YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

ユタ州への旅

20060429-001
Salt Lake Int’l Airport から約1時間、Utah 州 Springville にある、ブロンズでアートを作る芸術家であり、 Harley-Davidson 社公認の彫刻家でもあり、 2005年のHCS に来日した Sinners のメンバーでもある、Jeff Decker氏の Shop、 Hippodrome Studio を訪ねて来ました。

Shop 内は彼のコレクションであふれ、その中に作品が展示され、Shop裏では彫刻を作る工房があり、新たな作品が作られていました。

入り口を入って目を引くのはわずか数年間に100台くらいしか生産されなかったという低く、細く、スマートにカスタムされた Crocker(クロッカー)、2006年はこのバイクをHCSで見れるかもしれません。しかもこの1941年式は世界に3台だって。そんな大事なバイクをカスタムしてしまう、気持ちいいですね。

20060429-002
Hippodrome Studio

20060429-003

20060429-004
1941 Crocker

20060429-005

20060429-0055
Fred Larsen’s Streamliner by Jeff Decker

20060429-006 20060429-007

20060429-008 20060429-009

20060429-010

明日は 20回目のMOONEYES Street Car Nationals、早いもので、もう20年です。では、See you at the show!

“Trip to Utah”
I went to Utah, Springville to visit Jeff Deckers shop called Hippodrome Studio Which is about 1 hour from Salt Lake Int’l Airport. Jeff Decker is Bronze Sculptor Artist authorized by Harley Davidson who has visited our HCS last year with “Sinners”.

In his Shop his collection filled and his work was displayed and behind shop was his work shop where his new work has been made.

First thing caught my eyes were very rare Crocker which was only made about 100 in few years. His Crocker has been smartly custom made with Low, Sleek profile. We may be able to see his Crocker in this years Hot Rod Custom Show at Yokohama. And there are only 3 of this 1941 model. Its nice to know that he customized that rare motorcycle.

Tomorrow is 20th MOONEYES Street Car Nationals. 20 years has been so fast. So See you at the show.

パサディナのショー

4月23日(日)、NASH(Burnout Magazine編集人)に誘われて、California PasadenaにあるJohnson Motors主催の”Hot Rods, Bobbers and Cafe Racers“というイベントに行ってきました。場所はOld Town Pasadena、古いビルが沢山残る雰囲気のある街です。Johnson MotorsはTriumph等のBritish系バイクを中心とした、オリジナルClothingやバイク関連商品を扱う、お洒落なShopです。近々LAのMelroseにも出展するというから楽しみです。 001s_004

hd001s EventはタイトルのごとくHot RodとBobberそしてさすが英国系です、Cafe Racerまで加わり、Triumphは勿論、HD、そしてHONDA CB750まで加わる幅の広さです。

cb001s
Cafe Racersは昔々30数年前日本でもはやりました。日本のスタイルとUKのとはちょっと違いますが、Cafe RacerというとCB750や500を中心としたカスタムで、当時の日本では最先端でした。ボラーニ製のアルミリム、ヨシムラの手曲げ集合マフラー プラス イタルボランテ製のサレンサー、コンチネンタル ハンドル プラス バーエンドミラーは、手曲げ絞りハンドルに風防の当時の若者とは一線を引くスタイルだったのです。そのCafe Racerが今度はCaliforniaで見直されてきました。それもCB750でです。多分このスタイルがCaliforniaで見られるようになったのは、ほんの数年前からだと思います。日本で昔流行っても今までCaliforniaには無かったスタイルですが、日本人には記憶にあるスタイルですね。
街をフラフラしてみると多くのTriumph、それもBobberに出会いました。オリジナルのリジットもあれば後付けタイプのリジットもありましたが、どれもリジットフレームです。HDばかりが目立ったこの世界で、最近にわかにTriumphが見直されてきました。TriumphはBritishバイクですが、このBobber StyleはCaliforniaのカスタム、RockerのTriumphとはまたちょっと違うテイスト、Hot RodderにはTriumph Bobberです。 tri-001s
tri001s
日本でもHDは勿論ですがTriumphが気になってきた方も大勢いると思います。今からでも遅くありません。リジットのTriumphは少ないですから早目に購入した方がいいですよ。

USA-4-06-497s 元Zeroの木村さんも日本で製作したTriumphを展示していました。当日Awardを受賞したのは言うまでもありません。13時から18時の短いイベントでしたが久しぶりに楽しいイベントでした。


The Show in Pasadena.

