YC&AC

YC&AC EVENTS

アーカイブ/Archives

過去のブログ

18th All Odd Nationals and 1st Crown Classics Reunion

18th All Odds Nationals (AON2015) and 1st Crown Classics Reunion (CCR) 曇り、小雨、曇り、終わり寸前に晴れ と何とも天候の変化多かった1日でしたが 土砂降りに成ったわけでは無かったので良かったです。 昨年 25回目の Crown Picnic は今年から “Crown Classics Reunion” クラウン好きの同窓会と言う感じで AON と同時開催となりました。 Crown Classics から 40系を 3台と MS51 Hard Top が展示されました。

The 18th All Odds Nationals (AON2015) and the 1st Crown Classics Reunion (CCR) saw mostly cloudy skies with a (Continue reading…)

1963 Toyopet (Toyota) Crown Dx

HCS2014 に滑り込みで完成した 1963 Crown DX 通称涙テール。 まだ走るまで時間が必要ですが年末年始は MQQN Garage 内に展示されています。

To showcase during HCS2014, we rushed to complete this 1963 Crown DX (also known as NAMIDA Tail, “Namida” meaning tear in Japanese because the way the rear tail light with reverse light looks). It will still take some time before it is road worthy (Continue reading…)

Crown Picnic

24回目の Crown Picnic は嵐の後の快晴の中 10/27(日) 本牧山頂公園で開催されました。 来年は遂に25回目、 25回目は 2014 Yokohama Hot Rod Custom Show の Spotlight に考えています。 エントリーできるのは観音からクジラまで しかも写真選考で25台限定なんて良いではありませんか!?

On 10/27 (Sun) at Honmoku Hilltop Park, the 24th Annual Toyota Crown Picnic was held right after a storm had passed so the weather was great. Next year will be the 25th. I’m considering that (Continue reading…)

Year End

2012年のブログはこれが最後です。 2013年は 1月5日(土) となります。 ちょっと早いですが 今年も一年お付き合い下さいましてありがとうございました。 2013年も宜しくお願い致します。 そして良いお年をお迎え下さい。 ブログは 29日迄ですがお店は 31日まで Open、 1月は 2日(水) 12:00 から Open します。 2日&3日は 福袋の販売もありますのでお楽しみに!!

This will be my last blog post for 2012. My next post will be Saturday January 5, 2013. It’s still kind of early but thank you very much to everyone for reading my blog (Continue reading…)

明日はクラウン ピックニック/Tomorrow is Crown Picnic

23rd Annual Crown Picnic SUNDAY OCT. 28, 2012 本牧山頂公園 雨天決行 9:00am – 3:00pm Honmoku Sancho Koen (Honmoku Hilltop Park) Rain or Shine 9:00AM – 3:00PM

明日本牧山頂公園で開催される Crown Picnic です。 雨天決行、 お待ちしております。 Crown Picnic is being held at Honmoku Sancho Koen (Honmoku Hilltop Park) tomorrow. Rain or shine, we’ll be (Continue reading…)

鈴鹿SCNに居ます。(Suzuka SCN)

WWII敗戦直後のNew Grand Hotel Right after the end of WWII in 1945. New Grand Hotel Yokohama

天気も持ちそうだしならし運転兼ねて 1960 Thunderbird で行ってきます。 何でも鈴鹿が 1962年に出来て今年で 50周年と言う事で 「1962年型のクルマ集まって」 と 主催者の Hot Stuff 山口さんから声が掛かったので 1962年 Toyopet Crown Custom も持って行きます。 Crown は積載車に積んで行くので道中 T-bird に何かおきたら Crown に乗り換えれば良いので安心ですね。 それでは 6/3(日) は鈴鹿で会いましょう。 富士開催される Ikura’s American Festival にも勿論 MQQNEYES は出店しています。 今週は忙しいです。

Looks like the (Continue reading…)

Family Pet Toyopet Crown Pick Up

30年前の 1981年6月 Doug と二人で Oahu島へ知り合いを頼りに行った時買った雑誌 「Hawaiian Hot Rod」, 今ハワイで車雑誌は存在しているのでしょうか?残念ながら Magazine Stand では見つけられませんでした。色々興味深い記事の中に何と “Family Pet” と言うタイトルで Toyopet (昔の TOYOTA の呼び名) 観音 Pick Up を発見!それも Chevy SB V-8 が載っていてカラーリングがいかしている 70s 風の車。以前 Santa Monica で見た同系車をいれて USA ではこれで2台目の観音 Crown Pick Up。「ハワイにもあったんだ」 「これも是非見てみたい」 と思ってもなかなか叶う物では無く島を離れました。

