Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

1979年 横浜 Street Bombers

最近このブログで全く車のお話をしていない事に気付きましたので(暴走が止まらなくなっていたようなので・・・)今回は70年代にタイム スリップしてたまには車の話を致します。 スーパーカーブームが盛り上がっていた’76~’77年頃(Wildmanが小学校高学年から中学生の頃ですね)ちょうど学校への通学路に大きなお屋敷がありました。最初の頃はたくさんのオートバイが並び、当時ではとても車検が取れそうにないChopperのフレームが転がっていたり、Honda S600&S800がとまっていたりと、毎日Wildmanの目を楽しませてくれていました。 するとその内クルマがHondaからアメリカ車に変わって行き、しかもたくさんの車種が入れ替わり立ち代り並ぶようになりました。今ではコレクターズアイテムのMuscle Carがお屋敷の回りに毎日並ぶのです。Ford Torino” Cobra Jet429″やPontiac GTO, BarracudaやChallenger,C2 Corvette等々、今考えるととっても貴重なディーラー車たちのオンパレードでした(まあ、この頃は10年落ちにもなっていないような現役車輌ですが)このお屋敷はKさんという方が住んでいて、クルマはその仲間たちが毎日のように訪れてくるので色々と車種が変わっていたのです。本牧や根岸のベースも近いので米軍の兵隊さんたちも出入りしていたようです。 クルマはノーマルの綺麗な車輌もありましたが、だんだんといじり始めるのも出てきてディッシュホイールにサイドマフラー&ヒップ アップ スタイルというベタな70’sホット ロッド スタイル?に変わって行きました。「なんか知らんがカッコイイぞ、これがホットロッドだ!!」とまたもや少年Wildmanの勝手な解釈が始まっていました。 そして岡村中学校に入学した’77年、KISS初来日の年にグリーンのMustangがKさん宅に並ぶようになりました。ちなみに岡村小学校&中学校時代にWildmanはミスター女子プロレス、現参議院議員の神取忍と同級生でした。とっても恐かったです。そしてグリーンのMustangはノーマルとは明らかに違うディティール満載で不思議なクルマでした。何しろ顔つきはゴツくて恐く、ボンネットやサイドにはエアスクープがたくさん開き穴だらけで、そこらじゅうに馬ではなくヘビのエンブレムが付きまくり、なにやらGT350と描かれたストライプが走ります。調べた結果コイツが本物の’68 Shelby Cobra GT350だったのです。貴重なディーラー車の生き残りだったのでしょう。「ウヒー、かっこいいなあ、馬とヘビの掛け合わせのこんなMustangがあったなんて!!」と感動しまくり強烈な印象となりました。 そして1979年の雑誌ポパイ47号にKさんとその仲間たちの記事が”Yokohama Street Bombers”として紹介されていたのです。その中にグリーンのGT350も出ていました。 ページのタイトルは「V8の重たい咆哮が横浜の乾いた空気を震わす」となっています、「カッコイイぞ、俺もいつかBombersになって本牧通りを疾走し、横浜の空気を震わせなければ」と単細胞の少年は心に誓ったのでした。 それから10年の日々が過ぎ、少年Wildmanは青年Wildman(借金王)となり多数の偶然により本当に’68 GT350のオーナーになってしまったのです。 10年振りのKISS来日コンサートにGT350で乗り付けたのは言うまでもありません(Wildman’s Blog vol,1~3参照)そして、GT350でKさん宅前をうろつきKさんに声を掛けてもらいました。(その時Kさんは’72 Barracudaに乗っておられました)「カッコいいの乗ってるじゃん」と言われて「ハイ、カッコいいんですよ、これ」と緊張してわけの分らない返事をしていました。 あのなつかしのグリーンのGT350の事を聞くと「あのクルマ、燃費良かったんだよな」と力の抜ける答えと「あれはベースの兵隊が買い取ってフロリダに持ち帰ったちゃったんだ」という事でした。 グリーンのGT350は幻となってしまいましたが、Wildmanは一人でBombersを気取り本牧通りを疾走し、デニーズ新本牧店でエンジンが掛からなくなって立ち往生していたのでした。 1979 YOKOHAMA Street Bombers Wildman noticed recently he has not talked about Cars, (as Wildman can not be stopped once he started […]

横浜大洋ホエールズ最高!

