YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

Dean MOON’s Video


今回は、新製品の紹介。



Dean MOONが昔販売していた、「Land Speed Record」と言うビデオテープをDVD化し、発売開始です。
しかし、元のビデオはDeanが作った物なので、かなり素人ポイ仕上がり。
しかしそれを修正すると、Deanらしさがそこなわれるので修正一切なし。 そのままコピーしました。
しかも出だしの数分は、画像のみで音声はありません。(不良品ではありません) 
この音声なしのシーンは、MOONBeamの走行シーン(Dean MOONもちょっと映っています)や、


MOON Equipment Co内でMOONEYES Dragsterを囲んだ撮影シーン等が出てきます。
その後、MOONLinerが、キリンメッツCFや、タバコ"555"、ビールのBudwiser等のTV CFに登場しているシーンや、
Summers Brothersの作った392Hemiが4機も載った、Streamliner, Golden Rodの製作過程から、
記録を樹立するまでのシーンとか、Spirit of America1の走行シーン等、貴重な映像が沢山です。
キリンメッツのCFは、日本のTVに登場しましたから、覚えている方もきっといると思います。
仕上がりはちょっと雑ですが、Dean MOONが作り、販売していたビデオテープそのままです。
昔はこんなビデオでも「売れたんだー」って思ってください。 今ではクレームの嵐でしょう。
画像が飛んだり、切れたり、空白があったり、音声がダブったり、無かったり、聞き辛かったり、色々ありますが、Dean MOONのビデオ、時代を感じてください。
そしてDVDパッケージには、当時のビデオテープの広告も掲載してあります。
そして、こんなビデオを買ってしまったのが私です。

これからも音声の無い8mm時代のBonnevilleや、Ed Big Daddy Rothが発売していたビデオを、DVD化し発売予定です。
でも、修正は一切しません。 

New Product Introduction

An old video tape that Dean Moon used to sell called, "Land Speed Record,"is
now available in DVD format.
The original video was made by Dean himself and the finish quality was quite
homemade (amateur video).
However, correcting the production and finish would take away the nostalgic
homemade charm that this video has.
Therefore, the DVD version is a direct copy of the original.

The first several minutes shows video (visual) but no sound (audio).
This is just how the original video was too (not a defect).
During this portion of the video, scenes include the MOONBeam (you can see Dean
momentarily too) and inside the MOON Equipment Co.
where the MOONEYES Dragster is displayed.

Then, TV CF footage and appearances of the MOONLiner with several commercial
companies are shown including
KIRIN METS CF(Japanese Beverage Co.), "555"(Tobacco) and Budweiser
(Beer Co.).
Other footage includes the Streamliner built by the Summers Brothers called
"Golden Rod" that used four 392 Hemi engines.
the build process of Golden Rod, to the scene of its land speed record run.
Spirit of America 1 is also shown.
There are a lot of rare clips and valuable scenes shown.

The KIRIN METS CF was also shown on Japanese TV back in 80’s.

Although the quality is crude by today’s standards, it is the exact way that
Dean Moon originally put it together and offered it for sale.
From a historical standpoint you can say, "So, this is what video tapes
were like back then."
You can imagine the claims if this was produced and marketed today.
Images that are out of focus, blurred, high contrast, low light, cut off, white
washed, sound loss, sound fragmented, flooded by background noise, and you can
go on and on…
but again, it is by Dean Moon. Please think of it as "Period Correct".

In an attempt to keep that same period feeling, the DVD packaging uses the same
content as the original video tape release and includes the original caption
created by Dean on the back.
(Dean originally sold this in VHS and BETA!)

And then there’s this video that I purchased from Dean.
This is a soundless 8mm generation shot video of 50’s & 60’s Bonneville
by Fred Larsen.
Also, "How to Fiberglas" by Ed "Big Daddy" Roth and more
will be available soon.
Plans are in the works for it to be sold in DVD format.
This one will not be edited either.

