YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

日本車の日本的カスタム/Japanese Cars with Japanese Custom Style

California でも流行? 日本車の日本的カスタム。

Is this popular in California? Japanese cars with Japanese style custom. (Continue reading…)

日本車 Drag Race Cars in オーストラリア

オーストラリアもDrag Raceがさかん、USA車のノックダウン生産があったり、GM系、クライスラー系、Ford系がそれぞれV8付きのオーストラリアモデルを出していたり、60年代後半はトヨタ クラウンも現地生産していたというから驚きです。

国土は日本の約20倍以上、人口は1/6くらい、でもオーストラリアもUSAと同じクルマ社会です。規制はかなり厳しいようですが、Car Guyは沢山いるようです。人口に対するHot Rod所有率はスウェーデンが一番と言われますがオーストラリアもかなりの%になると思います。

今回はオーストラリアの日本車Drag Race特集を2回に分けてお伝えします。といっても最新情報ではありません、昔の写真です。

まずブリスベン近郊のWillowbank Racewayで撮影したセリカ(1)・・・やたらまとまってますね。MOONロゴ付き黄色のシャツを着ていたらコントロールタワーに入れてくれたからこんな角度の写真が撮れました。 (6)のセリカと比べるとリアタイヤの位置が(1)の方が格好いいです。リアに太いタイヤを入れるPro Streetタイプを作る際、何処にタイヤの中心を持ってくるかでバランスが決まるのと、もう一つはタイヤの入り具合です。それでも(1)のセリカは低さといい完璧です。まるでUSAのレースカーみたいですね。セリカはこの時代の日本車では抜群にUSA的だと思います。

そして三菱 ギャランラムダ(2)、と言うよりプリムス Sapporoって呼んだ方がポピュラーかもしれません。これは絶対にUSA車です。三菱が出してた事がおかしく、本当はダッジが作って三菱が販売していたのかもしれません。Funny Carも当時結構ありましたね。

610 ブルーバードU(3&4)です。UのDrag Race Carは初めて見ました。このクルマのリアエンドはまとまっていますね。でもUで作るのもいいですね。 (5&6)もセリカです。もう少しリアタイヤが前にあれば・・・といっても、こんなクルマを作って走ってる事が凄いですよね。

Gold Coast周辺は天気も良く、Californiaにでも居るのかなって気になりますが、USAではこんなに日本車のDrag Race Carは見れませんね。 “Japanese Cars, Drag Race Cars in Australia” Drag Race is also prosper in Australia. Knock down production of USA Cars, like GM, Chrysler, Ford (Continue reading…)

1970年代、Californiaで見かけた日本車

さて、前回のCaliforniaの日本車特集に続き今回も70年代、Californiaで見かけた日本車を紹介します。 まず5マイルバンパーの付いたTOYOTAカローラはSanta Anaの道端で撮影しました。リアになんとFatなタイヤ、Deepなホイルを履いてますがフロントがノーマルスチール ホイルではちょっとがっかりです。しかしこのカローラ、何とトラクションバーを装着していました。エンジンは分りませんが多分ノーマルですよね。 Shop内にいるのはセリカです。前回紹介のイベント特集でも沢山参加していましたが70年代後半、Gardena辺りのYoung Japanese Americanにセリカの人気は高かったようです。13″リブレホイルを履き、小さなリアスポイラーが何ともUSA的、車高は適度に低く、ビタローニミラーは当時の典型的な日系仕様車です。13″ホイルにハイトのあるタイヤは今見ると何とも新鮮です。こんなセリカ日本にいませんね。 そしてこれからの3台はDrag Race仕様の日本車です。 まずマツダRX3、日本名サバンナ、RX3なんて呼び方なんともいいですね。特別なクルマって感じですが、日本では当時サバンナは暴走カーと言う印象があったのであまり好きではありませんでしたがこのクルマをPomonaで見つけ驚いてしまいました。エンジンはロータリーをチューンした物と思います。フロントはアップさせてDrag Stripを疾走していました。 こちらもPomonaでみたDatsun Zです。多分V-8が入ってるのでしょう。Air Scoopの形が時代を感じますが迫力です。Zはこの年代が好きです。 次はオレンジ カウンティ インターナショナル レースウェイ(OCIR)で見たDodge コルト、こちらもV-8入りだと思います。日本車は小さく、軽いので大排気量エンジンを入れたらきっと早い事は間違いないと思いますが、ホイルべースは短くトレッドも狭いクルマを何百馬力のエンジンで走るのはおっかないでしょうね。古くは欧州車のアングリア、ヒレーとかVWバグにV-8を積んだクルマもいましたが、70年代からは日本車のレースカーも多くなってきました。 RX3、Z & Colt、3台共リアタイヤがちゃんとフェンダーに収まっていてクルマが綺麗。さすがUSA、と思ったものです。 同じ時期、日本では太いタイヤを履くとレースカーでもこういう状態でした(Photo:A)。 Photo:A 当時、三菱車はDodge, Plymouthで販売されていましたが、何か日本車に見えなかったです。 Continuing from last issue of Japanese cars in California, This issue I focus on Japanese cars I have seen in California in late 70s’.

First this TOYOTA (Continue reading…)