Hello!MOONEYESのGAKUです。
初めましてと言った方が良いかも知れません。今回は初のCaliforniaへ海外出張(研修?お仕事?)に行ってきました。そのレポートを勢いに乗せてお送りして行きます。実は今帰って来たばかり。ホヤホヤの情報で、盛り沢山のレポートになってるので、ちょっと長いですが、よろしくッス。

まず自己紹介ですが、'49 FORD(ShoeBOX)を購入し、前回のRAZZLE DAZZLEでデビューしたGAKUです。Hot Rodに憧れ、田舎から出てきて数年、夢のCaliforniaに行ける事になりました。そこでの初体験、感動をレポートして行きます。ちょくちょく'49 FORD(ShoeBOX)レポートも出てきますが、テンションが上がりっぱなしなので、ご了承下さい。

ではスクロールよろしくッス。
● JAPAN Thursday July 12th
Speed Master Wheelを装着したカローラ&PROBOX Phase II に乗り、MOONEYES Area-1を出発。ドキドキしながら成田空港にて、TANK'S ブログの"行ってきます"写真を撮りました。うまく撮れてるでしょ。実はGAKUも一緒に写りたかったです。コリアンエアー(KE001)に搭乗し、14:55、Californiaの旅は始まりました。もちろん機内食ではビビンバを食べながらCaliforniaへ・・・。
● USA Thursday July 12th [MOONEYES USA, SO-CAL Speed Shop, NHRA Museum]
これがHOT RODの聖地、California!朝、8:30着陸。日本とは違う、乾燥してる暑い気候。晴れ渡る天気。やっぱり工事中だったエンカウンターレストランがシンボルのCalifornia国際空港を出発し、Norwalk Blvd.に向かい、いざMOONEYES USAへ!!
Freewayを30、40分走るとあのパームツリーが!MOONEYESスタッフになり、初めてMOONEYES USAを訪れました。カッコイイ・・・。 SHOP、Machine ShopとMOONEYES USAを見学。50年の歴史を持つMOONEYES USAでは、昔と変わらない製法で今もDISC、Fuel Block、Tank、Valve Cover、Racing Camを作っているそうです。このMachine Shopで一番のハイテク機器は電話機というくらい。職人ばかりで歴史の深い所でした。
そんな中、あのBill Jenksが!!思わずツーショット。感激でした。そしてMOON DISCの製作職人 Mannyが製作過程を披露してくれました。
筆置きまでアルミで作ってて、お茶目な贅沢品でした。ひとまずMOONEYES USAを後にし、お仕事(?)へ・・・。

◆ SO-CAL
MOONEYES USAからPomonaへ30〜40分走り、さて何処へ・・・。BOSSの'69 エルカミーノの後を追い、着いたところは"SO-CAL Speed Shop California"。慣れない英語でハウアーユー。ドアを開けるとSO-CALの倉庫、Factoryを見学させて頂きました。
BOSSは今年のHOT ROD・Custom Showの打ち合わせ?この画像は秘密なのかもしれません。GAKUはニヤニヤしながらSO-CALの車をじろじろ見てるだけ。1946からHOT RODを追求してきたSO-CAL Speed Shopはとても綺麗で、なおかつエネルギー満点のFactoryでした。今年のHCSではどの車が来日するのやら・・・。
◆ Break Time
昼食にてTOM'Sバーガー。TANKさんに負けず、ボリューム満点チリバーガーをチョイス。
ここでUSA初体験シリーズ!NO.1
Fast Food Shopにて初めての英語にてオーダー。 皆は心配そう?ニヤつきながらGAKUを見てました。全くのNo Problem!ジェスチャーも組み合わされば問題無でした。 ただ、サイズが大きい。幸せそうなTANKさんを目の前にGAKUは精一杯でした。
続いてNO.2。ガソリンスタンドにて給油。もちろん Self Service。No Problem!

