Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ああ、憧れのMade in USA Part.1

気が付けば20回目の短編小説となるWildman’s Blogですが、今回も楽しい趣味の話になります。
久々にスニーカーについて語らさせて頂きますが、3月13日のブログ「マイ ファースト ナイキ」の続編と思って下さい。
1980年、ついに憧れのナイキを手に入れたWildmanでしたが、あまりのカッコ良さと素晴らしい機能性にシビれてしまい、「もっとたくさんのナイキが欲しいな~」と物欲モードが全開になっていました。ハム工場のアルバイトにより数足のナイキが手元にありましたが、それらは全て日本製のライセンスモデルで、本当の憧れであるMade in USAのナイキは一足も持っていませんでした。
Nikes-001.jpgNikes-003.jpg
当時アメリカ製のナイキは殆どが並行輸入品でしか手に入らず為替の関係もあり、どのモデルも軽く¥10,000を超える物ばかりで数千円の範囲で売られていた日本製ナイキと比べるととっても高級品でセレブな商品でありました。
雑誌ポパイを読んでいるうちはまだ良かったのですがエスカレートして洋書屋にまで出向きアメリカの”Runner’s World”というランニングの専門誌にまで目を通し、それらに載っているアメリカ製のナイキは羨望のアイテムになっていました。
「あ~欲しい、本当に欲しい、アメリカ製でなくちゃダメだ!」とまたも勝手な思い込みが激しくなり「こうなったらもっと高額な報酬のアルバイトをするしかない!」と結論が出ました。ハム工場はつまみ食いの発覚等ですでにクビを宣告されていましたが今回も高校の近くのN食品という工場の求人を見つけました。なぜか食品関係のバイトばかりです・・・しかし今度は時給が¥600!!という破格の条件で(ハム工場は¥450)とってもエリートになった気分でした。仕事内容はハム工場とたいして変わりなく無く、またも白衣に身を包み生産ラインでパッケージや計量を行うという簡単な物でした。しかしとてつもない重労働が待ち受けていました。お惣菜の生産がメインの工場でしたが煮豆や漬物をパッケージしている分にはとっても楽で良かったのですが2日に一度くらいの割合でメンマがラインに流れてきました。コイツがとんでもないクセモノだったのです。真空パックされたメンマ君はソフトボールくらいの大きさに膨らんでベルトコンベアに載ってこちらに向かって来ます。
工場長が「このパッケージされたメンマを手で押してつぶして平らにして」と言いました。「何だ相変わらず簡単な仕事だぜ!」となめ切っていたWildmanでしたがすぐに悲鳴を上げる事となりました。最初の数十個は何なくクリアしていたのですがこれが500~1000個と流れて来るのですからたまりません。
だんだんと手の力は抜け、メンマは山積みになってしまいラインはストップ状態になるのです。
「何だだらしねえ」と工場長に言われてしまいお手本を見せてもらうと物凄いペースでメンマをつぶして行きます。
「す、凄い、これも職人ワザだ」と感動するWildmanはこの時から職人を目指すのでした。
そんなこんなで必死にメンマをつぶし、高額なエリート報酬を得たWildmanはいっしょにこのアルバイトをしたスニーカー友達のT君と札束を握り締めて憧れのMade in USAのナイキを購入する為に横浜駅西口に出撃したのです。確か1981年の早春の出来事でした。
長くなってきたので次回に続きます・・・
How I long for Made in USA.
It has already been 20th short story for Wildman’s Blog and this issue is also about funny hobby story.
It has been a while since the March 13th blog on “my First NIKE” but Let Wildman talk about the Sneakers as second issue.
In 1980, Wildman has finally got NIKE, but with its great looks and its great function, “want to buy more NIKE” and his will was at top for buying mode. With wages from working part time at HAM Factory some NIKES with Japanese License models were in hands of Wildman and real long for the NIKE USA model was not filled.
Back then The NIKE USA model was not available unless bout and brought back Home, with the effect from exchange rate, any model was over 10,000yen. NIKE Japan Model was sold around couple thousand yen so very expensive to compare JAPAN MODEL and celebrity item.
It was OK until I was reading Magazine Popeye but as escalated to the USA Running Magazine called “Runner’s World” NIKE USA models were becoming an Icon for dream items to own.
“I want them, really want them, it has to be made in USA!” and so the self extreme belief has been triggered. “I have to get more pay from high wage job.” Which was the conclusion.
Wildman was already been fired from Ham factory for eating too much Ham On the line, but yet again found job in “N” food factory. Some how its All food factory. But this one is high wage 600yen per hour and felt like Becoming as elite.(ham factory was 450en)
The job was not much different from Ham factory and wear the white uniform and Package and weigh in production line. Easy, but heavy working deal was waiting.
Producing the side dish was main job in the line but boiled beans and pickled Vegetables were easy task to pack but the one in every two days was MENMA On the factory line.
This was the real unordinary job. The vacuum packed Menma was as big as soft ball and coming closer on line. The factory manger said “press this packaged Menma Flat with your hands”. Wildman thoughtFirst couple tens and dozen was cleared with out problem but there
Were 500 to 1000 of each came running on line so cannot be handled. Soon lost power on hands and Menma was filled up and factory line had to be stopped. “Look at you,” said the factory manager and he showed what was supposed to be done, and with great speed he was pressing the Menma.”This is amazing, the professional job” so excited Wildman thought he will become a professional since this moment. “its another easy job” but soon he was Screaming for pain.
Anyway so Wildman fought hard to flat the Menma and got elite high wage and went to shop the made in USA NIKE with his sneaker friend working in same job and visited shop in west side YOKOHAMA station. It was early spring 1981.
Its getting long story again so it will continue to next blog.

Be Sociable, Share!

???????????