YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

MOON シューズ

Dean MOON and his 34 MOON 生地で作られたデッキ シューズです。 MOON Equipped Logo は1960年代後半まで、1970年代に入ると黄色の MOON ロゴがポピュラーになってきたので、それから推測すると1960年代後半の製品でしょうか?かわいいシューズですね。 当時の MOON 商品は大変 Made in Japan が多く、このシューズももしかすると Made in Japan 物だったのかもしれません。当時の日本は Labor も安く、また$1が360円の時代、USAに取っては何でも安かったのでしょう。 Made in Japan の MOON 商品を集めるのは USA で静かなブームになっていますが、Tシャツやシューズのようにソフト物が多いのであまり残っていないようです。昨年、九州のイベントで Made in Japan の MOON カンバッチを売っているの見つけ分けもらいました。 ついでですがこの MOON Logo 入りテンガロンハットは(カウボーイハットを当時はこう呼んでいました)、日本では MOON ロゴ と言うとプラモデルのステッカーかこのテンガロンハットかと言うくらい1960年代後半はポピュラーでした。僕も兄貴達が軽自動車に乗り、この帽子を被っていたのを覚えています。当時は似合う似合わないに関わらず、テンガロンハットは凄い人気だったのです。流行ってそんなもんですね。 話はそれましたが1986年 MOONEYES を始めた際の最初の商品の一つは MOON Equipped (Continue reading…)

MOONEYES のレア物紹介

今回は商品でないMOONEYES物をご紹介しましょう。

20年目を迎えているMOONEYES、今迄いったい幾つMOONEYESのロゴ付き商品作ったのでしょうか?話している私も分かりません、20年前の商 品を持っているだけでも大変貴重です。また一般に販売される事なく、沢山の人も目に触れる事も無かった製品もMOONEYESは沢山あります。

題して「MOONEYESのレア物紹介」

1997年頃、色々な過程を経て誕生したG-ShockのMOONEYES版です。結局販売用として市場に出回る事が無かった 幻のアイテム。当時、MOONEYES スタッフに配布された物です。その数はたったの50個、まず見ることのない超レア物と言える1品だと思います。数が足りなかったので勤続年数の長いスタッ フから配ったので、残念ながら全員に配布できませんでした。

MOONEYESのレアアイテムをこれから少しずつご紹介して行こうと思います。

“Introduction of the MOONEYES Rare Items, “G-Shock” This issue, will introduce rare MOONEYES Product that was and is not for sale. How many items with MOONEYES Logo have we made in these twenty years? Even I as I speak have no idea. I think (Continue reading…)

MOON Breather

信号に停まるたびにエンジン付近から煙がモクモク、臭いしカッコ悪いし、旧車オーナーの方で エンジンのブローバイガスに悩まされている方は多いと思いま す。

MOON Breatherをカムカバーに取り付けた所、煙はすっきり、信号待ちも恥ずかしく無くなりました。 旧車オーナーの方、是非お試し下さい。効果ありますよ。

Every stop at the light, smoke comes up from around engine. It’s not cool and smells bad. Sure many old Japanese car owners have blow by gas problem. Fixed MOON Breather on Cam Cover and smoke is gone! No more embracement at the light. I recommend to try (Continue reading…)

Think ライセンス フレーム!

白地に緑文字の日本のナンバープレートって味気ないですよね。品川、横浜、湘南ナンバー等がカッコイイと言って も違いは地名だけで、日本中どこに行こうと地域の名前が変わるだけです。最近ご当地ナンバープレートを増やす計画があるそうですが、それなら Idaho プレートに「Famous Potato」とかあるように横浜ナンバープレートなら下部に「シューマイ」とか入れる方が地域名を増やすより特徴があって面白いと思いませんか? それとは別に味気ないナンバープレート自体を飾るのがライセンスフレームと呼ばれるナンバープレートの枠です。USAでは付いていない車を探す方が大変な くらいポピュラーなこのライセンスフレーム。企業の宣伝から、車ディーラーの物や、Dog 好きオーナーの「I love my Dog」とか、「私の息子は学校で一番」なんて息子を自慢しまくっていたり、ライセンスフレームに書かれたフレーズを読むだけでも楽しい単純にしてアピー ル度の高いライセンスフレーム。日本ではまだまだポピュラーではありません。 好きな言葉のライセンスフレームを装着してもっと自分をアピールしましょう。 信号待ちで同じ車 が隣に来てもライセンスフレームだけで違いを表現するには事足ります。家業が魚屋さんなら「●●鮮魚店」なんて描いて、下部に電話番号でも入れればもう最 高。友人は「新鮮高級果実」なんて入れたライセンスフレームを装着しています。 どうですヒラメキましたか?そうです今すぐ外に出て自分の車を眺めて下さい。白くて大きいぼやけたプレートがあなたの愛車を台無しにしてません か?そう思ったらライセンスフレームを取り付けましょう。車の顔も後姿も引き締まりますよ!今、日本を走っている車に足りないのはナンバープレートのお しゃれです。

皆で Go! ライセンス (Continue reading…)