YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

MOONEYES SHOP

今日は MOONEYES USA Shop にこんな素敵な ’55 Chevy が来ました。
「年末のMOONEYES X mas Partyに行くぞ!」って言って帰って行きました。
今日は暑いです。

This CQQL ’55 Chevy came to the MOONEYES USA Shop today.
The driver said, “I’ll be at the MOONEYES XMAS Party at the end of the year!” and then left.
It’s a hot day today.

Long Beach


日曜日はLong Beach Motocycle Swap Meetでした。
Last Sunday was the Long Beach Motorcycle Swap Meet.


Sample の Oil Tank の反響は上々、もう少し手直しをしてから販売したいと思います。
The Sample Oil Tank we’ve been working on is looking great and we hope to have it for sale soon.

天気も良かったのでバイクも沢山でした。
The weather was nice and there were a lot of bikes at the swap meet.

Bonneville Speed Week 2009

Report by Chico Kodama

2009年のボンネビル スピードウィークに向けて準備を開始した際に、ブロワーのPop Off ガスケットが飛んでいることが発覚した。
このブロワーのPop offとは、ブロワーで圧縮された圧が過剰になった際にエンジンがブローしないよう圧を逃がすためにあり、昨年のレースでブローしてその場で交換修理を行った部分だった。
昨年のレースの終番でエンジンの馬力が弱く感じたのは、このPop offのガスケットが飛んで、そこから圧が抜けてしまったのが原因と思われる。

この183キュービックインチのエンジンは、圧縮ブロワーなしではなんらパワーを発揮しないため、修理後の今回のスピードトライアルには良い結果を期待されていた。
さらに、車体の後に50ポンドと前に150ポンドのウェイトを追加して車両の安定性を高めるよう試みた。
When we started getting ready for Bonneville Speed Week 2009, we discovered the blower pop-off gasket was worn and pushed out. Not having to touch anything until this time, I came to the conclusion that the reason why I felt the motor was tired on the last run I made last year was because of this gasket. Without boost the blower put out, this 183CI (cubic inch) engine does not produce any power. So, we had high hope of good result. We’ve also added 50lbs in back and 150lbs in front to make car more stable.

8月6日の木曜、朝7時にMOONEYES USAを出発。ラスベガスで給油とランチを取り、
ボンネビルレース会場があるウェンドーバーには夕方の6時半ごろに到着した。
レース会場であるコースの天候は強風で、塩が横に飛んでいるのが見えるくらいで、
風速75~80マイル(120km~128Km)とうわさされていた。
We left shop on Thursday August 6th, 7:00am. Stopped in Vegas for fuel and lunch. It was very windy. Reached Wendover around 6:30pm. Very windy. You can see salt flying sideways. People said 75-80mph gust.

コースには入れない状態で、そのままUターンしてホテルに向かうことにした。
We couldn’t get on salt, so we turned around and went to hotel.


(泊まったホテルの目の前 岩山には数十年以上前に描かれたFred Larsenの文字が。)
(Directly across from the hotel we stayed at was a rocky mountain with Fred Larsen painted on it from several decades ago.)


翌朝金曜の6AMにコースへ出発。
The next morning 6:00am, we headed for salt.



レースカーの車検を終え、ピットをセットアップし、土曜に備えた。
気温は8月にしては寒く、スエットや、ジャケットを着ている人がほとんどだった。
Got car inspected and pit set up. Got ready for Saturday. It was very cold for August. Everybody had sweatshirts and jackets on.

土曜の朝、エンジンを暖気して列に並び順番を待った。最初のスピードトライアルをしたころには午前11:30を過ぎていた。
Saturday morning, we warmed up motor and went to get in line. It was 11:30 by the time I made first pass.


エンジンが6500回転以上回らず、車体もふらついた。時速160マイル(時速256キロ)に達したとき
スピンしてしまった。車体にダメージはなかったものの、車検を受けて再度レースできるまで
丸1日かかってしまった。
Motor wouldn’t rev no more than 6500RPM and it was very loose. Spun around at 160mph. there was no damage to car, but it took the rest of the day to get car signed off.


スピンした車体は、オフィシャルの検査を受け、ダメージがないか確認され承認されないと出場できない。
When you spin, you must have your car inspected for any damages and Okayed by official.


日曜、もう一度チャレンジ。時速192マイル(時速307.2キロ)。

Sunday, tried one more time. 192mph (307.2kmh).




