Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

バイクの話、しかしKISSの話!?

ミニカーやらスニーカーやらKISSやらスーパーカーやら、趣味のお話が主体のWildman’s Blogですが、「そうだ、たまにはバイクの話題にしよう!」と思いましたが正統派?のバイク話はBossやTankに任せてそこはWildman’s Blogならではの皆様が絶対に知らないバイクのお話です(普通のバイクマニアでは知りませんね!) そう、またもKISSが絡んで来ます。 ’70年代中盤から後半にかけて人気絶頂となったKISSは更なる金儲けの為、怒涛のマーチャンダイズ攻撃を仕掛けて、ありとあらゆるKISS関連のグッズがジャンルを問わずに発売されていました。 本業のレコード売り上げよりも多いのではないかというくらいの数字を稼ぎ出し、アメリカでは人形、ラジコン、プラモデルといったオモチャ類から文房具や子供服等々もう書ききれないくらいのKISSグッズが溢れかえっておりました。(しかしこの頃ほとんど日本にはこういった商品は輸入されなかったのでWildmanは1980年までに販売されたいわゆる当時物のこれらに絞って現在コレクションしています)そして現在究極のコレクターズアイテムとなっているのが1979年頃に製造されたと思われる”HONDA KISS Mobile”なのです。KISS Mobile??なんのこっちゃ?クルマですか?と思われますが、何とオートバイだったのです!!オモチャじゃなくて実車です。 画像のポスターは当時の販促用ポスターのなのですがWildmanはこのポスターを手に入れてからこのバイクの存在を知りました(現在ではこのポスターにも高額のプレミアが付き、とてもじゃ有りませんが2枚目の入手は不可能な状況です) GeneとPaulがまたがるこのバイクは何とホンダのホークです!とってもかっこ悪いです!(オーナーの方、ごめんなさい)ホークというとWildman世代にとってはただの教習車なのです。当時Wildmanも中型免許の教習車はコイツで、途中から最新型のCBX400Fになったのを覚えております、嬉しかったです。 何しろ遅くてかっこ悪くてヤカンタンクなどというあだ名で暴走族のお兄さん御用達車輌だったので何ひとつ良い印象がないバイクでした(本当にオーナーの方、ごめんなさい・・・)’77年発売のこのバイクは250ccがホーク、400ccがホークIIという名前でしたが、KISS Mobileはどっちだか良くわかりません。日本仕様では250ccがスポークホイルで400ccが当時最新鋭のコムスターホイルでどっちもフロントがディスクブレーキだったと思うのですが、KISSのコイツはなぜかドラムブレーキなので北米輸出仕様のバージョンなのかよく分かりません??(ホンダマニアの方、ご教授を) すでに伝説の名車4気筒のCB400Fourは生産が終わった後なのでベースをホークにしたのでしょうが、せっかくならCB750かGold Wingでやって欲しかったです・・(本当にホーク オーナーの皆様申し訳ありません、お詫びいたします)といってもそこはKISSバージョン!派手なカラーに変なグラフィックスで武装しています。タンクやシート、フロントフォークにKISSロゴ、サイドカバーにはメンバー4人のネームが入っていて、マフラーにはKISS Mobileのバッジが輝いています!! 「うーん、こうなるとホークも最高だ~!」と思えてきました。(オーナーの方、ホーク最高ですね!)しかし現在このオートバイに関する情報はなかなか出てきません。売りに出れば幾らでも買うぞ!!(借金で)という初めてマスタングを買った時と同じくらいの購買意欲が有るのですが全く引っかかってきません。もちろん日本にある訳もないので当然アメリカでの話ですが、ヘビー級のKISSコレクターの方でも見たことが無いシロモノなのです。いつか巡り合えたら何としても手に入れたい究極のKISSアイテムなのです(タンク等パーツだけでもいいのですが・・・)しかし勝手に作ってしまうのも実は難しくないのかもしれませんね! Story about Motorcycle, but it’s about KISS. Wildman’s Blog has major topics like Mini cars, Sneakers, KISS, Super Cars, “How about Motorcycle for a change?!” and so he thought an orthodox school story can be left to […]