I went to an event called “The Hot Rods, Bobbers and Cafe Racers” hosted by Johnson Motors in California Pasadena on Sunday April 23rd with invitation by NASH (editor of “Burnout Magazine”). The Show was at old town Pasadena where many old buildings are still left and has own old atmosphere. Johnson Motors is a cool shop with bike parts and original clothing for British bike mainly Triumphs. They will soon have shop open at Melrose.

The event featured Hot Rod and Bobbers as titled and amazing range of cafe racers with British standard covered wide range of bikes from Triumph, HD and Honda CB750.

Cafe Racers were seen in Japan 30 years ago. It had different style from British which mainly had custom work done on CB750 or 500 and considered as frontier of the motorcycle trend. Aluminum rim by Bollani, Hand bend headers by Yoshimura, silencer by Italborante, continental handle with bar end mirror were different style from hand bent narrowed handle with wind guard. That cafe racers are getting attention in California and with CB750. Think this style started just few years ago in California. The cafe racers style is familiar to Japanese as it once boomed in Japan years ago.

But it was not seen in California before, now I see many Triumph with bobber style when walking around in town. They were all ridged frames with original or after market parts. The Triumph is getting more attention nowadays in the world where Harley Davidson takes all attention. Triumph is a British bike but this bobber style is a California custom and different taste compared to Rockers And Triumph bobber is for Hot Rodder.

There are more people getting attention to Triumph in these days. Its not too late to find a Ridged Triumphs yet, but hurry now there are only few out there.

Founder and Former builder at “Zero”, Mr. Kimura had Triumph displayed which custom work was done in Japan. Not to mention that he won the Award at the event. I had good time in this event even though the time schedule was short from 1pm to 6pm.s

雪の仙台、その帰り道に見た車は?!

moonmeet06-l 4月16日(日)に開催予定だった、2006年PRA VW Drag Receの初戦となるPRA/MOONEYES Meetは、なんと4月に季節はずれの雪で仙台ハイランドは一面薄らと雪化粧、中止となりました。

前日の土曜日は天気もよく、多くのレーサーがスポーツ走行をしていたそうです。レースがある時は僕も土曜日のスポーツ走行を走るようにしています。理由としては車の調整等もありますが、万が一、日曜日が雨でも土曜日に走れていれば諦めも付くからです。でも2日共雨だった事が過去に数回あり、その時は結構がっくり来てしまいます。仙台で走ろうと思っている方は絶対土曜日に走っておく事をお勧めします。意外と土曜日は走れたけど、日曜日は雨で走れなかったというケースが多いのです。仙台ハイランドは日曜日、雨が多いのでしょうか?

20060422-001 20060422-002 20060422-003 20060422-004 20060422-005 20060422-006 20060422-007 20060422-008





ところが今回は雪です。山頂にあるレース場には数台のレースカーが前日より待機していたので、一時は下山できるか不安でしたが8:00am頃には雪も雨に変わり、無事全員下山できたのです。頂上の管理はPRAスタッフにお願いし、我々MOONEYES Staffは麓でやってくるレーサー&観客に中止を伝えていましたが、物凄く寒かったです。遠くからこの日の為にやって来てくれた方々には申し訳ありませんが、路面がちょっとでも濡れたら走れないのがDrag Race、気候が不安定な日本では難しいレースです。こんな雪の中でもサーキットを走る車は沢山来ていました。








