YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

2台目のハーレー

日曜日に開催されたMotorcycle “Show & Swap Meet”、晴天にも恵まれ、大変な盛り上がりとなりました。

Event Sticker イベント ステッカー

Sinners Kuttyのオリジナルブランド “Hippy Killer”のブラスペグ

そしてこのイベントは一年間で唯一、僕がバイクで長距離を走るイベントでもあります。


当初予定していた東京お台場での開催が、ギリギリになって会場側の都合で借りれなくなり、急遽 場所を川崎東扇島に変更。こちらも突然の変更に対応して下さった方々に感謝でした。昨年は雨だったのでバイクより車での来場が多かったのですが、今回はバイクでの来場が大変多く、1,000台は楽に超えていたと思います。会場周辺で沢山の人にご挨拶しましたが、皆Nice Guy、感じが良くナイスな人達が大変多く、バイカーって「感じいいな~」って思っちゃいました。ショーの模様は週末のMMM(ムーンアイズ メールマガジン)に大きく掲載しますので楽しみにしていてください。

以前に話しましたが「今度買うHDはセル付き」と思っていたのですが・・・。バイク屋さんから「いいのがありますよ」って紹介され、結局買ったのはショベルのリジット。何をやっているのでしょうか?

セルは付けれるそうですが、オープンプライマリーでMOON Chopper Tankを付けると云々となり、結局またセル無しとなってしまったのでした。

しかしMOONEYESには若いHD乗りのMasaがいます。彼は自分のHDとPan & Shovelの2台のエンジンを掛けるMOONEYES Official Starterとして活躍してくれているので、彼がいる時は始動に心配はありません。一つ心配なのはエンジンの掛かりが悪いとMan Power Starterが疲れて、しばらく充電が必要になる事です。

MOONEYES Official StarterのMasa

さて今回のShovel、フロント 21″、リア 16″、74 Springerを使い、なるべくCompactに作りました。Tankは3.5ガロン Genuine HD Fuel Tank、ハンドルは3″ライザー プラス 多少押さえが効きそうなハンドルバー、それに3″ Peep Mirrorのステーを加工して取り付けています。Pegもいい感じのが見つかりました。

3″ Peep Mirror


Peg

とかく目に付く配線関係はステンレスのワイヤーカバーにまとめたので見た目もすっきりし、ワイヤーの保護にもなります。

ウィンカーは小ぶりのRod Liteを使用しましたが、残念ながら小さすぎて視認性が悪いのでもう少し大きい物と交換予定です。

ロッド ライト

MOONのDirect Oil Pressure ゲージ、エアクリーナーも車に使う小さい物をブラケットを新調し装着、テールランプは’36 Tail Lampルビーレッドのフューエルホースプラグワイヤーがアクセントを効かせています。

Direct Oil Pressure ゲージ


エアクリーナー ネック径 2 5/16インチ
エアクリーナー ネック径 2 5/8インチ
[ エアクリーナーの取り付けベース部分近日発売予定 ] ⇒ 入荷しました


’36 Tail Lamp


フューエルホースプラグワイヤー

シートはBull OriginalMOON Equipped Original タック&ロール ソロシート。シートの後ろがちょっと上がっているのでお尻が滑らず、ハンドルにしがみ付かなくても余裕で発進・加速ができます。

MOON Equipped Original タック&ロール ソロシート

PaintはHouse of ColorのCandy Paint “Gold”、初めはラメペイントとも思いましたがFuel Tankが大きいので今回はCandyにして正解でした。

沢山のバイクを見ても比較的マフラーパイプに変化が無く、一番目立つパーツでもあるのでこれをメッキ加工し、サイレンサーを入れて使ってみると、Fuel Tankのペイントとクローム類がマッチしなんとカッコイイ!Hot Rodパーツが満載のBanana Goldの完成です。

