Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

国産ミニカー第1号誕生!

さて前回のブログはアップが遅れてしまい、長文の好きな方々に多大な御迷惑をお掛けした事を深くお詫び申し上げます。 一度暴走が始まれば止まらなくなるとお約束した通り、今回もささやかな趣味のお話が続きます。 その中でも最も重要な位置を占める、ミニカーに関する物ですがWildmanのミニカーに対する考え方は以前Mooneyesホームページ内で3回に分けて「ミニカーコレクターWildmanの29年」という壮絶な物語を発表致しましたのでご存知の方も多いと思いますが、そんなもん見てないよ!という方は先にそちらを読んで頂いた方が分りやすくなると思います。読んで頂かないと先に進みません。 (解読に時間が掛かりますので、お茶でも飲みながらゆっくり読んで下さい) その物語を発表致しましたのはすでに3年前になりますので、現在はコレクター歴29年ではなく32年となり、本当に恐ろしい事態になって来ました。32年もコレクションを続けていますと、くだらない知識とミニカーが増えるばかりで頭の中も部屋の中もいっぱいになって来ています。お蔭様で最近の事はすぐに忘れてしまいますが、昔の事はいくらでも思い出せますのでこうやって長いブログになってしまいます(少しずつ短編にして行くつもりですが)。 ミニカーの話など興味の無い方にとっては宇宙人との会話になってしまいそうですがぜひ宇宙人の話を聞いて下さいませ。 Wildmanのコレクション対象は現在の最新技術で製造されているミニカーではなく、いわゆる絶版ミニカーと言われ製造中止されているビンテージ物に絞って収集しております。(その理由は上記のHP内にて御確認をお願いします)今回はその中でもとってもお気に入りの歴史ある1台を紹介致します。 昭和34年の10月に突如として本格的なスケールモデルとしてのダイキャスト製純国産ミニカーがアサヒ玩具の”モデルペット”というブランドより発表されました。記念すべき1号車はクラウンクラシックスや高速有鉛誌でもおなじみの1959年式”トヨペットクラウンDX” 通称「観音クラウン」でした。 それまで日本ではティントイ(ブリキ製)の自動車モデルくらいしかなかった訳で、当時を知る超ベテランコレクター様たちのお話を聞きますと、とんでもないモデルが表れた!と興奮して買い求め、皆このモデルの登場をきっかけにコレクションを始めたとの事です。現在の精巧なミニカーと比較してしまうと、ただのオモチャに見えてしまいますが、そこが良いのです。 と言うとまた頭がおかしいと思われますが、コンピューターの無い時代に当時の金型職人さんのセンスと勘だけによって作られた旧いモデルに 芸術性を感じてしまうWildmanなのです。この芸術品と比べてしまうと、現代のミニカーなんてただのコピー機で縮小コピーした印刷物となんら変わりはありません。FreehandのPinstripeとコンピューターカッティングのシートとの違いとでも言いましょうか、どちらにArtを感じるかです。何て言うとオマエは何を言ってるのかわからないと言われそうですが、ビンテージミニカーによってWildmanはArtの世界を知ったと勝手に思っております。 モデルペットはその後も続々とモデルを発表し、昭和48年(1973年)にその歴史を終えますが、14年間で78種類のモデルを製作しました。そのアサヒ玩具自体も昭和54年(1979年)には倒産してしまい、国産ミニカーのパイオニアという栄誉を背負い、全ては伝説となりました(う~ん、カッコイイ!)アサヒ玩具と聞いて昭和45~50年代初頭に子供時代を過ごした方は記憶にあるかもしれませんが、ホットケーキが子供にも焼けてしまうという”ママレンジ”という恐ろしい玩具を製作した会社です。Wildmanが小学生の頃、自宅近くの工場の片隅に明らかに新品だろうと思われるこのママレンジがなぜか大量に廃棄されていました。もちろん一つ家に持ち帰りスイッチオン!となりましたが、動かなかったのは言うまでもありません・・・きっと不良品の廃棄だったのでしょう。(ちなみに”ママクッキー”というクッキーを焼くマシンもありました) 今回も思い通りの話が出来て疲れが取れました。次回からは毎週水曜日の更新を予定しておりますので長文マニアの皆様、お忘れなく! The birth of First Domestic Mini Cars First I like to apologize for delay in last update and caused many problems to The Long story readers. As I have said before that Once I run then nobody can stop, this issue is […]