Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ボンネビルに行ってきました!

映画「世界最速のインディアン」で、すっかり日本の皆様にもおなじみとなったアメリカはユタ州のボンネビルスピードウィークに行ってきました! といっても16年前の1991年、夏のお話しですのでまたもや得意の昔話が始まります。 何でオマエのブログは昔話ばかりなのかと言われましても、あまりにも順番で書きたい事が多いので、2007年のお話しは2007年が昔になった時点で書こうかと思っております。 1991年の夏、BossはじめMoon of Japanのスタッフと映画の舞台となったボンネビルに、当時現役バリバリのFred Larsenの応援?に行ってまいりました。 遠い遠い遠いボンネビルの地に着いてみるとそこはまさに無限に広がっているとしか思えない干上がった塩の湖でした。行く前は塩湖って一体なんだろう?と思っていましたが、本当に塩の大地でした。見るからにしょっぱそうでしたので確認の為舐めてみましたらやっぱりしょっぱかったです。 コレクターとしては、もちろんこの塩は持ち帰り今も手元にあります。イメージとしてはもっとスケートリンクの氷のようにツルツルとしたすべる感じの物を想像していたのですが、実際は結構ざらついていて固い感じの物で「こんな所で200マイルも出してひっくり返ったら死んでしまう!」と恐怖を感じ、「4輪ならともかく2輪でこんな所を走るなんて皆さんどうかしている、いくらまっすぐに走るといっても道を間違えたら行方不明になって遭難しそうだ」と思いました。 しかしレースやピットの雰囲気は映画そのもので、91年の時点ではレースカーレタリングも手描きが主流で(カッティングシートはまだ少なかったです)Wildman的にはレースよりもそちらに夢中でした。 エド・ロスもブースで”Race Car Lettering”の看板を出してペイント作業をしていて「やっぱりアメリカのペインターはカッコイイな~」「ああいう仕事をやりたいもんだ!」と思って見ていましたがその後、ロスは腐ったスイカを食べてしまったらしく、具合が悪くなり塩の上で苦しそうに寝ていました。「ああはなりたくないもんだ・・・」と思いました。 ボンネビルの思い出といえば何よりも生涯最高の日焼け(火傷)とお酢です。あまりにも天気が良く照りつける太陽、青い空にどこまでも続く地平線、そして足元には真っ白な塩湖といった素晴らしい条件が揃い、履いているのはなつかしのMoonのボクサーパンツ(短パン)でした。「ウ~ン、日差しがちょっと強いけど日本の暑さとは違い気持ちいいな」とトコトコとピット廻りをうろついていましたが、「なんかとっても皮膚が赤いような気がするんですけど・・・」と思った時はすでに手遅れとなっていました。強烈な照り返しは日本では絶対に体験出来ないものでした。 ホテルに帰る頃には、もものはあたり完全に腫れ上がるような感じで指で触れる位でも「ウギャー!」と言う叫び声を発する始末です。あんまり痛くてクルマを運転していて反対車線を走ってしまいました。「トホホ・・・こんなにウェルダンな焼き具合になってしまうとは、いったいこのあと数日間どうするのだろう」と悩みました。 夜になってからFredたちの宿泊するモーテルに皆で押しかけました。あまりにも日焼けが痛くて、へんな足取りでウロつくWildmanを見てFredのWifeのメリールーが「すごい日焼けね!こういう時はバスタブにお湯を張ってお酢を入れてその中に入るといいのよ」とウソかまことかありがたいアドバイスを頂きました。 スーパーマーケットでお酢らしきもの?を買ってさっそく試したところ、「ウギャー○×△!!」となったのは言うまでもありません。その後スピードウィークが終わるまで長いズボンを履き、猛烈に痛くなった足をかばいながら、ちどり足で塩の上を歩いていました。皆さんボンネビルは素晴らしい所なので、ぜひ一度訪れてあの映画の世界そのものを体験して頂きたいのですが、それ以上に日焼け(火傷)に注意したほうが良いと思います。思い出しただけでも足が痛くなってお酢のにおいがしてきました。 Went to Bonneville Wildman went to “the Bonneville Speed week” in Bonneville Utah, United States which is now becoming more popular in Japan with Movie “The fastest Indian” showing in Japan. But it was 16years ago in summer […]

国産ミニカー第1号誕生!

