Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

シェルビーがやって来た

またもや長くなってしまった前回からの続きの身分不相応のお話しは、このまま続きますと小説になってしまうので、今回にてピリオドを打ちますのでもう少しだけ長い長いブログとは思えないお話しにお付き合い下さい。 MOONEYESにクルマをorderしてから数週間後に、Bossからお呼びが掛かり、見せられたクルマの写真は全く予想もしていなかった’68 Shelby Cobra GT350(Shelby Mustang)という究極のMuscle Carの1台でした!「こっ、これは一体どうゆう事ですか?」とBossに説明を求めた所、「Mach 1の428はまだ出てこないけれど、たまたまこのクルマの話が来たんだよ、こっちの方が良いんじゃない?」とかなり気軽に勧めてくれます。 「こっちの方が良いですけれど全くお値段の想像がつかないのですが?」とWildmanが聞くと「$12,000くらいで売りたいと先方が言っているんだ」と信じがたいお言葉が! 「$12,000ですか!たったの!」と金銭感覚がおかしくなっているWildmanでしたが、冷静に1ドル¥160で計算すると¥200万弱の金額となりました。 当時Shelby Mustangは正規輸入のディーラー車の生き残りが、ごく少数流通していましたがどれも¥500万円は確実で、夢のまた夢という感じでした。(ちなみに2007年現在のShelby Mustangのアメリカでの相場は、Muscle Carの異常なまでの価格高騰により$80,000~$100,000!となっていて本当に夢のまた夢です・・・・) Mach 1で考えていた$7,000~8,000という予算は軽くオーバーしてしまいましたが、Shelbyがたったの$12,000!という事実に頭はクラクラして来ました。「うーむ、$12,000か・・・何とかならないかな」と悩みます。Bossも「こんなチャンスは無いよ、買っちゃいなよ」と心強い後押し(?)をしてくれます。 船賃や登録諸費用を考えると予算オーバーは分っていましたが、そんな事はもうどうでもよくなり、目の前の写真のこのクルマがどうしても欲しくなりました。「お金なんて又借り直せばいいや、もし登録出来なかったらオブジェとして眺めているだけでもいいから、とりあえずこのクルマを買ってしまおう!今しかない!今しかないぞこれは!」というWildmanの的確な判断によりオーダー決定!となりました。 それからはスムースに事は進み(借金も進み)無事我クルマは横浜港に着き、書類もととのって港から引き上げる日がせまって来ました。クルマの通関手続きは当時MOONEYESで夕方から働いていたナゾの人物、長谷川さん(現:長谷川部長)が行ってくれていましたが、急に連絡があり「ちょっと忙しくてクルマを港に取りに行けなくなっちゃった、悪いけど自分で取って来て」と何とも素敵な指示をしてくれます。生まれて初めて仮ナンバーなる物を地元の区役所に取りに行きましたが、担当の人は「そんな訳の分らない個人輸入したクルマには仮ナンバーは出せない」とダメの一点張りで仮ナンバーを出してもらえません。トホホとなってMOONEYESに相談に行くと、たまにお店で会うメガネを掛けた鋭い 視線の人から、「ウチの方の区役所ならすぐに出してくれるよ」とアドバイスを頂きました。いつも元町に、狂ったように車高の低いパブリカや冗談としか思えないハイリフトのHiluxに乗ってくるこのナゾの鋭い視線の人物はDeuce Factory(当時:Public Spirits)の笠井さんでした。 無事仮ナンバーをもらい、港にクルマを取りに行くと倉庫の中に、美しすぎるファストバックのMustangがこちらを向いています。そこらじゅうにちりばめられたCobraのエンブレム、オリジナルのロールバー&ショルダーハーネスシートベルト、ファイバー製のボンネットやエアスクープ等々、本物Shelbyならではのディテールが満載です。 「お、俺のクルマだぜ・・・」と感激し、早速乗り込んでアクセルを何度かあおり、エンジンを掛けてみると意外にもあっさりと掛かりました。「このクルマは当たりに違いない!」と勝手に判断し、行くぜーとアクセルを踏みましたが、パワステの付いていないコイツは思うように動いてくれません。 ヨロヨロと港の中を走って表通りに出る1つ目の信号が赤になり、止まろうとしてブレーキを踏むとクルマはグワッーと左へ流れて行きます。ナ、ナンダこの車は!・・・!そうですブレーキは完全に片効きしていました。