Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

KISSと共に30年 Part.1

ここのところ2回も続けて真面目に?クルマのお話をしてしまいましたが、ヤッパリ我慢できなくなって来ましたので、このブログの本題であるWildman 3大趣味最後の一つであるKISSの登場となります。どう考えても1回や2回で話し終わるはずがありませんので、今回は短めにPart.1とし、今後永遠に続いて行くかもしれないストーリーの始まりです。   タイトルの通り、WildmanとKISSの出会いから早30年の歳月が過ぎました。30年ですよ!凄いですね。我ながらバカもここまで来れば立派だと思います。 そしていつもと同じように時は1977年にタイムスリップ致します。この年中学生になったWildmanでしたが、世の中はスーパーカーブーム真っ盛り!といった感じで小中学生はカメラ片手にスーパーカー(ランボルギーニ、フェラーリ等々)を追い回しておりました。   現在20代~30台前半の方々はこんなブームの事を知るはずもありませんが、カスタム業界の中でもこのブームの洗礼を受けた人は多く、以前スーパーカーのイベントで「何でこの人がここにいるの?」といった方々にお会いした事もあり「みんな、本当は好きだったんだな」と感じました。(何でWildmanがここにいるの?とも思われたようですが・・・)スーパーカーについてはあまりにもたくさん話したい事がありますので、それは機会が来てからのお楽しみという事でお願いします。  

さて本題のKISSですが、皆様ご存知の通り?隈取りのメイクを施した世界で一番HotなロックバンドKISSの事であります。現在も活動中でその歴史は34年にも及びます。 すでにミニカー収集に没頭していたWildmanにとって音楽など特に興味も無く、どうでもいい物でした。しかしそれがどうでもいい物ではなくなったのは77年のKISS初来日によるあまりにもデッカイ刺激でした。この怪獣ショーのようないでたちの4人組の事は雑誌などで見て、奇抜なメイクのデザインの事のみ印象に残っていましたが、何をやっているのか良く分からず、まさかロックバンドとは思ってもみませんでした。

  何よりもミニカー収集と実車(旧車)の研究で忙しく、ロックなどといったものが自分の中に入って来る余地もありませんでした。が、それが覆され以後30年に渡るファン歴を生み出してしまったのが77年の初来日狂想曲でした。 地獄の軍団はジャンボ機の機体に"Clipper KISS Special"とロゴを描き込んだPAN AM機801便に乗り込み、はるばるアメリカより77年3月18日(金)15時40分羽田空港に到着したのでした(成田空港はまだありません)いや~楽しくなってきましたね!(何が?)この続きは次回より壮大なWildman's KISS Storyとなって展開されて行きますのでお楽しみに!   Together with KISS for 30 years. Part 1.  

Now Wildman has already been talking seriously? about Cars So he can bear no more to release the major Topic of the three Major Hobby of Wildman, […]

幻の社用車、マツダ3輪トラック “Moon Trike”