エンジンはまだ調子が出ず。メインジェットを110に変えてもう一度列に並んだ。午後2時半。まだ調子は変わらず。時速191マイル(時速305.6キロ)。プラグをチェック、まだガスが濃い。
115のメインジェットに交換してまたチャレンジした。
Motor was still lazy. We changed main jet to 110 and got in line again. It was 2:30pm. Couldn’t tell much difference. 191mph. checked spark plugs and still shows sign of being to rich. Went to 115 main and try it again.


月曜の朝、エンジンはまだ回りそうだったが、車体がふらついて、それ以上回せない、乗っていられなくなった。
他の大勢のレーサーも同じような問題をかかえ、曲がったりスピンしていた。午後に走行コースの左側を走った。コースの状態もよかった、だがまだ速度は時速192マイル(時速307.2キロ)。

118 のジェットに交換して翌日チャレンジすることにした。
Monday morning, motor wants to pull, but car was so loose, I couldn’t stay in it. Many people were having same problem with tuning and spin. In the afternoon, I ran left side of course. Very nice, but still 192mph. I wanted to try 118 main and try it one more time next day.

火曜の朝、オフィシャルがアナウンスを行い、走行コースが右側に移動された。
昨日走行した左側のコースが使えなくなった。誰も走っていない新コースの路面状態はどちら側が良いかも
分からなかった。コースの右側を選んだ。路面の状態は悪かった。
Tuesday morning, officials made announcement that they have moved course over to the right. So left side I ran day before is no longer there. Being new course, nobody knows what part of course is better than other. Took right side of course. Loose. No time.

午後、新しく試作したエアスクープを試してみることにした。ガスケットが飛んでいるのを発覚する前は、
酸欠が不調の原因と見込んでいた。もっと空気を送りこむように作られたスクープは、効果があった。

エンジンは吹け上がり、7000回転を超えるようになった。しかし走行できないほど車体が不安定なために
それ以上はいけなかった。このエンジンの馬力のピークは8500回転でしかでない、
6000回転では何もパワーを発揮できないで終わってしまう。
In the afternoon, we decided to try new air scoop we made up. Before we discovered blown gasket, I thought we were running out of air, so we made air scoop to collect fresh air. You can tell new scoop works. Motor would rev up past 7000RPM, but it was so loose, I had to lift. This motor won’t produce any power under 6000RPM with peak horse power at 8500RPM.


今年のベストは時速192.114マイル(時速307.3824キロ)。
達成したいところまではいかなかったものの、チューニングとウェイトバランスにつついていろいろと勉強できた。
何人かと話をしたところ、車体の前後にウェイトを追加する必要がありそうだ。
次は車体の4輪にかかる重量をスケールで計測し、策を考える。

そしてとうとう自分の世界記録は破られてしまった。
火曜日にウオルター・ミドリン氏が平均時速212.536マイル(時速340.0576キロ)で世界新記録を達成した。
Best time was 192.114 (307.3824kmh). Didn’t quite get what we wanted to accomplish, but we learned a lot in tuning and weight balance. After talking to few people, I’m beginning to believe I need more weight in the front and rear of the car. We’ll put all 4 wheels on a scale and see what we have to do.
Incidentally, my record was broken on Tuesday as Walter Medlin with 212.536mph (340.0576kmh) two way average.


自分の世界記録が抜かれた、さらに来年に挑む理由となった。
I have my work cut out. So much more reason to look forward to next year.


塩を洗い落として今年のレースも終わりです。

As the salt was washed away, so ends the race for this year.

まっすぐParkできない!/Can’t Park Straight!

Man! ここ最近 バックで駐車し車から降りてみると必ず曲がって停まっている。
真っすぐに停めたつもりでも車から降りてみると曲がっている。
サイドミラーで白線等をガイドにしっかり停めたとしても曲がっている。
Man! Lately, I’ve noticed that after backing into a parking space and getting out, the car is always crooked.
Even if I’m trying to keep it straight, when I get out and look, it’s crooked.
Using my side mirrors and such to carefully pull in, it’s still crooked.

そう思っている方以外と多くいると思う。
そんな事は日常茶飯事に起きるわけだけど
I bet there are a lot of people that think this too.
Even though this is an everyday occurrence for many of us.

今日Chicoが停めた曲がりかたを見たら僕の方が少しはマシかと安心した。
どっちにしても曲がっている訳だから同じこどだけどこの角度の差は年齢の違いか?!
Today I looked at how Chico parked crooked and was relieved that I park a little better.
Both of us park crooked but maybe the difference in degree of the angle is due to age?!

