Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

’77年はKISSとスーパーカーブーム Part3

ついにWildmanの地元にもスーパーカーショーがやって来たのです。それは1977年5月8日の日曜日、場所は家のすぐそばである横浜市磯子区の横浜プリンスホテルというWildman少年にとって最高のロケーションでした。しかも5月10日のブログ「KISSと共に30年 Part..3」で書いたNHKのヤング・ミュージック・ショーKISS ライブ放映の翌日の開催という興奮さめやらぬ日程だったのです(スバラシイ週末です!)。 会場に突撃するとゴルフコースの芝生の上にスーパーカー達が並び、大人気のランボルギーニ・カウンタックやミウラ、フェラーリBBの回りには子供達が群がっていました。この日はいつものカメラではなく、オヤジから借りていった8mmカメラにて音声の無い動画?の撮影でした。まだビデオカメラなど普及していない時代なので映写機にて写すものでした(まだこの時のフィルム持っているので今度DVD化を目指します)撮影しているとマンガ、サーキットの狼の主人公、風吹裕矢の愛車でもあるロータス・ヨーロッパの所に子供たちの長い長い列が出来ていました。アイドルと握手が出来るように、ロータスの運転席に座れるという物でした。Wildmanも並んで座らさせて頂きました。狭かっただけです。クラッチを踏んだら見張りの人に注意されました・・・ 「そんな事よりも池沢さとし先生はどこだ!どこにいる?」と探していると会場の端のほうから子供たちに腕をつかまれ、まさにアイドルのようにモミクチャにされながら歩いてくるお兄さんが一人。「ゲッ、池沢先生ではないか!」とWildmanも走って腕をつかみに行きました。 「思っていたよりも先生は小柄だな」と感じましたがあんなWildなマンガを描くのだからさぞや大柄なのだろうと勝手に想像していただけです。 そして先生がサイン会のテーブルに着いた時にショッキングな事が起きました。サイン会を仕切っていたおじさんが「これからチャリティサイン会を始めま~す、チャリティなので色紙を¥500で買って並んで下さ~い」とわめいています。「チャリティって何?なんのこと??」と悩む少年Wildmanでしたが、この頃は24時間TV「愛は地球を救う」などもまだ始まっていなくチャリティという言葉自体が普及?していませんでした(少なくともWildmanの中では) 「ケッ、ナンダよ、お金取るのかよ~、一体何に寄付するんだよ~」とふて腐れるWildman。何の事はない、お金を持っていませんでした。本日の軍資金は入場料と売店で売っていた焼きトウモロコシ代でほぼ底をつき、あとはジュース代の¥100くらいがポケットに入って いるだけでした・・・「あんなトウモロコシ食わなきゃよかった!!」とほざいてもあとのまつりでした・・・ お金を持っている少年達は楽しそうに池沢先生の前に並び色紙にサインを頂き、それは楽しそうに先生と会話をしていました。それを遠目に見つめるWildman、先生にマンガ家になる事を打ち明けて、あわよくば中学卒業後はアシスタントにして頂く旨を伝えようと思っていたのに夢は崩れました。トヨタ2000GTと’73ポルシェ・カレラRSのイラストを描いたファンレターを2回も送った事がありましたが、返事が来なかったので(当たり前です)この日直談判を試みたかったのに最悪の結果となってしまい、生まれてはじめてのカーショーは辛い結末となりました。 結局サイン会終了後はあっという間に池沢先生はその場を立ち去ってしまい、その後現在まで二度とお会いする事はありませんでした・・・’77年はKISSとスーパーカーブームの思い出でいっぱいなのですがこの辛い思い出を機にWildmanはスーパーカーをとりあえず卒業し変態街道まっしぐらの年齢にそぐわない旧車趣味に走り始めたのです。(でもスーパーカーは今でも大好きです) ’77 was Kiss and Super Car Boom part3 Finally the Super Car Show came to Wildmans local neighborhood. It was on Sunday May 8th 1977 at Yokohama Prince Hotel in Yokohama city Isogo ward, great location for Wildman and right near his home. Also it […]