先日開催されました第21回ムーンアイズストリートカーナショナルズ(SCN)にお越しの皆様、誠に有難う御座いました。奇跡の快晴の中、今年も楽しいイベントとなりました。「Wildman's Blog見ていますよ」とか「長文が大好きです!」とか「本当に本人が書いているのですか?」等多くのご意見を頂き、嬉しい限りです。(本当に本人が書いていますのでご心配の無いように)前々回のブログで紹介しました"御所山8"デカールをご購入された方も多数?おりまして、Wildmanにとっても最高のイベントでした。 と言う事で記念すべき10回目のブログはSCNの話題となるのが普通ですが、このブログは違います。まだ話題が新しすぎるので、2007年のこのイベントの話題はもっと時間がたって昔の話になった時にアップする予定ですので暫くお待ち下さいませ。 又もタイムスリップとなりまして話は1991年に戻ります。前回のブログで紹介しましたのは、あまりにも有名な永遠の現役社用車'74VWタイプIIでしたが、今回は幻の社用車のお話です。 ある日「今度面白いクルマが来る事になったから仕上げようぜ」と言っていたら本当に面白すぎるヤツが御所山にやって来ました。かなりくたびれたスリッパにしか見えないそいつは、何とマツダの3輪トラックでした。「ついに実物大のブリキのオモチャが来たか・・・」とWildman的にはかなり興奮しました。よく見てみると「あれベッドが少し長いような気がする、しかもブリスターフェンダーではないか」とヘンテコなディティールに気付きました。「こ、これはマツダK360ではなくT600の方ではないか!」とビックリのWildmanでした。 軽自動車規格の3輪トラック、K360は1959年5月に発売となりましたが、その翌月に発売となったT600は排気量を577ccにアップしてベッドを延長し、300kg積みの K360に対し500kg積載の小型トラックになりました。 Wildmanが尊敬する天才3輪トラックデザイナー小杉二郎氏によるキャビンのデザインは絶対にダイハツミゼットよりも美しく、こちらの方が断然カッコイイのです。エンジンは何と4ストロークのV型2気筒!をミッドシップに搭載し、まるでハーレーのようでした。オリジナルのくすんだブルーのペイントでしたが、カスタム時にもちろんムーンイエローとホワイトのツートンにてオールペイントし、ムーンディスク&ホワイトリボンを履いて完璧なMoon Lookとなりました。純正パーツを注文すると何とマフラーのタイコ部のみ新品で出て来ました、不思議でした。 ブルーのスリッパから黄色いスニーカーに生まれ変わったコイツは御所山~元町ショップ間を荷物満載で往復する営業車として走り回っていたのです。当然このような3輪車ですのでズッコケ話も多くあり、ある日横浜駅の画材屋に行き地下駐車場に入れました。買い物を済ませてコイツに乗り込んだ所、エンジンが掛かりません。セルは廻れど火が入りません。ミッドシップなのでエンジンまでなかなか手も届かずプラグを見るのも一苦労でしたが、一向に掛かる気配も無く、ついにバッテリーも弱って来ました。「これはまずい事になった!」と地下駐車場で3輪車と一人格闘するWildmanを色々な方々が好奇の目で見ています。「この駐車場の通路は広い、こうなったら押し掛けしかないぞ」と判断し車重 510キロの軽量3輪車を一人で押して飛び乗りました。2~3回失敗した後、ブルンとエンジンが掛かり涙が出て来そうなりました・・・。この日現場にいた人はさぞや楽しい光景が見れた事でしょう。 他にも東京で開催されているニューイヤーミーティングに参加したとき、Wildmanがこのクルマを担当し自走で行く事になり首都高速を激走しました。料金所のおじさんがビックリして「これ何の車種の扱いになるの」と困惑して聞いてきましたので、「ハイ、3輪トラックになります」としか答えようが有りませんでした。料金を支払いスライド式のサイドウィンドウを閉めようとした所、アクリル製のこの窓は閉まらなくなってしまいました。窓全開のまま1月の極寒の首都高速はバイクよりもつらかった思い出があります。しかしエンジンそのものはさすが600ccだけあり360ccの軽自動車よりもパワフルでトルクがあり、首都高速も推定70kmくらいで走っていたと思われます。ハンドルは思っていたよりもクイックでしたが、どこが限界か分らずそれを超えてしまえばコロンと転がってしまうので、コーナリングは細心の注意が必要でした。 そんなT600も御所山周辺で皆様の目を楽しませた後、ひっそりと日本一のトラック買い取りセンターの某Blue Panicさんへ引き取られて行きました。その後の消息はたまに耳にしましたが、数年前に不動車となって埼玉あたりにあると聞いたのが最後でした。とても貴重なクルマだったので、今考えると大変惜しい気がします。 昔を知っている方はこのクルマの事を覚えているかもしれませんが、ひっそりと消えていった幻のMooneyes社用車"Mazda Moon Trike"なのです。後にも先にも自分で運転した3輪トラックなどはコイツしかありませんので、生涯語り継がれて行く事でしょう。 Legend of company car, Mazda three wheeler Truck "Moon Trike" Thank you for every one who came to the 21st Annual MOONEYES Street Car Nationals hosted on last Weekend. It was a very good show again this year […]

