YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

22年前のグアムで

また古い写真で恐縮ですが、22年前グアムであったカーショーの模様をお届けします。
写真を見て改めて驚いたのは、グアムには当時結構しっかりしたUSA車が多かったんだという事です。
このシェルビー GT350はバリバリですね。
オレゴンプレートですからグアムに居る兵隊さんが持ち込んだのかも知れません。大変いい状態です。
こちらはトンネルラムインテークのDrag Race使用のベガ
そしてグッドコンディションの56 シェビー
VWも居ますし、

Islandですから勿論ミニトラックは必需品ですね。
そして極めつけに何とLow Riderも参加してきました。これにはビックリしました。まさかグアムにLow Riderが走っているとは思いませんでした。
短い旅行期間中に偶然あったカーショーでしたが、色々な車があって楽しい時間でした。
でもIslandというと、この写真のように海風を感じる雰囲気が心温まりますね。

何とMOON Disc装着のZもありましたよ。

これから隔週で「Live from MOONEYES USA, California」、MOONEYES USAでは何が起きているか、また、CaliforniaのFreshな情報をMOONEYES USAのMakoto君が皆さんにお知らせします。今回のMMMから開始です。
楽しみにしてください。

“In Guam 22 years ago”
Once again, it’s an old pictures from 22 years ago, This issue is about car show held in Guam back then. Looking at these pictures again now I have realized how solid American cars were around in Guam then.

This Shelby GT350 is great. Oregon plate means someone from Oregon brought it along to Guam base. That I’m guessing, its in real good condition.

This Vega had drag race(Pro Street) set up with Tunnel Ram intakemaniforld look cool.
The 56 Chevy was in good condition, VWs were there too and life in an Islands need Mini Trucks.

Then Low Riders were there too. This was a real surprise as I never imagined Low Riders were cruising in Guam in 1984.

Even though it was a short trip, I had good time at car show I found in coincident. But real Island scene is like this picture where you can feel the winds from the sea and heart warming.

There was Datsun Z with MOON Discs too.

There will be a “Live from MOONEYES USA, California” in every two weeks with News on what is happening in MOONEYES USA and fresh news of California from Makoto of MOONEYES USA. Starting from this issues’ MMM. Please look forward to it.

ムーン カフェ スタッフのカリフォルニア 食い倒れツアー

移転後10年を迎えるMOON Cafe。先週3日間臨時休業し、シートの張替えやフロア、キッチン内の大掃除を行いました。
また、その期間を利用しMOON Cafe スタッフとCalifornia Food ツアーを敢行したのです。日数は限られていますので、フードツアー何て生易しい呼び方では無く「食い倒れツアー」、廻るべき店の数は決まっていますから、逆に一日に何食食べれるかという感じでした。

スタッフが到着した月曜日、LAXからMOONEYES USAに直行し、まず隣のHungry Boyでブレックファストです。
多分MOONEYES USAを訪れた事のある人はここで何かしら食べた人も多いと思います。典型的なアメリカンフードですが、大体何を注文してもおいしいです。20年以上前、近くには油田がまだ多く残っていたのでそこで働く人たちで朝昼とごったがえしていました。今回は将来メニューに載せたいチョリソ&エッグ、MOON Cafeでも提供中のパティ メルトを試食しました。ここのチョリソ&エッグは絶品です。

ランチは軽くメキシカン テイストのチキンをファストフード店で試食し、夜はNewport Beach Fashion Island内の「Cheesecake Factory」というしっかりしたレストランでサービスの勉強を兼ねてディナーを取りました。ここは何を食べても美味しいのと量がメチャクチャ多い。そして場所柄リッチな人達も多いので、サービスがしっかりしています。ちょうど席の順番を待っていたらDrag Race, Budweiser King Teamのオーナー、Kenny Bernstainが歩いていました。

