MOONEYES Official Website

MOON GARAGE Goshu's USA Trip Report

こんにちは、MOON GARAGE の GOSHU です。

今回の US Trip Report は、日本でもおなじみの カテイ ノートブーム 主催の「ヒッピーキラー・ホーダウン」というイベントと、今年のホットロッドカスタムショーに招待される US Guest に会いにいってきました。
さっそく Trip Report をどうぞ!

4月12日(木曜)出発日
まずは、最初の目玉でもあるカテイが主催する「ヒッピーキラー ホーダウン」"Hippy Killer Hoedown" というイベントに参加するため、12日の木曜午後に MOONEYES USA に到着したあと、バイクの部品や、写真集、グッズなど、幅広い商品を準備。
同時に今週末の日曜日は、ポモナ・スワップミート!なのでこちらも出店ブースの準備を併行で行い、初日は終了となりました。

4月13日(金曜)2日目
そしていざ前日の金曜日は、なんと大雨!しかも寒い!



セットアップの荷物を積んだ CHEVY VAN と HHR で、午後3時にいざ会場へ向かいます。ところが開催場所のヘメットについたのは金曜の大渋滞を経て、午後7時。南カルフォルニアの帰宅ラッシュの渋滞はすごいです。これがいつも金曜にあると思ったら、通勤の人は、大変ですよね。

そうこうしている間に、Dice Party の前夜祭が会場内のバーで行われ多くの人が集まり、やがてバーはいっぱいとなりました。
バーには、もちろん、イベント主催者のカッテイ、パーテイ主催者の ダイスマガジン から デイーン、南カルフォルニアの カー バイク ビルダー&Tattooでも有名な ダン コリンズ、シナーズメンバーの サリナスボーイズ から コール フォスター、 アーロン エリオット、HCSに カッテイ と デイガースタイル のCBで来日した デュエーン バラード と奥さんの リサ バラード 、 デイ―ンのバンド "ザ ブラック ティベッタンズ" の美人べーシスト タミー 、地元の カーガイや、 バイカーに、遠くははるばるカナダからこのイベントを見に来た3人組などなど。


久々にドリンクを片手に皆さんに会えてとても盛り上がり、カラオケを楽しむローカルの目も気になりながら、和気あいあいとしていたところに、思わず先に近くのホテルまで帰ってしまったスタッフ、足がないことに気がついた時は既に残った人はまばらでキャンプして寝る寸前、こりゃ帰れないかもと、 コール フォスター と話ていたら、なんと コール の知り合いに送っていただきました。
彼ら3人組はローカルのカーガイで、とても親切に宿泊先である近くのホテルまで送ってくれました。

もちろん、「なんで?先に帰っちゃったのか?」と聞かれましたが、いつもそうなんですと言っておきました。
ちなみに彼のクルマは、ポスターのカバーに載っているピックアップでした。

4月14日(土曜)3日目
晴れ! カッテイ のイベント ヒッピーキラーホーダウン も無事に雨があがってまずは皆良かったという感じ、これからどんどん暖かくなれば、人もたくさん来るだろうと思いきや、寒い!分厚い曇で日光が遮られ、午後になってようやく会場に人が来たという感じでした。
それでもカナダや海外から来ている人が増えたためか、ベンダーブースは去年より皆良かったと言っていましたから恐るべし海外パワーです。

会場内では、ライブステージもあり、名前は知らないけど、結構皆さん上手いんですよね、流石です。
一方駐車場側では、来場された皆さんのバイクやクルマも見れて、広い敷地内でいろいろと楽しめます。
バイクのベンダーブースでは、 カッテイ ノートブーム の ヒッピーキラー、 カッテイ のお父さんは、バイクもクルマも造るビルダーで、親子の姿が見られました。

続いて、コール フォスター の サリナスボーイズ、 アーロン・エリオット、 デュエーン バラード、 リコ フォードレイ、 ショーン ドナフ 、 エリック、 デイーン ダイスマガジン、 ダンコリンズ、 ルーザーマシン、 ボーンフリー4の主催者、グラント ピーターソン、 マイク デービスもきていました。
今回、夜10時までの開催が短縮され、夜7時迄まで開催。海外って臨機応変に変えて問題ないと、考えるんですね。
この日はイベント会場をあとにして、帰路に着きました。