珍味 in Hawaii

潰れているのは、ハワイで売られているピーナツバター入りのお餅です。

ピーナツバターと餅?
潰れているので、中身が少し見えているでしょ。 これって大福って呼んでいいのかな?
いずれにしても、なんともミスマッチな組み合わせに聞こえるので、自分からは食べてみようとは思いませんでしたが、ハワイの友人に強く勧められ、一つ食べてみると「旨い!」
MOONEYESの食いしん坊、Pan君も、美味そうに食べていました。
このグリーンのはメロン味、


そしてオレンジでマンゴー味の餅(画像なし)もあります。
日本でも餅の消費が落ちているなら、アンコの代わりにカレーでも入れて、カレー餅なんてのも売れるかもね!旨そう!
Chapter 11(会社更生法)が適応されていた、Aloha Air。
先月、遂に運行をStop、ホノルル空港には、往年のFunbird機が駐機していました。


このデザインには憧れたな~。
ハワイはAloha Airと、Hawaiian Airの両方あってハワイですから、Aloha Airの復活を期待しましょう!

The smashed one is peanut butter mochi (Japanese rice cake) sold in Hawaii.
Peanut butter and mochi? Since it was smashed you can see the inside contents
better.
I wonder if this can be called Daifuku (a type of rice cake stuffed with bean
jam)?
In any case, it’s renown as a mismatch combination, but it isn’t something that
I would want to taste.
A friend of mine in Hawaii said just one taste and you’ll be convinced that it’s
good!

"PAN" of MOONEYES will eat it.
The green one is Melon and there’s an orange one that’s Mango too.

Consumption of Mochi has actually dropped in Japan.
Instead of the traditional inside contents of red bean jam (Anko), perhaps making
variants such as Curry will boost sales? Sounds good!

Chapter 11(U.S. bankruptcy code)Aloha Air stopped flying completely last month.

At one time, this period-correct paint scheme was known as the Funbird.
I admire this design.
Hawaii to me is seeing both Aloha Air and Hawaiian Air, so let’s hope that Aloha
Air is revived someday.

’27 Midified T Roadster Report

今回は MOONEYES USA President Chico の ’27 Modified T Roadster Report です。


この1年半をかけて自分で作ってきた車が、やっと完成した。ランドスピードレース仕様の、モデイファイド ’27 T ロードスターです。

70年代 OCIR、Lions, Irwindaleで走っていたが、フレッド・ラーセンに出会ってからボンネビル スピードウイークへ行くようになり、すっかりランド スピード レースの虜になってしまった。

が、しかし、現実的にはフレッドが走らせていたストリームライナーのクルースタッフとして参加するのがやっとで、それ以上のことまではできなかった。

だが、この2年の間に、運良くテイム・カンハの’32 デュース クーペに乗ることができた。

なんといい気分だろう。すぐにスピードに虜になってしまった。
2006年8月のボンネビル スピードウイークから戻ってすぐに、モディファイド ロードスターを作ることを決意した。

モディファイド ロードスターに決めた理由は、製作費用が莫大にかからないことと、フレッドのストリームライナーに載っていたエンジンが使えたら、クラス内の記録を作れる可能性があること、また200マイル以上の速度を記録して、200マイルクラブに入会できる可能性があるからだ。

2006年9月、私はポリフォームのデイックに連絡して、FRP製 ’27 T ボディーと、トラックノーズを手に入れ、持ち帰ってすぐに2x4(ツーバイフォー)の鉄パイプを使って、床にフレームをレイアウトしていった。

自分のなかではどうやって作るか決まっていたので、わりとうまく進んでいった。

そしてアートモリソンに何本か鉄パイプの曲げ加工を頼み、ホースパワーエンジニアリングに、1-5/8インチのクロモリ製管の曲げ加工を依頼。 シャーシとロールケージを仮組みした。
仲間の助けもありうまく進んでいったが、仕事の後で作業をするため、自分の想像よりはるかに遅くなってしまった。それでも目標を、2008年5月のエル ミラージュ・ドライレークレース出場と決めていた。

そして、Shigeからフレッドのエンジンを使う許しを得た。

時が進むにつれて、ショップに人が立ち寄るようになり、誰もが5月のレースには間に合わないと思われていた。途中で自分でも自信をなくしたこともあったが、どうしても終わらせたかったので、ひたすら時間を見つけては作業を続けていった。
友人の協力なしでは、これを成し遂げることはできなかった。そして、やっと完成した時には、自分で想像していたよりも良い出来に驚いた。そのクルマはかっこよかった。エンジンの音はさらに良かった。
183キュービックインチ(2.98リッター)のスモール ブロック シェビーは、スリーブドとストローク域を下げて、3リッター以下のFクラスに入り、471前置きブロワーもつき、燃料はアルコールでも動く。