’77年はKISSとスーパーカーブーム Part2

今回のお話も’77年スーパーカーブームの続きとなります。 KISS初来日とほぼ同時に起こったこのブームでしたが、’76年ころに例のマンガ「サーキットの狼」が起爆剤となって世間が動き始めていました。 子供たちはこのマンガに登場するクルマたちに異常な興味を持ち始めカメラ片手に街中で張り込みをし、その姿を撮影するのに夢中になっておりました。まさにアイドルの追っかけと同じような行動で、それはだんだんとエスカレートし、何と外車ディーラーに子供たちが押し寄せるといった珍現象に発展して行きました。もちろんこの珍現象にWildmanも加わっていました。生涯初のカメラ「オリンパス ペン」を片手に地元横浜そして東京に出張と忙しい日々を送っていました。 何といっても横浜にはスーパーカーの聖地があったのです。それは伝説の外車ディーラー「シーサイドモータース」で当時フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティの日本総代理店を務め、ショールームには憧れのスーパーカーがギッシリと並んでいたのです。 日曜日になるとクルマを買えるはずのない子供たちが大挙押し寄せ、店の回りは子供しかいないといった意味不明の光景が広がっていました。ショールームの向かいにガソリンスタンドがあってそこでスーパーカーが給油する時はまさにアイドルに群がるガキそのもので、お店の方やオーナーはさぞや迷惑だった事でしょう。 シーサイドモータースに行けばまずはずれは無く、何かしらスーパーカーが撮影出来ましたがカウンタックやミウラ、フェラーリBB等が展示されていた時は至福の時間が過ごせました。当時通っていた歯医者の先生が何とシーサイドでクルマを買ったというので「ひょっとしてランボルギーニですか!」と興奮して聞いた所、「ベンツだよ」と言われ本当にがっかりしました。しかしこの先生はその後ポルシェのディーラーであるミツワモータースで新車のポルシェ911Sを購入し、Wildmanを喜ばせてくれました。しかもその後10年以上所有なされて、Wildmanが自動車免許を取った時に運転させてくれた思い出があります。 そう、ミツワモータースと言えば目黒のお店にも’76年に出没致しました。現在Flat-4さんの店舗の向かい側にあるところで、どうやって行ったのか全く覚えていませんが、現地にたどり着きショールームの正面入り口から堂々と進入し猛烈に怒られました(当たり前ですね)しかしすきを見て裏手の工場に潜り込み、入庫したばかりの930ターボや友人たちは振り向きもしなかった356に遭遇出来てとても充実した1日を過ごせました。 帰り道の目黒通りでグリーンメタリックのランボルギーニ ウラッコに遭遇し撮影しようと思い道路に飛び出して轢かれそうになった事も良く覚えております。スーパーカー小僧は日本中で繁殖し、各地でショーが開催されたり、焼肉を幾ら以上食べたらカウンタックに乗せてやると言った焼肉屋まで現れました。 そして’77年スーパーカーショーがいよいよWildmanの地元の町にやって来ました。これにはさすがにビックリしましたが行かない理由は全くありません。場所は昨年閉館してしまった磯子の横浜プリンスホテルで、Wildman実家より自転車で7分30秒の距離でした。愛車YAMAHAモトバイクというヘンテコ自転車にまたがり、会場となるプリンスホテルのゴルフコースに出撃となりました。もちろんスーパーカーが目当てですが当日の目玉はなんといってもあの「サーキットの狼」作者である池沢さとし先生がゲストとして来てサイン会を行うと言うではありませんか!少年Wildmanは当時勝手にマンガ家を目指していたので熱い胸のうちを池沢先生に伝えなくてはと思い会場に入りましたがそこでショッキングな事実が待ち受けていたのです。 と言う事で熱いスーパーカー話はまだまだ続きますので匂ご期待!! 1977 was KISS and Super Car Boom Part 2 This story is about 1977 Super Car Boom is still continuing. It was about same time of first live of KISS in Japan but in 1976 the famous cartoon “The wolf of circuit” was […]

