YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

3台目の1-JZ換装車は左ハンドルのクラウンバン

明日、東京お台場で開催のALL ODDS Nationalsに向けて製作中の1-JZ換装のクラウンバンです。

この車は左ハンドルでフロアの3速だった為、それをコラムATに変更し、さらにパワーステアリングに対応する為、ステアリングギアボックス等も左ハンドルに使える物を調達するなど、

色々試練がありましたが、

何とか格好も付いてきました。勿論AC付きです。

このブログを書いている時点ではまだ完成していないので、完成車の画像をアップできませんが、ショー会場では見れる事でしょう。楽しみですね。では、ショー会場でお会いしましょう。

This is 1-JZ swapped 1970 Toyota Crown Van LHD which we are making for All Odds Nationals on tomorrow, in Tokyo Odaiba. This one was hard one with left side steering with floor 3 speed, which were changed to column AT with power steering and different gear box and finally got to shape. AC is already equipped too. It is not complete while I am writing this blog so can’t have picture of completed car but should be able to see it at the Show. Something to look forward to. See you at the show!

The 3rd Crown Party

先週、トヨタ博物館に行ったのも、MAX’s Yardにお邪魔したのも、実は”The 3rd Crown Party”という1967年から70年までの3代目クラウン MS50系のMeetingがトヨタ博物館の駐車場で、MS50 クラウン・オーナーズ・クラブの主催で開催されたからです。

朝、Crown Pick Up 1-JZ換装の高速有鉛号と一緒に走りましたが、この車、速い事を良い事に、友人の黄色のノーマル ピックアップをぶっちぎり、飛ばす、飛ばす。

とうとう最後まで高速有鉛号の前に出る事が出来なかった為、残念ながら後方からの画像しか撮れませんでした。

決して綺麗ではありませんが、このピックを見たら要注意です。君はこの角度からしかこの車を見れないかもしれませんよ

当日は雨は激しく降ったり、やんだりと不安定な天候にも関わらず、30台近いMS50系が集まったのでした。会場は名古屋ですから東京からでも結構距離があり、40年近く前の車には厳しい距離、しかも悪天候と参加者のガッツを感じたイベントでした。











久しぶりにDr. 前原のクラウンワゴンも見ることが出来ました。Dr.も車もお元気そうでなによりです。今度は10月28日(日) Crown Picnicで集まりましょう!その前に、9月30日(日)はALL ODDS Nationalsをお台場で開催します!

“The 3rd Crown Party”
Last week I went to TOYOTA Museum and Max’s yard because I was there to “The Third Generation Toyota Crown Party” was hosted for 1967 to 1970 Third Model TOYOTA Crown by MS50’s Owners Club at parking lot of TOYOTA Museum. In the morning cruised with 1-JZ swapped 1970 TOYOTA Crown pick up owned by “KOUSOKU-YUEN” magazine was fast and left original drive train yellow TOYOTA Crown Pick Up owned by friend behind and never had chance to take a picture from front so there is only rear view picture. This is not clean one but be careful when you see this one. You may not be able to see other angle of this car.

It was raining on and off with unstable weather but 30 MS50 series TOYOTA Crown had gathered. The event was held in central Japan Nagoya so it was far from east side Tokyo to drive the 40 years old cars but in bad weather the owner showed there will to join the event. I saw Dr. Maehara’s Crown Stationwagon which I haven’t seen for while and grad to see that car and Dr. were looking well. Next see you all at Crown Picnic on Sunday October 28th. But before that we have ALL ODDS Nationals on Sunday September 30th.