ちなみに Santa Monica にあったのは 2年前の Hot Rod Custom Show で衝撃のデビューをした車です。話を元に戻し、30年経ったある日、 Oahu の友人にこのページを送ったら何と何とですよオーナーを見つけ出してくれたのです。しかもまだこの車を所有していると言う話、それから色々あって今回やっとお宅をお邪魔し、実車を拝見させて頂いたのでした。ガレージには Transmission, Engine 等が所せましを置かれ足の踏み場も無い感じ、車はバラバラ状態でしたがペイントもインテリアも当時のまま、ホイルは (Continue reading…)

その4 幻のクラウンピックアップ

前回はトヨタクラウンのダブルピックを紹介しましたが、今回はシングルピックです。

常 にクランピックアップを探していた20数年前、なんとなく観ていたTVでは各地の大根特集をやっていました。特別興味も無くボーと画面を眺めていたその 時、畑作業をする老夫婦の横にいきなり1970年型クラウンピックアップが見え隠れしたのです。そのバックには見覚えある私鉄電車が走っています。 TVですから詳しい住所等出るはずがありませんが、大根、私鉄電車、 大体の地名、それと画面に出た周囲の雰囲気、持っている情報はそれだけ。このチャンスを逃したら絶対に巡りあえないと思い、地図を頼りに散策を開始し数週 間、画面で映った畑を発見、そして遂にTVでちらっと映ったクラウンピックアップを探す事に大成功したのです。

その時「俺は天才だ」と自画自賛、なぜ天才と思ったんだ?!

早速老夫婦にお願いし車を見させて頂きました。仕事に使っているワンオーナーカーです。程度はほどほどですが大切にされているのはひしひしと感じました。 もうほしくてほしくて仕方なかったのですが、いきなり「売ってください」は失礼なので何度か足を運んだある日、遂に意を決して「譲って頂けませんか」と切 り出しました。答えはあっさり「NO」。理由はまったく同じ車を持ってくるなら売ってもいいと、つまり他のトラックでは代用にならないとの事でした。

その時の僕の車は1980年型のハイラックス(4WDではありません)だったのでこっちの方が新しいし、クーラーも付いていて乗り易いですよと強調しても 答えは「NO」、散々探し回ってやっと会えたクラウンピックアップでしたが縁がなかった事と諦めました。 車の購入は縁が取り持つ何かと思っていますので 無理な買い方は しないように心がけています。全て「縁」ですね。残念ながら縁がなかったのです。

確かにピックアップでクラウンピックアップに勝る車は国産ではありません。クラウンの装備、足周り等、クラウンセダンと大差ないのですから他のトラック、 トラックしたトラックでは比較にならないのは十分理解できるにも関わらずトラックトラックのハイラックスと交換しようなんて虫のいい話が通るわけないよ な、と独り言を唱え諦めてトボトボ家路についたのでした。

残念ながら写真も撮っていないのです。常にカメラを持ち歩るいていたはずですがこの車は撮っていないので、まさに幻のクラウンピックアップ、もしかしたら TVから始まって探し当てるまでもクラウンピックアップ欲しさの夢だったのかもしれません。 *注:ODC-Old Domestic Cars CROWN-CLASSICS.COM

An illusion of TOYOTA Crown Pick Up Previous issue was about Double Pick Up, this issue is about Single Pick Up. When I was searching for Crown Pick Up twenty (Continue reading…)

1960 Toyota Crown

速く走る ODC (*注)の2回目はやはり 1960 Toyota Crown Sedan。

この車は北 California で見つかった貴重な輸出観音クラウンです。ですから TOYOPET でなくてTOYOTA です。 購入後南 California の MOONEYES USA へ回送されて来ました。 日本にそのまま送るか、それともしばらく Californiaに置いておくか、いずれにしてもちょっと邪魔だったのでガレージにしまいに行く途中、ある Street Rod Shop に立ち寄った事がきっかけでこの様な姿に生まれ変わりました。

