YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

HWY クルーズ

ブログ丸々1週間お休みを頂きました。
さて5月28日(日)、静岡県掛川で開催されたNHOA主催のNAKAYOSHI HOT OLD’S MEETに参加してきました。
朝の時点では横浜は雨、しかし天気予報では天気は西から急速に回復して来るとの事だったので、意を決して1963年型 クラウン RS46-G 通称「涙テール」 ステーションワゴンと、
もう一台、1969年型 クラウン RS56 左ハンドルのピックアップの2台で雨降る横浜を出発しました。
東名を西に向かっても一向に天気は回復せず、御殿場周辺ではご覧のようなひどい降りとなってしまいました。
しかし富士辺りから小雨となり、富士川SAで1964年型 クラウン RS46V 通称「丸テール」1966年型 クラウン MS46 通称「角テール」 ピックアップと合流し、4世代のクラウンで掛川を目指したのです。4台とも室内が曇ってしまうので雨だというのに窓を開けての走行となったのは言うまでもありません。
現地が近づくと曇り空となり、現地に到着した時はすっかり雨も上がって、沢山の車が集まっていました。午後には強い日差しとなり、最高のイベントとなりました。のんびりした良いイベントでしたよ。今年参加できなかった方、来年は是非参加しましょう。

実は今まで「涙テール」ではあまり長距離を走った事が無かったのです。走っても精々東京周辺のイベントくらいでした。今回は大冒険でしたが想像通りやはり壊れました。行きの足柄SAで休憩後出発するとオーバードライブに入らなくなり、ウインカーも点滅しなくなり、ライトをつけるとオーバードライブに入ったり、電気系統のトラブルに見舞われてしまいました。オーバードライブがあると100キロくらいで巡航できるのですが、それが使えないと80キロ位でもエンジンは唸り、心配になってしまいます。

結果、帰りは富士のVannuysさんまでたどり着き、そこからは積載車のお世話になってしまいました。その帰りの東名でVannuys時田さんがドライブするセドリックのショットです。雰囲気ありますね。でもこのバイアスタイヤで高速を走るのは怖いでしょう。
セドリックは1964年型ですが、涙テールの1963年型クラウンと比べると随分古い感じがしますね。時田さんと言えばUSAカスタムのオーソリティーですが、実は国産旧車も大好きなんです。
今回の写真、私がドライブする「涙テール」の走行写真はRS56に同乗するスタッフが撮ってくれましたが、それ以外の写真は涙テールを運転しながらの撮影でした。一眼レフ、オートフォーカス、ワイドレンズの賜物です。車は走っている姿が一番かっこいいですね!
“HWY Cruise”
I had one week off last week.
On last Sunday 28th May, I went to event in Kakegawa, Shizuoka, Japan which was hosted by the NHOA, the NAKAYOSHI HOT OLD’S MEET.

It was raining in morning and with hope as weather forecast called for recovery from west side, I have made big decision to drive to event on 1963 TOYOTA Crown RS46G “Teardrop Tail” Stationwagon and one more 1969 TOYOTA Crown RS56 Left driver Pick up and left Yokohama in rain. Going west on “TOUMEI” HIGH WAY, rain was not getting better but worse. It was pouring in Gotenba area. But gradually rain became weak after passing FUJI. In Fujikawa Service Area , 1964 TOYOTA Crown RS46V “Round Tail” and 1966 TOYOTA MS46 “Square Tail” Pick up joined us and 4 generation TOYOTA Crown were lined to cruise to the event. Even in the rain all four cars had windows open to clear up the windows from mist.

Weather turn to cloudy as we reached closer to the event and by the time we arrived the rain was cleared up and many cars were gathered at the show. Even the sun came out in afternoon and event turned out to be great with strong sunshine. It was relaxed event and I really recommend you to attend next year.

I had not taken my “Teardrop Tail” wagon out on long distance trip. And usually up to Tokyo from Yokohama, it’s about 80km or less. This event was a long trip for first time and car broke as I expected. On the way to the event, leaving out from Ashigara Service Area and going back on the free way, Couldn’t shift up to Overdrive shift and turn signal didn’t turn on and when the light is on the shift went up to Overdrive. It was an electric problem. The motor screams without Overdrive shift in 80 km/hour, 100km cruise was possible if Overdrive was on.