この前置きブローワーが、この車を作りたいもうひとつの理由だった。
それは自分たちが今でもシボレーエンジン用の前置きブロワーキットを作っているからだった。

5月16日金曜日、我々はロードスターをトレーラーに積み込み、エルミラージュに向った。

そしてついてすぐにレース基準の車体検査を受けた。
新車であるため、複数の検査官に前から後ろまで細かくチェックされた。結果は、燃料タンクの空気口、シフターブーツ、レース用腕ベルトの変更を要請された。

新車と新ドライバーは、必ずベイルアウト(脱出)の実演試験を受けなければいけない。

内容は、火災が発生した際の冷静なエンジンのシャットダウンと、安全かつすばやい車輌の停車。
ここは問題なくパス。さらに検査攻めにあったあと、2人の検査官にサインをもらった。
これでレースに出ることができる。ピットに戻りセットアップして明日に控えた。

土曜朝、エンジンを温め、レースの順番に並んだ。

すべての新車は、初レースランで、125から150マイルで走行し、パラシュートの使用が義務付けられている。

時間だ。レーシングスーツを着て乗り込んだ。かなりきつい。シートベルトを締めた後では、動くことも出来ないぐらいきつい。

レースのスターターが、ゴーサインを出した。

エンジンをかけ、プッシュトラックを運転するダグに押し出すようサインを送った。
ほとんどの車は高速用に作られているので、スピードに乗るまで助けが必要になる。

ゆっくりとクラッチをつないで、プッシュトラックから離れる。

1速、2速、3速、クルマは矢のようにまっすぐ走った。

時速153マイルを、3速と限度内の回転数でマーク、初回ランにやるべき通りの結果だった。

私はとても感激して、うれしかった。自分でデザインして作ったクルマが実にうまく走った。とても喜ばしいことだ。ダグは自分が降りるのを手伝い、私を祝ってくれた。

マリールー(フレッドの妻)は、ピットの中にいた。

彼女はフレッドのエンジンがまた走り出したことと、その音が聞けたことを喜んでいた。フレッドのエンジンは、7年もの間、レース場から離れていた。フレッドに敬意を証してこのロードスターを、フレッドのストリームライナーと同じブルーに塗ることにした。

日曜にもう一度走った。今回はダグに長く押してもらった。プッシュトラックから離れて7千回転まで引っ張った。1速、2速は良かった。3速でエンジンは回転数をおとしはじめる、引っ張れない。

クルマが少しふらつき始めた。燃料不足か、またはタイミングが合っていないのか。

日曜にShopへ戻ってきて、タイロッドの調整ネジが緩んでいることを見つけた。
これで高速時に起こったふらつきの原因が判明した。


うまく言葉で表現できませんが、すっかりスピードの虜になりました。
ロードスターに変更を加えて、6月にエル ミラージュに戻って、またテストを行う予定です。

The car I’ve been working on for last year and a half is finally finished.
Modified roadster for land speed record.
Ever since I met Fred Larsen, and started to go to Bonneville, I fell in love with land speed racing, but never had chance to do anything other than being part of crew for Fred’s streamliner.
Last 2 years, I was fortunate enough to get a ride in Tim Cunha’s 32 Deuce Coupe. What a feeling. I was hooked. As soon as I came back from Bonneville in ’06, I decided to build modified roadster.
Reason for building modified roadster is fairly inexpensive to build and if I can use Fred’s motor out of his streamliner, there’s very good chance of setting record in class and maybe even get me into 200mph club.

September ’06, I called up Dick at Poli Form and picked up ’27 T body and track nose.
As soon as I came back, I started laying chassis out of 2×4 steel tubing. I know exactly how I wanted to build this car, so things went quite well. Ordered some rectangular tubing bent by Art Morrison, 1-5/8″ Chromoly tubing bent by Horsepower Engineering.

Mocked up chassis and roll cage. With help of good friends, things came together pretty well, but working on it after hours made progress slower than I wanted. I’ve set my goal for the car to be completed and ready for may El Mirage in 2008.
I had Shige’s blessing to use Fred’s motor.
as time goes on people come by the shop and didn’t think we would get it ready for May meet.
At some point I had little doubt myself, but I wanted it to get it done so bad, I kept on working on it whenever I had chance to work on it. Without help form good friends, this wouldn’t to been done.