さて二日目は強行軍でした。LAXでほかのスタッフをピックアップし、そのままマリナデルレイ近郊のレストランで朝食を、と思ったら11時からのオープンとの事。仕方無いので次の予定の「Pann’s」へ直行、今やLAに残った数少ない50年代はやりのCoffee Shopと呼ばれるレストランです。食事の内容は一般的なアメリカンフードですが、平日の朝にも関わらず満席に近いくらい盛況な店でした。ちょっと前までLAでも結構見かけたこの手のレストランも今では数少なくなり、この「Pann’s」は貴重な文化的価値のあるレストランだと思います。ミートローフが美味しいですね。僕はミートローフがあるレストランにあこがれています。
次はサンセットにあるあの有名な「メルズ ドライブイン」、場所柄パーキングはバーレーとなっている事から、きっとハリウッドの人達とか訪れる事も多いのでしょう。
メルズの前にピーターセン ミュージアムにも寄りました。ちょうどYOKOHAMA Hot Rod・Custom Showから戻ったCadzzillaが展示されていました。今は「Musicians cars with Guitars」というタイトルでミュージシャンのギターと所有車を展示しています。
それからUCLAのあるWestwoodではメキシカンを試食し、いきなりSouth Bay エリアへ移動し、今度は「King’s Hawaiian Bread」で有名なハワイアンフードのレストラン「King’s」で思いっきりオーダーを入れましたが、さすがに4軒目では胃も調子を崩ししつつあり、それぞれをTake Outのボックスに入れて持ち帰るはめになってしまいました。僕はさすがにDinnerはパスしましたが彼らはその後、Irvineにある「Island」というハンバーガーレストランに行き、しっかり食事をしたそうですから若さでしょうか。
最終日はペースを落とし、ランチに会社周辺のメキシカンに行きました。ここはお勧めのメキシカンで、何を食べても美味しいのでランチは長蛇の列です。ブリート、タコス、タコサラダ、ファヒータ等、5人で一通り注文しましたが、結局全て食べ切ってしまいました。この日彼らはSo Cal, NHRAミュージアムに行き、その後は食材屋やレストラン関係機器を売っている店(東京の河童橋みたい)を廻り、DinnerはMOONEYES USA スタッフとステーキハウスで食事をし、最終日を無事終えました。
が帰国の朝、まだ終わっていません。隣のハングリーボーイでもう一度ブレック ファストを取り帰路についたのです。
いつかMOON Cafeでブレックファストを始めたいと思ってます。天気の良い週末の早朝、散歩がてらに立ち寄れるCoffee Shopが近所にあってもいいですよね。そんな余裕のあるブレックファストが取れるともっと心も豊かになると思います。

さて、これからこのツアーで試食したメニュー数点、MOON Cafeのニューメニューで提供開始される予定です。是非楽しみにしていてください。

“MOON Cafe Staff on California Food Tour”
It has already been 10 years since MOON Cafe has moved to its current place and using 3 days of temporary holiday on last week, all seat were reupholstered and floors and kitchen were specially cleaned up. Also using this period I went on California Food Tour with MOON Cafe Staff. With limited days of Tour and long wish list of tasting, the question was how much one can eat in a day and it was not easy as “Food Tour” but more like “Extravagance in Food Tour”.

Staff arrived at L.A.X. on Monday, went straight to MOONEYES USA and took Breakfast at “Hungry Boy” next door. I think many people who have visited MOONEYES USA probably had something to eat at this store. They serve popular American food and what ever you order foods are usually good there. Back in 20 years ago when surrounding was full of an Oil field, The Hungry boy used to be filled with workers from breakfast and lunch. On this tour we tried “Choliso and Egg” which we wish to add to our menu on future and “Patty Melt” which is currently served at MOON Cafe. The Hungry boys’ “Choliso and Egg” taste really nice and is rarity.

Tour tried Chicken at Mexican Fast Food for light lunch and for dinner and studying services went to restaurant called “The Cheese Cake Factory” in Fashion Island, Newport Beach. The food at “The Cheese Cake Factory” is all nice and comes in big sizes and with its location full of Rich customers, so its also famous for good service. While we were waiting for our table, The owner of Drag Race “Budweiser King Team” Mr.Kenny Bernstain was walking in.