この後も、あれ、ウインカーが戻らないや!あれ、ブレーキランプが点かなくなっちゃった! とUSA車初心者のWildmanに次から次へと楽しい試練を与えてくれました。 その後長谷川さんに車を託し、当時ここでしか並行輸入の旧車は車検が通せないと言われていた東京のS自動車という整備工場にて、と~っても高い金額の車検を取ってもらい(と~っても高くて払えないので値切ってもらいました)やっとナンバーがついて手元に’68 Shelby Cobra GT350がやって来ました。 元町商店街にて納車となりましたが、本当にクルマを個人輸入してしまったという事実が信じられませんでした。人生最大の借金も信じられませんでした。当初の予算は完全にオーバーし青年借金王となりましたが、何としてもMustangで本牧通りを疾走し、横浜を駆け抜けるぜといった子供じみた夢がかない、幸せな毎日が続きました。 第1回Mooneyes Street Car Nationalsにエントリーしたり、TACSのイベントで富士スピードウェイを走ったり、初めてクルマ雑誌に写真が載ったり、 10年ぶりに来日したKISSのライブ会場横に乗り付け、若気のいたりでホイールスピンしまくってエンジンが掛からなくなったり、横浜市内の有鉛ハイオクを販売しているガソリンスタンドを探してリストを作ったり、走行中マフラーをゴロ~ンと落っことしたり、元町商店街のど真ん中でエンコし、当時MOONEYESで学生アルバイトだった現MOONEYES Area-1カリスマ店長の成田君に押してもらったりと、幸福と不幸が順番にやってくるカッコいいんだか間抜けなんだかわからないUSA車ライフを味合わせてもらったWildman思い出のShelby Cobra GT350でした。 このクルマとの出会いにより自分なりのアメリカンなライフスタイルにどっぷりとはまってしまい、しまいにはPinstriperになってしまうという、Wildmanの人生を変えるきっかけを作ったGT350でした。(その後何度も税金を滞納しつつ5年間の付き合いとなりました)現在は’66 Shelby Mustang GT350 とお付き合いしています。 皆様お疲れ様でした、この話は完了となり次回より普通のブログになる予定です。 “Shelby has come” The story of beyond Wildman’s income has yet to start […]

身の程知らずの個人輸入

さて前回からの続きとなりますが、話は又、長く長くなります。 86年5月、横浜元町にムーンアイズがOpenしてからWildmanはせっせとお店に通うようになりました。もうCobraグッズやアイボールロゴの入った物なら何でも買うぞ!といった勢いで店に行きまくり、週末はもちろん平日でも看板屋で出張ペイントに行った帰り道に寄ったりしていました。 あっという間にポイントカードのスタンプもいっぱいになり、顔も覚えてくれて、何も無くても行けばMilk&Sugarのたっぷり入ったCoffeeをご馳走になり、何て居心地の良い店なのだろうと思っていました。(それなりにお金は使っていましたが・・・) しかしこの頃Bossのシゲ菅沼は、まだサラリーマンとの掛け持ちで、お店には週末しかいないので、なかなか会う事は出来ませんでした。ある日曜日に買い物に行き、Mustangのポスターを買うとちょうどBossがレジを打っていて、「いつもMustangやCobraの物ばかり買ってくれるけど、Mustangにでも乗っているの?」と声を掛けられましたが、「いや~欲しいんですけどね、なかなか物も無いし先立つものも無いし夢ですね」とありふれた返事をしました。その頃60年代のMustangというのはすでに20年落ちの車となっていて、日本では生き残りのポンコツディーラー車か、もしくはある程度レストアが施されてしまい高額になってしまった車などあまり選択の余地が無く、買いやすい金額で普通に乗れそうな車両はめったに有りませんでした。旧いUSA車が並行輸入でアメリカから大量に入って来るのは90年代になってからです。 実は60年代のMustangが欲しくてたまらなかったのですが、旧いクルマを自分が買っていいのか恐れ多くて、現実としては考えられませんでした。又、当時は登録して10年を越えたクルマは車検が1年というのも旧車を維持する上でネックとなっていました。 するとBossが一言、「本当に旧いMustangが欲しいのだったら、ウチで入れてあげようか?」と意味不明の言葉を発します。 ウチで入れる????一体どういう事?