’77年はKISSとスーパーカーブーム Part.1

さて前回までのブログで3回に渡ってKISSのお話をさせて頂きましたが 終わりが見えなくなってきたので(まだ話したい事がたくさんあるので)KISS話は今後短編集(長文集?)として随時紹介して行きますのでご期待下さい! と言う事で又も時代は30年逆戻り、1977年となります。そうKISS初来日の頃、日本ではもう一つ子供達が世間を動かした空前のブームが起こっていたのです。スーパーカーブームという不思議な現象が日本中で猛威を振るっていました。 このブームを体験したのは’77年前後に小学校高学年~中学生だった’60年代中期に生まれた世代の人達なので’64年生まれのWildmanは ズバリその年代に当たります。ちなみにBossはもっと上の世代になってしまうのでこの手の話は子ども扱いされてしまいます。 又、Mooneyesの20~30代中盤の世代のスタッフも若すぎてこのブーム の事は知りません(たとえ知っていても行動は出来なかったはずです)なのでWildmanと同世代の人達とは楽しい思い出話が出来ます。(カスタムカー業界の人でもこのブームの洗礼を受けた人はたくさんいますよ) スーパーカーブームが起こったのは’76年頃なのですが、Wildmanはすでにクルマオタクとして’75年からミニカーコレクターとしての活動を始めていたので、まさか学校のクラスメイトまで皆クルマ好きになるのはとても不思議な現象でした。 ’77年にピークを迎えその年の年末から’78年くらいになってこのブームは終わりを告げたのですが、もちろん日本だけの珍現象でした。 事の発端は少年ジャンプというマンガ雑誌に連載された池沢さとし先生の作品「サーキットの狼」がブームの火付け役となったのです。 絵や野球マンガが好きだったWildmanは少年ジャンプ誌を’73年頃から愛読していましたが’75年に突如としてそのマンガは連載開始となりました。はっきり言って少年マンガ誌で、まだ自動車免許も持たない子供たち相手にクルマのマンガなんてナンセンスと言う感じで、連載開始当時はいつも巻末に掲載されていて人気も無く、いつ打ち切りなってもおかしくない状況でした。 しかしとにかくクルマ好きだったWildmanはこのマンガに喰らい付き、いつも少年ジャンプの発売日を楽しみにしていました。(実はこの時点ですでに旧車に興味があったのですが・・・) 画像はその連載開始の少年ジャンプ1975年第1号です、手元にあります・・人気の無かったこのマンガでしたがある時から突如として読者による人気投票第一位となり連載打ち切りになるどころか少年ジャンプ誌のドル箱となりました。 ストーリーは暴走族の主人公が(なぜか愛車は日本車ではなくロータスです)数々のライバルたちを公道で蹴散らし?レーサーとなってサーキットに舞台を移し最終的にはなんとF1レーサーにまで登りつめるという無茶なお話でした。初期の話は公道グランプリなる公道レース?が開催されるのですが、その舞台が神奈川県の箱根ターンパイク周辺となり、Wildman的には知っている道がたくさん出て来て一層親近感?を覚えました。「この道はオヤジといつもニジマスを釣りに行く箱根の道ではないか!」と勝手に興奮していました。 ’76年も中盤を過ぎると明らかに世の中が動き始めました。このマンガには数々の実車が登場してそのスペックや特徴を紹介し、子供のオタク心?をくすぐるのですが、クルマたちが機械ではなくアイドルとしての扱いを受けるようになったのです(モーニング娘のような物ですな)アイドルなので触りたくても触れない存在なのですが、何とか写真だけでも撮ると言う感じから何とか触ってやると言った暴挙に?出るヤツもいました。 そのクルマがスポーツカーを越えた存在のスーパーカー達でした(これはたぶん和製英語なので実際は”Exotic Car”だと思います)イタリアのランボルギーニやフェラーリ等を中心とした車種で、その他日本車やドイツ車、悪役として?アメリカ車も出て来ます。と言うことで又も長話のスタートとなってしまいました。 今後数回に分けての連載となりますのでスーパーカーブーマーの皆様もそうでない方々もご期待下さい。 ’77 was KISS and Super Car Boom. So the last three Blog were on about KISS and cant really see the Ending so Wildman will put out short (long) story for KISS on occasion bases please look […]