トヨタ博物館

Max君の広場を見た後、トヨタ博物館にも行ってきました。

トヨタ博物館というとトヨタ車しか展示していないように思いますが、さすがトヨタの博物館です。トヨタ車は勿論、外車もあればライバルの日本車もしっかり展示してあって、内容が濃いです。2Fは外車が中心ですが、3Fは日本車中心。1936年 トヨタAB型フェートンから始まり、1943年 AC型乗用車1938年 日産70型フェートンも展示されていました。



戦後に入り、どことなく北欧の香りがしないでもない1953年 トヨペットスーパーRHN型

クラウンの初期モデルの1995年 トヨペットクラウンRS型RSD型

そしてタクシー向けに作られたトヨペットマスターRR型、

コロナの初期モデル 1957年 トヨペットコロナ ST10とか、

1958年 北米に初めて輸出されたトヨペットクラウンRS-L型。USAのマーケットではパワー不足が露見し一時輸出を断念せざる得なかったという今では考えられない話ですが、これはその当時に輸出された車だそうです。


今年、アメリカトヨタは50周年。友人がこんな貴重な記念Bookをくれました。

KIKKOMANも50周年という事で記念Soy Sauceを販売しています。

僕の一番すきなクラウンは通称 “涙テール”と呼ばれる1962年型RS41。

クラウンエイトがないのがちょっと寂しいですが、その後継車のセンチュリー。そしてそのセンチュリーに搭載されていたのがこのHemi Head V-8。USAでもこのHemiは一部マニアに人気があり、このMotorを使ってStreet Rodを製作している人もいるくらいです。Hemiというだけで価値が違うのです。

「フルチョイスカー」という触込みで発売された通称 ワンテールの初期型セリカや、有名な2000GT。空冷エンジンを積んだToyota Sports 800


何よりも嬉しいのは1970年代、Cam Am出場を前提に造られたというTurbo無しTurbo付きのTOYOTA 7が展示されている事です。

最高にカッコいいです。最近になってやっと日本でも、昔のレースカー等を走れる状態でレストアする事が盛んになってきましたが、あまりにも時間が経ちすぎているので、無くなってしまったレースカーは沢山あると思います。HINO SamuraiもCaliforniaのどこかに眠っているという話ですし、往年のレースカーが復活するのは嬉しい事です。日本も心にゆとりが出てきたという事でしょうか。



隣のビルに行くと今度は生活に密着した商業車が展示されています。商業車はその性質上、使い終われば廃車されてしまうのが殆どですが、デザインは乗用車以上に奇抜な車が多いと思います。この1956年 マスターラインバンや、

1953年 SG トラック、

1959年トヨエースと消防車、

1950年製の薪を焚いて走る「薪トラック」とか、奇抜ですよね。

最後に、戦前 フォードは横浜で、シボレーは大阪で車を生産していたのはご存知でしたか?フォードは1925年創業開始、これは1929年に横浜工場で造られたモデルAです。

シボレーは1927年に大阪で始まり、このフェートンは1931年製です。

勿論右ハンドル、MOONEYESにも横浜工場製の1934年 Ford Phaetonがありました。

今年のヨコハマ ホットロッド・カスタム ショー 2007には横浜工場製の1932年Ford “Deuce” Pick Upが展示される予定です。Toyota博物館はこの他にライブラリーもあり、車関係の貴重な資料や本やらが沢山あって、本当に凄いところでした。さすが世界のTOYOTAです。

“TOYOTA Museum”
After looking at MAX’s yard, went to the TOYOTA Museum.

The TOYOTA Museum sounds like only TOYOTA cars are exhibited but that’s TOYOTA there were great line up of imported cars and other domestic rival brand cars exhibited inside which really makes this Museum a valuable one. Second floor is mainly imported cars and Third floor is Japanese cars, starting from 1936 TOYOTA AB type Phaeton, 1943 TOYOTA AB type Sedan and 1938 NISSAN 70 style Phaeton was in line up too.

They were all pre war cars. After war period begun and with some what like Scandinavian taste 1953 TOYOPET SUPER RHN style, CROWN first model 1953 TOYOPET CROWN RS style, RSD style, TOYOPET MASTER RR style made for TAXI, CORONA first model 1957 TOYOPET CORONA ST10, 1958 first exported to USA TOYOPET CROWN RS-L style, not enough power was its problem in USA and decided to stop export, which is unbelievable for now but this car was the export model of that time. This year TOYOTA has 50th anniversary in USA and my friend gave me this anniversary book. KIKKOMAN has 50 years anniversary too and anniversary soy sauce are sold now.