Convoluted Tubing Pipe

MOON Custom Cycle Shopのステッカーも作っちゃいました。Tシャツもありますよ。

簡単に乗れるように作っていた筈が仕上がってみると何時の間にかショーバイクに近くなってしまいましたが、車もバイクも綺麗なのが一番、特に齢も取ってきて見た目では若者に劣るのでせめて乗り物くらいは綺麗にしておきたいですね。このバイクを隅々まで色々やってくれたのが横浜のIM Factory。無理難題を笑顔でやってくれる、ナイスなオーナーがやっているお店です。


元スタッフの和崎君とHis Triumph

Helperの大野さんと小幡さん

Helperの曽根さん

ショー翌日の月曜日、わざわざMOON Cafeに寄ってくれた名古屋から来てくれたViSEの皆さん、MOON Cafe 定休日ですみませんでした!またのお越しをお待ちしています。

The Motorcycle “Show & Swap Meet”, weather was fine and it was a big turn out. It is also the once in a year time which I ride for long distance.

It was supposed to be held at Odaiba, Tokyo but all sudden the renting deal was turned down in short notice, so we had to changed to Higashi Ougijima, Kawasaki in short time which we like to Thank all people supported us. Last years show was rained on so more people came on cars to see the show than bikes. But this year people came to see the on bike and easily over thousand bikes came to see the show. I met many people at the show and they were all nice guy, very nice people to meet. The show will be reported on this weekends MMM (MOONEYES MAIL MAGAZINE) so please enjoy.

I have mentioned before that “My next HD will be with starter motor”. But bike shop introduced me there was a good one and bought Rigid Shovel. What am I doing? Starter motor can be put on but with open primary and MOON Chopper Tank, it was no way to go with. But in MOONEYES, young HD rider Masa is here. He is a “MOONEYES Official Starter” working to start his HD, My Pan and Shovel. I have no worries when he is there to start. One thing worried about is when HD don’t start up and Man Power Starter gets tired and needs charging for a while.

Now this Shovel , has 21″ on Front, 16″ on Rear with 74 Springer and made as compact as possible. Tank is 3.5 Gallon Genuine HD Fuel Tank, 3″ raiser plus Handle bar which has little down force, also 3″ Peep Mirror from automobile with new custom made bracket. Found new Peg that looks good too. The wires that catches eye are all covered in stainless steel wire cover so it looks less clouded and keeps clean and guard them. Turn signals are too small and cannot be seen so I will change these small Rod Lite to bigger ones. MOON Direct Oil Pressure Gauge, Air Cleaner is also for cars with small carb with new bracket, Tail Lamp is ’36 Ford Tail Lamp, Ruby Red Fuel Line and Plug Wires are making appeal.

Seat is MOON Equipped Original Tack & Roll Solo Seat by Bull Original. This seat has curved swing up rear end which gives great hold in start and accelerations with out grabbing on to the handle bars. Paint is House of Colors Candy Paint “Gold”, Thought of “Metal Flake” paint in first place but as the fuel tank is big, it was right this time with Candy Paint.

Looking at many bikes and exhaust pipe is same compared to the other parts, but at same exhaust pipes stands out most so this convoluted pipe was chromed and silencer was placed in and it turned out good with fuel tank paint and chrome matches cool. “Banana Gold” complete with full of Hot Rod parts. I have made MOON Custom Cycle Shop Stickers. T-shirts are available too.

I thought I will make easy one to ride but turned out to be almost show bike clean car and bikes are best, got old and looks are not offend able against the young ones so at least I want to keep the rides clean, untouchable. The IM Factory of Yokohama has done all kind of work on this HD, shop with nice owner Who Help us solve the hard task with smile.

By the way on Monday next day of the show, The crew of “ViSE” from Central Japan Nagoya has came to eat at MOON Cafe, but sorry the MOON Cafe was closed on every Mondays. Please visit again! Thank you!

