YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

クラッシュ!

2005年も残り僅かとなった先日、2006年にPRAとのジョイントで開催されるクォーターマイル タイムトライアルのミーティングを行いました。
今年はPRAとのジョイントで壁に激突しドライバーが病院に一泊するような事故が2回ありました(1回は私で、もう1回は友人ですが)。 
スピードが上がって来たのもさる事ながら、ドライバーの運転技術の問題もあると思いますが、どちらの事故もクルマは全損という大事故で、幸いにもドライバーはセーフティーをしっかりしていた為、大きな怪我も無く済みました。セーフティーとはシートベルト、ヘルメット、グローブは勿論
クラッシュからドライバーを守るロールバーの装備とか色々です。
この写真は昔OCIR(オレンジ カウンティ レースウェイ)で撮影したものです。
夕陽をバックにメッキ スチール ホイルに細めのドラッグスリック、クレーガーをフロントに履いた良い雰囲気な57ChevyがピットでブラックTシャツのクルーの手でレース前の準備をしています。
この時点ではまだ誰も何がこの後起きるか分ってません(私もそうでした)。
そして写真2、3&4の様に突然その時はやってくるのです。
ガードレールにクラッシュ、横転、クルマは大破、でもドライバーは無事でした。やはりセーフティーがしっかりしていたからです。ブラックTシャツ君は頭を抱えていますけど。巻き戻しようにも巻き戻せない現実に直面しても、体が無事ならまた何時かクルマは作れます。

2006年、また仙台を走ろうと思っている皆さん、クルマの速さに関係なくしっかりしたセーフティーを心がけましょう。備えあれば憂いなしです。
速くなればなるほど意外と真っ直ぐには走らないようです。

“Crash!”
Meeting for 2006 PRA joint host “Quarter Mile Time Trial” was held on the other day with few days left on 2005.
This year in PRA joint host Quarter Mile Time Trial, there were 2 crashes which crashed into wall and driver stayed over night in hosiptal(it was me and my friend). With faster top speed and some doubt in drivers ability, in the two crashes both cars were total damage but drivers were lucky and with proper safety they had no major injury. Proper safety means seatbelt, helmet, grove for sure and Roll bars which will save drivers from crash and more.

This picture was taken years ago in OCIR(Orange County International Raceway).
57 Chevy With sun in back and chrome steel wheel with narrow Drag Slick, Crager S/S on front was in pit and “Black T-shirts” crew was getting ready for the race.
At this moment nobody knew what will happen later(So do I).

Than as picture 2,3&4 suddenly it happens.
Crash in to Guard Rail, rolled on side and the car was in total damage but driver was safe. That’s also because of the proper safety. The Black T-shirts Guy seems to have headaches though. Even hit by realty that cannot be rewinded if body is safe and fine cars can be built sometime.

For people who will run on SENDAI Drag Raceway in 2006 in Japan, please make sure you have proper safety regardless of the speed of your car. Its always better to be ready for more than you can imagine.
It seems that Faster the car goes less straight the car drives.

クリスマス イブ

今日はクリスマス イブ、クリスマスといえば南カリフォルニアでは恒例となったイベント、MOONEYES Xmas Partyが12月10日に開催されました。

12月だというのにSothern Californiaは暖かく、カスタム カーやバイクの愛好家には最適な条件、これだけクルマ・バイクに好条件の場所は地球上でもそんなにはないでしょう。今年もStar Academyと言うシェリフ学校の駐車場を借りて開催されました。
駐車場は早い時間で一杯、入りきれなかったクルマの為、近隣のマーケットの駐車場等はカー ショー状態となり、買い物のお客様が駐車出来ないなんて事もあったようです。

遅く来た為会場内に入れなかった1台にあの有名なロドリゲスもありました。日本で作られたクルマがUSAで認められ、新しいオーナーの手に渡ったという事は2005年の素晴らしい出来事の一つだったと思います。
そのロドリゲスはニュー オーナーによって会場近くのParkingに展示されていました。
何時もHot Rodが多く紹介されるので今回は綺麗なセダン系とバイクを紹介します。
Chopされた50年くらいのFordは最高にカッコイイですね。
“Rat Fink Chopper”というHDのRat Fink チョッパーはどうでしょうか。バイクはHDが主流であることに違いありませんが、Hot Rod系のイベントでは確実にTriumphが増えています。
さて、このMOONEYES Xmas Partyが終わると南カリフォルニアにもいよいよHoliday Seasonの到来です。それでは皆様、Merry Xmas!
“Xmas Eve”
Today is Xmas Eve, Xmas reminds me about event becoming to be famous in Southern California, USA MOONEYES Xmas Party which was held on December 10th, 2005. Even though its December Southern California is warm and it must be the best place for people who love Custom car and bike with probably best environment on earth for cars and bikes. This year MOONEYES Xmas Party was held at Parking lot of sheriff school the “Star Academy” again.