それでも二人ともまっすぐ走るレースでは真っ直ぐ走っている と書きながらそう言えばそうでもないかとフッと思った。
However, both of us are straight-line racers, but now that I think of it as I’m writing, we barely do that any better I think…

これも年齢か。。。? 参ったな。
Maybe this is due to age as well… ? I give up.


ChicoのPark


Me, Park, not bad!

Dodge Challenger

FreewayでNew Challengerを見つけたので前のブログで古い Challenger を紹介した時と
同じような角度で撮ってみました。

While I was on the Freeway I saw the New Challenger. I remember posting about seeing an old Challenger before (past blog post), so I tried to take photos the same way.

右の画像は前のブログの古いChallengerです。
The image on the right is the old Challenger from the past blog post.


真後ろから見るとやはり腰から下が大きいですね。
Looking at it from directly behind, it really does have bottom half.


この角度はカッコ良いです。
I like the angle of this shot.


前からみるとこんな感じです。
Here’s a view of the front.

For those that plan on going to Bonneville

これから Bonneville へ行かれる方々へ

For those that plan on going to Bonneville


見渡す限り真白, 雪のように綺麗なBonneville, しかしそこは塩湖で雪ではありません。
雪なら溶けてしまうので気にする必要ありませんが 同じで白でもこちらは塩なのでまったく溶けません。

While visiting Bonneville, the pure white like snow landscape is breathtaking. However, that’s salt and not snow. If it were snow, it would melt and there wouldn’t be much to do afterwards. The salt on the other hand stays white and does not melt away.


何も気にしないで車に乗り降りすると大変な事になってしまいます。
If you don’t think about it and enter/exit your car it can get very messy before you know it.

こうなると綺麗にするのが大変です。
Once it gets like that, it’s hard work to clean it up.

Salt Lake City で借りるレンタカーには 「塩の上には絶対行ってはいけません」と言う注意書きがある位です。
Bodyにくっついた塩は洗えば何とかなりますが 室内の掃除はそう簡単には行きません。
The car I rented from Salt Lake City had strict instructions to “Do not drive vehicle on salt”…
The salt that gets on the outside of the car can easily be cleaned but the interior won’t be.

以前レンタカーで行った際 車をReturnする為に町はずれにあるCar WashでBodyにこびりついた塩を水で流し、塩湖に行った事がばれない位い室内を綺麗にするのは本当に大変でした。
The last time I came and rented a car, I took the car to a Car Wash and cleaned the Body, then spent some time cleaning out all the salt from the inside so they wouldn’t know. It was a real pain.

そこで僕らが考え付いた乗車方法は、大きなビニール袋にお足突っ込みそのまま運転する方法です。
袋に足を突っ込んだまま運転するのに少々戸惑いますが これなら塩で汚れません。
I’ve got an Idea!でした。
That’s when I came up with this technique of using a large plastic bag and putting your feet in it while still being able to drive. Having your legs and feet inside a plastic bag does make it tricky while driving but it keeps the salt from getting everywhere inside the car.
That was my “I’ve got an Idea!” for the trip.


まず靴の裏についた塩を払い落とします。
First, you want to brush off as much salt as possible from your shoes.


次に両足を大きなビニール袋に入れます。
その時ビニール袋の外側が塩に触れてはいけません。
Then you want a very large plastic bag (big garbage bag works) to put both feet in.
Be sure that the plastic bag doesn’t touch the ground outside so that no salt gets on it.


そのまま足を室内にいれ運転するポジションを取ってください。
先で袋が余っていると運転しずらいのでしっかり引っ張り上げてください。
Then, with both feet inside, take your position to drive.
Be sure to pull up the bag and any slack as that will get in the way of driving normally.


そう、これでLet’s go!! です。
日本では最近まず見ることが無くなった黒のビニール袋、USAではまだ健在です。
And you are ready. Let’s go!
Notice the bag I’m using is black, which Japan doesn’t sell anymore but they are still well used in USA.

Bonneville Speed Week


Wendover, Utah の Bonneville Salt Flats にいます。
初めて来てから20年、走っている車は大分変わりましたが景色はまったく変わりません。
ここが海の底だった何て信じられません。

I am at the Bonneville Salt Flats in Wendover, UT (USA).
It’s been about 20 years since the first time I was here and although the cars have probably changed, the scenery is exactly the same.
It’s hard to believe this used to be the bottom of the sea at one time.