上海オートショー

4月末、上海オートショーへ行ってきました。初めての中国でした。


空港から上海市内へ向かうハイウェイ

とにかくクルマが多く、道は渋滞、クラクションはあっちこっちで鳴っているし、どんなに混んでいても先を急ぐドライバーはパッシングをしまくり、永遠に続きそうな渋滞でも前の車をどかせようとする、とにかく先を急いでいる車が多いです。中国製のクルマというと、昔はクライスラーに似た「紅旗」が有名でしたがそんな古いクルマは見かける事もなく、新めのクルマばかりでした。ここ15年くらいで中国のクルマ普及率が著しく成長したそうです。

子供の頃ですが東京都内はクラクション禁止、昭和30年代中頃の話です。戦後10何年、日本人も今の中国の様に先を急いでいたのでしょうか?家族全員で父の運転する観音クラウンに乗り、埼玉の親戚に向かう途中、八王子郊外でクラクションを鳴らした父が白バイに捕まったのを覚えています。当時の八王子郊外です。山、川&畑、緑ばかり、クルマはごく数台。そんな状況の中、なぜ父がクラクションを鳴らしたのか分かりませんが、捕まって父は怒っていました。子供ながらに同感しました。

当時、都内はとにかく混雑がひどく、都電の周りをクルマが取り囲み、ワサワサしてました。 銀座辺りを走っていたら、隣を走っていたボンネットタイプの大型トラックのリアダブルタイヤが1本外れ、そのタイヤがトラックを追い越し、前へ転がって行ったのを見て、「タイヤって前に進むんだ」と子供心に感心したもんです。3輪車の荷台には人が乗っていたり、道はごちゃごちゃ、第3京浜も無い。そんな時代の日本と今の上海は似ているなって思いました。のどかな時代だったのでしょう。

さてオートショーですが、富の格差が激しいと聞く中国ですが、昔の東京オートショーの様に「今はクルマは買えないけど、とにかく見ておかなくてはいけない」という市民の関心事のようです。


上海 AUTO SHOW

メルセデス?

Camaro!

見たような?見たこと無いような・・・。

1958年製の中国製自家用車

再び子供の頃の話ですが、6歳違う私の兄は無類の車好き。16歳で軽免許が取れた時代ですから、多分僕は10歳くらい。兄と兄の友人に連れられて、晴海のモーターショーを見に行きました。あまりの人の多さに疲れ果て、大して興味の無い物に付き合わされ、兄たちは興奮して食事なんて忘れ昼食はとれず、挙句の果てに帰りのバスや都電は乗ることも出来ないくらいの人の列。銀座まで勝鬨橋を渡り歩かされ、それがトラウマとなり、その後モーターショーはバイクに乗れるようになるまで行きませんでした。

トライク

メルセデス製のOne Box

上海モーターショーから帰るタクシーを捕まえるのも大変。順番は無し、タクシーの列も無し。誰かが降りたクルマに誰よりも早く滑り込み確保するのです。ま、昔の電車の椅子取りみたいなもんですね。慣れれば楽なものです。日本ではついこの間までやっていた事ですが、今では眉をひそめるような行動を気にしないでやるだけの事です。僕のどこかに仕舞いこんでいたそれを引っ張り出せば問題なく生活できそうです。米国から来ていた白人の人は面食らっていたのでタクシーに乗せてあげました。

なんで上海に行ったのかって?台湾の取引先の多くが中国に拠点を移してしまったので行ってきました。帰りは時速431キロを出す、リニアモーター列車に乗って空港へ向かいました。

お土産にどうですか?

上海の街

431km/hを出すリニアカー


あっという間に431キロ!

AUTO SHANGHAI 2007
I went to the Shanghai Auto Show on the end of April. It was first time for me to go to China.

First of all the impression of the street in China was just too many cars, with heavy traffic and sound of Horns was every where, A driver in hurry flashes Head light Up beam to the car in front of his even though the traffic don’t seem to move at all and trying to make car move in front of him, It was just full of cars in hurry. How was the Chinese car? The famous Chinese car in old days was “KOUKI” brand which looked like Chrysler but they are gone and new cars are on street. The Chinese car consumption has been dramatically gained in the last 15 years. I remember when I was a child the Tokyo Metropolitan area had new regulation to cut off the horn in 1960’s. The 10 years after the World War II, may be the Japanese was in hurry like current Chinese.

