Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

身の程知らずの個人輸入

さて前回からの続きとなりますが、話は又、長く長くなります。 86年5月、横浜元町にムーンアイズがOpenしてからWildmanはせっせとお店に通うようになりました。もうCobraグッズやアイボールロゴの入った物なら何でも買うぞ!といった勢いで店に行きまくり、週末はもちろん平日でも看板屋で出張ペイントに行った帰り道に寄ったりしていました。 あっという間にポイントカードのスタンプもいっぱいになり、顔も覚えてくれて、何も無くても行けばMilk&Sugarのたっぷり入ったCoffeeをご馳走になり、何て居心地の良い店なのだろうと思っていました。(それなりにお金は使っていましたが・・・) しかしこの頃Bossのシゲ菅沼は、まだサラリーマンとの掛け持ちで、お店には週末しかいないので、なかなか会う事は出来ませんでした。ある日曜日に買い物に行き、Mustangのポスターを買うとちょうどBossがレジを打っていて、「いつもMustangやCobraの物ばかり買ってくれるけど、Mustangにでも乗っているの?」と声を掛けられましたが、「いや~欲しいんですけどね、なかなか物も無いし先立つものも無いし夢ですね」とありふれた返事をしました。その頃60年代のMustangというのはすでに20年落ちの車となっていて、日本では生き残りのポンコツディーラー車か、もしくはある程度レストアが施されてしまい高額になってしまった車などあまり選択の余地が無く、買いやすい金額で普通に乗れそうな車両はめったに有りませんでした。旧いUSA車が並行輸入でアメリカから大量に入って来るのは90年代になってからです。 実は60年代のMustangが欲しくてたまらなかったのですが、旧いクルマを自分が買っていいのか恐れ多くて、現実としては考えられませんでした。又、当時は登録して10年を越えたクルマは車検が1年というのも旧車を維持する上でネックとなっていました。 するとBossが一言、「本当に旧いMustangが欲しいのだったら、ウチで入れてあげようか?」と意味不明の言葉を発します。 ウチで入れる????一体どういう事?と頭の中を???マークが走りまくりました。 つまりアメリカでクルマを探して手配し、個人輸入の代行をしてあげるという事なのですが、ミニカーではなく本物のクルマを輸入するという事自体がその頃では信じられないお話でした。 当時クルマを個人輸入してナンバーを付けて乗り回すなんて、どこかの酔狂なお金持ちがFerrariか何か物凄い値段の高いクルマを個人で入れるくらいで、一般庶民レベルでは中々考えられない事でした(少なくともWildman自身の中では) Bossがあまりにも真剣に話しをしてくれるので、いつの間にかこっちも本気になってしまい、話はどんどん盛り上がって、そのうちアメリカのAuto Trader等のクルマ売買の雑誌を見せてくれて、アメリカ西海岸でのMustangの相場が分りました。や、安い・・・思っていたよりもず~っと安い!こんなに安くていいのか!という価格でした。 86年当時の日本では’64~’70年までのMustangは程度の良い物は¥300万近くして、あまり良さそうでない物も旧いという希少価値だけで¥200万前後はしていました。ところがアメリカでの価格を見てみると、明らかに綺麗そうなクルマでも$5,000~$7,000で取引されているでは有りませんか(ボロなら$2,000レベル)当時の為替レートが1ドル¥160円台でしたので$7,000クラスのクルマでも¥百万円台前半で買えるじゃん!と急に現実めいてきて、この20代前半の身の程知らずの若者は気が大きくなります。 車輌価格が安いと言うだけで、他の輸入や登録に関する金額を全く考えていなかったのは言うまでもありません。 社長!それでは腹を決めてクルマをOrderさせて頂きます!と数日後にレジの前に立っていました。Bossも、じゃあすぐに現地のスタッフに頼んでクルマを探すから、欲しいMustangの年式やグレードを教えてよと言われ、「ハイ!’69年式のMach 1の”428 Cobra Jet”エンジン搭載車が希望になります」と元気良く答えるとBossは??という顔をし、その後半分笑いながら、本気?という感じで応対してくれました。 全くこの身の程知らずのガキは何を考えているのだろうと思ったのでしょう。初めてUSA車に乗るヤツが7リッタービッグブロック 335hp、自動車税は¥10万以上のクルマをマトモに運転&維持が出来るはずがありません。当たり前です(今思えば本当に恥ずかしい限りです)それでもBossは相談に乗ってくれ、「とりあえず探してみるよ」と、世間知らずのガキのorderを受けてくれました。それから数週間が経ちましたが、一向にリクエスト通りのクルマは見つかりません。 さすがにアメリカでもビッグブロック搭載車、オリジナルでGood Conditionの’69年式Mach 1と限定してしまうと中々出ては来ませんでした。ちょっと諦めモードになった頃、BossからWildman勤務先の看板屋に電話が入りました。(まだ携帯電話など無い時代なので)「面白い車が見つかったんだけれど、今日写真を見せるからお店に寄ってよ」という嬉しいお言葉が! 仕事帰りにすっ飛んで行くと、Bossが「希望通りのクルマではないけどもっと凄いクルマだよ」とアメリカで撮影された1枚の写真を見せてくれました。 こ、これは!!Wildman青年絶句のクルマとはアイボリーホワイトも美しい1968年式 Shelby Cobra GT350 (Shelby Mustang)というあまりにもカッコ良く、あまりにも身分不相応のクルマでした。 やっぱり2回では話し切れませんでした・・・すみません。 次回に続く・・・ Now continue from last issue it will be a long long story again. From May 1986, Wildman was hooked on going to MOONEYES shop […]