Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ああ、憧れのMade in USA Part.1

気が付けば20回目の短編小説となるWildman’s Blogですが、今回も楽しい趣味の話になります。 久々にスニーカーについて語らさせて頂きますが、3月13日のブログ「マイ ファースト ナイキ」の続編と思って下さい。 1980年、ついに憧れのナイキを手に入れたWildmanでしたが、あまりのカッコ良さと素晴らしい機能性にシビれてしまい、「もっとたくさんのナイキが欲しいな~」と物欲モードが全開になっていました。ハム工場のアルバイトにより数足のナイキが手元にありましたが、それらは全て日本製のライセンスモデルで、本当の憧れであるMade in USAのナイキは一足も持っていませんでした。 当時アメリカ製のナイキは殆どが並行輸入品でしか手に入らず為替の関係もあり、どのモデルも軽く¥10,000を超える物ばかりで数千円の範囲で売られていた日本製ナイキと比べるととっても高級品でセレブな商品でありました。 雑誌ポパイを読んでいるうちはまだ良かったのですがエスカレートして洋書屋にまで出向きアメリカの”Runner’s World”というランニングの専門誌にまで目を通し、それらに載っているアメリカ製のナイキは羨望のアイテムになっていました。 「あ~欲しい、本当に欲しい、アメリカ製でなくちゃダメだ!」とまたも勝手な思い込みが激しくなり「こうなったらもっと高額な報酬のアルバイトをするしかない!」と結論が出ました。ハム工場はつまみ食いの発覚等ですでにクビを宣告されていましたが今回も高校の近くのN食品という工場の求人を見つけました。なぜか食品関係のバイトばかりです・・・しかし今度は時給が¥600!!という破格の条件で(ハム工場は¥450)とってもエリートになった気分でした。仕事内容はハム工場とたいして変わりなく無く、またも白衣に身を包み生産ラインでパッケージや計量を行うという簡単な物でした。しかしとてつもない重労働が待ち受けていました。お惣菜の生産がメインの工場でしたが煮豆や漬物をパッケージしている分にはとっても楽で良かったのですが2日に一度くらいの割合でメンマがラインに流れてきました。コイツがとんでもないクセモノだったのです。真空パックされたメンマ君はソフトボールくらいの大きさに膨らんでベルトコンベアに載ってこちらに向かって来ます。 工場長が「このパッケージされたメンマを手で押してつぶして平らにして」と言いました。「何だ相変わらず簡単な仕事だぜ!」となめ切っていたWildmanでしたがすぐに悲鳴を上げる事となりました。最初の数十個は何なくクリアしていたのですがこれが500~1000個と流れて来るのですからたまりません。 だんだんと手の力は抜け、メンマは山積みになってしまいラインはストップ状態になるのです。 「何だだらしねえ」と工場長に言われてしまいお手本を見せてもらうと物凄いペースでメンマをつぶして行きます。 「す、凄い、これも職人ワザだ」と感動するWildmanはこの時から職人を目指すのでした。 そんなこんなで必死にメンマをつぶし、高額なエリート報酬を得たWildmanはいっしょにこのアルバイトをしたスニーカー友達のT君と札束を握り締めて憧れのMade in USAのナイキを購入する為に横浜駅西口に出撃したのです。確か1981年の早春の出来事でした。 長くなってきたので次回に続きます・・・ How I long for Made in USA. It has already been 20th short story for Wildman’s Blog and this issue is also about funny hobby story. It has been a while since the March 13th […]

バイクの話、しかしKISSの話!?