I remember my father got ticket from police bike for horn in Tokyo suburb Hachiouji. The suburb Hachiouji back than had nothing, there were nothing but mountain, river, farm, green and only few cars there so I am not sure why horn was necessary but father was angry for being ticketed. I was just a child but I agreed to my father.

The Tokyo had serious mixed heavy traffic, cars running beside the train on street. When I was a child, while sitting in the car in Ginza I saw one of the rear dual tire came off loose from bonnet type heavy truck and that tire rolled faster than truck and went in front of truck, I remember that the I was amazed to see that tire move so fast. The people were on the bed of three wheeler truck, road was mixed up no freeway like current Dai3keihin, I thought Shanghai was like that. It was piece full time.

Finally the Auto show, heard that difference income is insane Its like Tokyo Auto Show in 60s was filled with many people who didn’t have money to buy car but must take a look it was whole people in countries interest.

My brother who was 6 years older than me, he was real car guy, He had license for small cars (allow to drive below 360cc) when he was 16 years old and I must have been about 10 years old, with brother and his friends took me out to MOTOR SHOW in HARUMI, Tokyo back 1965 or something. I got trauma from extreme fatigue in over dose of people, Brothers too up tight had no lunch, endless cue line for train and buses end up with a hike to Ginza (kina for kid) and so I did’t go until I had my own bike. It was crazy to take taxi from Shanghai Motor Show, no lines and no taxi lines, grab the cab when someone gets off.

It’s like taking seat on train in Japan in 60s. It will be easy when you get used to it. Until just a little ago, It was like that in Japan too, Just doing something people will show funny face too.

If I pull out what I have tacked away, I should be able to live fine. The gentle man from Unite States was shocked in these situation, so I caught Taxi for him.

Why did I go to Shanghai? The people I deal with in Taiwan had moved to China so to visit them. On the way back, I got on Linear Motor Train run on 431km per hour (270mph) to airport. It was fast!

NHOM

真っ青な空、綺麗な緑、野鳥のさえずり。そんなすばらしい環境で開催された”ナカヨシ Hot Old’s Meet“に行ってきました。

天気は快晴。Mt. Fujiもキレイです。

途中でVannuysグループと合流。会場へ向かいます。

事前エントリーでは無く、当日エントリーのみの受付でカーショー500台、スワップミート100件で会場へのエントリーはストップ、主催者の方が放送で「僕ら、広々とやりたいので制限台数で入場をストップしました」と言っていました。なんとも耳が痛い話でしたが、さすがおっしゃる通りゆっくりしたスペースで一日を過ごす事ができました。

高速有鉛の影響もあるのか、国産旧車はパワーがあり、年式を問わず多くのクルマが参加していました。その中でやはり気になったのはクラウン、それも丸テールのセダンとバンです。メッキがビシッ!としているとクルマは生き返りますね。

メッキがビシッとしているといいですね。



本当は国産旧車も好きなんです。

僕は出来上がったばかりのMS50で、その他、縦目グロリアと左ハンドルのRS56ピックアップの3台で参加。MS50は暖かくなってから初めての中距離ドライブだったのでエアコンを試すには絶好のチャンス、と帰り道はエアコンを効かせ、事故渋滞にも巻き込まれましたが問題無く横浜に戻れました。



久しぶりにノンビリとしたイベントに参加出来、リフレッシュした感じです。スタッフの皆様、色々ありがとうございました。

The great blue sky, beautiful green, the birds singing, In this excellent location the NAKAYOSHI Hot Old’s Meet (NHOM) was hosted. There are no pre entry and every one was to entry on the show day. 500 Show Cars and 100 Swap Meet was last call for show space, The host has announced that they wanted to make this event in good space not to be jammed so they closed entry after the capacity was filled. Its very harsh thing at same time but as they said so, the show space was big and enough to spend one day in comfortable space.

Guess the free paper “Kousoku Yuen” has made effect as the Domestic Old Cars showed strong in various years of make. Most cars I had my attention on as 1964 Toyota Crown, the Round Tail Lens Sedan and Van. The good chromes on the car makes its life back.