さて前回のブログはアップが遅れてしまい、長文の好きな方々に多大な御迷惑をお掛けした事を深くお詫び申し上げます。 一度暴走が始まれば止まらなくなるとお約束した通り、今回もささやかな趣味のお話が続きます。 その中でも最も重要な位置を占める、ミニカーに関する物ですがWildmanのミニカーに対する考え方は以前Mooneyesホームページ内で3回に分けて「ミニカーコレクターWildmanの29年」という壮絶な物語を発表致しましたのでご存知の方も多いと思いますが、そんなもん見てないよ!という方は先にそちらを読んで頂いた方が分りやすくなると思います。読んで頂かないと先に進みません。 (解読に時間が掛かりますので、お茶でも飲みながらゆっくり読んで下さい) その物語を発表致しましたのはすでに3年前になりますので、現在はコレクター歴29年ではなく32年となり、本当に恐ろしい事態になって来ました。32年もコレクションを続けていますと、くだらない知識とミニカーが増えるばかりで頭の中も部屋の中もいっぱいになって来ています。お蔭様で最近の事はすぐに忘れてしまいますが、昔の事はいくらでも思い出せますのでこうやって長いブログになってしまいます(少しずつ短編にして行くつもりですが)。 ミニカーの話など興味の無い方にとっては宇宙人との会話になってしまいそうですがぜひ宇宙人の話を聞いて下さいませ。 Wildmanのコレクション対象は現在の最新技術で製造されているミニカーではなく、いわゆる絶版ミニカーと言われ製造中止されているビンテージ物に絞って収集しております。(その理由は上記のHP内にて御確認をお願いします)今回はその中でもとってもお気に入りの歴史ある1台を紹介致します。 昭和34年の10月に突如として本格的なスケールモデルとしてのダイキャスト製純国産ミニカーがアサヒ玩具の”モデルペット”というブランドより発表されました。記念すべき1号車はクラウンクラシックスや高速有鉛誌でもおなじみの1959年式”トヨペットクラウンDX” 通称「観音クラウン」でした。 それまで日本ではティントイ(ブリキ製)の自動車モデルくらいしかなかった訳で、当時を知る超ベテランコレクター様たちのお話を聞きますと、とんでもないモデルが表れた!と興奮して買い求め、皆このモデルの登場をきっかけにコレクションを始めたとの事です。現在の精巧なミニカーと比較してしまうと、ただのオモチャに見えてしまいますが、そこが良いのです。 と言うとまた頭がおかしいと思われますが、コンピューターの無い時代に当時の金型職人さんのセンスと勘だけによって作られた旧いモデルに 芸術性を感じてしまうWildmanなのです。この芸術品と比べてしまうと、現代のミニカーなんてただのコピー機で縮小コピーした印刷物となんら変わりはありません。FreehandのPinstripeとコンピューターカッティングのシートとの違いとでも言いましょうか、どちらにArtを感じるかです。何て言うとオマエは何を言ってるのかわからないと言われそうですが、ビンテージミニカーによってWildmanはArtの世界を知ったと勝手に思っております。 モデルペットはその後も続々とモデルを発表し、昭和48年(1973年)にその歴史を終えますが、14年間で78種類のモデルを製作しました。そのアサヒ玩具自体も昭和54年(1979年)には倒産してしまい、国産ミニカーのパイオニアという栄誉を背負い、全ては伝説となりました(う~ん、カッコイイ!)アサヒ玩具と聞いて昭和45~50年代初頭に子供時代を過ごした方は記憶にあるかもしれませんが、ホットケーキが子供にも焼けてしまうという”ママレンジ”という恐ろしい玩具を製作した会社です。Wildmanが小学生の頃、自宅近くの工場の片隅に明らかに新品だろうと思われるこのママレンジがなぜか大量に廃棄されていました。もちろん一つ家に持ち帰りスイッチオン!となりましたが、動かなかったのは言うまでもありません・・・きっと不良品の廃棄だったのでしょう。(ちなみに”ママクッキー”というクッキーを焼くマシンもありました) 今回も思い通りの話が出来て疲れが取れました。次回からは毎週水曜日の更新を予定しておりますので長文マニアの皆様、お忘れなく! The birth of First Domestic Mini Cars First I like to apologize for delay in last update and caused many problems to The Long story readers. As I have said before that Once I run then nobody can stop, this issue is […]