My most favorite CROWN is so called “Tear Drop Tail Lamp” 1962 RS41, sad that CROWN eight was not there, but the later model CENTURY had this Hemi Head V-8, this Hemi is popular among the Hemi manias in USA and some people make Street Rod using this motor. HEMI makes different values.

“Full Choice Car” was the catch phrase when this “Single Tail Lamp” first model CELICA, famous 2000 GT, air cooled TOYOTA Sports 800, very please to see the 1970 TOYOTA 7 with Turbo and without Turbo tried to race on Cam Am Race in 1970s, but couldn’t make it. Very cool. Now days even in Japan the old race cars are restored to run as they were, which is getting very popular but too many hours and times passed by so there are many race cars that were gone. 1967 HINO SAMURAI is said to be somewhere in California and great old days race cars return is really pleasing to see. May be Japan has some better business economy.

The building next one has life style oriented business and company used cars. Commercial vehicles are usually through away after use for 10years(depreciation) or so, but some designs are eccentric than passenger cars. This 1956 Master line Light Van(Wagon), 1953 SG Truck, 1959 TOYOACE, and fire station vehicle, 1950 fire wood selling car firewood truck, eccentric isn’t it?

Lastly did you know Ford build cars in Japan before War in Yokohama and Chevrolet build cars in Osaka? Ford founded in 1925, this is 1929 Model A build in Yokohama factory. Chevrolet started in Osaka on 1927 and this Phaeton was made in 1931. Of course it was right hand drive, MOONEYES had 1934 YOKOHAMA build Ford Phaeton.

This year’s YOKOHAMA HOT ROD Custom Show 2007, The 1932 YOKOHAMA build Ford “Deuce” Pick Up Will be exhibited at the show. TOYOTA Museum had library and other important information and sources and was really amazing place. That’s World TOYOTA.

Max君の広場にVegaが

友人とレースカーの話をしながらお酒を飲む度に、Max君に「Veag、売ってくれない?」なんて酔っ払って電話をいれる事は二度三度の話ではなく、一度現物を見ない事には話も進まないのでMax君の広場にVegaを確認しに行きました。

何年か前に見た時のVegaはそんなに悪い状態では無かったので、雨ざらしとは聞いていましたがちょっと期待していたのです。グロリアに使っていたレースエンジンとトランスミッションはそのまま残っているので、何かいい車があればそれを載せてDrag Raceに出ようと友人と計画していたわけです。つまり僕がエンジン&トランスミッション、友人が車を調達して2人でシェアしよう、そして「VegaはM夫君から借りて」という何とも勝手な思い付きだったのです。しかもMax君のVegaは初期型なのでVegaの中でもカッコがいい、価値有り物だと僕は思っていますし、すでにレース仕様ですからエンジン&トランスミッションがあればすぐにでも走れる状態、「これはいい!」と勝手に友人と2人で話は盛り上がっていました。少なくとも現物を見る前までは、です。でもMax君のコレクション広場に到着し、その夢は簡単に崩れました。


憧れのVegaとの再会、でもビックリ!


この中途半端に入ったリアタイヤがGood!

タイヤの入り方とか、バランス良くVegaを作るのはなかなか難しいですが、その点はMax君のVegaは結構カッコイイのです。Frontが5穴になっているのが男らしいです。が、もう腐りがひどく、かなり軽量化されています。走ったらフロントガラスが錆ごと飛んでった!なんて事でも起きるのではないかという状態でした。おしい!カッコイイのに!早くレスキューしないと勿体ない!レスキュー911状態です!