Under the circumstances, on the way back I have drove car to car shop “Vannuys” and was towed from there. The Vannuys Mr.Tokita drives this Nissan Cedric Wagon. It has style. But its scarily to drive on highway with this Bias Tires. This Cedric is 1964 model but seems older than the 1963 Teardrop Toyota Crown. Mr.Tokita is famous for being authority for California style Custom in Japan but he is also big fun of Old Japanese Domestics.

The picture of my “Teardrop Tail” Crown cruising on highway was taken by the passenger(our Staff) on RS56 Crown Pick up But all other picture was taken while I was driving. It was possible because of the single lens reflex camera with wide lens and auto focus. Car looks cool when cruising.

MOONEYES 20周年BBQ

小雨降る5月17日水曜日、MOONEYESの20周年記念BBQをMOON Garageで開催しました。
スタッフの皆から20周年ケーキを頂戴し、
スニーカーコレクターのワイルドマン石井からはこんな素晴らしいShoesを頂戴してしまいました。驚きました!1足しか存在しないMOONシューズです。大切にしなきゃ!
また、お客様の小沢さんからも手作りの記念品を頂いてしまいました。スタッフの皆さん、そして小沢さん、ありがとうございました。
私からスタッフ達へは、20th Anniversary Plaqueをプレゼントしました。

お蔭様で素晴らしい20周年目を迎える事が出来ました。皆様今後ともMOONEYESを宜しく御願いします。

来週は社員研修旅行の為、ブログは2回お休みさせていただきます。次回は5月31日(水)となります。
“MOONEYES 20th Anniversary BBQ”
On light rainy Wednesday May 17th, MOONEYES 20th Anniversary BBQ was held with all MOONEYES staff at MOON Garage in Honmoku, Yokohama, in Japan. This 20th Anniversary Cake is a present from all Staff.

And this pair of cool Shoes is a present from Sneaker Collector “Wildman Ishii”. I was amazed by the fact that this pair of MOON Shoes exists only one pair in whole world and all hand crafted! I have to take good care of them.

Our one of Hero Customer Mr. Ozawa presented this hand made anniversary present. I like to Thank all staff and Mr. OZAWA for present.

From myself to all people in garage, I have presented 20th Anniversary Commemorative Plaque. I was able to spent nice 20th Anniversary party.

I like to ask everyone involved and our customer for continuous coop for more years to come.

Next 2 issues will be skipped as company will take holiday for company trip. Next issue will be on Wednesday May 31st .

20th Anniversary MOONEYES

今日5月17日で MOONEYES は丸 20年が経ちました。
Dean MOON に 「お前はMOON of Japanだ」 と命名され、1986年5月17日、 横浜・元町の元町プラザ2階に、 MOON Disc と少量の MOON パーツ、 USA 関連グッズ、 それと Ford Cobra 関連グッズ、古い Can Am や日本グランプリとかのポスターを扱った、ノスタルジアなレーシングシーンを感じる店とし、 今とはまったく違う商品ラインアップでスタートしました。 MOONEYES の名前は彼の Dragster から頂戴しました。
As of Today May 17th, 20 years went by for MOONEYES.
Dean MOON named me “MOON OF Japan” and on May 17th 1986, I started shop with different style compared to our current one where Nostalgia Racing Scene can be felt through MOON Disc, some MOON parts, USA related goods, Ford Cobra related goods, old Can-Am and NIPPON Grand Prix posters, at 2nd floor of Motomachi Plaza building in Motomachi, Yokohama Japan. MOONEYES name was taken from MOON’S Dragster “MOONEYES”.


元町商店街 – Motomachi Street


1986年5月17日 オープン当日 – May 17th, 1986


永遠の MOON Discs & White Ribbon, The popular MOON Discs & White Ribbons

初めて広告を出した雑誌もカスタムカー誌ではなく、なんとカーマガジンというくらいですから、その違いも想像できると思います。
The first advertisement in Japan was not on “Custom Car” but on “Car Magazine” which Japanese readers can imagine that shop had more of race scene image than custom cars.