010s

さて9:00amには我々も現地を離れ、帰途につきました。その帰り道の東北道で見た物は、なんとスカイラインGTR R34の覆面パトカーです。

適当なスピードでこのGTRを抜いたり、抜かれたりでしたが、スポーツコンパクトみたいな可変式リアスポイラーが付いていながら車高はノーマル、そして変なアンテナが2本リアガラスに付いていて 「変なGTR」なんて思い、「どんな人が運転しているのかな」と併走した時のドライバーはごく普通の人に見えたのです。追い越し車線を疾走して行くメルセデスをGTRが追走、赤色灯が屋根から出たのを見た時には本当にビックリしました。

その後もう一度今度は獲物を捕まえたGTRに近づくと、ナンバーは3ナンバーで普通に見えたはずのドライバーは何とブルーの制服を着ているではありませんか。






何とも理解できないのですが、最初に見た時はブルーの制服ではなかったような気がしたのですが、見間違えたでしょうか?本当驚きです。関越には3ナンバーのGTR、三菱GTO、そしてスープラまでいるといいますから、8ナンバーのクラウンだけ注意していたら捕まっちゃいますね。


Snow in Sendai and on the way back we saw…

On Sunday April 16th, The first PRA VW Drag Race at PRA/MOONEYES Meet was cancelled because of the SENDAI HI-LAND RACE WAY in Northern Japan was covered in snow even though it was still in April.

On the Saturday, day before was good weather and many racers were running on “sports run”. I always run “sports run” on Saturday when I go for a race on Sunday because not just for tuning of race car but I can give up easily if I already run on Saturday even if it rains on Sunday. But there were few times in past that both Saturday and Sunday had rained and I was depressed then. I recommend “sports run” on Saturday to all race entrant for Sendai. There are many cases where Saturday was OK to run but Sunday was raining. May be SENDAI HI-LAND has rain on Sundays.

But this time it was snowing. There were race cars parked at front gate at top of the mountain from day before Despite the fear that they may not be able to clime down the mountain, snow turned to rain after 8 am and every one managed to clime down the mountain without accident.

PRA took care of people at top of mountain and we MOONEYES staff were telling racers and visitors that race was cancelled. We apologize for people who came long way to race and visit. But drag racing can not be held if racetrack is a little wet, very difficult race for unstable weather in Japan. As for the racers for circuit race, there were many racers coming to circuit field even in this snow.

We left after 9am and headed back home. And on the way back on “TOHOKUDO” HWY, we saw NISSAN SKYLINE GTR R34 Under Cover Highway Patrol Car.

We were cruising on highway going back and force of this SKYLINE which had remote adjustable rear wing like Sports Compact Car but sat on stock height with GPS antennas on rear window that didn’t make sense. I was trying to look at driver of this strange SKYLINE GTR who happened to be just an average guy. But as GTR followed MERCEDES BENZ who passed by in fast lane in high speed, police red circular lamp popped out on roof of SKYLINE GTR and we were really surprised to find out that it was Under Cover Highway Patrol Car.

When we came close by to the hunted SKYLINE GTR, number plate was ordinary License Plate(Not Gov. License Plate) and driver had Highway Patrol’s blue uniform on.

I don’t know why but I thought I didn’t see blue uniform when I first saw this SKYLINE pass by, may be I was wrong? I am still surprised. Someone say there are NISSAN SKYLINE GTR, MITSUBISHI GTO and TOYOTA SUPRA Under Cover Highway Patrol Car with ordinary License Plate on “KANETSU” HWY, one could get caught if only looking out for TOYOTA CROWN Under Cover Highway Patrol Car with police number plate(Gov. License Plate).

