Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ボンネビルに行ってきました!

映画「世界最速のインディアン」で、すっかり日本の皆様にもおなじみとなったアメリカはユタ州のボンネビルスピードウィークに行ってきました! といっても16年前の1991年、夏のお話しですのでまたもや得意の昔話が始まります。 何でオマエのブログは昔話ばかりなのかと言われましても、あまりにも順番で書きたい事が多いので、2007年のお話しは2007年が昔になった時点で書こうかと思っております。 1991年の夏、BossはじめMoon of Japanのスタッフと映画の舞台となったボンネビルに、当時現役バリバリのFred Larsenの応援?に行ってまいりました。 遠い遠い遠いボンネビルの地に着いてみるとそこはまさに無限に広がっているとしか思えない干上がった塩の湖でした。行く前は塩湖って一体なんだろう?と思っていましたが、本当に塩の大地でした。見るからにしょっぱそうでしたので確認の為舐めてみましたらやっぱりしょっぱかったです。 コレクターとしては、もちろんこの塩は持ち帰り今も手元にあります。イメージとしてはもっとスケートリンクの氷のようにツルツルとしたすべる感じの物を想像していたのですが、実際は結構ざらついていて固い感じの物で「こんな所で200マイルも出してひっくり返ったら死んでしまう!」と恐怖を感じ、「4輪ならともかく2輪でこんな所を走るなんて皆さんどうかしている、いくらまっすぐに走るといっても道を間違えたら行方不明になって遭難しそうだ」と思いました。 しかしレースやピットの雰囲気は映画そのもので、91年の時点ではレースカーレタリングも手描きが主流で(カッティングシートはまだ少なかったです)Wildman的にはレースよりもそちらに夢中でした。 エド・ロスもブースで”Race Car Lettering”の看板を出してペイント作業をしていて「やっぱりアメリカのペインターはカッコイイな~」「ああいう仕事をやりたいもんだ!」と思って見ていましたがその後、ロスは腐ったスイカを食べてしまったらしく、具合が悪くなり塩の上で苦しそうに寝ていました。「ああはなりたくないもんだ・・・」と思いました。 ボンネビルの思い出といえば何よりも生涯最高の日焼け(火傷)とお酢です。あまりにも天気が良く照りつける太陽、青い空にどこまでも続く地平線、そして足元には真っ白な塩湖といった素晴らしい条件が揃い、履いているのはなつかしのMoonのボクサーパンツ(短パン)でした。「ウ~ン、日差しがちょっと強いけど日本の暑さとは違い気持ちいいな」とトコトコとピット廻りをうろついていましたが、「なんかとっても皮膚が赤いような気がするんですけど・・・」と思った時はすでに手遅れとなっていました。強烈な照り返しは日本では絶対に体験出来ないものでした。 ホテルに帰る頃には、もものはあたり完全に腫れ上がるような感じで指で触れる位でも「ウギャー!」と言う叫び声を発する始末です。あんまり痛くてクルマを運転していて反対車線を走ってしまいました。「トホホ・・・こんなにウェルダンな焼き具合になってしまうとは、いったいこのあと数日間どうするのだろう」と悩みました。 夜になってからFredたちの宿泊するモーテルに皆で押しかけました。あまりにも日焼けが痛くて、へんな足取りでウロつくWildmanを見てFredのWifeのメリールーが「すごい日焼けね!こういう時はバスタブにお湯を張ってお酢を入れてその中に入るといいのよ」とウソかまことかありがたいアドバイスを頂きました。 スーパーマーケットでお酢らしきもの?を買ってさっそく試したところ、「ウギャー○×△!!」となったのは言うまでもありません。その後スピードウィークが終わるまで長いズボンを履き、猛烈に痛くなった足をかばいながら、ちどり足で塩の上を歩いていました。皆さんボンネビルは素晴らしい所なので、ぜひ一度訪れてあの映画の世界そのものを体験して頂きたいのですが、それ以上に日焼け(火傷)に注意したほうが良いと思います。思い出しただけでも足が痛くなってお酢のにおいがしてきました。 Went to Bonneville Wildman went to “the Bonneville Speed week” in Bonneville Utah, United States which is now becoming more popular in Japan with Movie “The fastest Indian” showing in Japan. But it was 16years ago in summer […]