KISSと共に30年 Part.3 “動いているKISSにクラクラ”

1977年5月7日15:50、初来日を果たしたKISSのライブ映像がついにテレビで放送されました。天下のNHKがヤング・ミュージック・ショーという海外アーティストの映像を放送する番組で、NHK自身も初めて武道館でのライブ撮影となりました。 テレビの前に座るWildman、土曜日の午後その伝説の番組は始まりました。All Right Tokyo, You Wanted The Best, You Got The Best! The Hottest Band In The World!! KISSの叫び声と共にDetroit Rock Cityのイントロが流れてテレビ画面に動いているKISS 4人が登場しました。 「う・動いている・・あの怪獣4人が本当に動いている!」とWildman。そうです、音楽がどうのこうのというよりもそれまで雑誌やレコードジャケット等の画像でしか見たことの無かった物体が動いている事に感動しました。「ウワー、本当に火を吹いた!」、「ゲッ!血を吐きやがった!!」、「ギターが燃えてるぞー!」、「舌が長すぎるぞー!」、「火柱だ!武道館が火事ダー!」、「なんだか分らないが凄いぞーこれは!」と言う感じであっという間に50分が過ぎました・・・「す・凄すぎる、これは本当に凄い!これがロックンロールだ」という勝手な解釈のもとに以降30年に渡るKISSファンとしての第一歩が始まりました。この映像を見てから、他のバンドの事には目もくれずKISS一筋となってしまい、KISSが王道で他のバンドなんかどんなに演奏が上手くても全く反応しない体になってしまいました。 この番組の視聴率は20%台となり、当時の中高生はテレビの前にかじりついていたのです。ビデオデッキも普及していない頃だったので、この映像は暫くのあいだ幻の映像となりました(ラジカセで録音し、テレビ画面をカメラで撮るのがみな精一杯でした)KISSがロック初体験だ!という昭和40年前後生まれの方々はたくさんいますよね! そんなこんなで77年のKISS初来日は武道館の動員記録でビートルズを破り、全ての地方公演もソールドアウト、テレビ放送も高視聴率を記録し(ヤング・ミュージック・ショーとして最後まで破られませんでした)記録ずくめの内に終わったのでした。ありとあらゆる雑誌がこのライブを特集し、増刊号も多数発売されてメディアもKISSで大儲けしたでしょう。Wildmanのまわりの友人達もみな刺激され、KISSファンになりギターやバンドをやり始めたりするヤツが大勢いました。しかしWildmanは違いました。あのライブ映像を見て音楽性というよりもエンターテインメントとしてのKISSに強く惹かれてしまい、何というかKISSのデザインに惚れてしまったのです。 まずKISSのLPレコードにはオマケがたくさん付いていました。画像のLPは日本のみの発売となった邦題「続・地獄の全貌」という今となっては貴重な3枚組ですが、これには4人分のペーパーマスク(お面)や8ページのカラーブックレットなどが付録として付いていて、同時期の他のLPもステッカーやポスターなどがこれでもかというくらい付いていました。 輸入版LPにはKISS ARMYというファンクラブの申し込み用紙やマーチャンダイズのカタログも付いていて、子供心をくすぐるグッズが多数載っていて、商売上手なKISSはどんどんファンにお金を使わせるシステムを確立させていたのです。 そしてファンクラブに入会すると画像のようなKISS Army Kitという大量のオマケKitが会員証と一緒に送られて来たのでした。画像のKitは76年から78年中期のKit IIですが各年式があります。それぞれポスター、ステッカー、パッチ、フォトカード等々たーくさんのグッズが入っています。 完全にKISSにコレクター魂を揺さぶられてしまったWildmanはKISSの1ファンというよりも(もちろん曲も好きですが・・・)1コレクターとしての要素?が強くなってしまい、オマケの収集から始まり、とんでもない泥沼となるKISSコレクター30年の道となって行くのです。 長すぎるから残念ながら今回はここで終わります。 “Got dazzled by moving KISS” At 15:50 on May 7th 1977, the first live picture of KISS has been On Air […]

KISSと共に30年 Part.2 “KISSがやって来た!”