東北道 HD(ハーレー) カスタムショップツアー

mss06poster MOONEYES Meetの前日、天気は概ね良好、ちょっと寒かったですが東北道で仙台に向かう途中、6月11日(日)東京お台場で開催予定のMotorcycle "Show & Swap Meet"の宣伝の為、郡山、福島、仙台のHDのモーターサイクルショップを数軒訪ねてきました。
郡山インターから5分位のところにある"Blaze"はHCS(YOKOHAMA HOT ROD・Custom Show)にも参加している、Long Forkが得意のHD Shopです。強烈なLong Fork HDが多い中、僕が気になったのは製作途中のスタッフのHDとこのMOON Chopper Tankを取り付けたHDです。 blaze01s
breeze01s 次は福島飯坂インターから約15分、Old HDが得意な"Motorcycle Custom Shop Breeze"。オーナーの服部さんはFordのPick Upに乗っているBiker。仕事車も国産車でなくてUSA車を使っているHD Shopが多いですが、カッコいいですよね。店内はOld HDが沢山、地元また他府県からのオーダーも多いという気さくなYoung GuyがオーナーのShopでした。
次に向かったのは3年前のHCSでJesse Jamesの賞を取った"Cosmic"。仙台南インターから10分位の、カスタムのオーダーが途切れないという超人気HDショップ。カスタム責任者の三浦さんもこれまた笑顔が素晴らしいHappy Guy、製作途中のHDを見せて貰いました。以前お邪魔した時は工場にはスタッフが3人居ましたが、2人は独立し、今は一人でカスタムを担当しているそうです。どこの世界も大変です。三浦さん、がんばってください。 cosmic01s
roarsgarage01s ここからバイパスを走り仙台市内へ。市内1店目は"Roars Garage"。HDは勿論ですが国産、Triumph等のカスタムも得意な、HCSへも参加している有名店です。特に国産バイクのUSA的にカスタムに定評があります。この日は店長の武藤さんが出迎えてくれました。
そして更に中心街にある"The Shop SAM’S"に向かいました。ClothingとHDをやっているSAM’S。Clothing Shopの店内を抜けるとあるHDショップはこの日はお休みでした。今回はCothing Shop Managerの秦さんが迎えてくれました。 sams01s
hotstreet01s 更に仙台駅を越し海方向へ走ること20分、"Custom Cycles Hot Street"。昨年のHCSにも参加してくれたShopです。ちょうど製作中のHDがあり、忙しいところお邪魔しましたが笑顔で迎えてくれたオーナーの橘さん、ありがとうございました。HDだけという硬派な感じのさっぱりした綺麗なお店でした。
最後にお邪魔したのは"Deep Sleep Motorcycle"。ちょうど引越しを控え、大変な時間に突然お邪魔しました。引越し先はもう少し広く、また見つけやすい場所との事、オーナーの遠藤さんは東京のHDショップで経験を積んだ方です。 deepsleep01s
今回、6軒のHDカスタムショップにお邪魔しましたが、皆気さくで感じが良く笑顔が素敵なYoung Guyばかりでした。そして皆作業着はDickies。ジーンズを履くかDickiesを履くかでカスタム方向性も違ってくるような感じがする今回の東北道HDショップツアーでした。

さて、翌日のMOONEYES Meetの結果は次回のブログをお楽しみに!

HD(Harley-Davidson) Custom Shop Tour in TOHOKU(Northern Part of Japan) in JAPAN
The day before MOONEYES MEET was a little chilly but fine weather day and while taking TOHOKU-DO HWY to SENDAI city in Northern part of Japan, I took a visit around couple HD Motorcycle shops in KORIYAMA city, FUKUSHIMA city and SENDAI city area for promotion of our "Motorcycle Show & Swap Meet" on Sunday June 11th at ODAIBA Tokyo.

The "Blaze" at about 5min. drive from KORIYAMA exit has entry in 14th HCS(YOKOHAMA HOT ROD Custom Show) who specialize in Long Fork HD. Among the amazing Long Forks, I had interest on one of employees HD and this HD with MOON Chopper Tank.