The Second day was a Hard schedule day. After picking up another Staff at LAX, our plan was to take breakfast at restaurant in Marina Del Ray but since it was open from 11am, we went on to Next plan at “Pann’s“which was one of few surviving Coffee Shop from 50s’ in LA. Even though the food at “Pann’s” are typical American foods, it was prosperous with seats almost full from early weekdays morning. The “Pann’s” is valuable from aspect of culture as loss of these popular style Restaurant style left “Pann’s” as remain few in LA area. The Panns’ Meat Loaf taste good. I admire the restaurant with nice Meat Loaf.

Next was famous “Mels’ Drive in” on Sunset Blvd near Hollywood, imagine the people from Hollywood comes here too as they have Vallet parking service. We have visited “Petersens Museum” before Mels’. Cadzzilla which has returned from “The YOKOHAMA Hot Rod Custom Shown 2005” was displayed. Now Petersen museum had Show cased under title of “Musicians cars with Guitars”.

Than we tried Mexican food at Westwood where UCLA is and went down in South Bay Area to Hawaiian food restaurant called “King’s” which is famous for “Hawaiian Bread”. We ordered plenty of foods but as it was the forth meal our stomach was going bazaar and took most of food back in the Take Out Box. I skipped the dinner on that night but it must be the Young age, the Staff continued on tour and had dinner at Hamburger restaurant called “Island” at Irvine.

Last day we took it easy and went to Lunch at Mexican food near by our office. This Mexican restaurant is really recommendable and full of people with long line for buying a lunch. Burito, Tacos, Taco Salada and Fajitas were ordered for five of us and amazingly all dishes were cleared. On same day Tour went to So Cal Speed shop, NHRA Museum, looked around in Food supply and restaurant facility supply stores(It’s like stores in Kappa-bashi in Tokyo, Japan) and had dinner with MOONEYES USA Staff at Steak House to conclude the last day.

But on the morning of going home, The Tour was not over without breakfast at The Hungry Boy again. I wish to serve Breakfast at MOON Cafe Someday. It’s always nice to have a Cafe in neighborhood, so you can drop by taking an early morning walk on the sunny weekend. Nice relaxing breakfast makes our heart more warm and rich. So, in short while MOON Cafe will be serving New Menus based on Menus tasted on this FOOD Tour. Please look forward to the New Menus.

お勧めの映画 “The World’s Fastest Indian”

The World’s Fastest Indian – 世界一速いインディアン(モーターサイクル)という映画を観ました。
【公式サイト http://www.worldsfastestindian.com 】

世界最高速に挑戦となると今も昔もボンネビルです。
50代以上の人ならSprit of Americaの活躍は日本でも大変有名だった事を覚えてると思います。そのSprit Of Americaが最高速を記録したのがボンネビルです。正確にはBonneville Salt Flatsと呼ばれています。

1990年代には日本からも沢山のレーサーが挑戦しました。日本の場合、当時は「ボンネビルブーム」という感じで、それ以降の挑戦者は殆どいないのが寂しいです。

この話は今から40年以上も前の1960年代、ニュージーランドの片田舎からインディアンを船に積み、自分もその船でコックの仕事をしながら旅費を稼いでアメリカ ユタ州ボンネビルへ挑戦し、インディアン モーターサイクルで206mphを記録したBurt Munroという、ある老レーサーの話です。彼はこの時61歳だったそうです。何をやるのも遅すぎる事はないと勇気づけられました。

1960年代という大らかな時代もあると思いますが、古いレースカーやその時代のスタッフの服装、ステッカー、Tシャツ、それに60年代は一番Dean MOON’s MOON Equipmentが輝いていた時代でもあり、MOON Tシャツやステッカーは何回も映し出され、当時を上手に再現していました。多くのレーサーが最高速を競いあったボンネビルで唯一50年以上変わらないのは、真っ白な塩湖、そして廻りの山々です。車や人、ステッカー等が変わってもその風景は僕の知っているボンネビルも昔もまったく変わりません。

映画を観て今年の夏は是非Bonnevilleに行きたくなり、モーテルの予約を取ろうと思いましたがもう満室らしいです。この時期だけ部屋代もガーンと高くなります。Burt役はあの有名な俳優、アンソニー・ホプキンス(Anthony Hopkins)、秋ごろには日本でも封切られる(?)ような話です。もしそうなったら絶対に観に行ってください。素晴らしい感動的な映画です。

“Recommending movie “The World’s Fastest Indian”
I saw movie called “The World’s Fastest Indian(Motorcycle)” in California.
It’s always Bonneville when it comes world fastest record in past and even now. For people over 50, Craig Breadlove’s “Sprit Of America” 3 wheel Jet car is well remembered for its success.

