YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

ニュー イヤー ミーティング


2006年
先週はNew Year Meetingに行ってきました。
毎年1月に開催されるこのイベントは寒くて行くのが憂鬱になるのですが、行ってしまえば十分楽しめるオールド カーが主体のイベントです。

初めて見にいったのは約30年前、雪が降っていた東京プリンスホテル駐車場での開催でした。当時は今とは違い昔から日本にあった旧車が多く、特に貴重な欧州車が多かったような印象がありました。最近はそういう車を見れないのはちょっと寂しい感じです。

USA車は当時も少なかったです。USA車が増えたのはバブル景気に後押しされ並行輸入が盛んになった80年代後半からでした。当時、一度は夢のUSA旧車を手に入れては見たけど、実際は思った程夢は甘くなく、壊れる、道路事情に合ってない、維持費が掛かる等、USA車を取り巻く様々なネガティブな環境に嫌気が差し、手放した方も大勢いると思います。そんな状況ですからここ最近はUSA車の参加もほんの数台しかありません。日本でのUSA旧車ブームはハシカみたいな一時の熱病だったようです。

話は飛びますが今、日本に残っているUSA車はかわいそうな車もたくさんありますから、USAにそんな車は戻してあげましょう、と思ってMOONEYESのAstro、50 Woody、観音クラウン V8は現在、雨の心配も少ないCaliforniaで悠々自適の生活を送っています。

Anyway、そんなUSA旧車の激減とは逆に、国産旧車はどんどん増えています。旧車といってもその人の年齢により感じ方が違います。最近は我々にとっては古さを感じない年式も旧車の仲間入りを果たしているようで、それらの数が増えた理由だと思います。

また、国産旧車の部品スワップミートも盛んで、一昔前では見つけられなかった様な部品も、今では結構手に入る状況です。これもこのイベントが30年近く継続して開催されて来たからでしょう。いろいろな意味でこのイベントが日本の旧車クルマ文化を支えていると思います。


1986年
MOONEYESを横浜 元町にオープンする前、このイベントのスワップミートに参加していました。
当時、他にイベントは無く、我々のようなUSA物を販売できるイベントはこのイベントか、もう一つはおもちゃ関連のイベント、ワンダーランドだけでした。

でも最近の傾向としてどんなに必要な部品でも値段が高いと買わないという「本当にクルマ直したいの」って感じの人が多くなりました。本当に必要な物だったらある程度の出費は仕方ない、また何時その部品と出会えるか分かりません。僕だったら買ってしまいますけどね。車はお金が掛かる物です。

“New Year Meeting”
On last weekend I went to The New Year Meeting at Odaiba Tokyo Japan. Every January this event is held at cold winter day that makes me wonder If I should go but once out there its always very enjoyable event for the old classic cars.

The first time I went to this event it was snowing at Prince Hotel Parking Lot about 30 years ago. Back than, there were more classic Euro cars that were here in Japan for a long time. Now days its rare to see that kind of cars.

The American cars increased in the late 80s with increase in importing happened when Japan was in Bubble Economics. The dream of owning American cars became true for many but truth is that its hard to own in Japan with mechanical troubles, unsuitable road situation and high maintenance cost. All negative feature lead to releasing American cars for many. That’s why there are only few entrant of American cars in event in recent years. The American car boom in Japan was like a flew hot for a short while.

On with different subject, there are many American cars in Japan that I feel sorry for. We should return those cars back to USA. That’s why we sent MOONEYES Astro Van, 50 Woody and Kannon V8 Crown. They have less worry about rain and more comfortable for sure.

Anyway while American cars get less, the old Domestic cars are increasing. Old means different depending on your age. Now days what we consider not OLD is entering and people are there to recognize as old.

Those cars has increased in numbers. Old Domestic car parts are also seem to be more easier to get with number of seller at Swapmeet has increased and chances has increased in these 30 years of this event and this event has helped in many ways to continue the old classic car culture to live on.

Before opening MOONEYES Shop in MOTOMACHI, I used to have swap booth out at this event. There were no other event to sell USA products except toy event called wonderland.

Now days I see many people who will not buy the necessary parts if the price doesn’t meet. They make me wonder if they really want to fix the car and drive it. I will buy it if its necessary to fix and cant be sure when I will see the same parts again. It takes money to own the car.

Be Sociable, Share!

Comments are closed.