Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

KISSと共に30年 Part.3 “動いているKISSにクラクラ”

1977年5月7日15:50、初来日を果たしたKISSのライブ映像がついにテレビで放送されました。天下のNHKがヤング・ミュージック・ショーという海外アーティストの映像を放送する番組で、NHK自身も初めて武道館でのライブ撮影となりました。 テレビの前に座るWildman、土曜日の午後その伝説の番組は始まりました。All Right Tokyo, You Wanted The Best, You Got The Best! The Hottest Band In The World!! KISSの叫び声と共にDetroit Rock Cityのイントロが流れてテレビ画面に動いているKISS 4人が登場しました。 「う・動いている・・あの怪獣4人が本当に動いている!」とWildman。そうです、音楽がどうのこうのというよりもそれまで雑誌やレコードジャケット等の画像でしか見たことの無かった物体が動いている事に感動しました。「ウワー、本当に火を吹いた!」、「ゲッ!血を吐きやがった!!」、「ギターが燃えてるぞー!」、「舌が長すぎるぞー!」、「火柱だ!武道館が火事ダー!」、「なんだか分らないが凄いぞーこれは!」と言う感じであっという間に50分が過ぎました・・・「す・凄すぎる、これは本当に凄い!これがロックンロールだ」という勝手な解釈のもとに以降30年に渡るKISSファンとしての第一歩が始まりました。この映像を見てから、他のバンドの事には目もくれずKISS一筋となってしまい、KISSが王道で他のバンドなんかどんなに演奏が上手くても全く反応しない体になってしまいました。 この番組の視聴率は20%台となり、当時の中高生はテレビの前にかじりついていたのです。ビデオデッキも普及していない頃だったので、この映像は暫くのあいだ幻の映像となりました(ラジカセで録音し、テレビ画面をカメラで撮るのがみな精一杯でした)KISSがロック初体験だ!という昭和40年前後生まれの方々はたくさんいますよね! そんなこんなで77年のKISS初来日は武道館の動員記録でビートルズを破り、全ての地方公演もソールドアウト、テレビ放送も高視聴率を記録し(ヤング・ミュージック・ショーとして最後まで破られませんでした)記録ずくめの内に終わったのでした。ありとあらゆる雑誌がこのライブを特集し、増刊号も多数発売されてメディアもKISSで大儲けしたでしょう。Wildmanのまわりの友人達もみな刺激され、KISSファンになりギターやバンドをやり始めたりするヤツが大勢いました。しかしWildmanは違いました。あのライブ映像を見て音楽性というよりもエンターテインメントとしてのKISSに強く惹かれてしまい、何というかKISSのデザインに惚れてしまったのです。 まずKISSのLPレコードにはオマケがたくさん付いていました。画像のLPは日本のみの発売となった邦題「続・地獄の全貌」という今となっては貴重な3枚組ですが、これには4人分のペーパーマスク(お面)や8ページのカラーブックレットなどが付録として付いていて、同時期の他のLPもステッカーやポスターなどがこれでもかというくらい付いていました。 輸入版LPにはKISS ARMYというファンクラブの申し込み用紙やマーチャンダイズのカタログも付いていて、子供心をくすぐるグッズが多数載っていて、商売上手なKISSはどんどんファンにお金を使わせるシステムを確立させていたのです。 そしてファンクラブに入会すると画像のようなKISS Army Kitという大量のオマケKitが会員証と一緒に送られて来たのでした。画像のKitは76年から78年中期のKit IIですが各年式があります。それぞれポスター、ステッカー、パッチ、フォトカード等々たーくさんのグッズが入っています。 完全にKISSにコレクター魂を揺さぶられてしまったWildmanはKISSの1ファンというよりも(もちろん曲も好きですが・・・)1コレクターとしての要素?が強くなってしまい、オマケの収集から始まり、とんでもない泥沼となるKISSコレクター30年の道となって行くのです。 長すぎるから残念ながら今回はここで終わります。 “Got dazzled by moving KISS” At 15:50 on May 7th 1977, the first live picture of KISS has been On Air […]