It’s Bonneville where the Spirit of America made record 526.27 mph in 1964. Many Japanese racers went to challenge at Bonneville in 90’s. It was just short boom for Japanese, sadly no one really continued to try after that.

This story goes back more than 40 years, in 60’s, old racer called Burt Munro has traveled from suburb of New Zealand with his Indian motorcycle on ship while working as a cook to pay the fee, reached Bonneville, Utah USA and made record of 206 mph on 1920 Indian motorcycle. He was 61 years old then, He proved that it’s never to late for challenge.

Movie reproduced the 60’s Bonneville well with old race cars, clothing, decals and other stuff. It was glory 60’s when Dean MOON’s MOON Equipment was really making good time. While many racers has been racing in Bonneville for over 60 years, only white salt and mountain surrounding have not changed. The view of Bonneville is same as I know and in the movie even though the cars, people and decals are different.

I wanted to go to Bonneville after I saw this movie and asked for room in Motel at small town Wendovor, unfortunately it was already full for Bonneville Speed Week. Room charge get higher while this event too. World famous actor “Anthony Hopkins” played as Burt, In fall, the movie may be able to see in Japan too. If so, please try. It’s very emotional and good movie.

ポモナ カリフォルニアの土曜日

11日土曜日はCalifornia Pomonaで開催されたNHRA Winternationalsに行ってきました。
ちょっとその前に、ゼロ スタイルと呼ばれ、ハーレーで全世界的に一つのスタイルを作り上げた”ゼロ エンジニアリング”の木村氏が、日本のZeroを退職し1月末にCaliforniaでShopを立ち上る為に渡米した、と聞いていたので住所を確認したところ、Pomonaへ行く途中でもあるFoothill, Azusaというところなのでお邪魔してきました。
Shop名は”Chabott Engineering(チャボ エンジニアリング)“、隣はHot Rod Shopが入っている、なかなか楽しい環境のShopでした。これから彼のUSAでの活躍が楽しみですね。きっとCalifornia、またUSA全体のMotorcycle Marketに、そしてHot Rod Marketにも大きな影響を与える事、間違いないShopがOpenしました。MotorcycleのMarketでHuntington BeachのChica氏をはじめ、日本人がCaliforniaで活躍しているのは何とも素晴らしい事です。
2006年、MOONEYESはちょっとだけNHRA Pro Class Nitro(Top Fuel) Funny Car Jim Dunn Racingをサポートする事になり、4年振りにWinternationalsに行ってきました。究極のHot RodはFunny Carですから、Hot Rod ShopのMOONのロゴはRacewayで、そしてRace Carに貼ってあるのが一番似合います。
年間全米を20戦近くまわり、11月にこのPomonaで開催されるWorld Finalでレースシーズンは終了します。ワンレース15万人位の来場者があるUSAではIndy、NASCARなどに続く人気レースのDrag Raceですが、日本ではもう一つ認知度が低いようです。Race FunにはMOON好きも多く、普段クルーズやCar Show等で会うHot Rodderの知り合い達を多くレース場で見かけ、「Hot Rodは好きだけどDrag Raceはちょっと」という日本のHot Rodderとは違うようです。Drag Raceを取り巻く環境の違いと言ってしまえばそれきりですけど。
2006シーズン、Lucas Oil/Jim Dunn Racing Funny Carの活躍に期待しましょう。PomonaにはあのVon Dutch ClothingもFunny Carをスポンサーし、ドライバー Frank Pedregonで参加していました。
“POMONA, California”
I went to the NHRA Winternationals at POMONA, California on Saturday 11th.