When it finally came together, I was pleasantly surprised of outcome. Car looked good. Motor sound even better. 183cubic inch small block Chevy sleeved and destroked to get in F class which is 3liter limit with help of 471 blower mounted in front of engine running on Alky.
This front mount blower is another reason why I wanted to build this car. We still make front mount blower kit for small block Chevy engines.

Friday May 16th, we loaded roadster up on trailer and headed for El Mirage. Once we got there we went straight to inspection.
Being a new car, several inspectors must go over the car with fine tooth comb front to back.
Fuel vent, shifter boot, arm restraints are things I need to change.
Any new car or new driver must perform “bail out”.
This is a test that you can calmly shut system off and bring the car to stop safely and quickly in case of fire. That went OK. After vigorous inspection, it was signed off by 2 inspectors. I’m good to go. Went back to pit and set up and ready for tomorrow.

Saturday morning, we warmed up motor and went to line up for run.
All new cars must go between 125 to 150mph and pull chute for the first run.
It’s time. I suited up and got in car. It’s tight. By the time all seat belts are in place, you’ll not be able to make any move it’s so tight. Starter gave me a go. I fired up motor.
Waved Doug to push off. Most of cars are set up for high speed, so they need help getting up to speed.
I slowly let the clutch out and took off from push truck. First gear, second gear and third gear, car went straight as an arrow. 153mph at the trap in third gear. Just what I’m supposed to do for the very first run. I was so excited and pleased. Car I designed and built drove so good. Very happy. Doug came to pull me and congratulated me.

Marilou (Fred’s Wife) was in the pit. She was so happy to hear and see Fred’s motor run again. Fred’s motor have been out of commission for 7years. Thanks Fred! (by the way, I decided to paint this roadster blue just like Fred’s streamliner in memory of Fred.)

Sunday, I went for another run. This time I had Doug push me longer. I took off and pulled to 7000 rpm. First, second went good. Third gear motor started to lay down. Wouldn’t pull.
Car started to wonder around a little. Maybe not enough fuel, maybe need more timing. We’ll do more test.

When we got back to the shop on Sunday after the meet, we found out that tie rod adjusting nut was loosened. This explains why car was doing what it di at high speed.

It is the feeling I can’t explain by words. Speed has got me hooked.
We’ll make few changes on the car and go back in June for another test.

続・続・続 27 Modified T LSR

完成したModified Roadsterのサウンドを、お聞かせします。
今回はこれだけ。
El Mirageの結果は、週末のMMM等で、一斉に公開予定です。
お楽しみに!


Here is the movie of the completed Modified Roadster.
That’s all for now…
The results of El Mirage will be featured this weekend in MMM.
See you then!

続の続 27 Modified T -LSR

遂に完成です。









Bonneville Speed Weekまでにはペイントする予定なので、今回は文字描きはせず、ステッカーをはりました。
このEyeballステッカー、Dean MOON時代の秘蔵品、1960年代前半水張りステッカーです。



このステッカーで、全てを語れますね。
準備も整い、金曜日の昼には、El Mirageへ向けて出発です。
MOON Equipment Companyって感じがします。
Chicoは自分で作った車で、200mph以上を出そうって言うのですから凄いですね!

土曜日に夜はSanta Monicaで、Don Ed Hardy氏が発行した、Kustom Japan Bookの、
発売記念レセプションもありますので、WildmanはEl Mirageへ行ったり、Santa Monicaへ行ったり、大変な一日になりそうです。 



M&K、Makoto、Mr. G、日本の巨匠達も参加するこのレセプション、凄そうです!



Chico’s ’27 T Modified Roadster is finally ready!

There are plans for paint and detail work by the time of Bonneville Speed Week
but for this weekend it will run without it, and instead of freehand lettering,
we’ll use stickers.

This Moon Equipped Eyeball Sticker is a cherished item from the Dean Moon era.
It’s a water-slide decal from the early 1960’s

Just by looking over the entire sticker, you can easily tell it’s from that
period.

With preparation complete and in order, we’ll be heading out for El Mirage at
about noon on Friday.

It really has that MOON Equipment Company feeling and vibe.

Chico says to attempt over 200mph in a car built by your own hands, it is an
incredible feeling. It’s amazing!