永遠の現役社用車 ’74 VW タイプII

昨年の20回記念 ストリート カー ナショナルズに来られた方は覚えていられると思いますが、表彰式の時にBoss自らその歴史を説明をした、少々くたびれた1974年式、イエローのVW タイプII デリバリーバンは1986年にムーンアイズが元町にオープンしてからずっと使っている、唯一の社用車です。いつの時代のイベントの写真にも必ず写っていて、20年以上に渡りムーンの商品を運び続けている、飾りではない正真正銘の働くクルマなのです。 2007年現在も毎日1回、Pier-1倉庫とエリア-1を荷物満載で往復しています。少し前にも富士のVannuysさんにこのクルマで出張Paintに行きましたが「まだ本当に走っているんですね」と驚かれていました。Wildmanもこのクルマには思い出がたくさんあり、Pinstriperになる前からの付き合いになります。という事でまた昔話にシフトします。 1986年にオープンした元町ムーンアイズにせっせと通うようになり、常連さん?ぶっていた頃、すでに自分が看板屋である事をBossには話していましたが、ある日「今度アルバイトやらない?」と話をもちかけられました。何のバイトかと思うと、「社用車のタイプIIをオールペンしたから看板文字を書いて欲しいんだ」とのこと。「これは楽しそうだ、ぜひぜひやらせて下さい」と即答でした。看板屋の仕事では新車のハイエースやカローラバン等、普通の?クルマの仕事ばかりでしたが(当たり前ですけど)、「タイプIIなんてそのままミニカーを大きくしたようなクルマに描けるなんてとても面白い仕事(バイト)が頂けて嬉しいな!」と作業する日を心待ちにしていました。 約束の日曜日の朝、元町ショップまでクルマを取りに行き、そこから自宅前の道路まで持って行き、道端で?仕上げてその日のうちに返却という予定でした。「じゃあ、これが鍵ね、動かし方分るよね?」とBossに言われ、「こんなクルマぜんぜん平気ですよ、それでは夕方までに仕上げて来ます」と言って元気に乗り込みました。ブルンとエンジンが掛かり、クラッチを踏んで1速にシフト!のつもりでしたがグニャリとしたへんてこフィーリングはこれまでに味わった事のない感覚でした。「何、このクルマ!何か変!」走り出しても一体何速に入っているのかさっぱり分らず、たよりないステアリングの応答と共に、自宅までの15分のドライブはいつもより長く感じられました。もちろん自宅前でバックギアに入らなかったのは言うまでも有りません。そう、この日がWildmanのVW初体験だったのです。これ以来どうもVWとは相性が悪く?何かしらトラブルに遭う事が多かったのです。この日は看板文字を仕上げて、何とか元町まで走って行きましたが、看板の作業よりも運転に疲れた感じで、もうしばらくVWには乗りたくないというのが本音でした。 ムーンに入社してからもこのクルマに乗る機会は結構多かったのですが、その中でも一番の最悪の?思い出は1992年のBug Sundayに向かう時の事でした。当時神戸で行われていたこのイベントには毎年参加していましたが、この年はWildmanがこの’74デリバンの担当で、御所山Studioより乗り込み、神戸に出発しました。いっしょに行ったのは現在アメリカのムーンにあるChevyトランスポーターで、出来上がったばかりのVW タイプIII “Surf Square”(懐かしい!!)を積んで片道600km以上の神戸までの激走?が始まりました。 東名高速に乗ってしばらく走った頃、「ピシッ!」と何か変な音がしました。その直後フロントガラスの真ん中に真っ直ぐに亀裂が走ったと思うと次の瞬間「バッシャーン!!」と音を立ててガラスが全部砕け散り室内に(足元に)落ちて来ました。「一体、何、何、何が起こったの??」と思いましたが、気が付けばノーヘルのオートバイのような感覚で物凄い風が吹き込み、目が開いていられない状況でした。仕方なく路肩にクルマを停めて状況判断となりましたが、トランスポーターの後ろを走っていたので、もちろん気付いてくれずに一人ぽっちになってしまいました(携帯電話も無い時代です)。「まいったなこりゃ、とりあえず危ないから室内のガラスを全部掃除しよう」と思い路肩で清掃作業が始まりました。清掃終了後、さてどうしようと思っても誰も助けに来てくれないので、とりあえず走るしかないなと判断し、ハザードランプを点けながらソロソロと路肩を走り始めました。最初は猛烈な風の吹き込みに耐えられず、50kmくらいで徐行?していましたが高速道路ではあまりにも遅すぎて逆に危ないと感じ、体も慣れて来たので走行車線に戻り80km以上での爆走となりました。もうどうでもよくなってくると人間強い物で「きっと’デュースのロードスターを運転するとこんな感じかな!」と思えてWildなドライブになってきました。事故現場より30kmくらい走った最初のサービスエリアまで走って行くとそこにトランスポーターの姿があり、皆待ってくれていましたがガラスの無いタイプIIを見て驚いた後、皆爆笑となっていました・・・。いくら何でもこの姿では神戸には行けないとなったので、ショウカーのタイプIIIをトランスポーターから下ろして自走となり、タイプIIデリバンをトランスポーターに載せてショウに向かうといったヘンテコなスタイルでの神戸行きとなった、悲しい思い出のタイプIIガラス粉砕ロードスター事件でした。 この後も社用車のVWではことごとくトラブルに遭遇し、それだけで長い長いブログとなってしまうので又のお楽しみとさせて下さい。(VWが嫌いなわけではなく、相性が悪いだけです、念の為・・・) 何はともあれ現在でもこの黄色い’74タイプIIは会社の看板を背負った生き証人として、車齢33年の老体に鞭打って横浜の町を疾走しているので、皆さんも見掛けましたら暖かく見守ってやって下さい。(幼稚園の園児たちにはいつも手を振られる人気物です) “Forever active on duty, company car ’74 VW Type II.” People who came to last years 20th Annual Street Car Nationals may remember well but while presenting award Boss himself introduced little about the old 1974 Yellow VW […]