残念ながら、エンジン&ミッションがあるから後は車があれば何とかなる、なんて酔っ払いのたわごとは現物を見てもろくも崩れさりました。落ち着いてMax君の広場をよく見ると、どれも大変な状態になっています。Datsun 510は4台もありますし、縦グロも2台あったり、Datsun Z、Camaro、Chevy II S/S。なんとこのChevy II S/S、当時の正規輸入車、販売会社のプレートもエンジンルームに残り、PS、AC、AT、当時のフル装備のS/Sでした。これはまだ何とかレスキュー出来そうでした。倉庫の裏にはチャージャーがあったりでM夫君は凄いコレクターなんです。そんなMax君、このシビックだけはちゃんと屋根下保管になっていました。


510を4台持っているって言っても・・・。


このタテグロはまだ何とかなりそう。


Zは左ハンドルでV-8が入っていたそうです。それに初期型!?


Chevy II S/Sは正真正銘のディーラー車です。


Dealer車の’67 Chevy II S/S。ただ唸るだけです。


これも何とかしましょうよ!


大事にしているチャージャーもかなりの状態になってきました。


これは屋根下保管でした。


お宝に囲まれSmileのMax君

実はVega、VegaとMax君に夜な夜な電話を掛ける傍ら、同時にUSAでもVegaを探していたのです。早々2台見ましたが、どっちも何かピンと来ません。ピンと来たのはMax君のVegaだけでした。Vegaは難しい。



2台ともFrontは4穴でした。

“Vega ant MAX’s yard.”
Whenever drinking with my friend and talk about race cars, we often call MAX when we get drunk and ask him “would you sell your Vega?” not two or three times but more, so we went to check out the Vega at his yard.

It wasn’t that bad when I last time saw it couple years ago, and was hoping it will be good even though it was outside and rained on. The race engine and transmission used on Glory Rod (1971 Nissan Gloria) were left as is and planned with my friend to find good rolling chassis of race car to drop it in and go for drag race. The plan was I will bring engine & transmission, my friend will bring car and we will share the race car and on top of that idea was to borrow or buy Vega from MAX. MAX’s Vega was first model and looks cool and valuable among Vega and already in race car modified so It was ready to run after dropping engine and mission. This idea is Good! So we were getting excited for our thoughts. At least until we saw the real one. But easily the dream idea fell apart when we arrive at MAX’s yard.

The way how tires are in and very difficult to make good looking Vega but for this point MAX’s Vega was good and it looked good. 70’s look! But again it was rusted and lighter by far. Probably the front windshield will fall out with rusted frames when its on the track. Too bad, it looked good! Have to rescue fast! Call 911 for Rescue!

Sadly the drinking dream of building race car with left out engine and rest was up to a car basically fell apart. After relaxing to see the MAX’s yard, it was all in need of rescue. There were four of Datsun 510, Two of Nissan Gloria PA30, Datsun Z, ’68 Camaro, ’67 Chevy II S/S. This Chevy II S/S was the original dealer imported car from back then with serial plate tagged and PS, AC, AT the full loaded ’67 Chevy II S/S was very rare. This was still able to rescue. There was Dodge Charger at back of the warehouse by yard, MAX is a collector. Max has kept this Honda Civic under the roof, of course!

Actually Vega, while calling MAX in the night, I was looking for Vega in USA too [ pic1 / pic2 ]. I saw two, almost buy them but wasn’t inspired by the look of it, only MAX’s Vega had inspired me. Vega is very difficult to built.

Down Town LAのステーキ屋さん

久しぶりにDown Town LAに行ってきました。
と言うのもLA Convention Centerで「Cultural Food Los Angeles」というメキシコ食材の展示会があったので、MOON Cafeで使える食材はないかチェックに行ったというわけです。



そのついでにThe Original Pantryというレストランに寄り、ランチを取りました。


Down Town LAのFigueroa Streetと9th Streetの交差点にあるこのレストラン、時間によっては通りにラインが出来る程混む人気店ですが、昔はこの周辺は決して治安の良いところではなかったので、並んでいるのもオッカナイ感じでした。30年前は本当に不気味な街でしたが、最近では周辺の開発が進み、明るいLAって感じに変わっていました。1924年以来、Never Closed!

注文はパンケーキ、ステーキとポークチョップです。





どうです、このステーキの厚さ!どうです、このポテト、コールスロー、グリンピースそしてパンの量!