Saturday night, in Santa Monica, California is the opening reception for Kustom
Japan (Mike McCabe photographs) and Don Ed Hardy exhibitions at Track 16 Gallery.
They worked together on the excellent hard cover photo book titled, "Kustom
Japan" which focuses on the Hot Rod and Kustom Kulture scene in Japan.

The opening reception is from 6PM and there will be many artists and guests
attending. Wildman will be there. He’ll be at El Mirage and Santa Monica all
in one day – one of the reasons he got the name Wildman in the first place!

Other Japanese pinstripers will be at Track 16 Gallery as well including M&K
Makoto, Mr. G and others. You can bet the reception will be awesome!

続 27 Modified T -LSR

遂にEngineを掛ける事になりました。



いったい何年振りになるのでしょうか?
183キュビックインチ、3リッターのChevy V-8です。
当然、Chevyからは出ていません。
Fred Larsenが作った、伝説のEngineです。
FIAレコード、307マイルを記録したEngineです。





Fredの奥さんメリールーも、きっとEngineの音が聞きたいだろうと、夜の9時を過ぎていましたが、電話をしたら「行く!」って元気です。
Engineを掛けた時はこんな感じでした。



もう80歳になりますが、こんな時間でもメリールーは元気です。
夜にオープンヘダー、スーパーチャージャー付き、しかもアルコールで走るエンジン、凄い音です。
Fredはこのエンジンを毎年、自宅で掛けていたと言うから凄い!近所の人たちも凄い!
Engine音を動画で取ったのですが、どうやっていいのか分からないので、後日お聞かせします。
翌日はエンジンフードを作ったのですが、これがベンダーです。



フレームを作った台に、円柱の棒を溶接し、フードのアールを叩き出し、グリルとの接合部分は、Chicoがこうやってこつこつ作りました。







30年以上の付き合いですが、何をやっても器用な人です。うらやましい。
そうこうしているうちにTimが現れ、



FRP部分をサフェサーでペイントしてくれました。





おっと!



たれてしまいました! Hey Tim!
南Californiaのこの地域で、塗装なんかしていいのかな?違反です。でも日曜日だし、ま、いいか。
Paint終了後、Timが車に乗ってみましたが、背が高すぎて足が入りませんでした。



ちゃんと座れないもんだから、この指です。



完成したレースカーを買う特は、自分が座れるかどうかも大きな問題になりますね。
ちなみにボクは、アクセルは踏めない感じでした。
遂に今週末は、El Mirage。Chico’s Modified 27 T Roadsterは、Breaking Recordなるか?200マイルクラブには入れるのでしょうか?



話は変わりますが、7月にイギリスで開催される、Goodwood,
Festival of Speed
に、MOONEYES Dragsterが招待されました。



Dragsterもガソリンからアルコールにしたいな…。

The engine was finally fired up. How many years has it been?
This engine is a 183 cubic-inch, 3 liter Chevy V-8. Naturally, it’s not something
Chevrolet put out.
It’s a legendary engine built by Fred Larsen.

It’s the 307 MPH FIA record engine*
*In 1992, Fred Larsen joined the 300 MPH Club with a record run at FIA (307
MPH) in the Larsen-Cummins Streamliner using this 3L engine.

With Fred’s wife Mary Lou standing by, the engine was prepared.

You knew Mary Lou wanted to hear the first crack and cackle of that engine because
it was after 9PM when we called her and she replied with an instant, "I’m
coming over now! "When the engine was fired up, it looked like this.Although
older now, Mary Lou was in very high spirits, even this late.

In the quite of night, the open header, super-charger and alcohol-fed engine
really made some noise!
Fred used to fire this engine up every year at his own house, that’s amazing!
His neighbors must have been amazed!
The engine sound was recorded too but we’ll have to make a video of it and put
it up at a later time.

The hood for the roadster was made the next day.
This is the bender Using the same jig used for the frame, tubes were welded
in position so that the hood could be hammered into shape.
You can see Chico here, steadily making the section where the grille shell meets
the hood.
In over 30 years that I’ve known this man, Chico still impresses me on his skill
and craftsmanship.

As all this was going on, Tim arrived, to prime the FRP parts.
Oh! What’s this? A Run! Hey Tim!