Scramble Car Magazine No.78 [1986年6月] MOONEYES オープンの記事


Scramble Car Magazine No.80 [1986年8月] 新製品の広告を掲載

もちろん狙った年齢層も当時で40歳位の方々、 軽免許がまだ取れた時代の層、 つまり日本グランプリや Can Am、 Indy 等、 USA レースが紙面を飾り、 東京青山にあったRQ (Racing Quarterly) 等に思いを馳せ、 オートスポーツ 誌には MOON や Shelby ロゴの Tシャツやステッカーが掲載され、 テンガロンハット (Cowboy Hat) が流行った時代の方々を対象、 と考えていました。
The customers over 40 years old were targeted. It is the age group who knows existence of “Light weight Car license” in Japan, read about Japan Grand Prix and US Races like Can-Am, Indy on news paper, was inspired by RQ (Racing Quarterly-Old Speed Shop) in Aoyama Tokyo Japan, experienced time when Auto Sports magazine had MOON, Shelby Logo T-shirts and Sticker were listed and Cow boy hat with MOON Patch was very popular in the fashion scene in Japan.


なつかしいMOON、 Cobra & RQ ステッカー等を販売
These are Good Old Stickers by MOON, Cobra and RQ that we used to sell.


オープン時のカンパニー カー
Company Car back then at Open.

当時、 Cobra のポスターや Tシャツ、 Shelby Team のシャツとか日本では皆無だったので、 開店当初は結構お客様が Cobra グッズ目当てで来店して下さいました。世の中 Cobra が好きな方は沢山いらっしゃいますね。 欧州車好きな方でも Cobraだけは好きっていう方は沢山いらっしゃいます。 Cobra は特別なんですね。そういう僕も 65 GT350 ファンです。
Back then, posters and T-shirts of Cobra and Shelby Team were not available in Japan so in opening days there were many customers Who came to look for Cobra goods. There are many people who like Cobra and even for people who like European cars, Cobra was an only exception. Cobra is special. I am also fan of ’65 GT350.

Cobra関連グッズ – Cobra related Goods


また、Cobra の第 1号車は MOON (現MOONEYES) で Fred とかが手伝って作られた のですから、Cobra 関連グッズを MOONEYES で扱う事は、ごく自然の流れだったのです。そんな Cobra 好きのお客様の一人がなんと今では 日本のピンストライパーのパイオニアであり第一人者であるワイルドマン石井 だったのです。 彼はこの時代に1968 Shelby GT350 を MOONEYES から購入してくれたのです (MOONEYES の輸入車第一号でもあります)。大変いいお客様でした。
The 1st Cobra was made with help of Fred Larsen and assembled in garage of MOON(current MOONEYES) Santa Fe Spring, Ca, so it was natural to sell Cobra related goods at MOONEYES. The Wildman Ishii was one of our customer who loves Cobra and became Japans pioneer and the first Pinstriper. He has purchased 1968 Shelby GT350 from MOONEYES at that time, which was also the 1st car MOONEYES imported to Japan and he was a very good customer.


MOON Equipment Company(現 MOONEYES, USA)で製作中のCobra1号車。車に乗るのはFred Larsen。
そんないい感じのレーシング思い出グッズを販売していた MOONEYES の転換期は、その年の夏に富士スピードウェイで開催された、 Flat-4 主催の Family Day に飛び込みでスワップミートを出店させて頂いた事がきっかけで、現在のスタイルに定着したのです。その後、石井青年は MOONEYES に就職、日本で初めての本格ピンストライパーとなったのです。そんなこんなで山あり谷あり、そして21年目に突入しました。これからもどうぞ宜しく御願いします。今晩はスタッフの皆とガレージ前で20周年のBBQです。

The change of MOONEYES came as inspired to be in our current style after suddenly dropping by to entry for Swap meet in “Family-Day” at FUJI SPEEDWAY in Japan, Which was hosted by “Flat-4”. After that Young man Mr. Ishii has joined MOONEYES and became the first Pinstriper in Japan.

Like this and that, so we are in our 21st year of business. Please look forward to our future and wish all the best to every one who has supported us. Tonight we will have 20th Anniversary BBQ with our stuff in front of Garage in MOONEYES Area-1, Yokohama, Japan.