と頭の中を???マークが走りまくりました。 つまりアメリカでクルマを探して手配し、個人輸入の代行をしてあげるという事なのですが、ミニカーではなく本物のクルマを輸入するという事自体がその頃では信じられないお話でした。 当時クルマを個人輸入してナンバーを付けて乗り回すなんて、どこかの酔狂なお金持ちがFerrariか何か物凄い値段の高いクルマを個人で入れるくらいで、一般庶民レベルでは中々考えられない事でした(少なくともWildman自身の中では) Bossがあまりにも真剣に話しをしてくれるので、いつの間にかこっちも本気になってしまい、話はどんどん盛り上がって、そのうちアメリカのAuto Trader等のクルマ売買の雑誌を見せてくれて、アメリカ西海岸でのMustangの相場が分りました。や、安い・・・思っていたよりもず~っと安い!こんなに安くていいのか!という価格でした。 86年当時の日本では’64~’70年までのMustangは程度の良い物は¥300万近くして、あまり良さそうでない物も旧いという希少価値だけで¥200万前後はしていました。ところがアメリカでの価格を見てみると、明らかに綺麗そうなクルマでも$5,000~$7,000で取引されているでは有りませんか(ボロなら$2,000レベル)当時の為替レートが1ドル¥160円台でしたので$7,000クラスのクルマでも¥百万円台前半で買えるじゃん!と急に現実めいてきて、この20代前半の身の程知らずの若者は気が大きくなります。 車輌価格が安いと言うだけで、他の輸入や登録に関する金額を全く考えていなかったのは言うまでもありません。 社長!それでは腹を決めてクルマをOrderさせて頂きます!と数日後にレジの前に立っていました。Bossも、じゃあすぐに現地のスタッフに頼んでクルマを探すから、欲しいMustangの年式やグレードを教えてよと言われ、「ハイ!’69年式のMach 1の”428 Cobra Jet”エンジン搭載車が希望になります」と元気良く答えるとBossは??という顔をし、その後半分笑いながら、本気?という感じで応対してくれました。 全くこの身の程知らずのガキは何を考えているのだろうと思ったのでしょう。初めてUSA車に乗るヤツが7リッタービッグブロック 335hp、自動車税は¥10万以上のクルマをマトモに運転&維持が出来るはずがありません。当たり前です(今思えば本当に恥ずかしい限りです)それでもBossは相談に乗ってくれ、「とりあえず探してみるよ」と、世間知らずのガキのorderを受けてくれました。それから数週間が経ちましたが、一向にリクエスト通りのクルマは見つかりません。 さすがにアメリカでもビッグブロック搭載車、オリジナルでGood Conditionの’69年式Mach 1と限定してしまうと中々出ては来ませんでした。ちょっと諦めモードになった頃、BossからWildman勤務先の看板屋に電話が入りました。(まだ携帯電話など無い時代なので)「面白い車が見つかったんだけれど、今日写真を見せるからお店に寄ってよ」という嬉しいお言葉が! 仕事帰りにすっ飛んで行くと、Bossが「希望通りのクルマではないけどもっと凄いクルマだよ」とアメリカで撮影された1枚の写真を見せてくれました。 こ、これは!!Wildman青年絶句のクルマとはアイボリーホワイトも美しい1968年式 Shelby Cobra GT350 (Shelby Mustang)というあまりにもカッコ良く、あまりにも身分不相応のクルマでした。 やっぱり2回では話し切れませんでした・・・すみません。 次回に続く・・・ Now continue from last issue it will be a long long story again. From May 1986, Wildman was hooked on going to MOONEYES shop […]

Wildman石井の長話しが始まります