Before that I visited the shop of Mr.KIMURA who is known world wide for “ZERO ENGINEERING” where he build “ZERO style” of Harley Davidson has resigned from ZERO Engineering in Japan to open shop in Foothill, Azusa in California in end of January, So I dropped by.
The shop is called “Chabott Engineering“, next door was Hot Rod shop and shop was great fun place. I look forward to his future work in USA. I think the opening of this shop will make good effect to all USA Motorcycle market and Hot Rod Market. In Motorcycle Market like Mr. CHICA of Huntington Beach, its great hear that Japanese is in Motorcycle business in California.

In 2006 MOONEYES has decided to make little support to Pro Class Nitro(TOP FUEL) Funny Car Jim Dunn Racing. Back in Winternationals from four years of blank. The extreme of Hot Rod is Funny car so MOON LOGO goes on well on Raceway and on Race cars. Drag Race may be less popular in Japan but in US 20 races around USA and finals on November at POMONA World Final, and is popular with about 150,000 people see each race at raceway which is big event next to Indy, NASCAR. There are many MOON funs in Race funs and see many people cruise and Show goes in Raceway too which is unlike in Japan where people say ” will go to show but not raceway”.
May be its because of the different circumstances for Drag racing.

In 2006 season, Please support Lucas Oil/Jim Dun Racing Funny car. The Von Dutch clothing was supporting Funny car in Pomona with Frank Pedregon as driver.

MOONEYES USA

今回はMOONEYES USAの近況報告です。
Blue Sky、Palm Tree、南Californiaの日中の気温はOver 30度、日本との温度差は25度位はあるのでしょうか。暖かくて何とも気持ちいいです。勿論、車も気持ち良さそうです。
日本に永く居た50 Ford Woodyは湿気や天候の影響からWoodが腐ってしまいました。乾燥したCaliforniaの空の下、湿っていたWoodが乾燥したのはいいのですが、フリーウェイを走ると乾燥し、バラバラになったWoodが飛んで行ってしまいます。
修理の見積もりを取りに行きたいのですが、Woodが飛んで無くなってしまうので、走るに走れない状態です。いつかは直し、復活したいWoodyですが、どうやって移動しようか思案中です。

隣の1960 Ford Pick UpはDean MOONがオリジナル オーナー、ピンクスリップ(車検証)上にもDean MOONの名が残っているトラックで、1962年のカタログにも載っています。DragsterのTow用(トウ)に使っています。

ガレージ前にはおなじみの観音クラウン、中にはストリームライナー、そしてマシンショップ前にはMOONEYES USA 社長、Chicoのゆっくり、少しずつ進行中のProject 40 Ford Pick Up、ちょうどキャビンのチョップが終わった所です。
マシンショップの中には32 Ford、Parkingには古い車が多いMOONEYESで唯一の新型モデル Dodge Magnum Hemiも居ます。
もうすぐ日本で使っていたAstro VanもLong Beach港に到着予定です。MOONEYES USAは車で一杯でした。でもこの気候なら人も車も長生きしそうですね。
“MOONEYES USA”
In this issue will report on recent MOONEYES USA.
Blue sky, palm tree, Southern California is warm as over 30 degrees which is about 25 degrees warmer than Japan. Its’ really nice and warm. Of course its’ nice for cars too.

The 50 Ford Woody has been in Japan for long while and Woody’s Wood has corroded from high moisture and wet weathers in Japan. Under the dry California sky, wet Wood has dried out but when I drive Woody on freeway, wood falls apart and flies away on freeway.

I wanted to take Woody for repair estimate but cannot drive to there. Someday I like to fix it and now I am thinking of ways to get it to the shop.

The 1960 Ford Pick up on the side is the Truck originally owned by Dean MOON with his name still on the Pink Slip and was on 1962 MOON catalog. Now it is used to tow the Dragster.

In front of the Garage there is the 1961 V8 Toyota Crown, inside is MOON Streamliner and in front of the machine shop is the 40 Ford Pick Up project owned by Chico the president of MOONEYES USA which has just finished chop on cabin.

Inside the machine shop there’s 32 Ford and at the parking lot is the Dodge Magnum Hemi which is the only new car among the old cars in MOONEYES USA.

In short while the Astro Van used in Japan will arrive to Long Beach port. MOONEYES USA was full of cars. And may be this California weather helps anybody and any car to live longer.