Next is "Motorcycle Custom Shop Breeze" in FUKUSHIMA IIZAKA who specialize in Old HD. Owner Mr. Hattori has Ford Pick Up to suit with HD. Good to see that working truck is also USA Truck to match with bike. Many Old HD were in Shop, order comes from local and other areas too. The owner was a young nice guy.

Next Shop is "Cosmic" at SENDAI which received Jesse James Award in HCS three years ago where custom orders for HD comes in continuously. Mr. Miura a representative of custom works was an another happy guy with nice smile. The two of former employee has individual shops now so he is working hard alone, wish best to him.

Next is "Roars Garage" also in SENDAI city, who specialize in HD, Japanese Domestic, Triumphs and also has made entry to HCS. This shop is famous for making Japanese Domestic bikes. Shop Manager, Mr. Mutoh has welcomed us on that day.

Next is "The Shop SAM’S" in central SENDAI city. SAM’S has Clothing and HD. HD shop was behind the clothing shop but was closed on that day.

Then passing SENDAI station to "Custom Cycles Hot Street" who has also made entry to HCS. Like to thank the owner Mr. Tachibana who has welcomed us while busy working on HD with big smile. The shop was strictly HD only and real clean shop.

Last shop was "Deep Sleep Motorcycle" they were in middle of packing for moving to larger space with easier access. The owner Mr. Endo has been working in HD Shop in Tokyo.

We went to Six HD custom shops on this trip and they were all young and nice guys with smile and every one was using Dickies Work Wear. Through this trip I felt that Custom Style changes with clothing and choosing Dickies or Jeans made different effect.
The next issue is about result of MOONEYES MEET. Please look forward to it.

Wendover という街

今年も行けそうにないBonnevilleですが、行く気でいる方に周辺の宿泊事情をお教えします。

Speed Weekが開催されるBonnevilleに近い、唯一の街はWendover。この街に泊まれないと隣町から毎日1~2時間近いドライブを強いられる事になります。
Wendoverは街の半分がユタ州、残り半分がネバダ州に分かれていて、ネバダ州側はギャンブルが出来る、ギラギラネオンの街です。勿論、ユタ州側に泊まって夜はネバダ州側で遊ぶ事も出来ます。大きな道は1本だけ、その廻りにモーテルがあるだけの小さな街です。

20060415-001

そのSmall Townが最も活気付くのが毎年夏に開催されるBNI主催のSpeed Week。
この時は町中のホテルはレース関係者で一杯になり、ホテルのルーム代もとんでもなく跳ね上がり、まさにかきいれ時です。
しかも予約は殆ど一年前に埋まってしまう状態です。ですから突然行った場合、宿に泊まれる確立は大変低く、運よくキャンセルが出るのを待つか、あるいは当日にがーんと跳ね上がった料金で泊まるか、どちらかです。お勧めはキャンパーに行くことです。

20060415-002

20060415-003

20060415-004

さてWendoverの街の裏手にあるのがこの写真の岩山です。
昔レーサー達が自分達の名前やゼッケンを書き込んだ物が今もそのまま残っています。その中に故Fred Larsenの「Larsen」も見ることが出来ます。丁寧に黒の縁取りをし、白バックに”LARSEN”と描かれ、他のどのサインよりも目だっています。こんなところにもFredの人柄が垣間見れます。決して低い山ではありませんし、足元も危なそうな所によじ登って描いたのでしょう。何十年という歴史がそのままこの岩山に残っています。昔々は宿泊施設も少なく、レーサー達はこの岩山の麓にキャンプしていたそうです。


“Town called Wendover”

Here is news for Motels around Bonneville as I wish to go but looks like I will not be able to go again this year.

Wendover is the only close by town to Bonneville where BNI Speed Week is held other wise 1-2 hours drive is necessary everyday. Wendover is half State of Utah and half State of Nevada where Nevada side has neon signs with legal gamble sight. You can stay in Utah side and go out to Nevada side at night. There is only one main street and Motels are on the side of this street.