◆ Kennedy Bros Vintage
SINNERSのメンバー、Hi-Bond ModifiedのRICOと待ち合わせ、案内、紹介してもらった所は、古いFordをHOT RODに仕上げているKennedy Bros Vintageへ向かいました。こちらもHCS打ち合わせ?BOSSについて行くとアメリカの雰囲気満点のガレージ、工場、家並み、プールの中、車を製作してました。RATな雰囲気でしたがGAKUはとても好きなシチュエーションです。

そんな中、おっと!あの顔はShoeBOX !! 話を聞くと'51 FORDで、屋根をChopしただけで後はほとんどオリジナル。
GAKUの'49 FORDの写真を見せ、言葉は繋がらなくてもかなり盛りあがりました。その他、ShoeBOX アイテムの紹介。
気持ちの良い彼らと日本で会える事に期待し、Hi-Bond ModifiedのRICOのガレージに向かいました。 今、HDスポーツスターを製作中との事。 バイク免許取得中のTANKさんも目がきらきらしてました。

◆ NHRA Museum
更にPomonaをまわり、着いたところはBonneville、Drag Race、Dry Lakeを学ぶに相応しいMuseum、NHRA Museumに到着。ついに来ました!テンションは最高調に。MOONEYES シゲ菅沼 ブログにも掲載しておりましたが、 閉館45分前のリミットの中で、しっかりMOONEYESの歴史を見てきましたので、レポートいたします。 もちろん、Fred's Streamliner に直行。BOSSもテンションが上がってるように感じました。
数々ある展示車のほとんどがMOONパーツを装着。
数えて見るとMOON TANK 8台。MOON DISC 7台(急ぎでしたので約ですが)。その他 Breather、Valve Coverなど、ほとんどの車に装着されていたMOONパーツ。 ショーケースにはRACING CAMS、MOON DISC、FOOT Pedals。これらのパーツを付けて走ってるのを想像しただけで鳥肌が立ちました。
Barris Kustomの特集が奥で展示してありましたが、テンションを上げながら見ていると、入り口にまたあの顔はShoeBOX !!'50 Club Coupe!Rodder's Jornal No.20に載ってたShoeBOXです。GAKUは本をいつも見ていましたが、実車を見れて感激でした。
USA初体験シリーズ!NO.3
MOONEYES USAにてChevrolet Silverado 3500の洗車。
デカ過ぎました。

Californiaの一日は長いです。この明るさでやっと20:00になろうとしてます。 そしてCaliforniaの働くスタンスは、早い出社(6:00)、早い退社(18:00)で、 仕事後のプライベートの時間を有効に使っていました。 GAKUならその時間を友達に会い、酒を飲みながら語らいたいですねー。

USA初体験シリーズ!NO.4
Daily Queenにてバニラチョコアイスを食べました。 酒好きですが、甘いのも好きです。さすがに甘かったです。 本日はPomonaを満喫しすぎた一日でした。 明日はMOONEYES Open Houseの準備です。

● USA Friday July 13th(MOONEYES クイック デリバリーサービス の仕組み)
早朝7:30にホテルを出発。 USA初体験シリーズ!NO.5 USAにて初運転。社用車のHHRをドライブ。今回あえて国際免許を取得して乗り込みました。Freewayで周りの車の飛ばしかたは凄く、GAKUは必死でした。 Full Size Truckがとても目立ちました。大きいTrailerはカッコ良かったです。

