YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

鈴鹿 SCN

6月1日は、12回目のSCN鈴鹿でした。
前日までの悪天候も、当日は晴れ上がり、このイベントは天気が何時も良いです。
朝6時のゲートオープン前に会場入りさせて頂き、ショップの準備も8時過ぎには整いました。


すると、パラダイスロードの下平君が、バイクでやって来ました。

 

また、Junichiとして知られている下平君は、有名なカスタム車のロドリゲス、Galaxian、Triumph Chopperなどいろいろ造っています。


SCNではファラオスのメンバーや、パラダイスロードの生井君とか、皆イベントヘルパーとして例年手伝っているのですが、彼だけは何時も何もしていません。 
そして遅れてやって来ます。
日も昇り、アワードの選考に会場を歩いていると、また下平君がやって来て、「このバンパー凄いでしょ!’76 Elcaminoのバンパーを20箇所も切ったり貼ったりして僕が作ったの!」 

「このフロントグリル見て!これもボクが作ったの!」っと熱弁、ハイハイと聞いていました。
熱弁しながら、逃げる我々を追いかける下平君が、ここに写っています。

’55 Chevy、カッコ良かったです。

会場を廻っていると、沖縄のMOONEYES Dealerの尾崎さんも、兄弟で出店していたり、

古くからのお客様の丹羽様が、’64 Chevelle 2dr Stationwagonでエントリーしていました。

会場を一廻りしてもどってくると、MOONEYESショップにもお客様が沢山!


その軒先で、Mr. Blueは何とミカン箱をテーブル代わりに、サクラカーショーで残ったTシャツを売っているではありませんか?!

太陽も高くなり空を見上げると、なんと月が太陽と重なり、太陽の光が遮断される皆既月食が発生していました。
この時期にしては大変目面らしい現象ですね。

さて、今回のMOONEYES Awardは、タイヤのサイズから車高からツボをしっかり抑えた、’69 Chevelle SSの大橋様と決定しました。
おめでとうございます!


15時には閉会となりましたが、皆、会場を後にするのが惜しいような素晴らしい環境と天気のなか、楽しい一日を過ごさせてもらいました。
今回、プリウスで行ったのですが、出発前、横浜で満タンにし往復約800キロ、無注油、横浜に戻ってきても、まだ2メモリも残っていると言う好記録をマークしました。
この時期、素晴らしい車です。

  主催者、Hot Stuffの山口さん。自作の楯です。
カムシャフターズ会長、Vannuys SHZの時田さん Camshafters Awardは、杉岡さんのLow
Rider。
何やらけわしい表情の、
カスタムカー編集長の窪田さん(右)
  あともう一歩、富士川SAにて。
 
横浜、本牧には11:30頃到着。お疲れ様!  

The weather was bad everyday leading up to the event, but it clear up on event
day. This event always has excellent weather.

Entering the event area before the gates opened at 6:00 AM, the MOONEYES shop
tent and display space completed setup just after 8:00 AM.

Around that time, Mr. Shimodaira from Paradise Road came by on his motorcycle.

Mr. Shimodaira, also known as Junichi, built the infamous custom cars Rodriguez
and Galaxian as well as a Triumph Chopper among others.
At SCN, Pharaohs car club members and Paradise Road’s Mr. Namai and others assist
as event helpers. However, Junichi is always not doing something or arriving late.
As the day progressed, it was time for the award selections.
Walking to the area, there’s Junichi again. "Isn’t this bumper great! It’s
a ’76 El Camino bumper that’s been cut and mended in 20 places," exclaims
Junichi. In a fervor he continues, "Look at this front grille! I built this
too!" Listening with nods in agreement, an attempt is made to run away but
Junichi is quick to follow

’55 Chevy, Looked real cool.

Making a round in the event area we see MOONEYES of Okinawa, Mr. Ozaki

Mr. Niwa, a long time MOONEYES customer, entered his ’64 Chevrolet Chevelle 2dr
station wagon.

Just after one lap through the event area there are a lot of customers at the
MOONEYES shop, and what’s this?
Over on the edge is Mr. Blue, using what appears to be a tangerine-box as a table
selling left over t-shirts from the Sakura car show event?!

The sun high in the sky, looking up there’s a moon over-lapping it.
The sun is being blocked… it’s a total solar eclipse! This is such a rare phenomenon.

Now then, the MOONEYES Award this time is presented to Mr. Ohhashi and his ’69
Chevrolet Chevelle for it’s great looks, tire size and ride height to it’s firmly
planted stance and ground coverage. Congratulations!

The end of the event was at 3:00 PM but no one wanted to leave because it was
such a wonderful day.
With such a great environment and excellent weather, everyone enjoyed the day
and extended the event a bit longer..

The TOYOTA Prius was used to commute to the event this time and the tank was filled
in Yokohama prior to departure.
The round trip was about 800 kilometers (500 miles) and there was still 2 brackets
of fuel showing. In this present time of fuel concerns, this is such a wonderful
car.

Be Sociable, Share!

Comments are closed.