Wildmanはプロ野球が好きであります。 我、横浜ベイスターズは昨日も勝利してオールスター前の前半戦を3位で折り返すという奇跡が起きておりまして、先日あまりの強さにWildmanの体が逆に反応してしまい体調を崩して熱を出してしまいました。 昨年最下位のチームが今季はベイスターズファンにほのかな期待を持たせております。でもあまり強くなくても良いのです、たまに勝つから面白いので弱いチームを応援し続けて32年になります。そう32年、また昔話になります。 1970年代は王さん、長島さんが現役のジャイアンツが最高の強さと最高の人気を誇っておりましたが、マニアなWildmanはそんな王道チームを応援している場合ではありませんでした。1975年に初めてプロ野球観戦に行く事となり、おやじに連れられて今は無き狭くて汚い川崎球場に参上しました。まだ横浜に来ていない時代の川崎をフランチャイズとしていた大洋ホエールズ対読売ジャイアンツの試合でしたが、試合前に球場の関係者入り口付近をうろついていると、あの鮮烈なオレンジとグリーンという70年代のナイキのような下品すれすれのデザインのユニフォームの選手たちが入ってきました。小学生のWildmanが「す、すみません、サインを下さい」と必死のお願いをすると大洋の選手達は次から次へとサインを書いてくれるのでした。この時もらった平松、中塚、長崎、山下大輔といった70年代の弱い大洋を代表する選手たちのサインは未だにWildmanの手元にあります。多数の選手にサインを頂き「なんていい人達なんだ」と大洋の選手達に感激しました。 それに対してジャイアンツの選手達は素通りでした・・・・ この単純明快な理由により、この時から大洋ファン=アンチ巨人という方程式がWildmanの中で完成されたのです。弱いチームがたまに勝つから面白い!勝ってばかりでは つまらないという事です。そしてスーパーカーブームが終わった1978年、奇跡が起こりました。優勝したのではなく、何と大洋が川崎から地元横浜に移転して来て横浜大洋ホエールズとなったのです!シビレました!!この後数年間は横浜スタジアム通いが続きました。高校生の頃は友人がスタジアムで弁当売りのアルバイトをしていたので、彼についてバイトを装い勝手に関係者入り口から球場内に入ってバックネット裏で中日戦ダブルヘッダーをタダで観戦した事もありました(時効です・・・) そういえエド・ロスの元を初めて訪れた際、テレビでプロレス中継を夢中になって見ていたロスが「日本にもプロレスはあるのか」と聞いたので「ありますよ、アントニオ猪木がいます」と言うと不思議そうに「体が小さい日本人もプロレスをやるのか」と言っていました。そしてテレビがメジャーリーグに変わると「日本にもプロ野球はあるのか?」と聞いてきたのですかさず「あります、我大洋ホエールズが!」と言うと笑い出しました。ホエールズ(クジラ)のネーミングがとっても受けてしまったようでした。スワロ-ズ、ドラゴンズとたて続けに言うともっと笑ってくれました。 そんなこんなで常に弱い大洋が好きでしたが90年代になり、チーム名が横浜ベイスターズに変わり、なぜか風向きが変わり1998年ついに奇跡が訪れて1960年以来38年振りの優勝&日本一という信じがたい事が起こり ました。「たった6チームの争いなのに38年も優勝しない方が素晴らしい!」と豪語していましたが、やっぱり初体験の優勝は嬉しかったです。優勝が決まる日は御所山にてインパラのPinstripeの仕事をしていましたがラジオのボリューム全開で御所山町民と涙していました。もちろんコレクターとして翌日はスポーツ新聞を全て購入しました。 そして画像は一生手元に残しておくべきコレクションのベイスターズ優勝記念の38年振り優勝、38%オフセールのムーンアイズ店頭看板であります。手描きで仕上げました、最高ですね! あれから9年、又も我大洋ホエールズ(ベイスターズ)は弱くなり応援のしがいがある日々が続いておりましたが、今季は奇跡が起きるかもしれません。しかし9年振りの優勝なので9%オフセールではつまらないですね。やっぱりあと30年くらい待ちますか・・・(とにかくWildmanが生きているうちにあと1回くらい優勝すれば良いのです) YOKOHAMA TAIYO WHALES RULES! Wildman loves Professional Base Ball. His loving local team “YOKOHAMA BAY STARS” who like a miracle won yesterday again and finished in 3rd place for first half before “All Star Games” held in middle of season, other day as […]