MOON Cafe’s Original Honmoku Chowmein

MOON CafeのBeerグラスが新しくなりました。Made in USAの大きな重量感あるグラスです。このグラスに代えてからBeerを飲むのが楽しみで楽しみで仕方ありません。大変幸せな気持ちになれるグラスです。
そのおいしいビールと一緒に食べるとさらにビールがおいしくなるサイドメニューがHonolulu ChowmeinのMy オリジナル版。
My オリジナル版? 

ホノルル チャウメンはスパム、「の」の字(ナルトです)等が入り、柔らかさを出すために水を加えていますが、僕が好きなMy オリジナル版はチャウメンを醤油で焼いただけ、それも水を一切いれず、フライパンで焦げ目をつけてそのまま食べるという質素な物ですが、でもこれが旨い!My オリジナル版のカスタム版がホノルル チャウメンなので、My オリジナル版は横浜本牧で生まれたHonmoku Chowmein(ホンモク チャウメン)と呼ぶことにしましょう。

このブログを書いているだけでもMOON Cafeに飛んで行きたくなってきました。Beerを飲みに是非MOON Cafeにお越しください。もしメニューに無いHonmoku ChowmeinをBeerと共に食したい方は、Cafeスタッフにそーっと尋ねてみてください。

“MOON Cafe’s Original Honmoku Chowmein”
MOON Cafe’s has changed Beer Glass to New ones! Its’ Heavy, Large and Made in USA.
Since this new glass came in, I am always looking forward to having a Glass of Beer. This glass makes people very happy.

The side menu that makes this Glass of Beer more present is the “Honolulu Chowmein(Pan Fried Noodle)” my original version.
My original version?

Honolulu Chowmein“s’ ingredients are Noodle, Spam, Naruto-maki (boiled fish paste white with pink spiral design-called “Nonoji in English by old Japanese American) and two scoops of steamed rice, yum! sound good, ha!! While cooking “Honolulu Chowmein”, Water is added to make noodle softer.
My original version is plain noodle fried with soy sauce. It’s fried with no water to make it crispy. Its’ simple and taste really good with beer. I think we should give a name to my original version. Since “Honolulu Chowmein” was custom made from my original version and as it was made in “Honmoku” Yokohama Japan, We will call my original version as “Honmoku Chowmein“.

Writing about it makes me want to go to MOON Cafe. Please visit MOON Cafe and have a glass of beer and Chowmein!
If you feel like having “Honmoku Chowmein” and a glass of beer, Please ask MOON Cafe staff quietly for ordering as it is not listed on the menu. Hope, they could cook it for you. Cheers!

ニュー イヤー ミーティング


2006年
先週はNew Year Meetingに行ってきました。
毎年1月に開催されるこのイベントは寒くて行くのが憂鬱になるのですが、行ってしまえば十分楽しめるオールド カーが主体のイベントです。

初めて見にいったのは約30年前、雪が降っていた東京プリンスホテル駐車場での開催でした。当時は今とは違い昔から日本にあった旧車が多く、特に貴重な欧州車が多かったような印象がありました。最近はそういう車を見れないのはちょっと寂しい感じです。

USA車は当時も少なかったです。USA車が増えたのはバブル景気に後押しされ並行輸入が盛んになった80年代後半からでした。当時、一度は夢のUSA旧車を手に入れては見たけど、実際は思った程夢は甘くなく、壊れる、道路事情に合ってない、維持費が掛かる等、USA車を取り巻く様々なネガティブな環境に嫌気が差し、手放した方も大勢いると思います。そんな状況ですからここ最近はUSA車の参加もほんの数台しかありません。日本でのUSA旧車ブームはハシカみたいな一時の熱病だったようです。

話は飛びますが今、日本に残っているUSA車はかわいそうな車もたくさんありますから、USAにそんな車は戻してあげましょう、と思ってMOONEYESのAstro、50 Woody、観音クラウン V8は現在、雨の心配も少ないCaliforniaで悠々自適の生活を送っています。

