Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

’77年はKISSとスーパーカーブーム Part.1

さて前回までのブログで3回に渡ってKISSのお話をさせて頂きましたが 終わりが見えなくなってきたので(まだ話したい事がたくさんあるので)KISS話は今後短編集(長文集?)として随時紹介して行きますのでご期待下さい! と言う事で又も時代は30年逆戻り、1977年となります。そうKISS初来日の頃、日本ではもう一つ子供達が世間を動かした空前のブームが起こっていたのです。スーパーカーブームという不思議な現象が日本中で猛威を振るっていました。 このブームを体験したのは’77年前後に小学校高学年~中学生だった’60年代中期に生まれた世代の人達なので’64年生まれのWildmanは ズバリその年代に当たります。ちなみにBossはもっと上の世代になってしまうのでこの手の話は子ども扱いされてしまいます。 又、Mooneyesの20~30代中盤の世代のスタッフも若すぎてこのブーム の事は知りません(たとえ知っていても行動は出来なかったはずです)なのでWildmanと同世代の人達とは楽しい思い出話が出来ます。(カスタムカー業界の人でもこのブームの洗礼を受けた人はたくさんいますよ) スーパーカーブームが起こったのは’76年頃なのですが、Wildmanはすでにクルマオタクとして’75年からミニカーコレクターとしての活動を始めていたので、まさか学校のクラスメイトまで皆クルマ好きになるのはとても不思議な現象でした。 ’77年にピークを迎えその年の年末から’78年くらいになってこのブームは終わりを告げたのですが、もちろん日本だけの珍現象でした。 事の発端は少年ジャンプというマンガ雑誌に連載された池沢さとし先生の作品「サーキットの狼」がブームの火付け役となったのです。 絵や野球マンガが好きだったWildmanは少年ジャンプ誌を’73年頃から愛読していましたが’75年に突如としてそのマンガは連載開始となりました。はっきり言って少年マンガ誌で、まだ自動車免許も持たない子供たち相手にクルマのマンガなんてナンセンスと言う感じで、連載開始当時はいつも巻末に掲載されていて人気も無く、いつ打ち切りなってもおかしくない状況でした。 しかしとにかくクルマ好きだったWildmanはこのマンガに喰らい付き、いつも少年ジャンプの発売日を楽しみにしていました。(実はこの時点ですでに旧車に興味があったのですが・・・) 画像はその連載開始の少年ジャンプ1975年第1号です、手元にあります・・人気の無かったこのマンガでしたがある時から突如として読者による人気投票第一位となり連載打ち切りになるどころか少年ジャンプ誌のドル箱となりました。 ストーリーは暴走族の主人公が(なぜか愛車は日本車ではなくロータスです)数々のライバルたちを公道で蹴散らし?レーサーとなってサーキットに舞台を移し最終的にはなんとF1レーサーにまで登りつめるという無茶なお話でした。初期の話は公道グランプリなる公道レース?が開催されるのですが、その舞台が神奈川県の箱根ターンパイク周辺となり、Wildman的には知っている道がたくさん出て来て一層親近感?を覚えました。「この道はオヤジといつもニジマスを釣りに行く箱根の道ではないか!」と勝手に興奮していました。 ’76年も中盤を過ぎると明らかに世の中が動き始めました。このマンガには数々の実車が登場してそのスペックや特徴を紹介し、子供のオタク心?をくすぐるのですが、クルマたちが機械ではなくアイドルとしての扱いを受けるようになったのです(モーニング娘のような物ですな)アイドルなので触りたくても触れない存在なのですが、何とか写真だけでも撮ると言う感じから何とか触ってやると言った暴挙に?出るヤツもいました。 そのクルマがスポーツカーを越えた存在のスーパーカー達でした(これはたぶん和製英語なので実際は”Exotic Car”だと思います)イタリアのランボルギーニやフェラーリ等を中心とした車種で、その他日本車やドイツ車、悪役として?アメリカ車も出て来ます。と言うことで又も長話のスタートとなってしまいました。 今後数回に分けての連載となりますのでスーパーカーブーマーの皆様もそうでない方々もご期待下さい。 ’77 was KISS and Super Car Boom. So the last three Blog were on about KISS and cant really see the Ending so Wildman will put out short (long) story for KISS on occasion bases please look […]