Parking lot was full in early hours and cars that couldn’t enter were filling up near by Super Market and other parking lot. which made surrounding parking lot look like Car Shows event and heard some people who came for shopping couldn’t park their cars for a while.

The famous Japanese build “RodRiguess” was one of the car that came late and parked at surrounding parking lot.

Every time Hot Rod is introduce for this event so I will focus on beautiful sedans and bikes.
Chopped 50 Ford looks really Cool.

How about Harley Davidson “Rat Fink Chopper”? Bikes are mainly Harley Davidson but in Hot Rod events surely Triumphs are increasing.

After this MOONEYES Xmas Party, Southern California will be in real Holiday season.
Well Wish Merry Xmas.

トヨタ スタウト – TOYOTA Staut

日本でもその大きさとUSA的雰囲気からカスタムの題材に多々取り上げられるトヨタ スタウトですが、USAに輸出していたスタウトはどうも日本のと比べると小さいようです。
Baby Staut(?)とか呼んでいるようですが、フロント足回りがウィッシュ ボーンなので日本のフロント リーフ スプリングと比べると車高下げもはるかに楽な気がします。
ホイルも5穴ですから色んなホイルが履けそうです。日本に持って来てカスタムするには好材料だと思います。
でも良く見ると三角窓(スタウトは四角ですが)がUSAのはないのです。三角窓があった方がバランスはいいですね。
小さく見えるこのスタウトですが、フロント ガラスのサイズは日本のに合ったようですから幅は変わらないのでしょうか?日本でもこのサイズのスタウトがあったのかどうか知りませんが、大きさも丁度良い感じです。

このレッドのは交差点の空き地でFor Saleのサインを付けて長い間駐車していました。USAではこの様に売りたいクルマにサインを付け、空き地に勝手に置いておくのが昔は多かったです。買おうか迷ったのですが買いませんでした。隣のトラックもFor Saleでした。

もう一台のスタウトはV-8が入って、リアはナロード デフになり、ファットなタイヤが入ったUSA車並にカスタムされています。
昔の日本車はUSA車に比べて非力ですからV-8を積みたくなりますよね。日本車旧車はスタイル的に楽しいですが唯一非力な所が現代にマッチしてませんからアメリカ製V-8を積みましょう。

カリフォルニアで見たスタウト2台でした。

“TOYOTA Staut”
Staut has been chosen as good base for custom car in Japan as its big size and USA like appeals but Staut that was exported to USA seems smaller than the ones in Japan.
Export models are called Baby Staut and have wish bone in front end which is easier to lower the Car compare to leaf springs on Japanese models. Wheels are easier to choose as export models have 5 lugs. Think its good base for bringing back to Japan to Customize. But it has no vent windows which looks better with to balance off.

Export models looks smaller but Japanese size windows shield fit on US models so width of Cars are the same. May be this size existed in Japan, it looks good size for Japan.

This red ones had For Sale sign and was parked long time at some free land in corner at a cross road. Back in days, this kind of for sale on free land scene was often seen in USA. I decided not to buy it after lot of thinking. The truck on the next side was also for sale.

Gray one was custom like USA cars with V8 and narrow rear end with fat tires. The Old Japanese Cars are not so powerful compare to USA cars so makes sense to put V8 on. They are cool in style but weak power doesn’t match with current dates, lets update with V8 on.
2 Staut seen in California long time ago.