シャシーとボディーは別々にされフロントには Mustang II の足回り、リアは Ford 9″ デフをそれぞれ移植し、エンジンは Chevy ZZ3 350 (5.7L) モーターに MOONEYES オリジナル Cross Ram マニフォールド、本来は Weber サイドドラフトと行く所ですがこの車は EFI を装着しました。トランスミッションは TH350AT、国産の皮を被った USA 車です。軽いボデイーと Chevy V-8 の有り余るパワーから加速感は怖さを感じるくらい暴力的です。ODC のこんな楽しい乗り方あるの知ってました? 古い車のままでは今の道路事情について行くのは危険が一杯ですから (Continue reading…)

1960 Toyota Crown Pick Up

なんだこれは! 1960年型 観音開きクラウンの しかもピックアップ。それだけでも十分驚くのに左ハンドルで V-8 が入ってしかもデフはナロー化され、何やらリアサスペンションは4リンクの様で太い Drag スリックタイヤが収まっている本格的ドラッグレース用レースカーです。もうビックリですね。 またカラーリングがいいではありませんか、フード上のスクープも時代を感じさせます。輸出用のクラウン ピックアップはピラーの幅が国内モデルよりか若干広くなっているのが見えます?え、国内モデルも見たことないから違いが分からないって?!めったにお目にかかれない観音クラウンのピックアップ、カッコいいですね。この姿から想像するとかなり早そうな車です。ノーマ ルなら4気筒1800cc & 4輪ドラムブレーキ。とてもじゃありませんが今の街を走るのは大変です。 でも ODC (Old Domestic Cars) に Update な強力エンジン積み、足回りも強力に変更すれば、今の車もビックリ。皮は旧車、中身は今風、これはこれは楽しいではありませんか。 製作費用はメルセデスが買える位になるのは間違ないから、やはりメルセデスにしますか? それともやってみます? いつでもご相談下さい。 CROWN-CLASSICS.COM

What is this! 1960 TOYOTA Pick Up! Very rare by itself but, Drag Race Racecar with left handle, V8, narrowed def, 4 Link rear suspension with wide Drag Slick (Continue reading…)

ODC(Old Domestic Cars)は楽しい

クラウンのダブルピックって知ってますか? 最近ではダブルピックもそうですがピックアップ自体を街で見かける事が無くなってしまいましたね。背の 高い Mini Van やワンボックスの方がはるかに使い易く便利ですが、ピックアップの手軽さは捨てられません。買い物に行っても荷物を荷台にポンと置けるし、何を積むにも手 間が掛かりません(雨の日を除けばですが)。 そ もそもクラウンのピックアップ自体珍しいのですが、それもダブルピックとなると尚珍しい。シングル ピックアップはそれなりに残っていますがダブルピックは商業車の匂いがプンプン。今ひとつ人気もなくイベントなどでもあまり見かけなくなってしまいまし た。今こうして改めて見るとダブルピックもカッコいいですね。呼び方もUSAのようにクルーキャブなんて呼ばれ方をしていたらもう少し残っていたかもしれ ません。 商 業車ですから4ドアの方が使い勝手はいいと思いますが、4ドアにしたら4ドアセダンのトランクを外したのと見た目が同じになってしまうので2ドアにしたの でしょうか?6人乗りの働く車がなぜ2ドアなのか疑問です。 Old Domestic Cars(ODC)は楽しいですね! (Continue reading…)

天気の良い日はOld Domestic Cars

陽気も良くなり国産旧車には良いシーズンになって来ました。 そんな天気の良さに誘われ最近は1970年型クラウンMS50スーパーデラックスに毎日乗っています。街を走っていて気が付いたのですが35年も前の古い クラウンセダンが以外にも人気があるのです。 ドライバーも歩行者も沢山の人が「何て言う車だろう」って 感じで眺めているのです。 クルマっぽい四角いクルマが今では珍しいのでしょうか?そう思って改めてクラウンを見ると良いデザインしてますね。 古い車に乗っていると必ず聞かれるのが「不便ありませんか?」「通勤で使えますか?」「エアコン効きますか」 こんな方は 最初から乗ろうなんて思わないで下さいね。不便を承知で古い車に乗りましょう! Shige 菅沼