YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

日本車 Drag Race Cars in オーストラリア

オーストラリアもDrag Raceがさかん、USA車のノックダウン生産があったり、GM系、クライスラー系、Ford系がそれぞれV8付きのオーストラリアモデルを出していたり、60年代後半はトヨタ クラウンも現地生産していたというから驚きです。

国土は日本の約20倍以上、人口は1/6くらい、でもオーストラリアもUSAと同じクルマ社会です。規制はかなり厳しいようですが、Car Guyは沢山いるようです。人口に対するHot Rod所有率はスウェーデンが一番と言われますがオーストラリアもかなりの%になると思います。

今回はオーストラリアの日本車Drag Race特集を2回に分けてお伝えします。といっても最新情報ではありません、昔の写真です。

まずブリスベン近郊のWillowbank Racewayで撮影したセリカ(1)・・・やたらまとまってますね。MOONロゴ付き黄色のシャツを着ていたらコントロールタワーに入れてくれたからこんな角度の写真が撮れました。 (6)のセリカと比べるとリアタイヤの位置が(1)の方が格好いいです。リアに太いタイヤを入れるPro Streetタイプを作る際、何処にタイヤの中心を持ってくるかでバランスが決まるのと、もう一つはタイヤの入り具合です。それでも(1)のセリカは低さといい完璧です。まるでUSAのレースカーみたいですね。セリカはこの時代の日本車では抜群にUSA的だと思います。

そして三菱 ギャランラムダ(2)、と言うよりプリムス Sapporoって呼んだ方がポピュラーかもしれません。これは絶対にUSA車です。三菱が出してた事がおかしく、本当はダッジが作って三菱が販売していたのかもしれません。Funny Carも当時結構ありましたね。

610 ブルーバードU(3&4)です。UのDrag Race Carは初めて見ました。このクルマのリアエンドはまとまっていますね。でもUで作るのもいいですね。 (5&6)もセリカです。もう少しリアタイヤが前にあれば・・・といっても、こんなクルマを作って走ってる事が凄いですよね。

Gold Coast周辺は天気も良く、Californiaにでも居るのかなって気になりますが、USAではこんなに日本車のDrag Race Carは見れませんね。 “Japanese Cars, Drag Race Cars in Australia” Drag Race is also prosper in Australia. Knock down production of USA Cars, like GM, Chrysler, Ford (Continue reading…)