This small town gets full of people on every summer when BNI hosted Speed Week is held. That time all Hotels in town are filled with race related guests and fee jumps and really is best time for hotel owners. Reservation are filled about a year before the event. So if you go without reservation, most likely you will not have placebo stay unless you wait for cancel by luck or pay high fee to stay. Recommend to go by camper.

These rock mountains on pictures are behind the town of Wendover. Old racers’ name and numbers are still left on the mountain. In there you can see “LARSEN” by Fred Larsen. Drawn with black edge on white back ground which stand out among others which reflect his personality. This mountain is not low and probably climbed over some rough footpath. The couple decades of history are still left on this rock mountain. In years back, there were no places to stay over night and racers used to camp by these rock mountains.

九州で見たクラウン

先週末、九州の大牟田で開催されたブルーパニック主催のトラックマスターズで見かけた、綺麗な通称「丸テール」クラウン カスタムです。
モールが2本のDxモール、テールゲートにもアルミのガーニッシュが付き、4ナンバーのマスターライン バンとは一味違う高級感があります。内装もオリジナルの様でした。
こんな状態の良いRS46Gはなかなか見かけません。






国産旧車をオリジナルで乗る場合、ホワイトリボンタイヤのサイズが難しいです。ホワイトリボンタイヤはUSAには沢山のメーカー&サイズがありますが、日本車にピッタリ合うのがありません。殆どが太いか細いか、ちょうどいいサイズのタイヤが欲しいですね。やはりクラウンは丸テールのショートノーズがカッコイイですね。
Crown Classicsで販売中の1964 Crown Custom 4 speed マニュアル。オーストラリアから来るクラウンは4スピードがあるので、ハイスピード時代の今、快適高速クルーズには最適です。

CROWN-CLASSICS.COM

“TOYOTA CROWN I saw in Kyushu Japan”
I saw a nice “Round Tail Lamp” 1964 Toyota Crown Custom RS46G at Truck Masters Show at OOMUTA, KYUSHU JAPAN on last weekend.
It has a Deluxe Two molding all around, Aluminum Garnish on Tail gate which makes difference from Commercial Van called “Masterline” model with more prestige. Interior was an original too. It is really rare to see this nice RS46G.

To ride original Japanese domestic cars, it is a difficult task to find a matching white ribbon tire. There are many makes and size for white ribbon tires in USA market but difficult to find right size to fit on Japanese domestic. Either too fat or too thin, need just right size. Think Short Nose Round Tail Crown is coolest among the old Crowns.

Crown Classics has this 1964 Crown Custom 4 speed Manual Shift for sale, Some Crown from Australia has 4 speed and it is good for current high speed highway cruise.
CROWN-CLASSICS.COM

トンネルを抜けると・・・

神奈川新聞社が年4回発行している雑誌「横濱」。2006年春号 Vol.12は特集「伝説の町・本牧」、そう、MOONEYESがある横浜・本牧特集なのです。

横浜元町からトンネルと抜けると昼間は庶民的な街が広がり、夜は薄暗い危険な感じがする街に変身した本牧が過去には存在したのです。そんな本牧を歴史を交えながら分かり易く紹介しています。

前回のデイトナ誌(2006年4月号 No.178)でも本牧が紹介され、何かにつけて誌面に登場する街、本牧。多くの方が本牧って何?!って思ったと思います。本牧と言えばクレイジーケンバンドの剣さん、そう横山剣さんも誌面に登場しています。








001s.jpg
不思議な街、本牧をもっと知りたいと思う方は雑誌「横濱」を読んでみてください。表紙は69 Camaroがトンネルを抜けるシーンです。カッコいい表紙です。
“After this tunnel…”
KANAGAWA NEWS Inc has released new 2006 Spring issue vol.12 of Quarterly Magazine “YOKOHAMA” with a special report on “HONMOKU, the town with Legend”, yes its special report on Yokohama HONMOKU where MOONEYES is located at.