エンケイ バハ ホイル

Crown ClassicsのProject Car、1969 Toyota Crown RS56 ピックアップ LHDホット ロッド・カスタム ショーで展示されていたのを気付かれた方も沢山いると思います。
8月2日のブログで紹介したピックアップです。その時は11月のクラウン ピクニックには完成予定とか書いてありましたが、12月のショーでも実はまだ半完成でした。 
あれもこれも色々やって行くうちに、あるべき物が無くなっていたり、頼んだ物が出来て来なかったり、誰かが物を倒して板金修理が必要になったり、内装屋に預けたままなかなか戻ってこなかったりで、一台クルマを仕上げるの大変ですね。

それでも一応は形にはなってきているのでこれから細かい所を仕上げて、何とか2006年4月30日の20回目を迎えるMOONEYES Street Car Nationalsには自走で参加を目指しています。4ヶ月あれば完成するでしょう。

それでも無理して今回ショーに展示したのはエンケイ バハ ホイルを是非見てほしかったからです。
30年近く前、一斉を風靡したエンケイ バハ ホイルが5スポーク ホイルに次いで復刻されたのです。エンケイ バハ ホイルに多くの思い出がある人が沢山いるのではないでしょうか?まさに青春のホイル、バハです。
14×6 5H114.3 +10のみの販売となりますが、これでますます5穴 114.3対象のクルマにホイルの選択幅が広がりました。
発売は3月頃を予定していますので楽しみにしていてください。
そしてもう一品、絶品のミラー GT053ミラーが間もなく発売になります。[2006年2月 販売開始しました]

写真ではドアミラーですが、フェンダー ミラーとしても取り付け可能なミラーなのです。優れ物でしょ。

僕ら世代はどちらかと言うフェンダー ミラー否定派ですが若い世代はフェンダー ミラー派結構いますよね。

しかしなかなかUSA的なシェイプのフェンダー ミラーはありませんね。USAはドア ミラーなんですからUSA的フェンダー ミラーが一般的にある訳ありませんね。そこでGT053ミラーの登場となったのです。クォリティーは既に実証済みのMOONEYES オリジナル ミラーはもうすぐ発売開始です。

2006年はエンケイ バハ、GT053ミラー、国産カスタムは夢あって楽しいですね。

“Enkei Baja Wheel”
There may be many people who noticed the Crown Classic’s 1969 Toyota Crown RS56 pick-up LHD project car displayed at the 14th Anuual YOKOHAMA Hot Rod Custom Show 2005.

This is the pick-up introduced in the blog on August 2nd.
In the November Crown Picnic, at the time it said expected to be finished and so on, but it was actually half way finished at the show on December.

While doing this and that, things that should’ve been there were missing and out of place, the things ordered didn’t come as expected, somebody knocked down something and needed to repair the sheet metal, the interior constructors didn’t return the things lended to them, it’s not quite that easy to finish a car. All things said, the car is coming into shape. With small parts left to do, we’re aiming for the car to take part in the 20th MOONEYES Street Car Nationals on April 30th, 2006. With four months on our hands, it should be completed by then.

The reason why we bent over backwards to display the Enkei Baja Wheel at the show was because we wanted everybody to see it.
The Enkei Baja Wheel that influenced many people nearly 30 years ago, were reproduced with the 5 spoke wheels. Isn’t there a lot of people who have memories of the Enkei Baja Wheels? Baja, the wheels from back in the day.
14×6 5H4.5 +10 is the only ones out but, with that, the selections of cars intended for the 5 hole 4.5″ are increasingly getting larger. Look forward to the wheels they’re expected to be out in March.

And, One more product, the excellent GT053 mirrors, they’re soon to be on sale. In the photo it shows a door mirror but, it can also be used as fender mirror. That’s awesome.

In my generation if anything we denied fender mirrors but, it seems many people now prefer fender mirrors in the younger generations. However, I can’t seem to find a fender mirror shaped like the ones in USA. In the States the door mirrors are more often used so there shouldn’t really be an American fender mirror in general, right? This is where the GT053 mirrors come into place. The quality of the MOONEYES Original Mirrors are already proven, they’re soon to be on sale.

In 2006, Enkei Baja Wheels & GT053 Mirrors, It’s so fun customizing Japanese Domestic Old Cars because there’s so much potential in it.

ラット フィンク テール ランプ

ムーンアイズ スタッフのTank 大津君によるハンドメイド テール ランプ。大好評のホグ テール ランプに続く第2作目はラット フィンクの顔を形どった、ラット フィンク テール ランプです。

勿論ライセンス ランプ付きのバイク用、オールレッドのクルマ用と2種類が用意されています。
型は日本製、製品はメイド イン オーストラリアのインターナショナルなテール ランプです。

“Rat Fink Tail Lamp”
The handmade Tail Lamp made by Tank Ohtsu from the MOONEYES staff.
The popular Hog Tail Lamp is followed-up with the Tail Lamp in the shape of Rat Fink’s face, Rat Fink Tail Lamp. Don’t worry, we have one for your motorcycle with a license lamp and an all red one for your Hot Rod. The mold itself is Japan made, the product is made in Australia.
It’s available at MOONEYES store in USA and Japan.