2007年2月より皆さん待ちかねのムーンアイズのピンストライパー、ワイルドマン石井のブログがスタートしました。これまでムーンアイズではシゲ菅沼のブログ、ムーンアイズ エクスプレスでCOOLなクルマやモーターサイクル、カリフォルニア&ヨコハマの話題を提供していて、ムーンアイズ メール マガジンのエディター TANKがお送りするTANK’S BLOGでは、出来もしないダイエットという叶わぬ夢物語を中心にお届けしております。 そして今回よりワイルドマンの執筆活動が始まる訳ですが、はっきり申し上げまして回数を重ねるごとに訳の分からない話になって行くと思いますので、まともなブログを期待されている方は御注意下さい。 と言いますのは、もうカミングアウトしてしまったのでご存知の方も多いと思いますが、ワイルドマンは幼少の頃より収集癖が激しく、コレクターと言われて30年以上が経過しておりまして、ビンテージミニカー、KISS、ビンテージスニーカーを3本柱としてエンドレスのコレクションが続いています。 (TV番組 開運!なんでも鑑定団を見て頂いた皆様、その節は有難う御座いました) と言う事で、ブログの話題がこの3本柱中心となりそうで、良識人には理解不能となり読者は変態さん限定になる可能性大です。 最初はまじめにクルマ(実車)やピンストライプ等の話題で我慢?しますが、暴走が始まりますと、BOSSにも止められないと思いますので、冷静に続けられるよう頑張ります。 第一回目の話題は得意の昔話である、ムーンアイズがオープンした頃と当時愛車となった’68 Shelby Cobra GT350の事についてお話しますが、短い文章が苦手なので2回に分けて書きます(3回になってしまいましたらすみません)。 1986年(昭和61年)の4月末に、創刊号よりずっと愛読している企画室ネコ発行の”Scramble Car Magazine”(現ネコ・パブリッシング:Car Magazine)78号をペラペラとめくっていると、新製品案内のモノクロページの片隅にショップ紹介の小さな記事が出ておりました。 横浜・元町に”MOONE YES”オープンとなっています。ムーネ イエスって何??(もちろん誤植でした)何の店かと読んでみると’60、’70年代を感じさせるグッズやカーアクセサリー取り扱いと書いてあり、何とコブラグッズも取り扱いとなっているではありませんか!!当時の日本ではShelby Cobraに関する物はたとえステッカーやパッチでも入手するのが難しく、Cobra自体がマニア以外には忘れられたような存在のクルマでした。そんな物を扱うのか、変わった店が出来るなと思いさらにショップ紹介文を読んでみると、オープン日の5月17日にScramble Car Magazine持参で来店した人には粗品のプレゼントと書いてありました。これは行くっきゃないなと思い、仕事帰りに店に寄る事にしました。 当時ワイルドマンは本牧に作業場がある看板屋で働いておりまして、元町まではクルマやバイクならすぐの距離にありました。 オープン当日に元町プラザ2階という、クルマ屋としては考えられない場所のショップに粗品目当てで行ってみると、そこには何とまあ懐かしい目玉のマークがこちらを向いているではありませんか。 本の紹介文の所にはコブラグッズの写真しか出ていなく、ムーンの目玉マークには一切触れていませんでした。 Moonってあのムーンか!と思い、一瞬10年以上前の子供時代にタイムスリップしました(86年4月当時ワイルドマンは21歳) “MOONE YES”ではなく”MOONEYES”だったのねと納得しましたが、目玉マークは子供の頃、買ってもらったミニカーやプラモデルに付属されていたステッカーで、ブランドの存在は知っていましたが、それはもう昔の話でブランド自体がまだ存在していた事に驚きました。閑散としている店の中に入ってみると目玉マークのステッカーやTシャツ、初めて実物を見るムーンディスク(この日にムーンディスクはホイールに直接穴を開けて取り付ける物だと知りました)が並び、お目当てのコブラグッズも多数揃っていて(今思えばステッカーやパッチ程度でしたが)ちょっと興奮状態になりました。欲しい物はいっぱいあるけど、バイクで来てしまいあまり大きな物は持って帰れないので、とりあえずコブラのパッチだけレジに持って行き、そこで本を持参したので粗品を下さいと言って、数百円の買い物だけでUSA Madeの”California Performance”というポスターを頂いてしまいました(このポスターは20年以上経った今でもワイルドマンの実家に貼ってあります)。 又、ヨロシクね!と当時まだ名前も知らないBOSSのシゲ菅沼に声を掛けられ、その日は店を後にしましたが、この日以降、怒涛のムーンアイズ通いが始まります。 コブラのパッチどころか人生をを変えてしまう実車の’68 Shelby Cobra GT350をこの店に注文するとはワイルドマン自身もこの時は思ってもみませんでした。 次回に続く…。 Wildman Ishii’s Long Story begins. From February 2007, the long waited Wildman Ishii’s Blog will […]