ああ、憧れのMade in USA Part.3

1981年の早春、ついに「ああ、憧れのMade in USA」のスニーカーであるナイキ バミューダを同じ店で同じ日に同じサイズで手に入れたWildmanとT君の2人組はT君宅にてシュ-ズの箱を開封し心ゆくまでアメリカ製のオーラを感じるはずでした。 Wildmanがまず自分のシューズを確認しその素晴らしさにうっとりしていると、T君も続けて箱を開けました。 すると同じシューズで同じサイズのはずなのにどう見ても何か違うのです。2人でくまなく両方を観察すると、つま先のメッシュ生地がWildmanの物はシューズ全体のカラーであるブルーなのに、T君のはピンクがかったパープルなのです。 「絶対変だ、おまえの!」と突っ込むWildman、さらにインソール(中敷)も最新型の”Nike Permafoam”のロゴが輝くWildmaのシューズに対し、T君のはこれまで通りのブルーの物が敷かれていました。何だコリャ??ニセ物か?ナゼ違う!とシュータン(ベロ)をめくってNikeロゴの裏を見てみるとWildmanの物には燦然と輝く”Made in USA”の文字が現れました。 「そうそうこの文字のために頑張ってメンマのアルバイトしたんだよな」とつぶやくWildman。そしてT君のを見てみると”Made in Taiwan”の文字がドッカーン!!と現れたのです。 「何じゃこりゃ~!!」とT君の叫び声がT君宅に響き渡ります。「ブワーハッハ!!オレの勝ちだなT君よ!!」とWildmanの勝利宣言??(なんのこっちゃ?)そうなんです、高いお金を払って高級品アメリカ製のナイキを買ったつもりがなぜかT君のは台湾製だったのです。本当に不思議でした。「何でおまえのがアメリカ製なんだ、それよこせ!!」とT君、「そんな事知らん!!これはオレのだ」とWildman。しばらく言い合いが続きましたがもうどうにもなりませんでした。「せっかくメンマを数万個も潰して頑張ったのに何で台湾製なんだ!!」とわめいて落ち込むT君でしたがナイキ バミューダというモデルはアメリカ製しかないと思い込んでいた当時の2人組の知識不足がこの悲劇(喜劇?)を生んだのでした。雑誌ポパイやRunner’s World誌等で当時は限られた情報しか入って来ず、それ以上の情報は実物を目にするしかない80年代初頭のマニアさんたちは、現代のインターネットでどのような情報をも得られる環境では無かったのです。2人組の少年マニアもその程度の物で雑誌にアメリカ製と紹介されていたから、バミューダは絶対にアメリカ製だと決め付けておりました。しかしすでにナイキは日本での日本ゴム社によるライセンス生産以外にも台湾や韓国に工場を持ち、いろいろなモデルをコストを抑えて生産していました。「ローエンドモデルしか台湾製や韓国製はないのだ」と間違った知識を持っていた2人組はバミューダのようなハイエンドモデルはアメリカ製の高級品しかないと思い込んでいたのです。とにかく当時のマニアはアメリカ製ナイキやヨーロッパ製アディダスがステイタスで、それ以外の(特にアジアの)生産国製品はワンクラス下の商品という変なイメージが浸透していました。2人組もそういった解釈でいたので、T君のバミューダには本当に驚きました。その後T君は我慢して?台湾製バミューダを履く事となり、Wildmanに「オレのはアメリカ製、おまえのは台湾製」と高校を卒業するまで名セリフ?となっていたのです。 1枚目の画像が’81年にWildmanが購入したこのお話のアメリカ製バミューダそのものです。現物です、26年間ワンオーナーです(バカですみません・・・)2枚目の画像はパープルのメッシュに注目の台湾製バミューダです。残念ながらT君の物ではなく後年Wildman必死で探してがusedで入手した物です(パープルが少し色あせています)さてこれらのバミューダを製造後四半世紀が過ぎて比較してみますと、目に付くのがアメリカ製のクオリティの低さであります。Wildmanの物は実は一度専門店にてシュータンやソールのリペアを施してあります。特にアメリカ製の当時のモデルはポリウレタンフォームというやっかいな素材を多用していて経年変化でベタベタに溶けて崩壊してしまうのです!! やる気ねえなアメリカ製・・・(まあ、普通20年もスニーカーを履く訳ないのですが・・・)それに比べて台湾製はクオリティ最高!!といった感じでシュータンのスポンジもフワフワで他の部分の縫製も実にしっかりとしていて今でも実用に耐えられます。素晴らしいぞ台湾製!! 2年位前、久しぶりにT君と会う機会がありました。当然Wildmanはアメリカ製のバミューダを履いて参上致しました。「お、おまえまだそんな物履いているのか!!」と驚きのT君、「そうだよ、オレのはアメリカ製、おまえのは台湾製だ」とWildmanのセリフが24年振りに炸裂しました。「ところでおまえの台湾製まだ持ってる??あったら高価買取するよ」と言ったところ、「バカか、そんな物20年前にとっくに履き潰して捨てちまったよ!」とT君に言われてしまいました。残念。 さすがに四半世紀が過ぎT君はスーツに革靴の立派なサラリーマン、もうスニーカーマニアではありませんでした。対してWildmanは四半世紀前のスニーカーをボンドで修理しながら履いているマニア飛び越えオタク街道まっしぐらのPinstriperでした。しかしメンマ潰しのアルバイトと共に思い出すのは二人の思い出の「ああ、憧れのMade in USA」ナイキ バミューダなのでした。 In 1981 early spring, Wildman and T was at T’s House after finally getting Pair of the Nike Bermuda, longed Made in USA Sneaker was purchased same size, Same day and were about […]