I went on 1970 Toyota Crown MS50 sedan which was just finished and other “Vertical head lights” Nissan Gloria Sedan plus 1969 Toyota Crown RS56 Pick up with left handle drive went in three. It was first medium distance for MS50 sedan after the weather got warm, It was a good chance to test the air conditioning, there were traffic on the way back due to car accident in TOUMEI KOUSOKU highway but made back safely to Yokohama.

It was good and refreshing to attend in this laid back event. Like to say thank you for every thing to the staff of this event.

カリフォルニア Long Beachで開催されたTOYOTA Day


5月12日(土)、California, Long Beachで”12th Anuual All TOYOTAFEST”が開催されました。

1999年に参加した時の写真が残っていますが、この時もKannon V-8で参加しました。




その後Kannon V-8は一度日本に行き、2年前にUSAへ戻ってきました。USAと日本を行ったり来たりですが、定住はCaliforniaになりそうです。当時はWoodyのイベントで有名なMoonlight Beachと呼ばれるBeachのCliffで開催されていました。参加台数もあまり多くなく、Club Meetingという感じでしたが、当時TOYOTAの集まりなんて珍しいので、1996年頃から参加していたと思います。

Kannon V-8

12回目となるTOYOTAFEST。今年は「TOYOTA北米輸出50周年」という節目なのでTOYOTAのサポートもあり、とても見ごたえのあるイベントとなりました。








エントリー車の年式は関係ない様なのでかなりの数の高年式車の参加もあり、特にTOYOTAブースではCamry & TundraのNASCARと共に、有名ビルダーによりカスタムされたCamryとAvalonが展示されていました。

CamryのNASCAR

TUNDRA NASCAR TRUCK




Camry





Avalon

最近の車は素のままで十分カッコイイですから、外観をカスタムするといっても、ドアハンドルを取り去るとかPaintするとか、ホイルを交換、グリル変更、とかやれる事の範囲が大変狭くなってきました。CamryもAvalonも、15年くらい前にBOYDSが製作していたスタイルと基本的には変わりません。ホイルはその時代を象徴しますから、ホイルが大きなポイントですね。Kannon V-8もホイルはいまだにBOYDSを履いていますから、見る人によってはいつごろ作られた車か分かると思います。1994年に製作したのでもう13年も前の車なんですね。月日が経つのが早いです。


こんなクラウンも

べったり“に”高速有鉛”。CAはどうなってしまうのでしょうか!

“ビニールトップのコロナ









スターレットにフェンダーミラーのクレシーダでいいのかな?フェンダーミラーは大人気、純正がほしいなんて言われても無いですよね。このクルマはGT053をうまく使っていたから合格です。




トヨタ ランドクルーザー?違います。
ICONというマーケットにある部品と自作のBody等で作られたクローン、10万ドルくらいするそうです。モーターはChevyでした。TOYOTA車の中で年式に関係なく値段が付いているのはランドクルーザーです。結構高いですが、これ程高くはありません。次はついに2000GTクローンの登場となるのでしょう。



これが本物のランドクルーザー




このEventには多くの人が日本から来ていましたし、取材陣も多かったですね。




この車は4月26日のブログで紹介したレクサスです。

同ブログで紹介した bBオーナーのFujiwaraさんです。歯科技工士さんでした。

日本? or CA?Hard to tell!




さて、1等賞を取ったのはDrag Race仕様の69年カローラ。MOONEYESが選んだのでは無く、審査員が選考した車に副賞としてMOON Discを提供しましたが、偶然とはいえまったく僕のTasteでした。Deuce Factoryの笠井氏も会場で受賞されていました。






9月29日(土)には同じ会場で、今度は”旧車集会 – Japanese Classic Car Show“が開催されます。楽しみですね! 

12th Annual All TOYOTAFEST
12th Annual All TOYOTAFEST was held in Long Beach, California on Saturday May 12th.
There were picture left from 1999 and Kannon Crown V-8 was taken as entry too then. The Kannon V-8 was once taken back to Japan and returned to USA about two years ago. It has been going back and forth between USA and Japan but looks like its going to stay in California.

