MOONEYES Official Website

MSA Staff Pan's MOON ILLUSTRATED VOL.9 弾丸トリップ レポート!!

MSA Staff Pan's MOON ILLUSTRATED VOL.9 弾丸トリップ レポート!!

3月、「そういえば来週本当にアメリカに行くんですか?」帰り道、同僚のA-中野君が僕に聞いてきた。 「え~と最終の答えが多分2、3日中にはでるからOKだったら来週末行くよ~。3泊だろうと2泊だろうと1泊だって全然OK~!!」


僕が勤務している MOON SPACE AGENCY は3月といえば MOON ILLUSTRATED(4月末発売です!!) の制作に本格的にとりかかる時期。窓から見える本牧通りの桜もつぼみがついたと思ったらいつの間にか満開になり、そして落ちついた頃は散った後という全員 6速全開の期間です。

今回は、企画を思いたってから実際にUSA に出発するまであっという間だったので、いつにも増して不安も大きいけど、膝がガクガクするようなわくわく指数も振り切るような感覚。小さい頃から追い込まれないと何も出来ない僕にはピッタリの弾丸トリップです。

出発日当日
今回はここ数回お世話になりっぱなしの Goshu-san も居ないし、前回ズンドコ珍道中で一緒だった Steve-san も居ない一人っきりの出発か........と思いきや成田迄のバスも飛行機に乗ってからの時間もいつも通り寝っぱなし。時々自分のイビキのブタっ鼻で驚いて起きるぐらいで気がついたらLAX。到着口の窓から今日も工事のオジさんの姿が見える! いつになったら LAX は完成するんだろうと思いつつ、そこはやっぱり California ですよ......青い青空&パームツリー! お昼を廻って信じられないくらい暖かい気温に空港のゲートを出たと同時に着ていたパーカーも脱ぎ気合い一発! どこでも寝れて何でも美味しく食べれるように育ててくれた両親に今回も感謝します。ありがとう。
MOONEYES USA に着いたら、脳みその中の引き出しが一向に増えていかない英単語と無理矢理の日本語&ジェスチャーで挨拶をし本日のスケジュール確認。今日お邪魔する予定だったところから日程変更のお知らせ。昨年9月の Goshu-san との Trip の時、当初の予定通りにいかなかった事が何回もあったので、ガーン.....と思う事もなく「そんなら他の事しよう」と切り替えて Machine Shop へ移動。

Catalog Page 用の撮影を行っていると、おぉ~Tim-san! お久しぶりです! そして、やってますね! Next Project の '40 Ford Pick Up!! 今日はオリジナル フレームの Boxing 作業の真っ最中でした。Nice Timing!! Tim-san が僕にでもわかるようにゆっくりとした英語で何で Boxing 作業が必要なのか教えてくれます。「コノ フレーム ニノルノハ アソコニアルヘミエンジンダゼ! イマノフレームジャ ダメダカラ、ボクシングシテ キョウドヲ ダスンダ!」と説明してくれます。なぁーるほど、と言うのは簡単ですが本当にアメリカの人は器用に何でも作れますね。明日のスケジュールを確認しつつあっ という間に夜になりChico-san, Tim-san と Steak Dinner! ここでカメラの調子が悪い事に気付きました。接写がうまく出来ません。でも何かしらのトラブルはつきものです。僕のUS Trip はいつも何かあるので慣れてきました。何とかなる! この状態に慣れれば逆にいいかもと良い方向に切り替え眠りにつきます。
2日目
夜明け前から起床! 寝起きから一人で行った事のない集合場所までクルマで移動なんで余裕ゼロです。「右側通行、センターラインは左側」とぶつぶつ考えながら走り出すと徐々に緊張もほぐれてきました。ラジオをつけます。夜が明けてきました。景色が目に入ってきます。気分が上がってきました。景色に見とれていたら道を間違えていました。Freeway 乗ってるはずが普通の道走ってます。戻ります。そんな事をしているうちに無事に到着して皆さんと合流し取材開始です。日頃の行いが悪いにもかかわらず何日も前から祈っていた天気も朝から快晴! 素晴らしい!!
この日は、終日 MOON ILLUSTRATED Vol.9 の取材の撮影なので詳しくは4月末までもう少々お待ち下さい!! 「こんなライフスタイルの人がいるんだ~」「えぇ~!この人がアレを作っている人なの~!」と驚くと思います。全く無理をせずやりたい事を自然体で楽しんでいるのが伝わってきます。あっちこっちへ行ったり来たり。
途中、何十年も USA で Custom を楽しんでいる日系人 Hidekiさんのご紹介で、アメリカのドラッグレースで活躍している日系人のDrag Racer Mark Miyashiroさんとお会いする事に。予定していなかったので全く状況を理解出来ないままクルマに乗り、路地を入り突然現れた Modified Roadster Drag Race Car に驚いているとMiyashiro-sanがエンジンをかけてゆっくり5mくらいバックします。その時の動画がこれです。
まぁ~最大級のいい意味で狂ってます。目の前の距離もギリッギリの中でこんな事されたら笑いも止まりません。突然の訪問の僕らに対して最大級のおもてなし。言葉が通じなくても楽しい事は楽しいってつくづく感じた瞬間でした。朝から晩まで、色々なところを動き廻り、本当に充実した時間を過ごして、モーテルに戻ったのが12時過ぎ。

