MOONEYES Official Website

USA Trip Report Jan. 2012 Vol.2


こんにちは、MOONGARAGEのGoshuです!
さて、先週から御送りしているUS Trip ReportのPart2ということで、 早速ですが、Grand National Roadster Showに出店とNHRA MuseumでスタートしたMOONEYES!60周年のイベント開催PartyにとPOMONAで金曜日を過ごしたあ と、Tripも中盤の土曜の朝に突入です。

そして迎えた翌朝には、もりもりとスケジュールをこなしたい人にぴったりのモーニング クルーズです!
IrvineのMAZDAが目印の駐車場にどんどんくるくる高級車!言われなくても速いのがわかるようなクルマ がざっと200台は見れるんです!おかしなクルマも中にはいますが、四駆のリフトは若ものの象徴で しょうか、さらに見れるのはこの現行フェラーリからランボルギーニ、ポルシェにGTRと総額いくら?と最近日本でもニュースありましたが、ビンテージ フェラーリや、ジャガー、もちろんアメリカンマッスルのコルベットやシェ ベールなど年代も幅広く、とても見応えのあるクルーズです!

やっぱりこのような普段日常の生活では交わるようなことがないのでしょうけど、クルマ好きということで、気迷うことなく集まれるのは素晴らしいことですよね!
是非!日本でも!愛車は寝たままでありませんか?まずはクルマで、"Let's Go Out!" 繰り出しましょう!


後ろ髪ひかれながら Pomona の会場に到着。さて、今日も見逃さないように色々見ないと!!
今日は会場の外にも沢山の車輌で埋まるって聞いていたのでペース上げていかないと廻りきれない!! 行くぞ Steve-san!!!!
Building 5
この日最初の建物は、Kustom, Custom, Low Rider が集結した建物。昨日の倍くらい人が入っている!
そして気になる車輌の場合、気が済むまでずーっとその車輌を穴が開きそうなくらい見ていたり、何十年来の友人どおしや老夫婦で楽しそうに話しているのをよ くみます。「やっぱり USA は凄いなー。歴史が違うんだなー。」と感じてしまいます。
ある Shop のブースで自分の母ぐらいの年齢の女性がカーボンファイバー製のカマロのボディー パネルを穴が開きそうなくらい真剣にみているのをみて度肝抜かれました。もし自分の母親に「ほら正和、このカマロ、フェンダーパネル全部カーボンよ。クオ リティー高いわぁ~」なんて言われたら気絶しますよ。
USA ではこのカルチャーを支えているファンが本当に多く年齢層も広い事を感じさせる事がこの出張中多々ありました。


1949 Mercury
いろんな New であったり Radical なクルマもありましたが、やはりスタイルが一番カッコ良かった。


1950 Chevy
このペイントの塗り分け方って本当に凄いなと。レプリカだとは思いますがさすがレジェンド。


1956 Chrysler
とてもキレイだね!スムージングもチョップもペイントも!! これがカスタム!!!!

Building 8
次の建物も Kustom, Custom がメインで Hot Rod、ロールスロイスや、VWまで色々なクルマが展示されています。
ここの建物を撮影していると一人の男性に声をかけられました。「You took Bonneville. ○△□......my Roadster.」と言い指をさしています。「え?」とそのクルマを見ると確かに Bonneville で撮影した車輌でした。
僕の事覚えててくれてたんだ凄いなーしかもこんな人がいっぱいいる会場の中でよくわかったなー有難うございます。



1938 Ford COE Truck
やはりこんな事考えるのはまさにアメリカ人だ!


1941 Ford Panel
パネル好きにはたまらないですね。完全に個人的なチョイスです。

1935 Ford Push Truck
意外とストックだけど、僕は好き! 働くクルマが好きなんだ!

Building 7
次の建物も Kustom, Custom がメインで Low Rider, Street Rodder も少し入っていました。
次から次へと全く飽きる事も全くなく進んでいきます。


1965 Ford Mustang
やっぱり黒の外装にタンのレザーは大人ですね。


1937 Ford
とにもかくにも色がカッコ良かった~。こういうカラーって勇気がいるんだろうなーと

1954 Mercury
歳をとってきたのか、最近なぜかストックが好きになってきたな。この状態で乗りたいな。

Building 9
ある意味この建物が一番衝撃的でした。Deuce 誕生80周年を記念して展示車輌全て Deuce!! もう見渡す限り Deuce!! Deuce がずっと続く渋滞みたいです。信じられない。Steve-san も呆然としてます。