After the tunnel from Yokohama Motomachi, HONMOKU used to appear as some local town in daytime and switch to dark and somewhat dangerous town in a night time. The report introduces the history of HONMOKU in details.

HONMOKU has been on an article of previous Daytona Magazine like on various other articles and many people may wonder what HONMOKU is about. KEN YOKOYAMA of Crazy Ken Band represent HONMOKU area is also on this issue.


For people who want to know more on mysterious town HONMOKU, Please pick up a copy of “YOKOHAMA” and read this article. The picture on the cover of magazine is a 69 Camaro going through the Tunnel. It is a cool cover.

シボレー エルカミーノ

4月2日(日) 東京 お台場で、3回目になるEl Camino Nationalsを開催しました。
昨年は67台のエントリーがありましたが、今年は44台でした。10年くらい前に開催した1回目は200台近くEl Caminoが集まったのですが、今は皆どうしているのでしょうか?今回は台数こそ少ないですが綺麗な車が多く、「大事に乗っているな」っていい感じのEl Caminoが多かったように思えました。

今年はMOONEYESスタッフが選んだBest of El Camino Awardを設定し、当日20数名のスタッフにそれぞれ気に入ったEl Caminoをピックアップしてもらい、一番多くPickがあったEl Caminoを選んだのです。今年のBest of El Camino AwardはPaintがすごく綺麗な、丹(タン)さんの1985年型 El Caminoとなりました









票が割れて惜しくも受賞できなかったEl Caminoもご覧下さい。心配された天気も開催中はなんとかもちましたが、風が強く寒い一日でした。

4月30日(日) 第20回 MOONEYES Street Car Nationals(SCN)と、6月11日(日) 第1回 Motorcycle Show & Swap Meet(MSS)はこの会場での開催を予定しています。何より吉報は全面舗装になった事です。昨年は埃がひどかったですからね。 >> El Camino Real.COM

“Chevrolet El Camino”
The 3rd El Camino Nationals was held on Sunday April 2nd at Odaiba Tokyo. The Show Car entry was 44 cars while it was 67 cars last year. When the First El Camino National was held there about 10 years ago were over 200 El Caminos at the show. I wonder how those El Caminos are doing now. This time the entry number was less but quality was high with clean looks that I could tell those El Caminos were taken good care.

This year we made Best El Camino of show Award chosen by staff of MOONEYES. There were over 20 MOONEYES staff at the show and each chosen their favorite El Camino and most favorite one was chosen for award. This years Best of El Camino of show Award went to MR. TAN’s 1985 El Camino with Beautiful paint.

Please check out those who didn’t get award but was voted for too. It was cold windy day but didn’t rain while the show was on.

The 20th Annual Street Car Nationals on Sunday April 30th and The 1st Motorcycle Show & Swap Meet will be held at same spot. The good news is that this event space was all paved. Last year there were too much dust in wind.

旨い!MOON Cafeのランチ

MOON Cafeではランチが大人気です。
と言うのもMOON Cafe シェフが腕を振るい、毎日メニューが替わります。

今週の木曜日はメインディッシュに”グリルチキン w/ロースト ローズマリー トマトソース“か、ライブレッドを使った本格的”パティ メルト“が選べ、カップスープとドリンク付きで1,050円(税込)。カップスープも日替わりで、ある時はスパム入りのOkinawann Soupだったり、この日はBV チキンスープでした。毎日食べても飽きないメニューです。

勿論、定番のハンバーガーもランチメニューで提供中です。ランチは火曜~金曜日の11時30分から15時までやっていますので、横浜周辺にお越しの際は是非、食してください。

3月31日(金)のランチは
1) グリルポーク ハワイアン カレーソース or
2) ポーク ランチョン ミートのスクランブルエッグ ※ソーセージ&ルートベジタブル スープ付き、でした。