昔からこの大きさです。ステーキは歯ごたえが十分あるアメリカンビーフ、久々に顎に疲れを覚えました。もしDown Town LAに行く事があったら是非寄ってみてはいかがでしょうか?



キャッシャーに鉄格子が・・・。




建物、店内、メニュー等すべて、今は少なくなった代表的アメリカンスタイルのレストランです。もし行くならSoy Sauceを持参する事をお勧めします!

“The Restaurant in Down Town LA”
I went to Down Town LA which I have not been there for a while, to see a convention called “Cultural Food Los Angeles” at LA Convention Center. I was hoping to find some good food for MOON Cafe at the Mexican Food Exhibition.

I stopped by The Original Pantry restaurant to take a lunch. The restaurant is at the corner of Figueroa and 9th street in Down Town LA, it is popular and sometime had to line up for seat but since it wasn’t in nicest place of LA. It was a little frightening experience. It was kind of fearful area in 30 years ago but now its blight area with new development. Never closed since 1924.

Order was pancake, steaks and pork chops. How about this fat steak! And volume of the potato, coleslaw, green peas and bread!, incredible!! The volume hasn’t changed from old days. Steak was hard enough to get my face muscle ache. Please try when you have chance to go to Down Town LA. The building, interior, menu and all are traditional American style which is getting less now a days. I recommend to take soy sauce with you!

Long Beach Swap Meet

夏の間、南カリフォルニアはナゼか午前中は曇っている事が多いのですが、この時期になると日の出と共にスカッと晴れ上がります。そんな秋のSunday、Long Beach Swap Meetへ行ってきました。

Pomonaみたいに広大ではなく、手ごろな大きさの中にSwap MeetとCar For Saleがあります。「ちょっと行ってみようか」って感じで軽く行ける場所があって恵まれていますね。Car For Saleといってもその駐車場に止まっている車すべてが売り物と言うわけではなく、その駐車場はPreferred Parkingと呼ばれ、一般より多く払うと会場の近くに駐車できるという場所でもあるので、その様な車も多く止まっています。高く払えば近くに停まれるから歩く距離が短い、一般駐車場はこれに比べると安い(ここの場合はFREE)、だけど結構歩くことになる。Money Talks、分かりやすくていいですね。

そのPreferred Parkingで気になった車を紹介します。それはシェビーです。

この形のNovaが最近気になります。

これもNova。これは綺麗でしたがストレート6でした。

そして何げないカマロも気になりますね。


67年のRSなんかオリジナルペイントのようで最高じゃありませんか。

’69 Chevelleもいいですね。

70年 1/2以降のカマロも最近急激に人気があります。このMotion仕様カマロ(以前も紹介したかな)はMotionのステッカーが貼ってありました。


リアのN50はやり過ぎですね、L60がちょうどいいでしょう。Motion “M”、日本でも流行りました。大阪に一台あったっていうけど、どうしたでしょうか?一本バンパーのSTDモデルをRSの両側を分割するのはちょっと僕としては?です。と言いながら、昔Costa Mesaの友人の’70 1/2 Z28のSTDバンパーを直接ちょん切った事があったから、人の事は言えませんね。当時日本では1本バンパーが幻のように言われていました。「カマロで1本バンパー?そんなのあるの!」そんな程度だったんです。何気なくシボレーが良い感じです。

番外編でFord系、縦目のFairlane’67 Cougarです。67 & 68 Cougarは個人的に好きなのです。この辺の年式は僕らの学生時代の車、でもとても買えるような金額ではありませんでした。でもCougarは3万円だったかな?たった10年落ちでですよ!

そんな学生時代の車みたいのを最近購入した友人の’65 Cometを紹介しましょう。

購入時はこんな感じでしたが、ホイルとタイヤを交換し、低いフロントを上げるためにコイルスプリングに詰め物をして、車重で縮まないようにしたらこうなりました。

結構行けますよね!将来はここまで上げようとジャッキで上げてみたらこれまたカッコいい!