By the way, isn’t it illegal to be painting outdoors in this area of Southern
California? Well it is Sunday, and well, what ever.
After the painting was completed, Tim tried to jump into the roadster.
However, he’s too tall and couldn’t fit his legs properly into the cockpit.

As he was unable to sit right, he gave an appropriate gesture signifying his
feelings.
Seating and proper fit are very important factors when purchasing a completed
race car, kids.
Incidentally, I didn’t get to press the accel pedal.

At last, this weekend is El Mirage. Will Chico’s Modified ’27 T Roadster break
any records? Will he enter the 200 MPH Club?

In other news, the MOONEYES Dragster was invited to the Goodwood, Festival of Speed coming this July in England.

Just once, I’d like to switch the Dragster from gas to alcohol…
 

27 Modified T -LSR

Land Speed Record Race Car – 27 Modified Tの続報です。
明日、遂にFire Up Motorです。
El Mirageまで後、10日ありません。
ここまで来たのですから、多分、大丈夫でしょう。



Land Speed Record Race Car – 27 Modified T Follow-up Report
Finally, the motor will get its first Fire Up tomorrow. There’s less than 10 days until El Mirage. The build has made it this far, it should be done by then.

古い写真が出てきました。1975年頃の本牧です。

先日、写真の整理をしていたら、昔撮った写真が沢山出てきた中の一枚です。
多分、1975年頃だと思います。
横浜本牧にあった米軍施設で、ここだけは出入りが自由かどうかは知りませんが、勝手に入って写真を撮っていました。
USAのスーパーマーケットのような広々とした駐車場に、色々な車が停まっていました。
とその時、二人乗りのCB750が駐車場から出て行ったので、思わず写真を撮ったのだと思います。
写っている路上の車も良い感じですね。 
後方に見える大きな建物が、今の山手警察署、ちょうどMustangの辺りが、MOONEYES
Area-1周辺になります。 
空がLAの様に広いです。
それにしても、CB750が小さく見えますね!
カメラは36枚撮りフィルムを入れると、72枚撮れるハーフサイズのリコーオートハーフ、
自動的に巻き上げてくれるから「オート」ですが、確かゼンマイでした。


It’s a photo of Honmoku, Yokohama area sometime around 1975.

The other day while sorting through photographs, a bunch of old pictures taken
around 1975 were found.

At that time, Honmoku, Yokohama was a military facility for the US Armed Forces.
It seemed anyone could freely roam in/out of this area on the base but I don’t
know for sure. Without confirming, I wandered around where this photo was taken.
It was a spacious parking lot, much like those found at Super Markets in USA today.
There were all kinds of cars parked there. Just at that moment, a tandem riding
pair on a Honda CB750 was leaving the lot. Without a second thought, I snapped
this photograph. Check out some of those cars on the street in the background.

The large building in the background, on the left side of the photo is the location
of the current Yamate Police Station. At just about the same position as the Mustang,
on the right side of the photo is where MOONEYES Area-1 now stands. Almost hard
to believe it’s Japan. The sky even seems spacious, like Southern California,
almost.
Even that CB750 looks so small!

The film used for this photo was a standard roll of 36 but the camera’s feature,
called Ricoh Auto Half Frame, was used to double the amount of photos to 72. Although
it was called Auto, initial winding was manual… if I recall.

22回 SCNのAward Cars

Long Distance賞:2000 Toyota Hilux

Long Distance賞は、鹿児島からお越しの勝目さん、2000年式のハイラックス。

LQQK賞:1970 Chevelle SS 

70年Chevelle SSは大好きな1台です。Big BlockにBill Jenksのハンド グラインドMOON Cam、Chevy MotorはCamを入れるのとノーマルとではまったく違います。ちょっとリフトのあるCamが入っていると本当に惚れ惚れしたサウンドなんですよ。MOPAR系に押され気味なChevyですが、このChevelleはそんな会場でも光っていました。Chevyがんばろう!

ZQQM賞:1988 Toyota Hilux

このハイラックの丸目、昔乗っていたのです。US仕様はキャビンがちょっと長くて(日本では4WDのキャビンがそうです)うらやましかったです。古いハイラックスですが綺麗になっていて素晴らしい!