MOONEYES Goshuと共に、MOONEYES USAのChico Kodamaから頼まれたパーツを探しにShopを2件まわりました。FORDの古いパーツが揃うShop、C. W. MOSS。MOONEYES AI-CHANに行ってこいって念を押されてました。個人的にも行きたいShopでした。もちろん'49 FORD(ShoeBOX)の為に。 やはり、ここはShoeBOX Heavenでした。終始ニコニコ、デレデレ。'50 FORDのコンバーチブルには釘付けでした。
もう一件、ABS BRAKEに立ち寄りました。 この店はHOT ROD界で有名で、歴史のあるブレーキパーツ屋さんです。ここでヘンテコなデューリーを発見。
MOONEYES JAPANからの特別なパーツを探しているお客様から問い合わせがあったなら、USAスタッフはショップでこの様にパーツを探し、お客様にご案内するのがMOONEYES クイック デリバリー サービスです。どうぞご利用を。 その後、一路MOONEYESUSAに戻り、Open House準備をして本日は終了致しました。
●USA Saturday July 14th(MOONEYES USA Open House)
いよいよ今回のお仕事、本番Open Houseです。 6:30に集合し、お客様を待ちます。しかし、7:00前にはすでにHOT RODな車がいるではないですか。やはりCaliforniaの朝は早いです。
見ると以前のMOONEYES JAPANスタッフ、ルイです。 HI! BUICKに乗り登場。 この後、ルイにお世話になりますが後ほど・・・。
GAKUはShopの設営をしていましたが、常に外が気になってしょうがない状態。Open Houseのレポートは画像が一番ですので、そちらをご覧になって下さい。これまたShoeBOX の写真が多いですが、ご了承下さい。

キース ウィズナーのShoe Box

Pin Up Girl ジェシカ

HOT ROD TRIO

SINNERS ダニー
GAKUの'49 FORD(ShoeBOX)の写真を持ち歩き、解らない英語で一生懸命 Communicationをとっていました。怖そうなHOT RODDER達も話すと皆気持ちよく話しをしてくれました。共通の目的を持っているだけでCommunicationは図れると実感したOpen Houseでした。

Open House終了後、貴重な写真をとりました。 現在、Chico Kodamaが製作しているRoadsterに記念に乗ってきました。そしてChico、Shige菅沼。なかなか撮れない写真です。この車が出来たらきっとEl Mirage、Bonnevilleで・・・。そして実は次の日、El Mirageにて・・・・!?
USA初体験シリーズ!NO.6
CaliforniaでHOT ROD操縦。元MOONEYES スタッフ ルイの従姉妹の結婚パーティーに誘われ、、ルイの愛車 '53 BUICKを操縦させてもらい、いざパーティー会場へ。もう、ニコニコでした。ちょっとアクセル開けすぎましたげど・・。

USA初体験シリーズ!NO.7
アメリカのホームドラマに出てきそうなシチュエーションのホームパーティーにお呼ばれしました。皆心地良く歓迎してくれ、家庭の味、タコスをご馳走になりました。美味しかったのですが、かなり辛い一品でした。ローライダー夫婦の誕生で、とても幸せそうでした。Congratulations!May you be happy!ルイとはまた会う約束して会場を後にしました。ルイ、ありがとう。
● USA Sunday July 15th
[ El Mirage【S. C. T. A.】、POMONA Swap Meet ]

朝3:30起床後、出発。連日のテンションが上がりすぎ、オーバーヒート気味のGAKUでしたが、この後、聖地に向かうと知ったとたん、なぜかクールダウン。しかし、ハートの中のピストンは激しく動き始めました。
途中、BOSSとFreewayにて合流し、いざ向かうところはEl Mirage!!約3時間ひた走り、夜明けと共に回りが何も無くなってくる。あまり語りたく無くなり、無言の走行。 ここは・・・・?
朝焼けの雲の下に、雑誌でしか見たことの無い看板が。El Mirageにやってきました。Dry Lakeの上を走りながら、巻き上げる白い砂に朝日が反射し、とても神秘的な雰囲気でした。ますます言葉を失い、見とれる一方でした。
奥へ進むと丸二日間、缶詰状態でWildman石井がペイントしていたDeuce Bonneville Racer。肉眼で見ていてもその場面が写真集のようでした。
我武者羅にシャッターを押し、この世界に浸っていたところ、遠くからエンジンの爆音が鳴り響きはじめました。年に6回しかないレースの日。足早にスタート地点へ。レース観戦へと気持ちを切り替え、参戦する気持ちで向かっていきました。そこでこれまた感激。Race CarにほとんどMOONDISCを装着し走っているではないですか!EYEBALL ステッカーもチラホラ。GAKUもMOONEYESの服を着ている事がとても誇らしく感じていました。
Full Tuneされた車、60〜50年前の車、Motorcycle・・・。思い思いの乗り物で楽しんでるように感じました。意外に年配の人たちが多く、ここでのCultureにどっぷり浸ってしまったお爺ちゃんがとてもカッコよく見えました。本当にCOOLです。MOONEYES USA Open Houseで紹介した、Chico Kodamaが製作している車がこの地かBonnevilleで走るときには是非参加したいと心から思い、"広大な神殿"を後にしました。
USA初体験シリーズ!NO.8
Dry LakeをHHRで走行。出口の付近は月のクレーターのようにボコボコ。慎重に走りましたが、TANKさん側だけフェンダーを擦る回数が多かった気が・・・。