1932 Ford Model B
自分達が見た事の無い時代の貴重なクルマが見れて良かったです


1932 Ford Model B
僕はやっぱりセダンが好きだと再確認した1台です。チョップの加減も全体的なイメージもカッコ良ったー

1932 Ford Model B
やっぱり Gray Baskerville のフルフェンダー デュースだな~。

Outdoor
急ぎ足で廻っていても、もう陽が傾き始めてる。
Grand Daddy Drive In と呼ばれる外に車輌が展示されているのは今日が一番多い日なので焦る焦る。でもあれこれ気になって、中々先に進まない。タイミング良くフライングして帰り 始めるクルマ達の姿も色々見る事が出来ました。
そして Cackle Fest も! 遠くから凄い音が聞こえてそっち観たら凄い人だったので Steve-san と走った走った。四つん這いになって人ごみをかき分けて一番前まで行って五感で感じたけどしばらく耳がおかしくなった。
いやーあっという間に暗くなってし まいました。


60's Buick Riviera
僕こんなリビエラ欲しいです!


1964 Chrysler New Yorker Wagon
初めてみましたこんなパンチがあるクルマ。このクルマ欲しい!!

1936 Ford Roadster
タマンネェ~!! カッコイイ!! あっ又ストックだけどね。


そして土曜の夜は、PARTYがつきもので、今回はBEAN BANDITのメンバーFabianの New Shop引っ越しを祝うオープンハウス パーテイに行ってきました!
さすがは、人望家のFabian大きなSHOPにたくさんの人が訪れて, ビールやドリンクを片手に会話が弾み、用意されたメキシカンフードは大人気! タコスのお肉は3種類!ポーク・チキン・ビーフ! SUMIとSTEVEも並んで頂きました !
本場の料理は、味付け合わせも奥が深そうです! ランドスピードレーサーにホットロッドやカスタムと幅広く作業をこなすFABIANだけ に SHOPの中も満載!
そして大きな壁がないと飾れないよね~とどこかで聞き覚えのある セリフに 見覚えのある「巨大ボンネビル・バナー」!まさにホットロッド・カスタムショー (HCS)に展示されていたもので、 「Shige!サイン プリーズ!」と即サイン入りとなっていました。

楽しい夜はさらに続きがあり、今度はHCSでもおなじみのゲーブことGABE GRIFFINの バーに行ってきました!
さっそく中に入って皆で乾杯!偶然居合わせたマーク・ドリューズも参加して、会話 は常にカーショー・バイクショーの ネタに、次のバイクツアー先は何と!!とか。
気軽にいろんな人に会えるのもバーの いいところ。 カーガイやバイカーが多いので、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょう! きっと日本から来たと言えば、大喜びでむかえてくれると思います!


日曜日の朝はスワップミートからスタート!!
ロングビーチのベトラン スタジアムに到着したのは、朝の7:30。もう既に駐車場はほぼいっぱいで、 ロングビーチ ハイパフォーマンス スワップミートに入ろうと入口には人が並んでいました。
このスワップミートは、クルマ関係のみの出店で、年間のスケジュールも出ているから是非チェックしてみてください。
エントリ-フィーを払い、スタンプをもらえば、再入場も可能。別の列には、FORSALEのクルマが並び、 会場内にあるCAR FOR SALEのエリアに展示できます。今までこんなにたくさんのFORSALEのカッコイイクルマを一度に見たことが無いネ!
会場内に入ると真っ先にCAR FOR SALEの列に向いました。クルマの列を見ながら気がついたのは、時間が残っていない! ということで、何列かスキップするが最後まで見れなかったのは仕方ないこと。 もしも5時間あれば、十分見れたと思うが、2時間くらいしかなかったので、急いで見て回った。ベンダーでも積んできたクルマを売りに出している人がいて、 本当に売れた場合はどうするんだろうか?どうやって商品をもって帰るのか疑問だった。
たくさん見る物があったのだがわずかな時間にすべて凝縮して 行い、 ロングビーチスワップミートではたくさんの買い物客でにぎわっていました。

またいつか来てゆっくり見たいです。それでは、今日もポモナに向いGRNSの最終日に挑みます。

"MOONEYES EXHIBIT" at NHRA Museum
さぁいよいよ最終日、この日は今回の出張のメインイベント "MOONEYES EXHIBIT" at NHRA Museum の取材です。
26日の Steve-san の紹介にもありましたが是非とも皆さんに足を運んで見て頂きたいと思っています。
来年の2013年の1月まで開催していますので是非お越し下さい。
展示し ている車輌や、貴重な資料は 4月末に発売予定の MOON Illustrated Vol.9 にてしっかり紹介しますのでお楽しみに!!

