YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

26th Annual Yokohama Hot Rod Custom Show 2017

もう 3月になってしまいました。
ぐずぐすしているとあっと言う間です。
26th Annual Yokohama Hot Rod Custom Show 2017
会場の前にはまた新しいマンションが。。。
日に日に空き地にはマンションが建ち、会場周辺を取り巻く環境は厳しさを増してきました。

2017年も もちろん “Respect Our Kulture” そして “Grow Together – 育てよう – Sodateyou”
成熟したカルチャーになる為に皆で一緒に育てよう! って感じで行きましょう!
そしてもう一つ、 搬出搬入等で色々ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。
カッとなったら “Take it easy” “Don’t be wild, Don’t be mean”
腹は立てずに横にしてご協力お願い致します。


http://www.mooneyes.co.jp/en/2017/0303/take-it-easy-bumper-sticker-present-campaign/
TAKE IT EASY” bumper sticker present campaign has started!

バンパーステッカーキャンペーン!
このステッカーはMQQNEYES Area-1, MQQ Cafe and Online shopで
¥3,000以上購入の方に差し上げています。

少しずつですがHCS 2017に向けて始動し始めました。
遅い!って? 何時も Slow Start なんです。

It’s already March. In the blink of an eye, time moves before you know it.
26th Annual Yokohama Hot Rod Custom Show 2017
Guess what, they started to build another condominium in front of the event hall…
Day by day, the available land it being consumed by developers and the surrounding area of the event hall is surely going to get more strict and critical about noise.
In 2017, we’ll continue the “Respect Our Kulture” campaign and include a new theme titled ‘Grow Together” which in Japanese is “SODATEYOU”.
We are all growing older and maturing together in this culture so this is a good way to express it.
We’ll also do an additional solgan “Take it easy” “Don’t be wild, Don’t be mean”.

TAKE IT EASY” bumper sticker present campaign has started!
We will give a bumper sticker as a gift to people who purchase more than 3,000Yen (without tax) at MOONEYES Area-1, MQQN Cafe and Online shop.

Little by little, we’ll begin HCS2017 progress.
As every year recently, we always have a slow start.


Shige Suganuma のスポンサーの立場からのボンネビルについてのインタビューが
http://bonnevillephoto.com にて公開されました。是非ご覧ください。

Shige Suganuma のインタビューはこちら↓
http://bonnevillephoto.com/interview/shige_suganuma.html

アメリカ・ユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで開催される 「ボンネビル・モーターサイクル・スピード・トライアルズ」。 真っ白な塩の地平で展開される、美しくも特異な世界をフォト グラファー 増井貴光が追う。モータースポーツフォトの領域を 超えたアートともいえる写真集を作りたい。

カメラマンの増井貴光は本来の仕事であるバイク雑誌の撮影の合間、過去7年の間に、このボン ネビルの様子を撮影するためにソルトフラッツを何度も訪れました。毎年のように通うことにな ったきっかけは、”世界最速の日本人”といわれるレーサーのヒロ・小磯氏に誘われたこと。『世 界最速のインディアン』の主人公、バート・マンローと同じように自宅のガレージで自らマシン の制作も手掛ける彼のスピードに賭ける情熱に感動し、現地へ通うようになりました。これまで 撮影した写真も10,000カットを優に超えています。
今回の写真集にはそんな7年間のボンネビルへの想いが詰まった膨大な量の写真から、厳選して 載せていきたいと考えています。仕上がりは96ページになる予定。バイクファンの方はもちろん、 バイクに興味のない方々にまで響くクオリティを持った、アーティスティックな写真集をめざし ています。また、塩の平原をレースに適した状態に戻し保護しようと活動するこの取り組み 「SAVE THE SALT」に、私たちの写真集の売上げの一部を寄付しようと考えています。

以下、増井本人からこの写真集にかける想いを語ってもらいました。

「私が初めてボンネビルを訪れたのは2010年。ヒロ・小磯という日本人と知り合ったことから、 このストーリーは始まります。日本ではあまり知られていないランドスピードレースに挑戦する 日本人がいるということを日本に紹介したいと思い7年間通い撮影をしました。100年という歴 史のあるボンネビル・ソルトフラッツというランドスピードの聖地で行われるチャレンジに通っ ていくうちに自分もその世界に受け入れてもらえた気がします。そのような素晴らしいシーンを 日本に、そして世界中に紹介していきたいと思っています。本来のバイクの世界はこれだけ自由 だということ、さりげなく命がけの最高速に挑戦する人たちのドラマ、そのようなことをこの写 真集に詰め込みたいと思っています。この写真集を見ていただいたことをきっかけに、ランドス ピードレースに挑戦してみよう、ボンネビル・ソルトフラッツを訪ねてみよう、などと心が動い ていただければ、これほど幸せに思うことはありません。一人でも多くの皆様にこのプロジェク トメンバーとして参加していただければ有り難く思います。」

Official Website 引用

Official Website
http://bonnevillephoto.com/

クラウドファンディングで
『bonneville』写真集サポーター募集中!
https://camp-fire.jp/projects/view/19458

Facebook ページ
https://www.facebook.com/bonneville-photography-209096876204899/

Be Sociable, Share!

Comments are closed.