少し位車がクタビレテいてもタイヤとホイルを交換するだけでこうです。昔はこれだけで十分だったのです。このコメット、Long Beachの車たちと何か似た匂いを感じませんか?


Photo by 高速有鉛

本当に最後にLong Beachの帰りPCHで走っていたNovaです。どうやらNovaがカッコイイと思える歳に遂になったようです。

“Long Beach Swap Meet”
During summer, some how Southern California was usually clouded in morning and now in this season it is sunny from the sunrise. In this fall season, I went to the Sunday Long Beach Swap Meet.

It is not huge like Pomona, smaller but has quite good Swap Meet and cars for sale. It’s very nice to have easy place to go, just like by saying “let’s go for a quick look”. Cars for sale is not always every car parked in near spaces. The Preferred Parking is the actual name of parking space near by and anyone can park there with extra money and that’s how cars for sales park in the same place. Pay extra to park near by and walk less or pay less to park far and walk more (this case its free parking). Money Talks, nice and simple, easy to understand.

Here are some cars caught my attention in that Preferred Parking. That’s Chevy. Now days, getting This Nova is getting more attractive. This was Nova too. This one was clean but straight 6. The Camaro looks ordinary but catches my eyes [ pic1 / pic2 / pic3 ]. ’67 RS was great with original paint? ’69 Chevelle looks great too.

The Camaro after 1970 1/2 models are getting popular now days. This Motion look Camaro (may be introduced before) had Motion stickers on. Rear N50 is too much, L60 may be better. Motion “M” was popular in Japan long time ago. There was rumor for one existence in Osaka west side in Japan wonder what happened to that car. Single bumper standard model converted with RS separate bumpers may leave me a question. But I remember cutting standard bumper on friends ’70 1/2 Camaro in Costa Mesa long time ago too. Back than 1 piece bumper was very rare in Japan. Many people didn’t even know and said “single bumper? They exists?”. MOPAR’s are of course popular, but Chevy’s are also cool now in very ordinary way.

The extra on Fords, the vertical lights Fairlane and ’67 Cougar. ’67 & ’68 Cougar are my personal favorite.

These years are cars in college student days, but very expensive to afford. But Cougar was about 30,000yen?, price fall in just 10 years.

Let me introduce my friend who recently bout ’65 Commet, just like cars in college days. The car was like this when purchased but with new tires and wheels changed and lifted front with parts between the springs and here is how it looks now. Pretty good isn’t it? Lifted to the future project height on garage lift and it looked cool. Old looking car can change this much with tire and wheels. This was good enough for old days. Do you feel the same kind of thing about this Commet and those in Long Beach.
The last and really driving Nova cruising on PCH from way back to home from Long Beach. Looks like I have reached age to think Nova looks cool.

Today’s MOONEYES USA




MOONEYES USAでは10月のNHRA California Hot Rod Reunion(CHRR)に向けて、MOONEYES Dragsterの製作が着々と進んでいます。
今年のCHRRは60年代、イギリスへDrag Raceを伝えたAmerican TeamのRace Carがテーマの様です。勿論、MOONEYES Dragsterもその中の1台ですから、どうしても完成させないといけないのです。でも、残り数週間しかありません。

50年 Ford WoodyもFrontのMustang II サスペンションへの変更が終わり、New Motorを積むのを待っている状態です。


が、その後まだWoodの張替え等があるので、少なくても2-3年は掛かる、ゆっくりProjectです。日本でもWoody小林が同じ形のWoodyの修理をしています。はたから見ていても大変すぎる作業、完成されたWoodyが高いのも理解できますね。


Bonnevilleを走った32年 Deuceもガレージに展示されていました。嬉しそうなDean MOON Jr.は長い事抱えていた問題が解決した、と証明の紙を見せてくれました。

最後に、今開発中の商品をお見せします。

写真はMOON Original HD ShovelのFinned ポイントカバーです。同時にAir Cleanerも発売予定です。今日はこんな感じのMOONEYES USAでした。


“Today’s MOONEYES USA”
MOONEYES USA is getting Dragster ready for NHRA California Hot Rod Reunion(CHRR) in October. This year’s CHRR has theme of American Team Drag Race Car who went across to England to introduce “Drag Racing” back in 60s. Of course the MOONEYES Dragster was one of them and has to complete to join the theme. But only few weeks are left.