Back then it was hosted at the beach cliff at Moonlight Beach where it is famous for Woody Events. The entry were not so many, it was just like club meeting but TOYOTA meeting were rare so we have been going to the show from 1996.

The 12th TOYOTAFEST showed strong support from TOYOTA as this year was 50th anniversary for US export. The year of make was not regulated for entry so there were many newer years cars at show especially the TOYOTA booth showed Camry & Tundra NASCAR and famous builder’s custom Camry and Avalon were showed.

Current cars are cool as is and exterior customs are regulated to like shaving door handles, paint, wheel, grill changed and so regulated to few things. The Camry and Avalon are both same taste in what BOYDS were making 15 years ago. The wheel represent the year so its big point. Kannon V-8 still has BOYDS for wheel and some people can tell when car was made. It was made in 1994, so it has been 13 years old. Time flies by.

Starlet and Cressida with fender mirror, I think its right? The Fender mirrors are very popular, if we get asked for original pair, don’t have those original pair in stock. This Cressida is great! Shows the nice way to use GT053 Mirror.

This one is called “ICON”, it is a clone with own made body and market parts. ICON costs 100K dollars. The motor was Chevy. The Land cruiser is one of the value established model in any year model among TOYOTA. It is pretty expensive but not as ICON. Next release, will it be finally the clone of 2000GT?

This event has many people come over from Japan and many reporters of magazine were there too.

Now the first prize went to Drag Race style 1969 TOYOTA Carolla, MOONEYES had donated MOON Disc for sub prize and judges happen to chose the car I liked most with my Taste. Deuce Factory, Mr. KASAI has also received prize.

At same location on Saturday September 29th the “Japanese Classic Car Show” will be hosted. I am looking forward to that event.

ジャンクヤード

この写真を手に入れたのは約10年以上前の事だと思う。
2台のクラウン観音ワゴンに1台の観音セダン、それと丸テールと角テールのセダンがそれぞれ1台ずつ、店の前にはパンクしたマークII ワゴン。もっと他にもあるんじゃないかなと想像を掻き立ててくれるジャンクヤード。

TOYOTA “Kannon” Crown Wagon
観音クラウン ワゴン


TOYOTA “Kannon” Crown Wagon
観音クラウン ワゴン


TOYOTA “Kannon” Crown Wagon
観音クラウン ワゴン


TOYOTA “Kannon” Crown Sedan
観音クラウン セダン


TOYOTA Crown Sedan with Round Tail Lenses
丸テール セダン


TOYOTA Crown Sedan with Square Tail Lenses
角テール セダン

頼りは建物の外観に書かれたShop名、市外局番の無い電話番号、それと番地とストリートの名前だけ。

Shop

Shop前

番地があってもCityや郡が分からなければ当時は探しようがないし、電話番号があっても市外局番が無ければ掛けようがない。想像できるのはNorthern Californiaのどこか、それもタダの想像にすぎず、何度かTryしたが結局見つけられずに諦め、何時の間にか深い記憶の奥に眠っていたこのジャンクヤード。

とある時「そうだ、Googleで探してみよう」と思いつき、色々やってみると、何と衛星写真でそれらしい場所を確定する事に大成功。マークIIの写真後方に写っていた斜めに駐車する道路や、なにやら学校のような低く大きな建物、そしてジャンクヤードみたいな建物も確定できたが、周りにジャンクのクルマを見る事が出来ない。見えるのは広いヤードだけ、でも確かに写真に写る建物はこのShopに違いない。場所が確定できたからやはり現地を確かめ、物があればラッキーだし、無ければ諦めも付く。

そんな訳でLAから4時間くらい北上し、現地を訪ねることになった。非力なChevy HHRでFWY5の急坂はかなりきつい。1960年代当時の非力な日本車でハイスピードでのこの山越えは大変だったろうと思いつつ、現地についてみるとあった!場所は間違えていなかった!しつこく思っていればいつかはかなう時が来るもんだ!と自分のしつこさに感謝!建物もあり、かなり外観は違うが、でもこの建物に間違いない。









さてクラウンは?一台もない、それよりジャンクヤード自体が無い、やはり衛星写真のとおりか。Shopのオーナーに聞いてみると7年前まではあったが、そのオーナーが他界し、ジャンクは全て何処かへ行ってしまい、その後は現オーナーが修理屋をやり、現在に至るそうである。なんと、あのクラウンは何処へ行ってしまったのか?
でももしまだあった場合どうしたか?あのジャンクを全部を買う事になったとしたら・・・。これ以上、ジャンク クラウンを横浜に集めてどうする?と冷静に考えてみると無くて良かったのかもしれない。でも残念。10年前に来たかった!