さらにSpring Menuとして”シュレッデド ビーフ タコス“が登場。そうです、シュレッダーのシュレッドです。煮込んで柔らかくなったビーフを細かく裂き、コーン トルティアに載せたタコスです。これは美味しい!
もう一つは”グラウンド ビーフ タコス“、ひき肉ビーフを塩&コショウ、バターで炒め、コーントルティアで戴きます。ビーフの味が十分引き出されているタコスです。
タコスと言うと定番の味がありますが、MOON Cafeでは色々なタコスに挑戦中です。

その他、週末のみ提供されている、カルアポークをバンズに挟んだその名もずばり、”カルアポークバーガー“、ハイカロリーで皆様のお腹にExtra Fatを提供させて頂いてます。


そしてダメ押しのカロリーは、シェフお勧めの”ホームメイド レア チェリー チーズパイ“。最高です。

Californiaの味をミスしている方々のオアシスがMOON Cafeです。

ムーン カフェ
横浜市 中区 本牧宮原2-10 Phone:045-623-3960
■ 火曜~木曜日 11:30am – 11:00pm ■ 金曜・土曜日 11:30am – 0:00am
■ 日曜・祝日 11:30am – 11:00pm ■ ランチメニュー 11:30am – 3:00pm(火曜~金曜日のみ)
※ 定休日は月曜日、月曜日が祝日の場合は翌日がお休みになります
※ 祝前日は11:30am ~ 0:00amまでの営業となります
今日は2006年 MOONEYES Catalogが発売開始となります。
明日2日(日) はEl Camino Nationals、16日(日) 仙台でMOONEYES Meet Speed Trial、そして30日(日) 20回目になるSCNが全面舗装になった東京お台場(昨年同様)で開催されます。遂にイベントシーズンの始まりです。
“Tasty Lunch at MOON Cafe”
Lunch at MOON Cafe is getting a lot of attention. That’s because MOON Cafe chef makes different Special Lunch Menu every weekdays.

Thursday’s Special Lunch Menu is “Grilled Chicken w/Roast Rosemary Tomato Sauce” or “Patty Melt” for main dish and comes with drink and cup soup at price 1,000yen + Tax. Cup soup changes everyday too. Our regular menu Hamburgers are also served on lunch time too. MOON Cafe Lunch Menu are served from 11:30am till 3:00pm, Tuesday thru Friday, please drop by when you are in YOKOHAMA.

* Friday March 31st Lunch Menu: 1) Grilled Pork w/Hawaiian Curry Sauce / 2) Pork Luncheon Meat & Scramble Egg — With Sausage & Vegetables Soup

Spring menus are available too, “Shredded Beef Tacos“,”Ground Beef Tacos“, “Kahlua Pork Burger“, “Cherry Rare Cheese Cake“.
MOON Cafe is on oasis for people who misses California Taste.

MOON Cafe
2-10 Honmoku Miyahara, Naka-ku, Yokohama, Japan
* TUESDAYS THRU THURSDAYS >>> 11:30am – 11:00pm
* FRIDAYS AND SATURDAYS >>> 11:30am – 0:00am
* SUNDAYS AND HOLIDAYS >>> 11:30am – 11:00pm
* Lunch menu available on Tuesday thru Friday from 11:30am to 3:00pm only.
* Open from 11:30am to 0:00am on the day before National Holidays.
* Close on every Monday, except on National Holidays MOON Cafe close on next day.

And 2006 MOONEYES CATALOG is available at MOONEYES Area-1 Shop or by web site from today.


Tomorrow Sunday April 2nd, El Camino Nationals is on, MOONEYES MEET Speed Trial is on Sunday April 16th at Sendai and 20th MOONEYES Street Car Nationals is on Sunday 30th at Odaiba Tokyo, same place as last year but all ground is pared from this year. It’s a start of an event season!