4月15日(日曜)4日目
サウザンカルフォルニア のイメージどおり、カラッと快晴に晴れた日曜日。
いざ、72' NOVA の出番です。日本から渡って帰ってきた 72'NOVA は、現在アメリカで注目を浴びています。よく人から手を振られたり、COOL とジェスチャーされるのも驚きです。
そして最初の目的地は、"Pomona Swap Meet"。 MOONEYES USA は毎回出店していて、今回も大きなトレーラーとテントが立っています。 Shop を離れて、売り物の車輛が並んでいるロットを見て回りました。流石減ったとはいえこれだけ並ぶのはすごいことです。

最近は、希望の金額が高いか、程度が悪いものが多く、残念ながらきれいでお買い得なものはありませんでした。それでも何とか探そうと見ている人は多く、近くにあったらいいのにな~と思います。




さて、次は、"NHRA MUSEUM"を訪問。
本当にフロリダから MOONEYES 60周年の展示期間のためだけに来たという、 MOONBEAM と DRAGSTER が展示されていました。
そして両車輛が小さいのは知っていましたが、やはり、本物を見ると小さいのですでもさすがレースカー、ただものならぬオーラがでています。こんな機会はそう簡単にはありません、早速写真を撮ろうとチェーンも外してたくさん撮影させていただきました。

YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 来日ゲスト"デール"さん自宅訪問、ご挨拶。
今年の12月2日 第21回ヨコハマホットロッドカスタムショーに来日決定している the Rocket のオーナーである、デールさんの自宅を訪問。デールさんは、過去に単独で来日しているほどの愛日家で、今回の来日に向けての段取りとクルマの輸出について説明。B/FX The Rocket とともに横浜にくることをとても楽しみにしていました。

そして、彼の愛車 1964マーキュリーコメット、"ザ・ロケット"。こんなにWAXの効いたレースカーでかっこいいって思うのは、ドラッグレースが華々しいからなんでしょうね。
ルマンや耐久レースだと近距離でじっとスタートまで見ることもないだろうし、走れば走るほど汚れるようなラリーとかとも違って、走るのは10秒くらい、その前後は爆音とスローに動いているか、ならんで待っている姿を見るわけですが、やっぱり他のレースよりも「見た目」が気になるものです。当然、かっこよさも独特になるわけです。

是非今年は、生で見て頂きたいですね、エンジンの爆音と、怪物のようなパワーからなる動きを経験していただきたいです。

チャボ・木村様、Shop 訪問挨拶。
昨年HCSに来日していただいた木村さんも今年は、キャノンボールランにまた参加するとのことで、アメリカ大陸横断をビンテージバイクで挑むそうです。
中には、85歳の高齢のレーサーもいるそうで、広大なアメリカを感じるイベントとして素晴らしい経験をされるのだろうなと参加する大変さは置いておいて、うらやましい限りです。

シュレイダーズ 訪問挨拶。
チャボさんのショップと並びの場所にある シュレイダーズでは、所狭しとホットロッドが並び、オーナーの マイク アビシーさんが1人で制作中でした。
彼は、過去に1932年ホットロッドを造って有名になり、その後も波はあるが引き忙しいということです。かっこいいクルマを1台でも造ると、こうも変わるモノなのですね。




4月16日(月曜)5日目。
晴れ、ポモナの ソーキャル スピードショップ を訪問。
昨年も ヨコハマ・ホット・ロッド・カスタムショー にゲストとして来日した ピート・チャポーリス 代表 と ジミー・シャイン へご挨拶。
今年は、グランドナショナルロードスター ショー で アメリカズ モースト ビューテイフル ロードスター として優勝、既に忙しいスケジュールをこなしていました。

続いて、同じくポモナから日本に渡った ショーン・ドナフ を訪問。
Shop では、フレームジグ を作成中で、彼が ノーザン カルフォルニア で偶然見つけた 70'sフレーム をベースに ショベル・チョッパー 作成中。

