YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

Bonneville Speed Week 2009

Report by Chico Kodama

2009年のボンネビル スピードウィークに向けて準備を開始した際に、ブロワーのPop Off ガスケットが飛んでいることが発覚した。
このブロワーのPop offとは、ブロワーで圧縮された圧が過剰になった際にエンジンがブローしないよう圧を逃がすためにあり、昨年のレースでブローしてその場で交換修理を行った部分だった。
昨年のレースの終番でエンジンの馬力が弱く感じたのは、このPop offのガスケットが飛んで、そこから圧が抜けてしまったのが原因と思われる。

この183キュービックインチのエンジンは、圧縮ブロワーなしではなんらパワーを発揮しないため、修理後の今回のスピードトライアルには良い結果を期待されていた。
さらに、車体の後に50ポンドと前に150ポンドのウェイトを追加して車両の安定性を高めるよう試みた。
When we started getting ready for Bonneville Speed Week 2009, we discovered the blower pop-off gasket was worn and pushed out. Not having to touch anything until this time, I came to the conclusion that the reason why I felt the motor was tired on the last run I made last year was because of this gasket. Without boost the blower put out, this 183CI (cubic inch) engine does not produce any power. So, we had high hope of good result. We’ve also added 50lbs in back and 150lbs in front to make car more stable.

8月6日の木曜、朝7時にMOONEYES USAを出発。ラスベガスで給油とランチを取り、
ボンネビルレース会場があるウェンドーバーには夕方の6時半ごろに到着した。
レース会場であるコースの天候は強風で、塩が横に飛んでいるのが見えるくらいで、
風速75~80マイル(120km~128Km)とうわさされていた。
We left shop on Thursday August 6th, 7:00am. Stopped in Vegas for fuel and lunch. It was very windy. Reached Wendover around 6:30pm. Very windy. You can see salt flying sideways. People said 75-80mph gust.

コースには入れない状態で、そのままUターンしてホテルに向かうことにした。
We couldn’t get on salt, so we turned around and went to hotel.


(泊まったホテルの目の前 岩山には数十年以上前に描かれたFred Larsenの文字が。)
(Directly across from the hotel we stayed at was a rocky mountain with Fred Larsen painted on it from several decades ago.)


翌朝金曜の6AMにコースへ出発。
The next morning 6:00am, we headed for salt.



レースカーの車検を終え、ピットをセットアップし、土曜に備えた。
気温は8月にしては寒く、スエットや、ジャケットを着ている人がほとんどだった。
Got car inspected and pit set up. Got ready for Saturday. It was very cold for August. Everybody had sweatshirts and jackets on.

土曜の朝、エンジンを暖気して列に並び順番を待った。最初のスピードトライアルをしたころには午前11:30を過ぎていた。
Saturday morning, we warmed up motor and went to get in line. It was 11:30 by the time I made first pass.


エンジンが6500回転以上回らず、車体もふらついた。時速160マイル(時速256キロ)に達したとき
スピンしてしまった。車体にダメージはなかったものの、車検を受けて再度レースできるまで
丸1日かかってしまった。
Motor wouldn’t rev no more than 6500RPM and it was very loose. Spun around at 160mph. there was no damage to car, but it took the rest of the day to get car signed off.


スピンした車体は、オフィシャルの検査を受け、ダメージがないか確認され承認されないと出場できない。
When you spin, you must have your car inspected for any damages and Okayed by official.


日曜、もう一度チャレンジ。時速192マイル(時速307.2キロ)。

Sunday, tried one more time. 192mph (307.2kmh).




エンジンはまだ調子が出ず。メインジェットを110に変えてもう一度列に並んだ。午後2時半。まだ調子は変わらず。時速191マイル(時速305.6キロ)。プラグをチェック、まだガスが濃い。
115のメインジェットに交換してまたチャレンジした。
Motor was still lazy. We changed main jet to 110 and got in line again. It was 2:30pm. Couldn’t tell much difference. 191mph. checked spark plugs and still shows sign of being to rich. Went to 115 main and try it again.


月曜の朝、エンジンはまだ回りそうだったが、車体がふらついて、それ以上回せない、乗っていられなくなった。
他の大勢のレーサーも同じような問題をかかえ、曲がったりスピンしていた。午後に走行コースの左側を走った。コースの状態もよかった、だがまだ速度は時速192マイル(時速307.2キロ)。

118 のジェットに交換して翌日チャレンジすることにした。
Monday morning, motor wants to pull, but car was so loose, I couldn’t stay in it. Many people were having same problem with tuning and spin. In the afternoon, I ran left side of course. Very nice, but still 192mph. I wanted to try 118 main and try it one more time next day.

火曜の朝、オフィシャルがアナウンスを行い、走行コースが右側に移動された。
昨日走行した左側のコースが使えなくなった。誰も走っていない新コースの路面状態はどちら側が良いかも
分からなかった。コースの右側を選んだ。路面の状態は悪かった。
Tuesday morning, officials made announcement that they have moved course over to the right. So left side I ran day before is no longer there. Being new course, nobody knows what part of course is better than other. Took right side of course. Loose. No time.

午後、新しく試作したエアスクープを試してみることにした。ガスケットが飛んでいるのを発覚する前は、
酸欠が不調の原因と見込んでいた。もっと空気を送りこむように作られたスクープは、効果があった。

エンジンは吹け上がり、7000回転を超えるようになった。しかし走行できないほど車体が不安定なために
それ以上はいけなかった。このエンジンの馬力のピークは8500回転でしかでない、
6000回転では何もパワーを発揮できないで終わってしまう。
In the afternoon, we decided to try new air scoop we made up. Before we discovered blown gasket, I thought we were running out of air, so we made air scoop to collect fresh air. You can tell new scoop works. Motor would rev up past 7000RPM, but it was so loose, I had to lift. This motor won’t produce any power under 6000RPM with peak horse power at 8500RPM.


今年のベストは時速192.114マイル(時速307.3824キロ)。
達成したいところまではいかなかったものの、チューニングとウェイトバランスにつついていろいろと勉強できた。
何人かと話をしたところ、車体の前後にウェイトを追加する必要がありそうだ。
次は車体の4輪にかかる重量をスケールで計測し、策を考える。

そしてとうとう自分の世界記録は破られてしまった。
火曜日にウオルター・ミドリン氏が平均時速212.536マイル(時速340.0576キロ)で世界新記録を達成した。
Best time was 192.114 (307.3824kmh). Didn’t quite get what we wanted to accomplish, but we learned a lot in tuning and weight balance. After talking to few people, I’m beginning to believe I need more weight in the front and rear of the car. We’ll put all 4 wheels on a scale and see what we have to do.
Incidentally, my record was broken on Tuesday as Walter Medlin with 212.536mph (340.0576kmh) two way average.


自分の世界記録が抜かれた、さらに来年に挑む理由となった。
I have my work cut out. So much more reason to look forward to next year.


塩を洗い落として今年のレースも終わりです。

As the salt was washed away, so ends the race for this year.

Be Sociable, Share!

Comments are closed.