トヨタ プロボックス

*ノーマル Probox
このクルマがあのトヨタ プロボックスに見えますか?
12月4日(日)パシフィコ横浜で開催された第14回 YOKOHAMA HOT ROD・Custom Show 2005で11台のカスタム プロボックスがMOONEYES Dealerの手で作られ、展示されました。営業車として街でよく見かけるプロボックスがこんなにカッコ良くなってしまうなんて、想像できたでしょうか。


MOONEYES制作のYellow プロボックス – SidewinderはPhase III(フェイズスリー)と呼ばれるFRP製 Front & Rear Bumperを装着しています。最大の特徴は大きなフロント グリルにTOYOTAの”T”をイメージしたTバー グリルです。
ホイルはこのProjectの為に新たに作られたSpeed Master Wheel、Made in Japanのハイクオリティー ホイルです。ノスタルジックな雰囲気でありながらFWDに装着可能なNew Old Style ホイル、ピカピカのフルポリッシュとマグホイル風 マググレーペンイントの2種類、サイズは15×6 OR 17×7があります。ピッチは4H/100から5H/114.3まで、オフセットは+38 & +44です。Phase III Probox Sidewinderには17インチ マググレーを履いていますが、フロントグリルのワイルドさとマググレーがよくマッチしていますね。


シルバーのプロボックスはPhase II(フェイズツー)仕様 Super Sleek Probox、Phase IIIよりかなりマイルドな仕上がりですが商業車のイメージを変えるには十分なカスタムです。
フロントグリルはバンバーと一体、リアバンパーにナンバープレートを移し、テールゲートはTail Gate File Panel(テール ゲートフィル パネル)でスムーズになっています。特製ブラもあります。
ホイルは15×6 フルポリッシュにホワイトレター Cooper Cobra ラジアルタイヤが良い感じです。このシルバーは純正色ですが、純正色がベースでもちょっとしたタッチで雰囲気が変わってしまいます。全塗装が全てではありませんね。

この2台を見ていかがですか?1300cc/1500ccと経済的なモーター、そして必要な装備は殆ど付いてますし、中古車の値段もこなれてきたプロボックス、何かしたいなって常日頃思っている方にパーフェクトの題材です。
そろそろ皆、何か楽しい事しましょ!

詳しい装着部品のご案内はMOONTERNETをご覧下さい。

“TOYOTA Probox”
Can you tell this car is TOYOTA Probox?
11 Custom Probox were made by MOONEYES Dealer and displayed at 14th Annual YOKOHAMA HOT ROD Custom Show 2005 on Sunday December 4th in Pacifico Yokohama, Japan.
Probox is the commercial vehicle that is seen in every town and could anyone imagine it could be this COOL.

The yellow Probox called “Sidewinder” is made by MOONEYES and has Phase III FRP Front & Rear Bumpers. The most unique feature is the T-Bar set in the big front grill which is designed to image “T” from “TOYOTA”. This wheel is called “Speed Master Wheel” which is a high quality wheel specially designed and made for this project in Japan. It’s New Old Style Wheel with nostalgic style and designed to fit FWD. Speed Master Wheel comes in 2 styles, Full Polish and Mag Wheel Style Mag Gray Paint. Sizes are 15X6 or 17X7. Pitch size from 4H/100 to 5H/114.3, Offset is +38 & +44.
Phase III Probox “Sidewinder” has 17inch Mag Gray which matches best to wild front grill.

Silver Probox is Phase II Style “Super Sleek Probox”, which is mild compare to Phase III but enough to change image of a car.
Front grill is made into one piece bumper, number plate is moved to fit in rear bumper and Tail Gate File Panel is used to smooth the tail gate. Nose Bra is specially made. Wheel is 15X6 Full Polish Speed Master Wheel with Cooper Cobra White Letter Radials. This paint is factory original silver but with combination of other parts it doesn’t look like original at all. Maybe all paint is not necessary.

So, What do you think? TOYOTA Probox economical 1,300cc or 1,500cc Motor with almost all feature and used car price has came down too. Probox is perfect base car for your Project. It’s about time for something new and fan to do. Please check out new parts at MOONTERNET!