マイ ファースト ナイキ

絶好調 Wildman’sブログもついに5回目を迎えるにあたり、そろそろ我慢できなくなってきたので、ささやかな趣味の話に走りたいと思います。 こうなると何を言っているのかさっぱりわからなくなる方も出て来てしまい、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、又もや長々と書かさせて頂きますので宜しくお願い致します。 趣味のバラエティーショーが開けるともいわれるWildmanですが、その中では細々と?続けているのがスニーカーの収集です。といっても年代的にNike Air JordanやAirmaxがはやった頃の世代でもなく、もっと昔の年代の物(つまり自分がとっても若い頃)を集めているというか、この20数年間ほとんど捨てずに持ち続けてきた物がメインのコレクションです。その中でもNikeには特別な思い入れがありますので、今回はMy First Nikeのお話です。 いつも昔話になってしまいますが、’70年代に平凡出版(現:マガジンハウス)より雑誌ポパイが創刊され、当時の物欲少年には我慢出来ないくらい豊富なCaliforniaからのダイレクトなファッションやスポーツ、クルマ等の話題が提供されていました。 ポパイ少年だった中学生Wildmanも親戚の大学生のお兄さんたちのアメリカンなファッションに憧れ(アメカジなんて言葉はありませんでした)ポパイをバイブルとし、ジーンズやT-Shirtsにこだわりを持ち始めました。当時のポパイにはそいういった情報が満載でしたが、ある時見慣れないスニーカーの事が出ていました。 “Nike”いうブランドで、見た事もない鮮やかな色使いと不思議なストライプがデザインされていて、何とも魅力的に感じました。「うーむ、さすがアメリカ!カッコよすぎるぜ」と思いましたが、「ところでこれ何て読むの?ニーケ?ニケですか?」と思いましたが予想外の「ナイキ」という読み方でした。しかし’77年に日本上陸を果たしたばかりのナイキは廉価版モデルでも¥5,000以上の価格で、おいそれと中学生が買える様なシロモノではありませんでした。その頃の無名ブランドのシューズであれば¥2,000程度で買えた筈なので、倍以上の金額のナイキはと~っても高級品に感じました。Wildmanの元にナイキがやって来るのは高校生まで待たなくてはなりませんでした。という事で今度はFirstアルバイトの話に展開されて話は又も長くなります。 時は1980年、高校生になっていたWildmanですが、友人の中にはスニーカー好きがいてナイキや当時大人気のアメリカ製”Brooks”などをこれ見よがしに履いていました。「クソ~俺も欲しい、何としても早く履かなければ!」と強迫観念にかられました。この問題を解決するにはアルバイトをやるしかないなと悟り、学校から近いという理由だけでハム工場のアルバイトに決めました。神奈川県内では結構有名なKハムという会社のT工場(まだあるといけないので名前は伏せます)でナイキの為の労働が始まりました。労働と言っても小学校の給食当番見たいな服を着てマスクをし、莫大な量のソーセージやハムがゴロゴロとベルトコンベアで流れて来て、殺菌用のプール?見たいな所に入れるという、いたって単純な作業ですが、たくさんのつまみ食いが出来て楽しかったです(それが原因のひとつで最後はクビになりました・・・)自給はつつましい¥450という金額でしたが、1ケ月後の給料日に¥15,000弱のお給料を頂き、ナイキの待つ横浜駅西口にGo!でした。 この頃ブル八王子というスニーカー専門のShopがあり、そこが横浜にも支店を出していました。小さな店でしたが物凄い在庫量で独自のアメリカからの並行輸入品も多数並び、当時のスニーカーマニアは必ずこの店を利用したのではないでしょうか。札束を握り締めて店にたどり着き、ポパイを見てすでに決めていた鮮やかなブルーベースにレモンイエローのストライプのNike”Elite”というモデルを指差し「これのエイトを下さい!!」と叫びました(今よりちょっと足は小さめでした)「ちょっと待ってて」とお店のスタッフが在庫を取りに行きましたが暫くしてから「ごめんそのサイズ売り切れだよ」とショッキングな言葉を発しました。