Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

横浜大洋ホエールズ最高!

Wildmanはプロ野球が好きであります。 我、横浜ベイスターズは昨日も勝利してオールスター前の前半戦を3位で折り返すという奇跡が起きておりまして、先日あまりの強さにWildmanの体が逆に反応してしまい体調を崩して熱を出してしまいました。 昨年最下位のチームが今季はベイスターズファンにほのかな期待を持たせております。でもあまり強くなくても良いのです、たまに勝つから面白いので弱いチームを応援し続けて32年になります。そう32年、また昔話になります。 1970年代は王さん、長島さんが現役のジャイアンツが最高の強さと最高の人気を誇っておりましたが、マニアなWildmanはそんな王道チームを応援している場合ではありませんでした。1975年に初めてプロ野球観戦に行く事となり、おやじに連れられて今は無き狭くて汚い川崎球場に参上しました。まだ横浜に来ていない時代の川崎をフランチャイズとしていた大洋ホエールズ対読売ジャイアンツの試合でしたが、試合前に球場の関係者入り口付近をうろついていると、あの鮮烈なオレンジとグリーンという70年代のナイキのような下品すれすれのデザインのユニフォームの選手たちが入ってきました。小学生のWildmanが「す、すみません、サインを下さい」と必死のお願いをすると大洋の選手達は次から次へとサインを書いてくれるのでした。この時もらった平松、中塚、長崎、山下大輔といった70年代の弱い大洋を代表する選手たちのサインは未だにWildmanの手元にあります。多数の選手にサインを頂き「なんていい人達なんだ」と大洋の選手達に感激しました。 それに対してジャイアンツの選手達は素通りでした・・・・ この単純明快な理由により、この時から大洋ファン=アンチ巨人という方程式がWildmanの中で完成されたのです。弱いチームがたまに勝つから面白い!勝ってばかりでは つまらないという事です。そしてスーパーカーブームが終わった1978年、奇跡が起こりました。優勝したのではなく、何と大洋が川崎から地元横浜に移転して来て横浜大洋ホエールズとなったのです!シビレました!!この後数年間は横浜スタジアム通いが続きました。高校生の頃は友人がスタジアムで弁当売りのアルバイトをしていたので、彼についてバイトを装い勝手に関係者入り口から球場内に入ってバックネット裏で中日戦ダブルヘッダーをタダで観戦した事もありました(時効です・・・) そういえエド・ロスの元を初めて訪れた際、テレビでプロレス中継を夢中になって見ていたロスが「日本にもプロレスはあるのか」と聞いたので「ありますよ、アントニオ猪木がいます」と言うと不思議そうに「体が小さい日本人もプロレスをやるのか」と言っていました。そしてテレビがメジャーリーグに変わると「日本にもプロ野球はあるのか?」と聞いてきたのですかさず「あります、我大洋ホエールズが!」と言うと笑い出しました。ホエールズ(クジラ)のネーミングがとっても受けてしまったようでした。スワロ-ズ、ドラゴンズとたて続けに言うともっと笑ってくれました。 そんなこんなで常に弱い大洋が好きでしたが90年代になり、チーム名が横浜ベイスターズに変わり、なぜか風向きが変わり1998年ついに奇跡が訪れて1960年以来38年振りの優勝&日本一という信じがたい事が起こり ました。「たった6チームの争いなのに38年も優勝しない方が素晴らしい!」と豪語していましたが、やっぱり初体験の優勝は嬉しかったです。優勝が決まる日は御所山にてインパラのPinstripeの仕事をしていましたがラジオのボリューム全開で御所山町民と涙していました。もちろんコレクターとして翌日はスポーツ新聞を全て購入しました。 そして画像は一生手元に残しておくべきコレクションのベイスターズ優勝記念の38年振り優勝、38%オフセールのムーンアイズ店頭看板であります。手描きで仕上げました、最高ですね! あれから9年、又も我大洋ホエールズ(ベイスターズ)は弱くなり応援のしがいがある日々が続いておりましたが、今季は奇跡が起きるかもしれません。しかし9年振りの優勝なので9%オフセールではつまらないですね。やっぱりあと30年くらい待ちますか・・・(とにかくWildmanが生きているうちにあと1回くらい優勝すれば良いのです) YOKOHAMA TAIYO WHALES RULES! Wildman loves Professional Base Ball. His loving local team “YOKOHAMA BAY STARS” who like a miracle won yesterday again and finished in 3rd place for first half before “All Star Games” held in middle of season, other day as […]