MOONEYES Original Wheel

MOONEYES オリジナル Speed Master Wheel(SMW)をMOON Equipped VW T-IIに履いてみました。どうですか、カッコいいでしょ!今はサンプルしかありませんが、6月中旬までには発売開始にこぎつけそうです。

サイズは15×5、しかしオフセットはT-Iのストックブレーキ車、また主にナロードサスペンション車には+13mm、車外Discブレーキ、ドロップスピンドル装着車、主にストックサスペンション車には+21mm、と2種類のオフセットを用意しました。カラーはOld SchoolのマググレーとCalifornian Full Polishの2種類。

5inch幅のみのこだわりは、VWに入るタイヤサイズの中でラジアルタイヤを使用してドラッグスリックやベルテッドバイアスタイヤのようにタイヤの角を四角くしたい場合は、5Jが一番キマるのです(画像のT-I)。
幅が5inch以上あると、サイドウォールが丸くなってしまいます。

5月14日(日) 大磯で開催される”Flash Bugs Meeting“にSMW装着のT-I & T-IIを展示予定です。また会場では今回のVWホイル製作担当スタッフも居ますからドンドン質問を浴びせてください。次は5月28日(日) フランスのSuper VW ショー、6月11日(日) California USAで開催される”VW Classics“に展示予定です。国内は6月4日(日) One Low主催の”High & Low”に参加予定です。

Speed Master Wheelが6月全世界に向けて一斉発売開始です。

“MOONEYES’ New Wheels”
Matched our MOONEYES ORIGINAL Speed Master Wheel (SMW) on our MOON Equipped 1960 VW T-II. How does it look for early VWs? Great isn’t it. Now we have sample only and should be available from middle of June.

Size is 15X5 only, but 2 type of offset is available. With +13mm offset will match with T-1 stock brake or with narrowed suspension. With +21mm offset will match with after market disc brake or with drop spindle and with stock suspension. 2 colors are also available, one is Old School Mag-Grey and Californian Full Polish.

5 inch wheel width is best for VW when using Radial Tire with look of square shoulders on Drag Slick and Steel Belted Bias Tires. More than 5inch width on the wheel will make the shoulder of the tire to go round but not square.

Will display the T-I and T-II with SMW at “Flash Bugs Meeting” in OISO Japan on Sunday May 14th. There will be person in charge of making this SMW so please go ask many questions. Next Show display is at “Super VW Show” on Sunday May 28th in France, “VW Classics” in California USA on Sunday 11th June. Next appearance in Japan will be at “High & Low” hosted by “One Lows” in Kawagoe, Saitama on Sunday June 4th.

Speed Master Wheel is ready to be on sale world wide from June.

MOONEYES の New ホイル

遂にEnkei/MOONEYESのコラボレーションで誕生したEnkei Baja II 16×7 6H +38が発売開始となりました。

トヨタ 200系ハイエースにパーフェクト フィット、またニッサン ミニトラックにもご覧のようにパーファクトフィットです。6ラグ(穴)ホイルはスマートなデザインが少なかったですが、これで大きく選択幅が広がりました。

また、懐かしいEnkei Baja 14×6 5H114.3 +10、往年のBajaホイルの完全復刻版もEnkei/MOONEYESによって発売開始です。

MOONEYES オリジナル Speed Master WheelからもEarly VW用15×5 5H +13mmが6月のCalifornia VW Classicから発売開始予定です。
続々とラインアップされるMOONEYES オリジナルホイル、一味違います。

“MOONEYES’ New Wheels”
Finally the Enkei Baja II wheel 16X7 6H +38, a corroboration work of Enkei/MOONEYES is on sale now. It will fit perfect on TOYOTA 200 Series Hiace, NISSAN mini Truck D21 and other 6 lug holes cars.

It is a nice addition of smart wheel to the variation of 6 lug wheels. Also the perfect reproduction of Nostalgia Enkei Baja 14X6 5H 114.3 +10 wheel is available now.

MOONEYES Original Speed Master Wheel has new addition of Early VW 15X5 5H +13mm which will go on sale from California VW Classic event on June 11th. MOONEYES Original Wheels has added its line up and definitely showing a different looks. Additional to the PT Cruiser, line up is added with 17X7 wheels for Chevy HHR.