ミニカーやらスニーカーやらKISSやらスーパーカーやら、趣味のお話が主体のWildman’s Blogですが、「そうだ、たまにはバイクの話題にしよう!」と思いましたが正統派?のバイク話はBossやTankに任せてそこはWildman’s Blogならではの皆様が絶対に知らないバイクのお話です(普通のバイクマニアでは知りませんね!) そう、またもKISSが絡んで来ます。 ’70年代中盤から後半にかけて人気絶頂となったKISSは更なる金儲けの為、怒涛のマーチャンダイズ攻撃を仕掛けて、ありとあらゆるKISS関連のグッズがジャンルを問わずに発売されていました。 本業のレコード売り上げよりも多いのではないかというくらいの数字を稼ぎ出し、アメリカでは人形、ラジコン、プラモデルといったオモチャ類から文房具や子供服等々もう書ききれないくらいのKISSグッズが溢れかえっておりました。(しかしこの頃ほとんど日本にはこういった商品は輸入されなかったのでWildmanは1980年までに販売されたいわゆる当時物のこれらに絞って現在コレクションしています)そして現在究極のコレクターズアイテムとなっているのが1979年頃に製造されたと思われる”HONDA KISS Mobile”なのです。KISS Mobile??なんのこっちゃ?クルマですか?と思われますが、何とオートバイだったのです!!オモチャじゃなくて実車です。 画像のポスターは当時の販促用ポスターのなのですがWildmanはこのポスターを手に入れてからこのバイクの存在を知りました(現在ではこのポスターにも高額のプレミアが付き、とてもじゃ有りませんが2枚目の入手は不可能な状況です) GeneとPaulがまたがるこのバイクは何とホンダのホークです!とってもかっこ悪いです!(オーナーの方、ごめんなさい)ホークというとWildman世代にとってはただの教習車なのです。当時Wildmanも中型免許の教習車はコイツで、途中から最新型のCBX400Fになったのを覚えております、嬉しかったです。 何しろ遅くてかっこ悪くてヤカンタンクなどというあだ名で暴走族のお兄さん御用達車輌だったので何ひとつ良い印象がないバイクでした(本当にオーナーの方、ごめんなさい・・・)’77年発売のこのバイクは250ccがホーク、400ccがホークIIという名前でしたが、KISS Mobileはどっちだか良くわかりません。日本仕様では250ccがスポークホイルで400ccが当時最新鋭のコムスターホイルでどっちもフロントがディスクブレーキだったと思うのですが、KISSのコイツはなぜかドラムブレーキなので北米輸出仕様のバージョンなのかよく分かりません??(ホンダマニアの方、ご教授を) すでに伝説の名車4気筒のCB400Fourは生産が終わった後なのでベースをホークにしたのでしょうが、せっかくならCB750かGold Wingでやって欲しかったです・・(本当にホーク オーナーの皆様申し訳ありません、お詫びいたします)といってもそこはKISSバージョン!派手なカラーに変なグラフィックスで武装しています。タンクやシート、フロントフォークにKISSロゴ、サイドカバーにはメンバー4人のネームが入っていて、マフラーにはKISS Mobileのバッジが輝いています!! 「うーん、こうなるとホークも最高だ~!」と思えてきました。(オーナーの方、ホーク最高ですね!)しかし現在このオートバイに関する情報はなかなか出てきません。売りに出れば幾らでも買うぞ!!(借金で)という初めてマスタングを買った時と同じくらいの購買意欲が有るのですが全く引っかかってきません。もちろん日本にある訳もないので当然アメリカでの話ですが、ヘビー級のKISSコレクターの方でも見たことが無いシロモノなのです。いつか巡り合えたら何としても手に入れたい究極のKISSアイテムなのです(タンク等パーツだけでもいいのですが・・・)しかし勝手に作ってしまうのも実は難しくないのかもしれませんね! Story about Motorcycle, but it’s about KISS. Wildman’s Blog has major topics like Mini cars, Sneakers, KISS, Super Cars, “How about Motorcycle for a change?!” and so he thought an orthodox school story can be left to […]