Building 13
遂に GNRS 最後の建物にやってきました。もう間に合わないと思った....。
ここの建物は "2012 Race Car Showcase" と題して "LIONS DRAG STRIP" を走っていた当時の車輌の展示や Gasser、Dry Lake Race Car、Indy Race Car 等が展示されています。
Show Car とは違うただならぬ雰囲気が伝わってくるんですが、どれも美しくただただ感動です。


40's Dry Lake Race Car
1948年に6回連続ドライレイクで記録を更新したというこのレースカー。こんなに綺麗なのに速いってのに驚きました。


Pedal Car
いやどのクルマ(実車)もカッコ良かったです!! でも気になったのはこのペダルカーなんです。

Tommy Ivo Dragster
Tommy Ivo のフロントエンジン ドラッグスターがカッコイイ!!

Award
GNRS の最後を飾る Award 授賞式の時間が近づいてきました。
YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW(以下HCS) も Award が多数ありますが、このイベントはスケールが凄いですね。Magazine とか人から色々聞いてきましたが、目の前に並んだ信じられない量のトロフィー、授賞式の開始を待ちわびる観客の人の多さ、落ち着いて何も問題無く予定通り 進行しているスタッフをただただ静かに見つめる事しか出来ませんでした。
一番気になっていた America's Most Beutiful Roadser は So-Cal Speed Shop のトラックノーズの Speedster に決定しました。
どのクルマが選ばれても納得と思っていました。

おめでとうございます。授賞式後、Shop の片付け、搬出を行い今回の出張業務も終了です。サポートして頂いた MOONEYES USA STAFF の皆さん有難うございました。

1月30日(月) あっと言う間の4泊6日でしたが、充実した気持ちを胸に朝、LAX より日本に向けて出発。あっという間ではあったけど4日間でここまでUSAを満喫出来ます。冒頭にも書きましたが、今回の出張で少し USA が近くなったような気がしました。

出張中に気付いたのは、Shige-san を始め、MOONEYES の諸先輩方が今回のような USA でのイベントで感じた事を日本で開催するイベントにフィードバックさせてきていた事。今回初めて経験しましたが会場を歩いていた時、車輌を見ている時、 色々な場面でふと「こういうのは日本でも取り入れたいな」「このシステムは改善出来ないのかなー」「あ、日本でやっていた事はこういう事だったの か」と感じた瞬間が何度もありました。現場で見て聞いて感じた事の積み重ねがあって今があり、又新たに何かに気付きそこで改善していく。イベント に参加される方、そして観に来られるお客様皆が Happy になる事に繋がると改めて感じさせられる4日間でした。

そして今回紹介した "MOONEYES EXHIBIT" at NHRA Museum は始まったばかりです。皆さんも是非 NHRA Museum に足を運んで、60年の歴史を感じて頂けたらと思います。それと合わせて他に行ってみたいイベントや場所、食べたい Food を思い浮かべてカレンダーにチェックを入れてみて下さい!
帰りの飛行機搭乗時間ギリギリまで僕と Steve-san は LAX の中にあるオモチャ屋やShop 巡り、Goshu-san は前日夜の食事がいけなかったのかトイレに籠るという最後までバッタバタでしたが、本当に楽しかったです。最後までお付き合い有難うございました。

MOON Garage Goshu, MOON Space Agency Pan & Steve

Back to TOP
Vol.1 / Vol.2

MOONEYES EXPRESS
by Shige Suganuma
MOONEYES 代表 Shige Suganuma が毎週土曜に配信する MOONEYES EXPRESS
1年中世界各国を飛び回る Shige Suganuma の出来事を豊富な話題でお届け致します。
MOONEYES EXPRESS はこちら
MOONEYES BLOGS

MOONEYES STAFF が不定期に更新する Blog は、New Item Info 、Event Report などなど
ここでしか見られない情報や、写真が満載です。
   

Project Car & Motorcycle
MOONEYES が過去に製作した Car & Motorcycle はこちらからご確認いただけます。今後製作する車両もこちらへ追加して行きます。
詳細はこちら

Event Report & Trip Report
MOONEYES が開催した Event Report 、 MOONEYES STAFF が海外 Trip で体験した Trip Report もこちらからご覧いただけます。
詳細はこちら

販売車両情報をチェック!
MOONEYESが厳選、輸入した車両はここからご確認頂けます。突然掘り出し物の車両が For Sale になる事もあるので、こまめにチェックしてください。
詳細はこちら