Junk Yard
These picture were given about 10 years ago. Two TOYOTA Crown “Kannon (Suicide Doors)” Wagon, one Sedan and one each of Round Tail Lenses and Square Tail Lenses Sedan. There was a punctured Mark II Wagon in front of shop and junk yard which probably contained more. The source was the name of shop and street name with number and phone number without an area code. There was no way to find place back than. No city name or province, no area code phone number meant no way to call. All I could imagine was that it was somewhere in Northern California.

But that was just my imagination and even though I tried few things I couldn’t find it and eventually I had given up finding and it was left on my memories until I thought about trying to find it using “Google” and found some satellite pictures of the location. Same way the cars are parked on the street behind the Toyota Mark II as on picture, Short but big building which look like school or church and this building at junk yard was able to identify but the junk cars around the building was unable to find, all there was huge yard, but still the building has to be right since I have located place, I have to check the place, I will be lucky if cars are still there and even if there are none left I could give up so drove 4 hours from LA to visit the place.

The taking hike on steep uphill on FWY 5 was hustle for the weak Chevy HHR, Freeway has some steep hills to clime up the mountain and It must have been some hustle to go over the mountain in high speed with weak 1960s Japanese cars.

Finally found the place and it was there, the place was right. Extremely constantly thinking about wishes and eventually wishes come true. I had to thank to my continuous wishes the building is there but it looks they had changed some, but its definitely the same building and how about Crown?

Not even one car, junk yard is gone the satellite picture was right. Asked the shop owner and he told me that old man was there until seven years ago and junk yard was still there with many cars but when he passed away they sold place and junk was taken away, The current owner owns place from then till now and has repair shop. Well where did all that Crown go? But what if all the cars were still there, what would I do with all the Crowns from junk yard move to Yokohama, Japan? What am I going to do with more Junk Crown in Yokohama? When I think about it calmly, it was better to be all gone, even though its sad to see them all gone. I wish I was there back in ten years ago.

One Low Rod & Custom

(失礼ながら敬称略させて頂きます)
Golden Week中、One Low Rod & Customの1周年記念BBQにお誘い頂き、お邪魔してきました。

One LowといえばVW、それも速いVWやカッコいいVWを製作するVWのSpecialistで、One Lowステッカーを貼りたい人が沢山いる、憧れのShopです。

Black one is NOT FOR SALE.
レッドとブルーは店舗にて購入可能。ブラックはOne LowのクラブメンバーまたはOne Lowでエンジンを作成 or クルマを購入した人のみが手に入れられる非売品。


オーナーの田崎兄弟は3人。上2人がVW Shopをやっていて、One Low R&Cをやっているのは三男の方です。2005年のHCSで綺麗なDeuce 3 Windowを製作したのがOne Low R&C、昨年2006年はHot Rodテイストが盛り込まれたHDも展示していました。一味ちがったHD,そしてStreet Rodderの製作を希望の方は一度相談してみてはどうでしょうか。

One Low Rod & Custom
During the Golden Week National Holidays in Japan、I have visited the First Annual Anniversary BBQ of “One Low Rod & Custom“.

One Low” who is famous shop for being a VW specialist, for the Fast and Cool looks and there are people who wish to have their One Low Stickers.

The owner Mr. Tasaki is third one of three brothers, the two elders run VW shop and he runs The One Low R&C. The Deuce Three window which showed in Yokohama Hot Rod Custom Show 2005, and last year had entry with HD with Hot Rod taste. I suggest to drop by their shop to see the little different twist, if you are looking for HD, or thinking of building Street Rodders by some shop.