「冗談じゃない、今日履いて帰らなければ 全くハム工場労働の意味が無いではないか!」と悲痛な叫びをあげましたが、スタッフが「こっちの色ならサイズあるよ、新入荷カラーだよ」 と同じモデルの色違いを差し出しました。 それはグレーベースにブラックストライプという何とも地味な色合いでお目当てのブルーXレモンイエローの鮮やかな方と比べると、ぜんぜんナイキらしさが無いように感じました。 「じゃなければ並行輸入のアメリカ製ならブルーがあるよ」と勧められましたが、こちらは何と¥14,800というとんでもない金額が提示されていました。 当時ナイキは日本ゴムという会社でライセンス生産されていて同じ”Elite”でも日本製の方は¥8,300というまだ平和な金額でした。「うーん、アメリカ製は大変魅力的だが、いくらなんでも高すぎる!!」でもどうしてもEliteを履いて帰りたかったので「もうイーヤ、グレーにしよう」と記念すべきMy First Nikeは妥協した形で手元にやって来ました。 しかし履いてみると、それは今までに体験した事のない履き心地、フィット感、ショックの吸収力を体感させてくれました。それよりもナイキという未体験ゾーンのアメリカンブランド(アメリカ製は自分の中での最高級品)を手に入れた事に限りない喜びを感じました。「これでナイキのT-ShirtsにLeeの200を合わせれば完璧だな!ウヒヒかっこいいなー」と頭の中でファッションショーを繰り広げていました。 当然翌日学校にも履いて行き、ついに石井がナイキを手に入れたとクラスの噂に?なりました。でもなんでこんな地味な色なの? と皆が質問して来ます「これは話題のニューカラーなのさ!」と力強く答えるしかありませんでした・・・そんなこんなで目出たくMy First Nikeが手元にやって来ましたがそれから四半世紀以上!すみません、まだコイツは手元にあります・・・・・ 画像のグレーXブラックの物がそうなのですがオレンジのオリジナルボックスもとても捨てられず、Wildmanといっしょに苦楽を共にして来ました。さすがによる年波には勝てず?ソールのゴムも硬化が始まり、履いて歩くとコツコツとまるでタップダンスを踊っているような音を立てるのでとても恥ずかしくて街には履いて行けません。部屋の中に飾って眺めてこのシューズの余生を温かく見守っております。ここで Wildmanのウンチクを一つ。この”Nike Elite”というシューズは当時のナイキのトップモデルの一つとして、’77年よりアメリカはメイン州の工場にて生産が行われ、70年代後半のジョギングブームの波にも乗り人気商品となりました。 その後台湾製や韓国製も作られましたが、当時日本でナイキのライセンス生産を行っていた日本ゴムにより日本人の足型に改良され日本製Eliteが’78年に発売となりました。生産国に関係なくカラーは全てブルーXレモンイエローでしたが、その後短い発売期間で日本製のみグレーXブラックのカラーが販売されました。それを偶然Wildmanが買った訳なのですが今となってはこのカラーがコレクターの間では貴重品となっています(やっぱり地味ですけど・・・・) もうひとつの画像のブルーXレモンイエローの物は後年手に入れたアメリカ製のオリジナルEliteですが明らかにこっちの方がシャープでカッコイイのです。しかし良いのは見栄えだけでシューズ自体の作りは縫製や素材を含めて完全に日本製の方が、クオリティが高くてシューズとしての耐久性も比較にならないほど日本製のほうが優れていました。当時のマニアさんたちは(Wildmanも含めて)アメリカ製を崇拝していて必死に並行輸入の高い金額のアメリカ製モデルを探していましたが、後になってみると日本製のほうが数も少なく作りも良くてビンテージコレクターの間でも日本製のほうが珍重されていて立場逆転になっています。やはり車もスニーカーもアメリカ製はデザイン重視、機能は日本製というのはこの頃から始まっていたようですね。 (Wildman的にはどっちも好きですが・・・) またもや長々と書かせて頂きましたがとっても満足です。何の役にも立たないウンチク話をこれからも続けますので、皆様頑張ってお付き合い下さい。 My First NIKE. The Wildman’s well going Blog has finally reached its 5th issue, Wildman Can not hold himself now, so like to […]

Wildman雑誌デビュー!