ここである事に気付きました。「明日からサマータイム」一時間早く進むって事はわかるけど今の携帯の時計は本当の時間? それとも1時間遅れ? 何時間寝れるの? 念のため一時間早く起きるか? アラームどうしよう? よくわかんないや.......

3日目
あぁ.....いつでも快眠のはずが不安で全く寝れず....。真っ暗の中朝食のドーナツを頬張りながら、視界に入るク ルマのドライバーの人達、皆がいつもより1時間睡眠時間が少ないんだ.......と、どうでもいい事を考えながらロングビーチへ。着いても暗い。本当に朝なのかわからなくなってきました....。1月に着たロングビーチと全然違う。真っ暗じゃん。でもOPEN待ちの人がいっぱい。よし MOON ILLUSTRATED Vol.9 の取材スタート! 明るくなってきたら次の撮影場所へ!! そこでの撮影も終わり次の約束の時間までまだあります。時間があるなら突撃あるのみ。Shop Tour です。
まず訪れたのは Nostalgia Speed & Cycle。お店の前に着いた時、Hot Rod Shop だ! と思いましたがただの Hot Rod Shop じゃ~ありません。CBが, CBが, CBが.....すんごい台数のCB と Ford Model A のリプロ Steel Body & Parts. そして全く隙のない Shop & Machine Shop の Display。新しいお店なので今度 USA を訪れる際は是非行く事をお勧めします! 突然の訪問にも優しく応対してくれた オーナーの CARPY ありがとう!
そして次に訪れたのは日本でも人気がある Motorcycle Event "Born Free" を主催(Mike & Grant)し、Born Loser(Mike)、Freedom Machinery& Accessories (Harpoon & Grant) 等様々な情報を発信している Mike, Harpoon, Grant が経営している Cycle Lodge へ。ここはちょっと冷静になれと自分に言い聞かせないと撮影を忘れそうなくらいの Shop。「買い物したい、買い物したい、ゆっくり観ようよ、ゆっくり観ようよ」という誘惑に負けそうになります。実は昨年の HCS Guest Car で Harpoon がペイントした Chevy を取材した時この Shop の裏側まで来てたのに! 中はこうなっていたんだ!! 細かく部屋を仕切られていて中を進んでいくと Garage に到着。もし観光で来ていたら一部屋ずつ相当長居します確実に。今年6月30日(土)に開催される Born Free 4 のラッフルの賞品となる2台のうちの1台もしっかりと目に焼き付けてきました。いやぁ Born Free 4 凄い盛り上がるんだろうなー。この Event の Best Motorcycle は HCS2012 でゲストとして日本に来日します!
さぁ約束の時間にはまだあります。どんどん行きます。寝てないから気分もどんどん上がっていきます。