’50 Ford Woody has complete new Front Mustang II suspension and now waiting for New Motor to be loaded. But the wood has to be restored so it will take at least 2 to 3 years, very time taking project.


In Japan Woody Kobayashi is on restoration project of same style Woody. It’s so much work just by looking at him work, its very understandable how the completed Woody is expensive.

32 Deuce which run in Bonneville is also displayed at garage. Happy Dean MOON Jr. has solved long holding problem and showed me its paper of proof.


Lastly here is a new product on the way. Picture is MOON Original HD Shovel Finned Point Cover. Same time Air Clear will be released. It was like this in MOONEYES USA today.

Super Weekend 長野



長野市の元オリンピック施設 M-Waveで開催された、Flat Head主催のSuper Weekendに行ってきました。(敬称略)


30年位前は電車でも4時間、車だったら6-7時間位は掛かったでしょうか。昔、クラウンでスキーに行った時、スピンして雪の壁にぶつかったのを覚えています。今は東京駅から長野まで新幹線で2時間、車だと4時間位。近くなりました。

さて何十年振りかの長野です。多分30年以上かな?その長野でインドア カーショーが開催されたのは昨年、今年で2回目です。





足をケガしたCruisin’のMr.須藤



自分でクラウンに1-JZを換装した若林さん













MOONEYES ブース



Flat Head Staff 所有の’57達、毎日通勤に使っているそうです




この車が・・・




こうなりました。スゴイ!Art of work!!












普段カーショーがほとんど無い地区ですから、この様なイベントが開催される意義は大きいです。主催社のFlat Headの皆様、ありがとうございます!これからもどんどん盛り上げてください。


Cadillac RanchというFlat Headが営業するBar & レストランです。雰囲気ありました。長野駅前です。




昭和の香りがする街並


“Super Weekend 2007”
I went to City of Nagano last weekend where car show called “Super Weekend 2007” was held by Flat Head at X-Winter Olympic facility called “M-Wave”. I’ve never been in Nagano since when I was in University which is about 30 some years ago. I used to go there for skiing almost every winter, because ski was very popular back then like snowboard now. It took about 4 hours by train and 6 to 7 hours by car to get Nagano back then. Narrow one lane road always up to Nagano, it’s almost impossible to pass the car ahead of you. It was long, long and slow move traffic. I still remember that I took my 1970 Toyota Crown and crash into snow wall. Now, it only takes 2 hours by bullet train and about 4 hours on highway by car.

It was 2nd Annual Show this year and it is very interesting to having car show in this area. Because there is no big car show in Nagano before this show was held in 2006. Show Cars, Motorcycles, Bands, Raffles, a lots vendor booths and awards, it was great show. Thanks to Flat Head! Hope, we can see you again at Nagano in 2008!

Summer is over?

先週の日曜日は北海道のSCN、今年で17回にもなるのです。関東の暑さ&湿気と比べると北海道の涼しさはなんとも心地良いのですが、現地の方々は口々に「今日は暑い」と言ってたのが印象的でした。北海道もフィンランドと同様、夏は車・バイクで走り回り、冬にゆっくりカスタムするのでしょう。どうも暑さ寒さにメリハリの無い地域では毎日が同じテンポなので、そういった変化が無い事が逆にカスタムした車やバイクに乗る感動が薄れてしまうのかもしれません。

さて、ショーは快晴の下、遊園地の立地を最大限に利用し、あちらこちらにショーカーが展示され、一周するのは大変ですが周回遊覧バスがあるのでそちらを利用し、意外と楽に見れました。と言っても乗りっぱなしだったのですが。