Brand New Camaro! On the Salt!! (新型カマロだ!しかも、塩の上に!!)
レンタカーなのに塩付けいいのかな?
It’s a rent-a-car so I wonder if I’m allowed to be on the salt?


個人的には、チャレンジャーの方がいいです。
Personally, I like the Challenger much better.

The 1 Liter Lifeline – MOON Emergency Fuel Tank

命の1リッター MOON Emergency Fuel Tank

The 1 Liter Lifeline – MOON Emergency Fuel Tank

ドイツの関根君からメールが来ました。 本当はNobbi君なんですが奥様が日本の方で
ドイツで暮らしドイツの大きなハーレーの部品卸会社に2人で勤めいます。
関根君とはイタリアで会ったのですが 彼は大のMOONEYES Fanそして日本が大好きだそうです。
その関根君がイタリアからドイツに帰る時 MOON Emergency Fuel Tankを上げたのです。
I got a message from my friend Nobbi from Germany. I mentioned him in a recent blog post, his wife is from Japan. They live in Germany and work for a large Harley parts wholesale company.
I met him during my trip to Italy but he has always been a big fan of MOONEYES and of course, he also loves Japan. They rode on motorcycles from Italy back to Germany and I gave him a MOON Emergency Fuel Tank when they were leaving.

そうしたら画像が来ました。 これは彼がSwedenに行く途中のガソリンスタンドでのショットです。
下が関根君からのメールです。 お使いの方はすでに体感していると思いますが
これ1本あると安心ですが最近 暑いですからタンクのガスキャップを開けてエア抜きをマメにお願いします!
In his message, he also sent a couple pictures. The photos were taken in Sweden at a gas station on their way home. Below is the message that accompanied the pictures. I’m sure those that use this already know but it’s a big relief to have this extra bottle handy. With the recent hot weather, please don’t forget to release the air pressure before you open the gas cap!



しげさん こんにちは、

先週、スウェーデンまでバイクに乗り、MOONの商品使いました。
MOON Emergency Fuel Tank はとても便利ですね。
1リッタのリザーブ用ガスを持っているので、本当に安心で走れますね。

マタネ、
関根 ノビー

Hello Shige-San,

Last weekend we ride to Sweden and I used your product.
The Moon Emergency Fuel Tank is very good.
It’s a good feeling when you know you have 1 liter reserve fuel.

matane,
Nobbi Sekine

日曜日は雨だった / It rained on Sunday.

8月2日Sunday、東京お台場で、4回目になる Motorcycle Swap Meet (MSM) が開催されました。
が朝から曇り、雨、曇り、強い雨、晴れ間も覗き、そして雲、また雨 大変でした。
Panhead “Orange Krate” に乗り会場に向かって湾岸線を走っているとポツポツと雨の兆し、
走りながら「そう言えば1回目の時もこれに乗って行って雨だったな」って思っていたら
本当に雨になってしまいました。Shovelで行った2,3回目は晴天でした。
関係あるのか ないのか取敢えず来年はPanでは行きません。
こんな雨の中 エントリーして下さった皆様、そして会場のお越しくださった皆様、ありがとうございました。 また来年宜しくお願いします。

The 4th Annual Motorcycle Swap Meet (MSM) was held on Sunday, August 2, in Odaiba, Tokyo.
From the early morning it was cloudy, then rain, to strong rain, turned to slightly sunny for a short period, then back to clouds, then rain again. It was harsh.
I rode the Panhead, “Orange Krate” to the event and as I was on the Wangan Expressway, there were signs of rain with drops here and there.
As I was riding, I remembered back three years ago to the first MSM, I rode this very bike and it rained and just as the thought entered my mind, sure enough it rained. The 2nd and 3rd MSM I rode the Shovel and it was fine weather.
If there’s any relation or not, in any case next year I won’t be riding the Pan.
To all the people that went to the MSM in this rain, and all the riders that entered, thank you very much. I hope to see you all again next year.


雨も強くなり引き揚げる人々です。
When the rain got stronger, a lot of people moved out.


元Staff 和崎君も帰ってしまいました。
Old staff Mr. Wazaki left too.


雨は上がりましたが多くのバイカーは帰路についてしまいました。
The rain stopped for a period but most of the bikers were heading home by then.


暇なり、ブラブラしている元 Staff でイベントを手伝ってくれたShogo(右)、
と仕事しないといけないと思いながらも Shogo に流される永井君(左)
Having extra time on his hands, old staff that were even helpers had nothing to do, like Shogo (right).
He was beginning to persuade Mr. Nagai (left) whom is always finding ways to keep busy working.


