matter of look good or not, it was such a huge boom. Trend is just like that.

Back to the story, in 1986 when we started MOONEYES, first product made was these MOON Equipped Logo and Yellow MOON fabrics. That was because I wanted to have shirts and shoes made by that material only for myself. We ordered VANS Shoes in USA to make special shoes with MOONEYES material and this was that MOONEYES/VANS Shoes. VANS used to make from small quantity if we take material to them, so with that quantity they made it right there Made in USA. Used to have mens, ladies, kids and baby for my daughter but only few are left. Rarest rare MOONEYES/VANS Shoes.

Would like to make them again but not possible as quantity required are too big now a days.

ODC (Old Domestic Cars) その7

またトヨタクラウンの話で恐縮ですが、今回は左ハンドル(LHD)のクラウン ピックアップです。
LHDバン・ワゴンはUSA等にも輸出されていたので日本にも逆輸入された車を見る機会もあるので今ではそれ程感動的でありませんが、LHD ピックアップ、それも56系となると話は違います。

USAへのピックアップの輸出は1960年のトヨペット クラウンが最後、その後はセダンとワゴンのみ、Pick Up大国のUSAへ当時の日本製Pick Upを輸出するのは大変だったでしょう。
今迄この年式のLHD Pick Upの存在すら分かりませんでしたが、広い世界にあったのです。初めて見た時は驚きました。日本の車メーカーが昔から世界中に車を輸出していたのを今更ながら認識させられます。
今はTVで映し出される外国の画像に必ず日本車が出てきますが当時から輸出しまくっていたのですね。
今このLHD ピックアップは板金が終わり、内装に取りかかる所まで来ました。早ければ11月のCrown Picnicに参加できる予定です。


今迄その存在すら知らなかった車を見るのは感動ですね。

Excuse me but this issue is about Toyota Crown again. This time its Left Hand Drive (LHD) Crown Pick Up.

LHD Vans and Wagons were exported to USA, etc and seeing them is not so precious as some return to Japan, but LHD Pick Up especially for the 56 series it’s a different story.
The last Pick Up export to USA was 1960 Toyopet Crown and after that export was limited to sedans and wagon only for USA market.
It must have been difficult to export Pick Up to The Pick Up country back then.

Until I have seen this car, never really knew if LHD Pick Up existed but in this broad world it existed. I was surprised to see it first time. I feel that I recognize more about the Japanese car manufactures were exporting Japanese car to all over the countries. Now days any abroad TV scene has Japanese cars in it so they must have been exporting a lot from back than.

Now this LHD Pick Up has finished exterior paint work and started on interior work. May be able to join the Crown Picnic in November if everything goes well.

It is impressive to see the car that didn’t know it existed.