ロングセラーTシャツは15周年

ムーンアイズのTシャツは毎年新しいデザインを数点製作しています。 定番と呼べるイエローアイボールマークのTM001やMoon EquippedのアイシェイプのMQT002は元町ショップ創業時から21年以上ずっと販売しているおなじみのアイテムです(アメリカではディーンムーンの時代から半世紀の歴史があります!) ※時代によってアイボールの周りの文字は違います。 その時々のカスタムの流行にあわせたデザインやレース物、限定品等を合わせますとこれまでに数百種!のデザインがありました。それぞれ時期が来れば廃盤となり新しいデザインが発表となりましたが、そんな中でクルマのイラストが描かれているにもかかわらず15年も販売が続いている長寿デザインが1点あります。 それはTM055 Surf Side Cruisin’で、1992年のデザイン製作ですから販売開始から15年の年月が経ったにもかかわらず、カタログから落ちる事無く未だに販売が続いている脅威のロングセラーアイテムです。 当時Surf&Rodをテーマにし、クルマとサーフィンを合わせた物をデザインしてみようと思いイラストを描きましたが、まさかこんなに長く販売出来るとは考えても見ませんでした。 クルマのイラストは当時ムーンアイズが発表したばかりの’68VWタイプ3バリアント(スクエアバック)”Surf Square”と’65クラウンMasterline Van”Aqua Tudoor”の2台のイラストを描きました。 どちらも懐かしいクルマたちですが、いずれもどこかで存在しているという噂は聞きますので再会してみたいものです。 ’92年当時このTシャツを購入された方も15年経ちましたので、もはや手元には無いと思われますがまだ販売しておりますので宜しくお願い致します。Wildmanのように、しつこく未だに持っているよという方は末永く大切にしてあげて下さい。 Surf Side Cruisin’ Tシャツは、Wildmanにとって思い出深い一品です。 The Long seller T-Shirts has 15th anniversary. MOONEYES has new T-shirts design every year. The regular items like Yellow Eye Ball Mark TM001 and Moon Equipped Eye Shape MQT002 is sold since the opening of […]

スーパーカーブームの終わりと変態の誕生

前回のブログでお話した通リ池沢先生に見事ふられた傷心のWildman少年でしたがクルマ趣味は激しさを増す一方となりました。 スーパーカーブームは1977年にピークを迎え、子供たちが大人を動かしてしまいありとあらゆるスーパーカー関連の書籍やオモチャが大量に作られ全て消えて行き、倒産してしまったミニカーメーカー等も出てしまいました。Wildmanの手元に残る300台余のスーパーカー消しゴムを見るたびにこれを作っていた人たちは今どうしているのだろうと心配してしまいます・・・・(その後あのシーサイドモータースも倒産してしまい伝説となりました) 1978年中にはブームも終わりを告げ、それまで一緒にスーパーカーに狂っていたクラスメートたちの皆さんもそれまでの行動がウソのようにスーパーカーから離れて行きました。そんな中一人で活動を続けるWildman少年はブームを卒業したというか変な方向に向かって行きました。「カウンタックなんて新しすぎる!ランボルギーニの歴史について調べなければ」と言っている内はまだ可愛かったのですが、元々ミニカーからこの世界に入っていたので車種問わず、変わったクルマがあればそれについて片っ端から調べて全て頭に入れなければならないという強迫観念にかられて行きました。「チェコスロバキアのタトラか、リアスタイルがカッコいいな」とか「ソビエトのモスクビッチはモスクワっ子という意味なのか!」とか「スペインのペガソが日本にも1台有るのか!スゲエ!」等々およそ中学生らしからぬどうでもよいクルマ知識が蓄積されて行きました。それまでスーパーカー中心に撮影していた写真も画像の通リ意味不明の車種を激写するようになってしまいました。 最初の画像は「マツダ3輪トラック」ですがこれはまだまともな方で、 2枚目の画像は「クリッパー」のバキュームカーです(シングルナンバーが素敵ですね) そして3枚目のハコスカはエンブレムに注目です。このクルマはWildman実家の向かいによく停まっていた近所の解体屋のお兄さんの愛車でしたが(すみません78年頃、軟式ボールをぶつけてしまいボディーをへこましたのはこの私です・・・)240K GLという輸出用のエンブレムに変えて有りました!(マニアさんだったんですね)そんな事に興奮し成長してゆくWildman少年はクルマ変態の道を少しずつ歩んで行くのでした。 Super car boom ends with birth of Abnormal. In last Blog, Young Wildman grief from major turned down by Master Ikezawa the cartoonist But his hobby of cars didn’t change but increase its insanity to what he calls “abnormal”. Super Car Boom was facing peak in 1977 and […]