雨があがったの Deluxie の高田さんは朝しまったバイクを再度引き出してきました。
お疲れ様でした。
When the rain stopped, Deluxie’s Mr. Takada brought his bike out again after he put it away in the morning.
Thank you for your participation.


しかしこのカップルは犬が好きです。 Mr .& Mrs. Bull YONE Original.
この首輪もBull Original製です。
This couple sure does love dogs. Mr. & Mrs. Bull YONE Original.
This color is a Bull Original item.


番外編は Mad Max の Goose役、バイクは250と小ぶりですが ヘルメットもジャケットも
映画のレプリカ物との事、そんなに人気あるとは知りませんでした。
From the series of Mad Max movies was Goose, the bike is a 250 on the smaller side but the helmet and jacket are movie replicas, I had no idea it was that popular.


最後はMOONEYES Fan, StaffにはT-shirtsを配ったはずが なぜか彼だけは
タートルネックになっています。
Lastly is MOONEYES Fan. Staff had event T-shirts on but for some reason, he was the only one wearing a turtleneck.

Magazines

MOONEYES の Pinstriper Wildman 石井が 日本で Signs & Pinstriping を始めて20年!
その軌跡を追ったイベント Ace High Only One Wildman を MOONEYES Area-1 Garage で開催しています。 Garage ですから窓はありませんし、クラーもありません。
しかもこの猛暑です。でも扇風機はあります。Wildman はこの期間中 Garage に居ますので
是非一度お立ち寄りください。20周年の記念商品もあります。Wildmanがサインをしたくて
うずうずしていますので喜ばせて上げて下さい。

It’s been 20 years since MOONEYES Pinstriper Hiro “WILDMAN” Ishii began Signs & Pinstriping in Japan!
Celebrating its success is the event, Ace High Only One Wildman, being held at MOONEYES Area-1 Garage, in Honmoku, Yokohama. It is in the garage so there’s no windows, or A/C either.
However, the recent heat. There are electric fans blowing. Wildman is in the garage for the entire duration of the event so if you have a chance, please stop by and visit. There are also limited edition, 20th Anniversary items for sale too. Wildman has been restless because he loves to sign and he’ll be delighted if you ask him.


さてそんな Wildman の 20年間を振り返ったインタビューが最近発売になったばかりの 「FlyWheels マガジン」 に掲載されています。
今まで通説となっていた事が実は違っていたとか。。 このインタビューで Wildman のすべてが理解できます。
え!本当?!知らなかった!! なんて言う内容です。ぜひ お近くの書店や Amazon.com で購入して下さい。
ちなみに、Amazon で購入すると送料が掛からないとかです。 確認してください。

Speaking of Wildman, he is featured in the recently published first issue of “FlyWheels Magazine” in a 20th year renewal interview.
In the interview, it’s revealed that some of the thoughts and opinions he’s had over the years has actually changed. You will better understand Wildman from this interview.
What? Really? I didn’t know!! The contents are detailed. Check your local bookstore or Amazon.com (JP) for the magazine.
By the way, I heard if you purchase from Amazon (Japan), they don’t charge domestic shipping/delivery. Check it out to be sure.


そして 「VINTAGE AUTO」 の8月1日発売号には、何とあの生沢徹さんの
And finally, on bookstands now, released on August 1st, “VINTAGE AUTO” magazine features three interviews starting with the legendary Japanese race driver Mr. Tetsu Ikuzawa,


「第2回日本グランプリの真実」に続き
in an article titled, “The 2nd Annual Japan Grand Prix Reality”.


と 「シゲ菅沼/粋な遊びと昭和の車」
And “Mr. Shige Suganuma/Stylish Fun and Showa-era Cars”.


そして Deuce Factory の 「笠井俊一/珠玉の小型車たち」
Followed by Deuce Factory’s “Mr. Shunichi Kasai/Jewel of Compact Car People”.

2人の車生活が特集されています。
Two of the featured articles are about car life over the years.

笠井さんはなんと38台もの車を乗り継いでいたなんてビックリでした。
でも、生沢さんと僕らが一緒でいいのかな~。
To my surprise, I didn’t realize Mr. Kasai has owned 38 cars.
But I was sort of happy to together with Mr. Ikuzawa’s feature…


ちなみに、やっと My Office を写真とりました。
On another topic, I finally took a picture of my office.