YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

MQQN Bug in Action

仙台で開催された Staging Lane 主催の VW Drag Race に MQQN Bug が走りました。 昨年は丸半年海外イベントで日本を不在にしたので走る機会がありませんでした。 今回が初ランでした。 結果は 12.873sec 良い感じで Pro Gas Class で Semi Final まで 行きましたが残念ながらでした。 次は 6/1 (日) 富士 Speedway で開催される Ikura’s American Festival で走る予定です。

VW Drag Race event was held by Staging Lane this past Sunday in Sendai and the MQQN Bug got to (Continue reading…)

El Mirage Dry Lake

This is El Mirage

(Continue reading…)

Dragmaster シャーシー

4月に仙台でMOONEYES Dragsterでアクシデントを起こし、Dragsterを大破させてしまったのはご存知の方も居ると思います。その後、車は修理の為すぐUSAのDragmaster シャーシーに戻され、シャーシー修復を試みましたが、ダメージは思ったよりひどく、また、シャーシー自体1957年製と古い為、安全を考え新たにシャーシーを作る事になりました。 幸い、シャーシー以外の部分はダメージは少なく、多少のリペアで再使用可能なので助かりました。 当初の予定では、9月終わりにCalifornia Bakersfieldで開催されるNHRA主催 California Hot Rod Reunion(CHRR)までに完成予定でしたが、出来上がったのはウチのDragsterではなく、このTwin Motorの”Two Thing”と呼ばれるDragsterでした。 Dragmaster シャーシーのオーナー、Dode MartinとJim Nelsonの2人が1961年当時走っていた車を復元したのです。 このDragsterでDodeは今年のCHRRに参加するそうです。それが終わらない事にはMOONEYES Dragsterには手が付けられないと言うか、作るのはDode一人ですから、仕方ありません。 1950年代後半から60年代初頭に彼らは300台以上のシャーシーを販売し、また2人とも自らハンドルを握るレーサーでもありました。70才を越しリタイアした2人ですがDrag Raceに対する情熱は一向に冷める事なく、Dodeは今だに自宅のガレージでこの”Two Thing”を組上げ、また注文に応じてDragmasterシャーシーを製作しています。彼の仕事は今はDragmasterではなく”Dode’s Hobby Shop”となり、リタイア後の生活を楽しんでいるようです。当時のオーナーが自ら作り上げる2005年製、1957年型のシャーシーです。

シャーシーが出来たら、MOONEYESに持ち帰り、エンジンとかデフとかを取り付けし、MOONEYES Dragsterが走れるようになるのは来春でしょうか、その頃には体の痛みも消えているでしょう。 “Dragmaster Chasis” I suppose most people know that I drive MOONEYES Dragster and crashed in April at Sendai, north of Japan. The car was taken back to USA (Continue reading…)

Dry Lake Speed Trial

El Mirage(エルミラージュ)Dry Lake(乾湖)へ行って来ました。 湖の水が干上がってできた広大でフラットな場所 Dry Lake。路面は土です、カチカチの土です。

この上で最高速が何マイル出るかを競う Speed Trial が開催されています。 Speed Trail はユタ州 Salt Flat で開催される Bonneville が有名です。Bonneville は干上がった塩湖の上を走るので、車は雪の中を走ったみたいに車の下から上から塩だらけになりますが、こちらは土埃だらけになります。

New Beetlefの写真を見て下さい。とんでもない状態です。また細かい土埃はちょっとした隙間にも侵入し てきます。

でも土埃は洗えば何とかなりますが、塩はそうは行きません。車に残った塩はそのまま車を侵食し、ある日錆が発生しそして穴があいてしまう、まさに塩害で す。レンタカー会社によっては Salt Flat へ進入を禁止しているところもあるそうです。  自分の車は大切なので Salt Lake にはレンタカーでないと行かないと言う人も居るくらいです。

Dry Lake での Speed Trial は戦前から開催され、まさに Hot Rod のルーツと言えるレースで、多くの日系レーサーも当時活躍していたそうです。

大変嬉しい事に Speed Trial レースでは、今でも MOON Disc 装着車を沢山見る事ができます。50年以上経っても需要がある製品はそんなにありませんね。日本ではカスタムパーツの MOON Disc もここでは新しい車でも古い車でも、最高速を1マイルでも早く走る為に必要なレース部品なのです。MOON Discを履いた車がまたカッコイイのです。

Dean MOON (Continue reading…)