MOONEYES賞はこのTOYOTA カローラ フィールダー Woodyです


静岡から北島さんも参加。元気です。


ESMERALDA Car Club


Long Distance、God Bless賞、Best of the Showを受賞


主催:Rapsの富樫社長 【Raps ブログ

Long Distance、God Bless賞、Best of The Showを受賞したのは愛知県から参加の佐々木さんのリンカーン ゼファーで、Low Rider Car ClubのEsmeralda Car ClubはCar Club賞、MOONEYES賞は三上さんの2007年 トヨタ カローラ フィールダー Woodyとなりました。






Swap Meetでは「車のぬいぐるみ」を作るRocket Craftが出店。どうです、実写とぬいぐるみの比較は?こんな器用な事ができて凄いですね。なかなか忠実な仕上がりだと思います。来年は避暑を兼ねて北海道SCNに参加しましょう!








God Blessの岡崎氏。Happy Birthday to you!

北海道から戻り、MOONEYES Area-1にいると、Canada人のご夫婦でMr. & Mrs. Weldonが「日本に行ったら絶対、MOONEYESに行かなくてはいけなかった」と東京から電車とタクシーを乗り継いでわざわざ尋ねて来てくれました。

聞けば彼はBonneville Racerとの事。彼の車は#261 Watson & Welden “Swap Meet Roadster”というRace Carだそうで、今年のBonnevilleでChicoと会ったと言っていました。最近外国からお客様が本当に多くなりました。嬉しいです。


すると翌日にはMOONEYES Fanが愛車のハイエースにWildmanのピンスライプを入れに御来店。丸一日 お子さんと遊んで行かれました。何と昼食・夜食共、MOON Cafeをご利用頂きました。ありがとうございました。夏休みも今週末で終わりですね。夏休み最後のイベントは「MOONEYES Area-1 Junk Fair」。明日2日(日)に開催します。僕は土日、長野で開催されるSuper Weekend 2007に参加してきます。

“Summer is over?”
Last Sunday was Street Car Nationals in Hokkaido(North end Japan), this year is 17th year. It was cool and nice, less humid in Hokkaido compared to east side near Yokohama but how many local people were saying “Its hot today” was impressive. Hokkaido is just like in Finland too, people ride a motorcycle and drive a car around in summer and work on custom in winter. May be in place with no temperature difference in season and same tempo everyday may loose its impressive feeling of riding a motorcycle and driving a car.

Now under the sunny blue sky the Show was hosted in the amusement park premises using all the spaces which spread out and long walk to look around but using the bus going around the park was easy to look around. But actually was on the bus all the time.

Long distance, God Bless(Hi Performance shop) award, Best of the Show was given to the Lincoln Zephyr owner Mr. SASAKI from Aichi prefecture central part Japan, Low Rider Car Club “Esmeralda Car Club” took Car Club award, MOONEYES Award went to TOYOTA Corolla Fielder Woody owner MR. MIKAMI and more award were given to.

Swap Meet had “stuffed doll of your car” made by “Rocket Craft” was out there, how about this one compare doll with picture, amazing hand craft, very true to details. Next year lets go and entry to Hokkaido SCN, getting away from the hot summer heat.

Back from Hokkaido at MOONEYES Area-1, Canadian couple Mr. & Mrs. Weldon were visiting us by taking train and taxi, saying “Must go to MOONEYES when we are in Japan”. Found out he was a Bonneville racer and his car was #261 Watson& Weldon “Swap Meet Roadster” Race Car and met Chico at this years Bonneville. I promise them to see you again at 2008 Bonneville. Recently many visitors from abroad has increased. I am happy for that.

Then on the next day one of MOONEYES Fan has visited Area-1 whole day with his sons to have Wildman’s Pinstripe on his TOYOTA HIACE. They had Lunch and Dinner at MOON Cafe. Thank you very much!

The summer Holiday will end on this weekend. The last event of summer holiday. There is blow out sale Called “Junk Fair” at MOONEYES Area-1 on Sunday September 2nd and MOONEYES will attend Super Weekend 2007 at Nagano on Saturday and Sunday, so I will be there.