もう止まらなくなって来たWildman's KISS Storyはいつ終わるかも分りませんので、お付き合いして頂ける方はだんだんと限られてきそうですが、今回も勝手に書かさせて頂きます。(というかKISSの歴史を自分でおさらいしているだけかもしれません) 77年3月18日に日本にKISSロゴ入りジャンボ機で到着したKISS御一行でしたが、はやくも羽田空港でトラブル発生でした。機内で入念なメイクを施し、フルコスチュームで取材陣の前に華々しく登場する予定でしたが、そこは頭のお堅い日本の税関のお役人さま達、そんなメイク姿で入国させてもらえるはずも無く、別室にてメイクを落とし素顔とパスポート写真を確認させられてから、もう一度メイクしての入国となりました。大袈裟が好きなKISSですが、実は本当に抜け目の無いビジネスマン達なのでこの来日にはプロモーション活動の意味もあったのです。77年のこの時点でKISSの人気は本国アメリカではピークに達しつつあり、レコードは売れまくり全ての音楽雑誌の表紙を飾り、各地でライブの動員記録を更新していて、やることなす事全てが上手く行っている状態でした。それでもビジネス戦略はまだ続き、この来日中にアメリカ本国で忘れられてしまわないよう、選出したジャーナリスト数十人を同行させてKISS日本滞在記を(強制的に?)書かせるプランでした。メンバーと同じ飛行機のファーストクラスに乗せ、同じホテルに宿泊し、全ての費用はKISS持ちという無茶苦茶に金の掛かる事を平然とやっていたのです。

そんな事は当時ぜんぜん知らない中学1年生のWildmanでしたが、あの怪獣のようなKISSというグループが日本にやって来るという噂は聞いていました。何しろこの頃、中高生の間ではKISS人気は猛烈な勢いで高まっていて、男子はKISSやAero Smith,Queen、女子は懐かしのBay City Rollersが人気沸騰という感じでした。なかでもKISSはその風貌からメディアも飛び付き、あらゆる雑誌が特集を組んだり、来日記念号?なる別冊の本が多数出版される状況でした(全部持っております・・・)

この日本ツアーは77年のKISSワールドツアーの皮切りとなりまして"Sneak Attack Tour"と名付けられて新コスチューム&セットで世界初の露出となりました。

画像にあるアルバムジャケットは"Rock and Roll Over"の物ですが(邦題:地獄のロックファイアー)この新アルバムから日本で新曲が演奏されるのですが、Wildman的にはKISSアルバムの中で最高のデザインのジャケットになります。どう見ても最高です、間違えありません。「いよいよKISSなる方たちが日本にやって来るのか、見てみたいもんだ」と思っていた少年Wildmanでしたが、だいたいロックコンサートなるもののチケットをどうやって買うかも分らず、何より¥3,000以上の代金など支払えるメドも無くこの記念すべきKISS初来日は自分でも信じられ無い事なのですが行っておりません。   しかしそういった少年少女の不満を吹き飛ばす出来事が起こったのです。何と天下のNHKがこのライブを放送する事が決定していたのです!

多くの人の?人生を変えてしまう伝説のTV番組「ヤング・ミュージック・ショー」は77年5月7日15時50分より国営放送?の電波を使いお茶の間に流されたのでした。そしてWildman家でも受信してしまい一少年の人生が変わってしまったのです。 以後続きますが書く事がありすぎて困って来ました・・・

  Together with KISS for thirty years. Part II "KISS has arrived!" The Wildmans story will never know where to end as this topic of "KISS" start readers may not bear with his […]