ナゾのデザイン、御所山8 デカール

「このデカール一体何の意味のデザインですか??」と多数の方々に聞かれます。それはWildmanが一番好きなデザインであるムーンアイズ品番DM146″御所山8”デカール。確かに意味分りませんね・・・ただ単に外人さん受けを狙った漢字をデザインしただけの物にも見えますし、何と読むのかも分りにくい文字です。 「ごしょやまエイト」と読みます。ますます何だか分らないですね。しかしその下に小さく書いてある文字を読んで下さい。 “Home of Pinstriping”と”Mooneyes Wildman”のサインが入っています。これで少しは意味が分ったでしょうか?”Home of Pinstriping”は日本におけるピンストライプ発祥の地を意味しています。そうですこれは地名&番地を表しているのですが、Mooneyes Signs & Pinstriping Studioとして活動を始めた1989年より2006年まで約17年間に渡りStudioとして使用して来たWildmanが愛した御所山Studioのメモリアルステッカーなのです。(2007年現在Studioは本牧のMooneyes Area-1内にあります) 右を向けばランドマークタワーが見えて、左を見ると富士山!が望め、横浜の中心部にありながら、ひっそりとした住宅街の中で、1000台以上のクルマにPinstripeを描いて来た思い出の場所なのです。(ちなみに御所山町会は50年以上の歴史があります) 古くからお付き合いのある御客様も御所山の話をすると「とっても分りにくい場所だったよね」と皆、口をそろえて思い出してくれます。なかなかたどり着けず、行方不明になったお客様も多数いました(カーナビが無い頃は皆さん着いただけで喜んでいました)。 Mooneyesの数々の歴代Show Carもここで製作し、エド・ロスやフレッド・ラーセン、ジミーCやライン・ドクターらUSAからのゲストも多数訪れてくれました。日本の古い町並みとカスタムカーがミスマッチして不思議な雰囲気でしたので外人受けも良かったですね。 変わったクルマばかりやって来るのに、ご近所の方々もよくぞお付き合いしてくれたものです(皆さん興味深々でしたが)突然ファニーカーがやって来たり、デュースクーペやマーキュリーといったUSA車、国産旧車からピックアップ、はたまたローライダーやカウンタック!までやって来て、それは街角で毎日カーショーを開催しているような有様でした。爆音のクルマも多数来ましたが、17年間で苦情が来たのはM氏のMoon Shot(Dodge)くらいでした(ご近所の皆様は我慢してくれて感謝です)。 そんな御所山Studioから離れて約1年が経ちましたが、今でもあそこで作業したクルマたちの事は忘れられません。と言う事で、1度でも御所山Studoを訪れた事がある方は、思い出としてナゾの御所山8デカールを貼って下さい。 Wildmanにとって大変意味のあるデザインなのです。 The mysterious design “Goshoyama 8” Decal “What does this Decal mean?” many people ask so. That is Wildmans most favorite design, MOONEYES product number DM146 “Goshoyama 8 ” Decal. True that it’s mysterious, […]