Anyway、そんなUSA旧車の激減とは逆に、国産旧車はどんどん増えています。旧車といってもその人の年齢により感じ方が違います。最近は我々にとっては古さを感じない年式も旧車の仲間入りを果たしているようで、それらの数が増えた理由だと思います。

また、国産旧車の部品スワップミートも盛んで、一昔前では見つけられなかった様な部品も、今では結構手に入る状況です。これもこのイベントが30年近く継続して開催されて来たからでしょう。いろいろな意味でこのイベントが日本の旧車クルマ文化を支えていると思います。


1986年
MOONEYESを横浜 元町にオープンする前、このイベントのスワップミートに参加していました。
当時、他にイベントは無く、我々のようなUSA物を販売できるイベントはこのイベントか、もう一つはおもちゃ関連のイベント、ワンダーランドだけでした。

でも最近の傾向としてどんなに必要な部品でも値段が高いと買わないという「本当にクルマ直したいの」って感じの人が多くなりました。本当に必要な物だったらある程度の出費は仕方ない、また何時その部品と出会えるか分かりません。僕だったら買ってしまいますけどね。車はお金が掛かる物です。

“New Year Meeting”
On last weekend I went to The New Year Meeting at Odaiba Tokyo Japan. Every January this event is held at cold winter day that makes me wonder If I should go but once out there its always very enjoyable event for the old classic cars.

The first time I went to this event it was snowing at Prince Hotel Parking Lot about 30 years ago. Back than, there were more classic Euro cars that were here in Japan for a long time. Now days its rare to see that kind of cars.

The American cars increased in the late 80s with increase in importing happened when Japan was in Bubble Economics. The dream of owning American cars became true for many but truth is that its hard to own in Japan with mechanical troubles, unsuitable road situation and high maintenance cost. All negative feature lead to releasing American cars for many. That’s why there are only few entrant of American cars in event in recent years. The American car boom in Japan was like a flew hot for a short while.

On with different subject, there are many American cars in Japan that I feel sorry for. We should return those cars back to USA. That’s why we sent MOONEYES Astro Van, 50 Woody and Kannon V8 Crown. They have less worry about rain and more comfortable for sure.

Anyway while American cars get less, the old Domestic cars are increasing. Old means different depending on your age. Now days what we consider not OLD is entering and people are there to recognize as old.

Those cars has increased in numbers. Old Domestic car parts are also seem to be more easier to get with number of seller at Swapmeet has increased and chances has increased in these 30 years of this event and this event has helped in many ways to continue the old classic car culture to live on.

Before opening MOONEYES Shop in MOTOMACHI, I used to have swap booth out at this event. There were no other event to sell USA products except toy event called wonderland.

Now days I see many people who will not buy the necessary parts if the price doesn’t meet. They make me wonder if they really want to fix the car and drive it. I will buy it if its necessary to fix and cant be sure when I will see the same parts again. It takes money to own the car.

ハート オブ ヨコハマ

引越しから2週間が経ち、やっと落ち着いてきました。と言ってもまだしばらくは掛かりそうですが、とりあえずヨコハマ 本牧で業務開始です。
前回はMy Officeの半分をお見せしたので今回はその反対側です。数十年ぶりにUSAより帰国を果たしたこの日本人形は多分60年代に取引きのあった日本の
どなたからかDeanへ送られた人形だと思います。次はデスクを真正面から見た画像をお届けできるように片付けを急ぎます。
そしてArea-1隣に出来たのがNew Warehouse(NW)、ここから全世界へ商品をお届けします。
遂にMOONEYESの拠点がHeart of Yokohamaの本牧で本格稼動です。是非お立ち寄りください。
“Heart of Yokohama”
2 weeks went by and settled down from moving but sill more to go. Anyway we have started business at Honmoku, Yokohama.

Last issue I showed half of my office, so this issue is the other half. This Japanese doll has returned from USA to Japan after couple decade. Think they traveled in ’60’s to USA from someone in Japan who had trade with Dean. I will clean up my desk for next issue.

Then the New Warehouse(NW) beside Area-1 will serve our merchandise to all over the world.
Finally MOONEYES has gathered its homeland to Heart of Yokohama “Honmoku”. Please come and drop by to our New Place!