GQQD賞:2003 Suzuki ラパン

ラパンベースの小サバーバン、いいですね。一目みてサバーバンだし。時田さんが「ラパーバン」と命名していました。USA車に似せた所がGOODです。

CQQL賞:1959 VW Type-I

1959年型VW Type-Iはカッコよすぎる。Area-1で見た時カッコよすぎてビックリしました。今回のCQQL賞は勿論です。

VQQM賞:1979 Toyota チェイサー

2006年のHCSでデビューしたチェイサー、今回は清水から自走で参加、しかもChevy V-8にMOON Cam、そう、メリハリのはるあの乾いた排気音。ここまでやっている国産は少ないですね。オーナーの気力に脱帽のVQQM賞です。

Camshafters賞:1974 VW Type-I

これは必見です。是非、今年のHCSに参加してほしいなー。完成が楽しみです。

Deuce Factory賞:1932 Ford Roadster

Deuce Factory賞はこの32年ハイボーイ、これからの季節に最高ですね。朝のうちは雨だったのご苦労様でした。

今年は8個Awardがありました。
朝の雨も上がり、気温も次第に上昇し楽しいEventとなりました。皆様ありがとうございました。

次は5月18日(日)お台場で Motorcycle Swap Meetです。
是非バイクでお越し下さい。 

22nd SCN Award Cars
 
Long Distance Award: 2000 Toyota Hilux Pickup
Mr. Katsume brought his truck from Kagoshima, which is 1,483km (927 miles) far south of Tokyo. Kagoshima is on the southwestern tip of Kyushu and is the most southern prefecture of all Japan.

LQQK Award: 1970 Chevrolet Chevelle SS
Big Block Chevy, Bill Jenks Hand-grinded MOON Cam.
The Chevy motor is quite different when comparing stock cam and high lifted cam. Having a cam with just a slight lift will noticeably create a very strong sound. Although this Chevy is hard pressed against MOPARs,
because MOPAR is very popular now in Japan and US as well, this 1970 Chevelle shined bright at the show.

1970 Chevy Chevelle SS is my favorite too! Go Chevy!

Don’t forget, a MOON Racing Cam is grinded by the hands of MOON’s long term Master Grinder and Craftsman, Bill Jenks. His camshafts are built to specs and still available.

ZQQM Award: 1988 Toyota Hilux Pickup
I used to own a Toyota Hilux like this a long time ago but my truck was a bit older, with round eyes (headlights). But the cab was small because of Japanese spec. I always wanted to have US cab and US bed, but was unable to do it.
In US Spec, the cab is a little longer (like the Japanese spec 4WD cab).
Oh yes, American spec is big!
It was an envious feeling to see such a vehicle. It’s such an old Toyota Hilux but very clean it looks wonderful!

GQQD Award: 2003 Suzuki Lapin (base) ’70 Chevy Suburban-Look
At first glance, it’s really an early 70’s Chevy Suburban. It was given the name of “Lapurban” by Mr. Tokita, owner of Vannuys Automotive SHZ.

CQQL Award: 1959 VW Type I Beetle
This VW T-1 is way too cool! When I first saw this at MOONEYES Area-1 parking lot, it was shocking just how cool it looked. It sits very low to the ground with vintage cal-look wheels and retains stock bumpers and chrome trim. This time, no doubt, the CQQL Award winner.

VQQM Award: 1979 Toyota Chaser
Debuted at HSC 2006 and built by Vannuys Automotive SHZ
Driven from Shimizu, which is about 160km (100 miles) from Tokyo, and without a trailer. But it’s got a Small Block Chevy V-8, and a MOON CAM. Yes, producing that unique sound and exhaust pitch all the way here.
At this point in the awards, the domestic production cars are few and far between. Saluting the Owner’s energy is the VQQM Award.

Camshafters Award was goes to 1974 VW Type I (Volksrod style)
I hope they participate in this year’s HCS.
It’s great to see once they complete.

The Deuce Factory Award: 1932 Ford Roadster Hi-boy
The season is just starting out, we’ll see this one again.
With the morning showers, your participation is greatly appreciated.

There were eight Awards this year. With the morning rain passing and clearing the skies, the temperature gradually rose steady. The result was a wonderful day. It was a memorable and fantastic event.

Thank you everyone for coming.

Next event is Motorcycle Swap Meet, held May 18 (Sunday) at Odaiba, Tokyo.
By all means, if possible, please come with your motorcycle.