次に訪れたのは、Artist Larry "Quick Silver"の Studio. あ! このクルマ先日の Grand National Roadster Show で展示されてた! って存在感たっぷりの Gasser が奥に居るのを背伸びしながら覗きつつ、お邪魔します! 多分ここのStudio にある Larry のコレクションだけで Museum ができます。すんごい量です。どれも気になって中々奥に進めません。雑然としているようでエリアごとに何が集まっているか分かる見せ方。もう飾るところが 無いんじゃないかと思うくらい。スロットのDrag Machine なんて初めてみました。いつ来ても USA は感動の連続です。Priceless です。
ってこの時点でお昼になりました。弾丸トリップ バンザイです。

今回の Trip の直前に決まった HCS2012 Guest Car の Mercury Comet "Rocket". このクルマの取材をする為に、次の目的地はこのRocket のオーナーDaleのGarageへ。一目でわかる仲間の方々のクルマが表に、"Rocket"はGarage の際に停まっています。自然と太陽の位置や廻りの道路等が気になり始めます。と真面目な事を頭の片隅に置きつつ、Dale が準備してくれた BBQ Plate に夢中です。全然どうでもいい情報ですが、今年に入ってから太っている事にようやく気付きダイエットを始めたので、 こんな Menu & 盛りつけは USA だけでしか食べれません。とても幸せ....感無量です。

食事も終わり、Dale のRocket や仲間の方々のクルマをゆっくり観ていきます。色々なクルマがありつつ、共通して言えるのは「絶対速いんだろうな」と。隣で Chico-san が「いいなぁ、カッコいいよなぁ」って僕に言っているのか独り言なのかブツブツ言ってます。日本に帰ってからも Boss から突然「Gasser は若僧には乗れません。オッサンHeavenです」とポカンとするようなメールがきましたが、ファインダーから逆光気味の Gasser "Rocket"を覘いた時点でわかりますって。Boss と Chico-san のストライクゾーンはわかりやすいなぁ。停まってても迫ってくる感じがします。「カッコイイ...」って言葉が漏れるのもわかります。このクルマが HCS2012にくるんですよ! そしてオーナーDale はもちろん、仲間の方々も一緒に日本に来日です! 写真よりも何倍もインパクトがある実車を実際に体感して下さい!!
最終日
あぁ~昨日はよく寝ました。今日は日本へ出発の日です。荷造りして、洗車して、掃除して、お礼のご挨拶をして....まだ時間があります。Catalog Page に使う写真を撮ろう!
出発まで、あと30分。やり残した事はあとひとつ。いつもUSAに来る度に願っていた MOONEYES USA 隣の Hungry Boy の Pastrami Sandwich!! 僕が思う世界一美味い Pastrami Sandwich! 最後の最後に出会えて本当に良かった...。We Love Good Food in America!! 今回の Trip で取材した内容は来月4月下旬に発売開始の MOON ILLUSTRATED Vol.9 に掲載します!! 楽しみにしてて下さい!! 最後までお読み頂き有難うございました。 MOON SPACE AGENCY PAN
MOONEYES EXPRESS
by Shige Suganuma
MOONEYES 代表 Shige Suganuma が毎週土曜に配信する MOONEYES EXPRESS
1年中世界各国を飛び回る Shige Suganuma の出来事を豊富な話題でお届け致します。
MOONEYES EXPRESS はこちら
MOONEYES BLOGS

MOONEYES STAFF が不定期に更新する Blog は、New Item Info 、Event Report などなど
ここでしか見られない情報や、写真が満載です。
   

Project Car & Motorcycle
MOONEYES が過去に製作した Car & Motorcycle はこちらからご確認いただけます。今後製作する車両もこちらへ追加して行きます。
詳細はこちら

Event Report & Trip Report
MOONEYES が開催した Event Report 、 MOONEYES STAFF が海外 Trip で体験した Trip Report もこちらからご覧いただけます。
詳細はこちら

販売車両情報をチェック!
MOONEYESが厳選、輸入した車両はここからご確認頂けます。突然掘り出し物の車両が For Sale になる事もあるので、こまめにチェックしてください。
詳細はこちら