YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

MQQN Exhibit is Over

NHRA Museum で2年と数ヶ月に渡り開かれていた MQQN Exhibit が遂に 3/30(Sun) をもって終了したので展示品とクルマを引き上げて来ました。 本来、 MQQNEYES Dragster と MQQNBEAM はそのまま Museum に残るはずでしたが次の企画にスペースが必要な為一時的に MQQNEYES、 SFS (Santa Fe Springs) へ引き上げて来ました。 何時まで 2台が MQQNEYES SFS に居るのか分かりません。 MQQNEYES Dragster が shop に戻って来たのは多分 30年振りくらいだと思います。 僕も MQQNEYES Dragster を Shop では見た事はありません。 MQQN Beam は 20年振りくらいだと思います。 今 MQQNEYES SFS には MQQNEYES Dragster、 MQQNBEAM、 MQQNLINER、 MQQN Trike、 MQQN (Continue reading…)

ODC (Old Domestic Cars) その5 “MOONEYES Style”

横 浜元町商店街のパーキング メータを独占し、ズラっと並んだクラウン。 前の2台は1970年型 RS56、3台目は1966年型 MS46 そして4台目が1970年型 MS52、ノーマル状態のステーションワゴンです。まだこの頃はトヨタ協販から新品部品も沢山出たので先頭のピックアップはバンパー、グリルなど殆ど新品 部品で仕上げる事ができました。

前回のブログではクラウンピックアップの散策を書きました が、当時は商業車のクラウンピックアップを取り上げる雑誌も少なく、情報は耳と運しか無い時代。雑誌でもまったく見ることの出来ない商業車を特集していた のがカーマガジンで、何時の何号かは忘れましたが緑の46系ピックアップの特集を覚えています。雑誌等に掲載され「こんな車があるんだ」と人の目にでも触 れなければ人の記憶に残りませんから、クラウンピックアップは当時、見つけようと思っても簡単には見つけられない車だったのです。

でもこ の写真の頃になると情報は豊富になり、クラウンピックアップも珍しいと言っても決して見つからない車では無くなり出した1989年、1962年~1970 年のクラウンピックアップ、バン & ステーションワゴンを対象にした第1回目のクラウン ピクニックを開催しました。 ナゼ対象がこの年代に限られたかと言うと、自分の好きな年式だったと言う何とも自分勝手なイベントですが、昨年は観音クラウンからクジラクラウン、それに セダンを追加し15回目を開催しました。 私達が開催するイベントの為、ノーマル車は少なくカスタムされた車が殆ど。最近はヤレたと言うと聞こえは悪くありませんが、疲れたままの車も多くなり、 「車は綺麗でこそ車」と言う事は通じなくなってきたようです。

MOONEYES Style=California の香りがする綺麗な車です。

そんな California の香りのする国産車が集まる Event、第8回 All Odds Nationals「変な国産車集まれ!」は 9月25日(日)に川崎市東扇島で開催、Crown だけのピクニック、第16回 Crown Picnic は11月13日(日) 横浜プリンスホテルで開催予定です。 貴方の記憶の底に残っている Old Domestic Cars をカスタムしませんか?!

Along the street side parking meter of Yokohama Motomachi (Continue reading…)

1960 Toyota Crown Pick Up

なんだこれは! 1960年型 観音開きクラウンの しかもピックアップ。それだけでも十分驚くのに左ハンドルで V-8 が入ってしかもデフはナロー化され、何やらリアサスペンションは4リンクの様で太い Drag スリックタイヤが収まっている本格的ドラッグレース用レースカーです。もうビックリですね。 またカラーリングがいいではありませんか、フード上のスクープも時代を感じさせます。輸出用のクラウン ピックアップはピラーの幅が国内モデルよりか若干広くなっているのが見えます?え、国内モデルも見たことないから違いが分からないって?!めったにお目にかかれない観音クラウンのピックアップ、カッコいいですね。この姿から想像するとかなり早そうな車です。ノーマ ルなら4気筒1800cc & 4輪ドラムブレーキ。とてもじゃありませんが今の街を走るのは大変です。 でも ODC (Old Domestic Cars) に Update な強力エンジン積み、足回りも強力に変更すれば、今の車もビックリ。皮は旧車、中身は今風、これはこれは楽しいではありませんか。 製作費用はメルセデスが買える位になるのは間違ないから、やはりメルセデスにしますか? それともやってみます? いつでもご相談下さい。 CROWN-CLASSICS.COM

What is this! 1960 TOYOTA Pick Up! Very rare by itself but, Drag Race Racecar with left handle, V8, narrowed def, 4 Link rear suspension with wide Drag Slick (Continue reading…)