YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

HWY クルーズ

ブログ丸々1週間お休みを頂きました。
さて5月28日(日)、静岡県掛川で開催されたNHOA主催のNAKAYOSHI HOT OLD’S MEETに参加してきました。
朝の時点では横浜は雨、しかし天気予報では天気は西から急速に回復して来るとの事だったので、意を決して1963年型 クラウン RS46-G 通称「涙テール」 ステーションワゴンと、
もう一台、1969年型 クラウン RS56 左ハンドルのピックアップの2台で雨降る横浜を出発しました。
東名を西に向かっても一向に天気は回復せず、御殿場周辺ではご覧のようなひどい降りとなってしまいました。
しかし富士辺りから小雨となり、富士川SAで1964年型 クラウン RS46V 通称「丸テール」1966年型 クラウン MS46 通称「角テール」 ピックアップと合流し、4世代のクラウンで掛川を目指したのです。4台とも室内が曇ってしまうので雨だというのに窓を開けての走行となったのは言うまでもありません。
現地が近づくと曇り空となり、現地に到着した時はすっかり雨も上がって、沢山の車が集まっていました。午後には強い日差しとなり、最高のイベントとなりました。のんびりした良いイベントでしたよ。今年参加できなかった方、来年は是非参加しましょう。

実は今まで「涙テール」ではあまり長距離を走った事が無かったのです。走っても精々東京周辺のイベントくらいでした。今回は大冒険でしたが想像通りやはり壊れました。行きの足柄SAで休憩後出発するとオーバードライブに入らなくなり、ウインカーも点滅しなくなり、ライトをつけるとオーバードライブに入ったり、電気系統のトラブルに見舞われてしまいました。オーバードライブがあると100キロくらいで巡航できるのですが、それが使えないと80キロ位でもエンジンは唸り、心配になってしまいます。

結果、帰りは富士のVannuysさんまでたどり着き、そこからは積載車のお世話になってしまいました。その帰りの東名でVannuys時田さんがドライブするセドリックのショットです。雰囲気ありますね。でもこのバイアスタイヤで高速を走るのは怖いでしょう。
セドリックは1964年型ですが、涙テールの1963年型クラウンと比べると随分古い感じがしますね。時田さんと言えばUSAカスタムのオーソリティーですが、実は国産旧車も大好きなんです。
今回の写真、私がドライブする「涙テール」の走行写真はRS56に同乗するスタッフが撮ってくれましたが、それ以外の写真は涙テールを運転しながらの撮影でした。一眼レフ、オートフォーカス、ワイドレンズの賜物です。車は走っている姿が一番かっこいいですね!
“HWY Cruise”
I had one week off last week.
On last Sunday 28th May, I went to event in Kakegawa, Shizuoka, Japan which was hosted by the NHOA, the NAKAYOSHI HOT OLD’S MEET.

It was raining in morning and with hope as weather forecast called for recovery from west side, I have made big decision to drive to event on 1963 TOYOTA Crown RS46G “Teardrop Tail” Stationwagon and one more 1969 TOYOTA Crown RS56 Left driver Pick up and left Yokohama in rain. Going west on “TOUMEI” HIGH WAY, rain was not getting better but worse. It was pouring in Gotenba area. But gradually rain became weak after passing FUJI. In Fujikawa Service Area , 1964 TOYOTA Crown RS46V “Round Tail” and 1966 TOYOTA MS46 “Square Tail” Pick up joined us and 4 generation TOYOTA Crown were lined to cruise to the event. Even in the rain all four cars had windows open to clear up the windows from mist.

Weather turn to cloudy as we reached closer to the event and by the time we arrived the rain was cleared up and many cars were gathered at the show. Even the sun came out in afternoon and event turned out to be great with strong sunshine. It was relaxed event and I really recommend you to attend next year.

I had not taken my “Teardrop Tail” wagon out on long distance trip. And usually up to Tokyo from Yokohama, it’s about 80km or less. This event was a long trip for first time and car broke as I expected. On the way to the event, leaving out from Ashigara Service Area and going back on the free way, Couldn’t shift up to Overdrive shift and turn signal didn’t turn on and when the light is on the shift went up to Overdrive. It was an electric problem. The motor screams without Overdrive shift in 80 km/hour, 100km cruise was possible if Overdrive was on.

Under the circumstances, on the way back I have drove car to car shop “Vannuys” and was towed from there. The Vannuys Mr.Tokita drives this Nissan Cedric Wagon. It has style. But its scarily to drive on highway with this Bias Tires. This Cedric is 1964 model but seems older than the 1963 Teardrop Toyota Crown. Mr.Tokita is famous for being authority for California style Custom in Japan but he is also big fun of Old Japanese Domestics.

The picture of my “Teardrop Tail” Crown cruising on highway was taken by the passenger(our Staff) on RS56 Crown Pick up But all other picture was taken while I was driving. It was possible because of the single lens reflex camera with wide lens and auto focus. Car looks cool when cruising.

Be Sociable, Share!

Comments are closed.