ああ、憧れのMade in USA Part.2

さて、前回のブログからの続きとなりますスニーカー話ですが、1981年の早春、数万個に及ぶメンマつぶしの職人技アルバイトにて時給¥600の高額な報酬を得たWildmanとスニーカー友達のT君の2人組は札束を握りしめて横浜駅西口のマニア向けスニーカー専門店のブル八王子に出撃となりました(今は無きこのお店の詳細は3月13日のブログを参照して下さい)。 店に入るといつものメガネの店長が2人の相手をしてくれました。「よう、今日はどうしたの?」と店長が話し掛けてきます。2人組は「今日はついに輸入品を買いに来ましたぜ!!」と元気良く答えると店長はちょっと驚きました。何度も言っておりますが当時のアメリカ製ナイキはとっても値段が高くて高校生がおいそれと買えるようなシロモノではなかったのです。いつも日本製のナイキしか買っていなかった2人が揃ってそんな贅沢品を買いに来たのだから驚いたのでしょう。「本当かよ、輸入品は値段が高いぜ」と店長が言います、そこで2人組はすかさず「大丈夫、俺たちは今日は金持ちなんです、心配無用です」と答えました。すでに2人は事前に購入するシューズも決めておりました。 なぜか2人とも同じものを買うと言う気持ちの悪い決断でした。それはああ、憧れのMade in USAである”Nike Bermuda”(ナイキ バミューダ)というモデルでした。 鮮やかなブルーのこのモデルは1979年に発売されましたが、まさにこれから80年代に向かって新たな技術を投入して行くぞといった感じのシューズで、つま先部分のみ全部メッシュ素材となっている変わったデザインで、それ以外にもカーボンが封入されたアウトソールやヴァリアブルワイズシステムというジグザグに配置されたシューレースホールによっていろいろな紐の締め方が出来るという、当時としては次世代シューズと言ってもよいハイテク満載のモデルでした(今見ると超ローテクですが・・・)。 そんな事は2人組はよく分かっておらず、まず名前がバミューダトライアングルみたいで謎めいてカッコイイというのと、つま先のメッシュが涼しそうだと言う単純な理由と何よりも憧れのアメリカ製という事が購入にあたっての決定的な決断でした。 早速試し履きとなりましたが、店長が「この手の輸入品は靴の幅が外人向けで狭いから、いつもよりワンサイズ大き目が良いよ」とアドバイス頂きました。「へーそうなんだ、日本製とは違うんだ、そんな事初めて知った」と、くだらないことに感動する輸入品初心者の2人組でした。 日本製の日本向けナイキは日本人(アジア系)に合わせて甲高で幅広の型になっていました。それに対してアメリカ製等の海外製品は外人さんに合わせ幅が狭い型だったのです。「本当だ、いつもは8ハーフ(26.5cm)なのに9(27.0cm)の方がしっくり来る」と2人組みは納得して同じサイズを購入する事となりました。店長さんが試し履きした方をWildmanに渡してくれ、T君のは店の奥の在庫から出して来てくれました。 それが運命の分かれ道となり悲劇(喜劇?)の始まりだったのです。 レジにて大枚¥14,800を払って人生最大の金額のシューズを手に入れた2人組は感動しまくりで京浜急行下り普通列車浦賀行きに乗り込みその日はT君の家に向かったのです。 T君宅に到着し早速オレンジ色のナイキの箱を開けて感動を分かち合う事となりました。箱から出されたバミューダはMade in USAのオーラ出しまくりで「う、美しい、やはりアメリカ製は違うぜ」と至福の喜びのWildman、T君も箱から取り出し感動のバミューダとの御対面となったのですが、次の瞬間「あれ、おまえの何か変じゃない??」とWildmanの鋭い指摘が入ります。 T君も「本当だ何か違うぞコレ??」となりました。2つを並べてみると何か違うのです。「あれれ、つま先のメッシュの色が違うじゃん!!」とWildmanが気付きました。Wildmanのはシューズ全体のカラーであるブルーのメッシュでしたがT君のはメッシュ部分だけなぜかパープルなのです。「何かかっこ悪くないか、おまえの」と嫌味なWildman、「おかしーな、これ」と悩むT君。 2人であっちこっち調べ始めシュータン(ベロ)をめくってNikeロゴの裏を見てみるととっても衝撃的な事実が待っていたのです。衝撃というよりも笑劇的だったので続きは次回にします。 Continuing from the last Blog, the Sneaker story, The early spring of 1981, some million of crashing Menma like Professional in part time job with mighty high \600 per hour salary Wildman and his friend T was […]