過去3回に渡り小説を連載し、とりあえず第一章完結となりましたが、おまえのブログは長すぎるとか、長すぎて面白いとか色々な御意見を頂戴致しまして、自分なりに考えた結果、ブログは程々に長い方がやっぱり面白いに決まっている!と判断し、程々に長く書かさせて頂ます。と言いますかなぜか勝手に長くなってしまうので仕方がありませんね。小学生の時、国語の授業で読書感想文を提出した所、感想文の方が本文より長くなってしまい、「お前の言いたい事は長すぎてさっぱり分からん」と素晴らしい先生からの感想文を頂きました。 さて今回のお話ですが、好評に付き又も昔話になります。時は1989年、WildmanはMooneyesに入社し、Pro Pinstriperとしてデビューしていましたが(この時点ではWildmanとは名乗っていません)まだ知名度も低く、Pinstripe自体も世間ではAir Brush等のテクニックに比べると全くといってよいほど認知されてはいませんでした。 この頃は殆どクルマへのPinstripingがメインの仕事でしたが、クルマ(カスタムカー)の世界でもPinstripeは日本ではあまりポピュラーなものでは無い感じでした。細々と活動を続けて数ヶ月後、クルマ雑誌のPinstripeの取材が決まったとBossからの連絡がありました。そのありがたい雑誌は今は無き懐かしのVanning &Truckin’誌(通称:バニトラ)でした。 まだ創刊2年目くらいのカスタムカー専門誌でしたが、先行誌に追いつけ追い越せと言った感じで当時は結構な勢いが有りました。「ついに取材か!本に載るのか!嬉しいな!緊張するな~、当日風邪でもひいたらどうしよう、それはまずいな、先に病院に行っておこうかな」とデリケートなWildmanはすでに小心者モードに突入していました。 その頃PinstripeのデモカーとしてクラウンRS56のピックアップを1台完成させていましたが、急遽取材に合わせてMS46のワゴンにもPinstripeを入れて一緒に撮影しようと決めて、2日間の徹夜で仕上げて本当に具合が悪くなりました。取材当日は素晴らしい快晴!(2007年2月時点ではMooneyes Official雨男のWildmanはCaliforniaに行っても必ず雨を降らせます)撮影場所は知る人ぞ知る御所山のStudioに程近いみなとみらい地区でした。この年にこの場所で横浜博が開催され、怒涛の開発ラッシュが進み現在は観光スポットとなりましたが、当時はただの埋立地といったイメージが強かったと思います。Bossと一緒にクラウン2台で現場に乗り付け、取材担当の方とカメラマンさんとお会いしました。今思えば取材して頂いた方は伝説のCal magazineを制作し、Cruisin’誌初代編集長を務められた牧野森太郎様でした。クルマをレイアウトした後、ライセンスプレートを付け替えたり、タイヤワックスを掛けたり、徹夜ついでに描いたShow Boardをそそくさと用意して車のそばに並べたり、強風が吹いてそのBoardが飛ばされたりして、とにかく色んなことをやりながら色々な質問にあたふたと答え始めました。今でこそアドリブでどんな質問にもさらっと返答し、逆にしゃべり始めると止まらなくなり、取材内容と全く関係の無い話をして迷惑なWildmanですが、この時は初めての事ばかりで何をしゃべったのか全く覚えていませんが、きっとPinstripeについてしゃべったのでしょう。 さらに緊張する本人撮影の段取りとなり、クラウンの前に直立不動で立ちました。カメラマンさんに「何かポーズをとって下さい」といわれますが、どうして良いかわからずただクルマに寄っかかりました。サングラスを掛けてコスプレしていましたが、顔は完全にひきつっています。 「もっと笑ってくださーい!」と言われましたが「何にも面白くも無いのに笑えないんですけど・・・」と思いつつ作り笑いを必死にして、何とか無事撮って頂き取材撮影は終わりました。 そしてこの日の取材の記事はバニトラの1990年1月号No,17に掲載され、Wildman雑誌デビュー!となりました(見たいと思われる方は古本屋かヤフオク等で探してみて下さい)「うわ~3ページも載ってる、うわ~この写真、松田優作か杉山清隆にしか見えん」と記事の内容よりも自分の写真にビックリでした。「激動の80年代にもいよいよ幕が下ろされる時がやってきた」、「サインズ&ピンストライピングは新しい時代のアクセント」などと激しい文章にて紹介をされ、恥ずかしい写真の下には「新しい技術でイメージリーダーとなるか?ペインターの石井クン」と素晴らしいキャプションがついていました。 この本が出てからPinstripeの問い合わせも増えて、他の雑誌からの取材依頼もあり、とても有意義なものとなりました。何冊も本を買って友達に配りましたが、お前、なんで訳の分らない仕事やってんの?と言われた物でした。 この時のデモカーの2台のクラウンですがMS46は近年発掘され、ほぼ当時のままの姿でCruisin’誌にも紹介されてとても懐かしく思いましたが、RS56の方は行方不明となり10年以上前に、千葉県の中古車屋の店頭に並んでいたという情報を最後に消息が分りません。もちろんそのままの姿で残っているとは思いませんが、いつか再会して みたい思い出のクルマなので何か情報のある方はぜひ教えて下さいませ。 今回のブログはそれなりに短くまとまりましたが、今後はどうなるかWildmanにも分りません。 又、今後趣味の話しに走った場合はとりあえず放っておいて下さい、宜しくお願いします。

[…]