まずはThank you, everyone! 今年も残念ながら外は雨となってしまいましたが、そんな雨など関係ないとばかりにSo Hot! 絶えずどこかで何かが起こっている会場内は常にヒートアップした状態でした。HOT RODやKustom、マッスルカーにミニトラックなど集まったハイレベルカスタムカーの数、なんと150台!カスタムモーターサイクルは去年よりグッと増え、約150台。今年はH/Dをはじめしたトラディショナルなチョッパーが中心となり、バイクブースを盛り上げていました。ここ数年で一気にレベルの上がったカスタムミニカーの数はなんと250台!まさに1年を締めくくるカスタムカーショーにふさわしいビッグイベントとなりました。
やはりJesse James(ジェシー ジェームス)人気はすごかった!満を持して登場した彼の新作はなんとメキシコ風味。タンク、フェンダー、サイドカバーなどあらゆる外装パーツがなんとカッパー(銅)仕様。グリーン、レッド&ホワイトでドロウされたロゴもメキシコの雰囲気がプンプンでした。彼のサイン会を行った時にはあまりの大勢のファンが駆けつけパニックになったほどの大人気で、改めて彼の凄さを見せ付けられました。
 
SO-CAL SPECIAL '32 Ford ロードスター、California Kid は共に会場中央の SO-CAL ブースに置かれました。どちらもオーナーのドライブで会場入りしたのですが、モーターも各パーツも絶好調!とても70年も前のクルマとは思えない2台は絶えず注目を浴びていました。
Wheels Unlimited所有、Gene Winfield(ジーン ウィンフィールド)製作の'53 Buick "Purple Haze"のペイントには皆さん度肝を抜かれたに違いありません。一見するとクルマ自体の光沢のように見せかけて、実は表面の凹凸に合わせて車全体に微妙にグラデーションをかけたトリッキーペイント。もちろん元々がとてもキレイにできているので、その輝きは映像でも見るような不思議な感覚でした。
マテルブースで限定販売したLimited Hot Wheels "Custom '51 Merc"、"'71 Dodge Charger" は予想通りの大人気で、まだ陽が昇る前から会場前には長蛇の列ができていました。並ばれた方は無事全員購入することができたようで、皆さんホクホク顔でHot Wheelsの入った袋を受け取っていました。マテルブースでは、さらにビッグイベント"Larry Wood(ラリー ウッド) & George Barris(ジョージ バリス) のオートグラフセッション(サイン会)"が行われ、Mr.Hot WheelsとKing of Kustomのサインが同時にもらえるとあって、こちらもまた長蛇の列ができていました。
■ピート&ジェイクスのTシャツご購入はこちら
<<<PREVIOUS
昨年人気だったWildman石井のピンストライプカレッジを今年も開催。今年はスケジュールの関係で1回だけでしたが、当日受付もすぐに終了してしまうほどの大盛況。おなじみ日本を代表するピンストライパーWildman石井が30人の受講者の前でピンストライプの基本から教えました。中には親子やご夫婦で参加されている方もいて、ピンストライプの魅力が広まっていることを感じさせられました。質疑応答では皆さん積極的に参加されて有意義な1時間半になったようです。
そのWildman石井も参加していたピンストライプギャザリングは、USAからのゲスト "Line Dr." Herb Martinez(ハーブ マルティネス)、Von Hot Rod(ヴォン ホットロッド)、そしてLarry "Speedo" Henley(ラリー スピード ヘンリー)を合わせて総勢26人のピンストライパーが参加して大変な盛り上がりを見せました。そんなピンストライパー達がこの日のために用意したアートピースを直接本人から購入できるピンストライプオークションでは、思いがけないライバルの出現に泣いた人、大好きなアーティストの作品を格安で手に入れられた人、など様々なドラマが展開されていました。
<<<PREVIOUS
スワップミートもなかなか前に進まないほどの人だかりで、ミニカーや古着、アクセサリーにUS雑貨など皆さん買い捲っていました。
ミュージックライブも大盛り上がり。El Caminos がイベントのオープンを盛り上げ、Jackie & the Cedricsが会場の温度を5度上げ、HOT ROD CATが正統派の渋さを見せ、The Lazy Cowgirlsが激しくも余韻の残る演奏で締めくくり、表彰式へと繋げてくれました。
とにかく盛り上がりっぱなしだった12th YOKOHAMA HOT ROD・Custom Show 2003。もちろん最後はアワードの発表です。各受賞車はAWARDのページでお楽しみください。
来年も必ず皆さんの心に残るいいイベントにしますので、絶対に遊びに来てくださいね。
また皆さんに会えるのを楽しみにしています。See you next year!

<<<PREVIOUS