20th MOONEYES Street Car Nationals

第20回 MOONEYES Street Car Nationalsが4月30日(日) 東京お台場で開催されました。

昔は「ストカー」と呼ばれ、今は略して「SCN」。第一回目は1987年3月21日に東京大井競馬場で開催されました。初めての開催の時は、USA的 車の楽しみ方を求めている人が日本中にどのくらいにいるのか分かりませんでしたが、蓋を開けてみたらなんと200台オーバーのエントリーがあり、スワップミートも50件位あり、会場で「Pomonaみたいだ」と感動したのを昨日の事のように覚えています。

1987年 第1回 SCN

2006年 第20回 SCN

そして今回の20回目SCNはどうだったかというと、実に雰囲気の良い一日になりました。エントリーした人とショーを見に来た人プラス、ショーを運営する我々も含め会場にいた皆が笑顔でしたね。何か大人のイベントになってきたかなって感じでした。これからもUSA的 車の楽しみ方を皆で実践して行きましょう!

“20th MOONEYES Street Car Nationals”
The 20th MOONEYES Street Car Nationals(SCN) was held at ODAIBA Tokyo on Sunday 28th April.

The 1st one was held at Tokyo Ooi Horse Race Track in March 1987. We didn’t know how many people will be wanting to enjoy car with California style in Japan but there were over 200 cars entry and 50 swap meet venders and I remember as if it was held yesterday that we were so surprised how the show was just like a Pomona Swap meet in California, USA.

This 20th SCN was day with real nice atmosphere. The entrant, visitors, us host everyone was smiling. I was as though we all turned to an adult. Lets continue to take California style way to enjoy car.

Rat Fink Convention Center

Rat Fink Convention Center

Rat Fink Convention Center

4月22日(土)、Utah 州 Manti(メンタイ)市にある Mrs. Ed “Big Daddy” Roth の家を訪ねてきました。今年で、 Ed Roth がこの世から旅立ち早くも 5年となります。と言っても彼は何時も我々の心の中にいる訳ですから、そんなに時間が経ったとも感じません。

今回の訪問は、実はRothの奥さんが長く作り続けてきた Rat Fink Convention Center (RFCC) が遂に完成したのです。RFCC の中にはEd Rothの作品や、Work Shop、Gift Shopもあり、Pinstripers のギャザリングや Artist の会合などに使ってもらう為の施設として、十分な大きさの建物です。

この日は外でCar Show&ライブバンド演奏もあり、午後には街のメインストリートでクルーズ、そして夜には3月にテキサス州 オースチンでプレミア試写会が開催された、Ed Rothの生涯を語った「TALES OF THE RAT FINK、A Film About “BIG DADDY” ED ROTH」というタイトルのムービー試写会がRFCCで開催されたのです。これは一見の価値があります。Rat Finkの生い立ちや、Ed RothとHot Rodの関係とか、興味深い内容ばかりでした。本当に小さいCity of Mantiに、まさに”Home of Rat Fink”と呼ぶのに相応しい施設が出来ました。

Mrs. Ed "Big Daddy" Roth

Mrs. Ed "Big Daddy" Roth

映画と言えば2月にブログで紹介した”The World’s Fastest Indian”が8月頃いよいよ日本でも見られるようです。これも楽しみな作品です。

まったく違う事ですが、6月11日(日)東京お台場で開催予定の “Motorcycle Show & Swap Meet” と “2nd Annual Street Rod Nationals” を同時開催する事となりました。”Choppers and Hot Rods”です。楽しみですね!ぜひカレンダーに丸を付けておいて下さい。

English:

On Saturday April 22nd , I went to visit Mrs. Ed “Big Daddy” Roth at her house in Manti city, Utah USA. Five years has passed by since Ed Roth has passed away. But he still lives in each of our heart and doesn’t feel like being away so long.
This time I have visited to see the completion party of Rat Fink Convention Center (RFCC). RFCC has enough space to invite Pinstripers and Artist for gathering and has work shop, Gift shop and Ed Roth’s work displayed inside.
There was live band playing and car shows at out side, with cruise at main street in town and on the night, “TALES OF THE RAT FINK, A Film About “BIG DADDY” ED ROTH” premier movie of the life story of Ed “Big Daddy” Roth was shown in RFCC which was shown at TEXAS Austin in March. This movie is worth watching. It contained Story behind the birth of Rat Fink, relation of Ed Roth and Hot Rod and all interesting story. Small City of Manti has brand new facility well worth to call “Home of Rat Fink”.
By the way, “Motorcycle Show & Swap Meet” on Sunday June 11th at Odaiba Tokyo and “2nd Annual Street Rod Nationals” will be hosted together at same time. Choppers and Hot Rods, should be cool. Please mark it on your calendar.