名古屋のカスタムバイクショー


※敬称略で失礼します
先週土曜日は名古屋金城埠頭で開催されたMotorcycleイベント「JOINTS」に行ってきました。ゴールデンウィークの渋滞を予想していたのでブース出展はせず、視察って感じでした。久々に暑いくらいの天気になったのでまさにバイク日和、バイカーは皆、気持ち良さそうでした。

名古屋の強力HD SHOP Device Custom Works








Brown Cherry Motorcycles from 大阪

Ace Motorcycle from 神戸

僕は10月にかなり激しいケッチンダメージを受けて以来、HDにはまたがっていません。そのケッチンはとんでもなく強烈なケッチンで、今だにそのツケが残っているのです。次は絶対にセル付きを買います!そんな事はどうでもいいのですが、名古屋周辺はKustom Cityと呼ばれるくらい、クルマのカスタムが盛んな地域ですが、バイクも凄い盛り上がりでした。名古屋周辺は本当のKustom Citiesです。







Deluxie CustomsはTriumphを展示

Paradise Roadの遊び人Shimoも自慢のHD「灰色疑惑号」で会場に来ていました。



“Rod”riguezロドリゲス

Galaxianギャラクシアン

僕はというと、会場オープンと同時に入場し、色々な方と話をしたり、Cruisin’ブースで油を売ったりで、あっという間に一日が終わってしまい、ランチを取るのも忘れていました。

特に国産車ベースのChopperは楽しいですね。クルマも国産車ベースのカスタムが楽しいです。どちらもナゼ楽しいかって言うと、HDやUSA車はUSAに沢山お手本がありますが、日本車・バイクの場合 何処にもお手本はないので「夢」がありますね。国産ベースのカスタムはお手本が無いだけに楽しいのです。





5月27日(日)は川崎 東扇島でMotorcycle “Show & Swap Meet”です。楽しみですね!Cruisin’誌の別冊、HD以外のChopperを集めた「Another World of Chopper」っていう本、もう読みましたか?国産ベースのChopperやTriumphなど、HD以外のバイクでもChopperが沢山あります。ChopperというとHDって感じですが、HD以外でもカッコイイのが沢山ありますから、Chopperに興味のある方是非どうぞ!

This is my favorite HD at this event by Hamans Chop Shop.
これが僕の一番のお気に入りでした

“Kustom Bike Show in Nagoya”
Last Saturday went to the Motorcycle event called “JOINTS” hosted at NAGOYA KINJYOU PIER at Nagoya, Central Japan. Golden Week was holiday famous for heavy traffic so we had planned not to bring out the booth and instead took bullet train to have a look around. It was fine hot weather so good day to go out for bikers who were looking all having great time.
I have not been on HD since I had foot damaged with kick pedal hit up my heel while cranking HD in October. That was hit by kick pedal swinging up and still that damage is still left. For next time I will buy one with starter motor, that’s not so important anyway the Nagoya area is called the Kustom City for its active car Kustom area and bikes also showed strong Kustom scene. Nagoya area is showing strong as real Kustom Cities.

The famous builder of Paradise Road “Shimodaira” was also at show with his proud HD called “the Gray Suspicion”. He is know as builder of “Rod”riguez and Galaxian.

I was in the event space as soon as the gate opened and talked to various people, spent some time in Cruisin’ Magazine’s booth and the day went so fast that I had forgot to take a lunch.

The chopper made out of Japanese bike are fun. The cars and bikes both fun to Kustom Japanese ones. Why fun is that the US cars and HD has many good example in USA but there are no sample for Japanese Domestics and only “Images!” are there to Fulfill. Kustom of Japanese domestic bases are fun as no example.

May 27th is the “Motorcycle Show & Swap Meet”. Looking forward to it. Have you checked out the book called “Another World of Chopper” with choppers other than HD which is released as Cruisin’ Magazine‘s special issue for choppers other than HD. Japanese Domestic base and Triumphs are cool choppers other than HD. There are many cool choppers on this one so please note.