◆ POMONA Swap Meet
最大のSwap Meet。日本では考えられないスケールのSwap Meetでした。ここでもShoeBOX を沢山Checkしてきたので、レポートします。もう、自分の'49 FORDの事しか考えてません。東京ドーム何個分?新しい表現をしたいところですが、とにかくデカイ!!大まかにCARのみ、VWのみ、パーツのみといった区切りで配置されています。
POMONA Swap MeetでRADIO FLYERのカートに商品、子供を乗せ、引っ張っているところから、このカートをPomonaカートとMOONEYESでは呼んでいます。あまりの暑さにTANKさんもべトナム風に。POMONA Swap Meetのスタンダード スタイルです。なぜかみんなこの帽子をかぶっています。
おっとMOONEYESブース。カッコイイですねー。おっと'49 FORD。結局写真は自分の好みになってしました。ヘンテコな売り物も多かったです。もっと見たい気持ちを抑えて時間もなかったので、終了となりました。

帰りにWildman石井の大好きなアンティークなおもちゃ屋さんに寄りました。
Wildmanに聞くと、この手のお店はこっちには沢山あるそうです。早速、Wildmanはシャパレルのミニカーを購入。かなりのご満悦。この内容はきっとWildmanブログにて紹介されると思いますので、その時に・・・。もう車中では講義は始まってましたが。

USA初体験シリーズ!NO.9
HOT DOG!!El Mirageに向かう途中、初めてセルフ式のHOT DOGを食べました。ソースのかけかたが解らず、大量発射。でもとっても美味しかったです。とてもアメリカンになった気がしました。

USA初体験シリーズ!NO.10
大型スーパーにていろいろ購入。とてもワクワクしてました。なぜか商品がお洒落に見えますよね。GAKUは必需品のACEのコームを十数本購入しました。支払いもNo Problem!

今晩はLast Nightです。スタッフの皆と和食鉄板焼き"Benihana"で食事をしました。Wildman石井の誕生日が近く、一緒にお祝いをして、今回の旅は終了となりました。

もう盛り沢山すぎで、自分の頭の中が全く整理出来ぬままのレポートになってしまいました。感情のありのままです。読みづらくてすみませんでした。
やっぱり憧れのCaliforniaは最高でした。小さい頃からいろんな想像をし、勝手に夢ばかり膨らんでいたCaliforniaは想像を遥かに超え、期待以上の聖地でした。GAKUのように想像してきた人には絶対訪れて欲しいです。もちろんMOONEYES USAにもね。
今回のレポートで、GAKUの体験してきたCaliforniaの風を皆さんにお届けできたでしょうか?もっと話をして!という方がいましたらMOONEYES Area-1へ。ShoeBOXの話をしましょう。See You Again!!

GAKU

MOONTERNET | MOONEYES EXPRESS | OPEN HOUSE レポート | Close
Copyright (C) 2007 MOON OF JAPAN, INC. All rights reserved.