Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Wildman雑誌デビュー!

過去3回に渡り小説を連載し、とりあえず第一章完結となりましたが、おまえのブログは長すぎるとか、長すぎて面白いとか色々な御意見を頂戴致しまして、自分なりに考えた結果、ブログは程々に長い方がやっぱり面白いに決まっている!と判断し、程々に長く書かさせて頂ます。と言いますかなぜか勝手に長くなってしまうので仕方がありませんね。小学生の時、国語の授業で読書感想文を提出した所、感想文の方が本文より長くなってしまい、「お前の言いたい事は長すぎてさっぱり分からん」と素晴らしい先生からの感想文を頂きました。
さて今回のお話ですが、好評に付き又も昔話になります。時は1989年、WildmanはMooneyesに入社し、Pro Pinstriperとしてデビューしていましたが(この時点ではWildmanとは名乗っていません)まだ知名度も低く、Pinstripe自体も世間ではAir Brush等のテクニックに比べると全くといってよいほど認知されてはいませんでした。
この頃は殆どクルマへのPinstripingがメインの仕事でしたが、クルマ(カスタムカー)の世界でもPinstripeは日本ではあまりポピュラーなものでは無い感じでした。細々と活動を続けて数ヶ月後、クルマ雑誌のPinstripeの取材が決まったとBossからの連絡がありました。そのありがたい雑誌は今は無き懐かしのVanning &Truckin’誌(通称:バニトラ)でした。
03022007-004.jpg
まだ創刊2年目くらいのカスタムカー専門誌でしたが、先行誌に追いつけ追い越せと言った感じで当時は結構な勢いが有りました。「ついに取材か!本に載るのか!嬉しいな!緊張するな~、当日風邪でもひいたらどうしよう、それはまずいな、先に病院に行っておこうかな」とデリケートなWildmanはすでに小心者モードに突入していました。
その頃PinstripeのデモカーとしてクラウンRS56のピックアップを1台完成させていましたが、急遽取材に合わせてMS46のワゴンにもPinstripeを入れて一緒に撮影しようと決めて、2日間の徹夜で仕上げて本当に具合が悪くなりました。取材当日は素晴らしい快晴!(2007年2月時点ではMooneyes Official雨男のWildmanはCaliforniaに行っても必ず雨を降らせます)撮影場所は知る人ぞ知る御所山のStudioに程近いみなとみらい地区でした。この年にこの場所で横浜博が開催され、怒涛の開発ラッシュが進み現在は観光スポットとなりましたが、当時はただの埋立地といったイメージが強かったと思います。Bossと一緒にクラウン2台で現場に乗り付け、取材担当の方とカメラマンさんとお会いしました。今思えば取材して頂いた方は伝説のCal magazineを制作し、Cruisin’誌初代編集長を務められた牧野森太郎様でした。クルマをレイアウトした後、ライセンスプレートを付け替えたり、タイヤワックスを掛けたり、徹夜ついでに描いたShow Boardをそそくさと用意して車のそばに並べたり、強風が吹いてそのBoardが飛ばされたりして、とにかく色んなことをやりながら色々な質問にあたふたと答え始めました。今でこそアドリブでどんな質問にもさらっと返答し、逆にしゃべり始めると止まらなくなり、取材内容と全く関係の無い話をして迷惑なWildmanですが、この時は初めての事ばかりで何をしゃべったのか全く覚えていませんが、きっとPinstripeについてしゃべったのでしょう。
03022007-005.jpg
さらに緊張する本人撮影の段取りとなり、クラウンの前に直立不動で立ちました。カメラマンさんに「何かポーズをとって下さい」といわれますが、どうして良いかわからずただクルマに寄っかかりました。サングラスを掛けてコスプレしていましたが、顔は完全にひきつっています。
03022007-006.jpg
03022007-007.jpg
「もっと笑ってくださーい!」と言われましたが「何にも面白くも無いのに笑えないんですけど・・・」と思いつつ作り笑いを必死にして、何とか無事撮って頂き取材撮影は終わりました。
そしてこの日の取材の記事はバニトラの1990年1月号No,17に掲載され、Wildman雑誌デビュー!となりました(見たいと思われる方は古本屋かヤフオク等で探してみて下さい)「うわ~3ページも載ってる、うわ~この写真、松田優作か杉山清隆にしか見えん」と記事の内容よりも自分の写真にビックリでした。「激動の80年代にもいよいよ幕が下ろされる時がやってきた」、「サインズ&ピンストライピングは新しい時代のアクセント」などと激しい文章にて紹介をされ、恥ずかしい写真の下には「新しい技術でイメージリーダーとなるか?ペインターの石井クン」と素晴らしいキャプションがついていました。
この本が出てからPinstripeの問い合わせも増えて、他の雑誌からの取材依頼もあり、とても有意義なものとなりました。何冊も本を買って友達に配りましたが、お前、なんで訳の分らない仕事やってんの?と言われた物でした。
この時のデモカーの2台のクラウンですがMS46は近年発掘され、ほぼ当時のままの姿でCruisin’誌にも紹介されてとても懐かしく思いましたが、RS56の方は行方不明となり10年以上前に、千葉県の中古車屋の店頭に並んでいたという情報を最後に消息が分りません。もちろんそのままの姿で残っているとは思いませんが、いつか再会して
みたい思い出のクルマなので何か情報のある方はぜひ教えて下さいませ。
今回のブログはそれなりに短くまとまりましたが、今後はどうなるかWildmanにも分りません。 又、今後趣味の話しに走った場合はとりあえず放っておいて下さい、宜しくお願いします。

Be Sociable, Share!

???????????