ケネデイ― ブラザース、ショップ訪問。
2005年にヨコハマ・ホット・ロッド・カスタム・ショーに来日したケネデイ・ブラザース、Shop は、いつも彼らの集める物やデイスプレイにはセンスがあると評判です。仕事は、注文が増えていて WOODYセダン のエンジン載せ換え、 37 FORD の CHOP や、 32セダンの塗装の作業をしていました。


YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2012来日ゲスト"デール" ショップ訪問、ご挨拶。
ショップ内には、昨日見た カートレーラー に ポリスカー の フロア張替の作業に入っていました。
デールさんは、鉄の作業が得意で、このショップでは手狭ですが1件づつ作業をこなしているそうです。
ショップの正面には、友人の サンドバギーレースショップ も紹介を受け、近所の老舗イタリアンで夕食ご馳走になりました。デールさんは、ここ ポモナ が ローカルで、昔から アーウインデールの レース場で ドラッグレース を見て育ったそうです。

4月17日(火曜)最終日

NOISE/スコット ジョーンズ、訪問。
YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2012来日ゲストのバイクビルダー。サンタ アナにあるショップ 「ノイズ」を訪問。
ヨコハマ来日に向けて段取りの説明とバイクの輸出詳細の確認。


ノスタルジア スピード アンド サイクル ショップ訪問。
バイクCBのカスタムとパーツ販売で有名な英国出身の ステイーブ カーペンターさんのショップ。


サイクルロッジ、 マイク デービス 訪問。
6月に開催される ボーンフリー4 を主催する マイク デービス と グラント ピーターソン の二人がシェアする サイクル・ロッジ で同イベント時に抽選で当たるバイク2台を視察。マイクの次の プロジェクト、トライアンフ もパーツが揃いだし組み立てに入るそうだ。
今年はベストオブボーンフリーショーのアワードを取ったバイクが2012年の ヨコハマ ホットロッド カスタム・ショー にUSゲストとして招待されることになった。


ゲーブ&マーク訪問
昨年も ヨコハマ ホット ロッド カスタムショーにゲストとして来日した ゲーブと マーク。
ゲーブさんは、今ではすっかりバーのオーナーとしてやりくりをする日々が続いていると、この時も アコーステイックギター を持って カントリーミュージック の ソロライブ をやっていました。
マークさんは、スワップミート でパーツを販売しつつ次のプロジェクトを開始したそうです。

4月18日(木曜)帰国日
今回は、シンガポールエアライン のため、ロスアンジェルス 出発時間が15:45と余裕で空港へ向かったのでした。

いろいろ来日されるケースが違いますが、唯一、皆さんかっこいい、バイクやクルマを造ったということが共通点です。

思わず自分もがんばろう!と元気づけられるところです!皆さんもがん ばりましょう!
きっと何かいいことがあると思います。

それではまた長いレポートに御付き合いいただき、誠にありがとうございました。
See you next time!
MOONEYES EXPRESS
by Shige Suganuma
MOONEYES 代表 Shige Suganuma が毎週土曜に配信する MOONEYES EXPRESS
1年中世界各国を飛び回る Shige Suganuma の出来事を豊富な話題でお届け致します。
MOONEYES EXPRESS はこちら
MOONEYES BLOGS

MOONEYES STAFF が不定期に更新する Blog は、New Item Info 、Event Report などなど
ここでしか見られない情報や、写真が満載です。
   

Project Car & Motorcycle
MOONEYES が過去に製作した Car & Motorcycle はこちらからご確認いただけます。今後製作する車両もこちらへ追加して行きます。
詳細はこちら

Event Report & Trip Report
MOONEYES が開催した Event Report 、 MOONEYES STAFF が海外 Trip で体験した Trip Report もこちらからご覧いただけます。
詳細はこちら

販売車両情報をチェック!
MOONEYESが厳選、輸入した車両はここからご確認頂けます。突然掘り出し物の車両が For Sale になる事もあるので、こまめにチェックしてください。
詳細はこちら