YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

Toyota Century

トヨタ センチュリーがやって来た
友人のKirkが最近購入したと言うトヨタ センチュリーで、Shopにやってきました。
日本でセンチュリーが走っていても、まじまじと見た事も無ければ、エンジンルームなぞ見た事もありません。
ボンネットを開けて驚いた。
普通なら下にあるはずのステアリング機能が、全部エンジンルーム、それもエンジンの上にあるではありませんか?

しかもエンジンはヘミヘッド、凄いです。
MOONEYES USA Sales ManagerのBobも、Kirkから色々説明を聞いているうちに、頭を掻いてしまいました。

右ハンドルの日本車も珍しいカリフォルニアで、センチュリーは珍しいです。
ブル-スカイにパームツリー、そしてEyeballとトヨタセンチュリーは、何とも奇妙な組み合わせです。

そしてKirkは街へ走って行きました。

My friend Kirk came to the shop in his recently purchased Toyota Century.

Even though these Century cars are still seen on the roads in Japan, the engine room is something I’ve never seen before.
Opening the hood it’s surprising to see the steering mechanism, which is normally located on the bottom, up on top and above the engine even.
Yet, the engine’s Hemi-head is terrific.

While MOONEYES USA Sales Manager, Bob was listening to Kirk’s explanation about the car, he was scratching his head.

A right-hand drive Japanese car in California is unusual, but a Toyota Century at that is truly rare.

Blue sky, Palm tress and Eyeballs with a Toyota Century is such a strange combination.

Kirk driving on the street, as he is leaving.

Be Sociable, Share!

Comments are closed.